冷蔵庫の買取相場と3つの高く売れるコツ!メーカー別高価買取事例も紹介

カテゴリ:

引っ越しや家族構成の変化などによっても買い替えることが珍しくない冷蔵庫ですが、まだ使えるものだったりすると、リサイクル費用を払ってまで処分するのも考えてしまいますよね。

そんなときに利用したいのが、買取業者です。

こちらの記事では、冷蔵庫を買い取ってもらう際の価格相場や、高く売るためのコツなどを、実際の買取例を交えながらご紹介します!

冷蔵庫の買取価格は何で決まる?


新品で購入すると、下は3万円台から上は20万円台以上のものもある冷蔵庫。

では不要になった冷蔵庫を買取業者に出した場合の買取価格は、どのようにして決められているのでしょうか?

買取が見込める冷蔵庫とは?

家電製品を買取依頼する際は、必ずしもすべての製品が買取対象となるわけではありません。中には、「どのような状態・モデルでもご相談ください!」と謳う業者も多くいますが、そのキャッチコピーにも含まれているように、実は、買取額には状態やモデルが大きく関係しています。

また正常に機能するかは必ずと言っていいほど重要です。

容量(大容量ほど高価買取)

冷蔵庫の容量は、一人暮らし用の100L~150L程度のものから、500L以上のものまでありますが、高値の買取になるのはやはり大容量のもの。

たとえば、4人以上の家族で使うような600L・6ドアの冷蔵庫と、ホテルなどに置かれているワンドア冷蔵庫を比べた場合では、買取価格に2~3万円以上の差が出てくる場合もあります。

年式(製造から5年以内)

製造年からどのくらい経っているか、ということも冷蔵庫の買取価格には大きく関係してきます。
一般的には買取価格が付くのは、製造から5年以内のものとされており、それ以上前のものとなると、買取の対象にはならないケースもあるようです。

メーカー(国外メーカーより国内メーカー)

最近では、価格が比較的手頃であることから、中国や韓国などの国外メーカーの冷蔵庫も、人気がありますよね。

しかし、買取に出した場合には、同じようなスペック・年式であっても、国内メーカーのほうが高値が付く傾向にあります。(※家電量販店のPBなどは除く)

使用感(新品に近いほど良い)

ほとんどのものの買取で言えることですが、品物の状態も、買取価格に大きく関係してきます。
外観・内部ともに使用感があまりなく、新品に近い状態であればあるほどベターといえます。

付属品が揃っているかどうか

冷蔵庫を購入した際の保証書はもちろんのこと、付属品が揃っているかどうかということも買取価格を左右します。具体的には、冷蔵庫購入時から付属していた、卵ケースや製氷皿などが挙げられます。

年式別の冷蔵庫の買取価格の相場


冷蔵庫の買取をしてもらう際には、製造からどのくらい経っているかということもチェックされます。
買取の値段が付くのは、製造から5年以内のものとされている冷蔵庫ですが、具体的にはどのくらいの買取価格が付いているのでしょうか?

こちらでは、年式別に見た冷蔵庫の買取価格の相場をご紹介します。(※一般的なファミリーサイズの場合を想定)

1年落ち

1年落ちとは、製造されてから1年経過しているということ。
ファミリーサイズの1年落ち冷蔵庫の場合、おおまかな買取相場は、おおよそ20,000円~50,000円前後となっています。

2年落ち

2年落ちの冷蔵庫(ファミリーサイズ)の場合は、おおよそ15,000円~35,000円前後です。

3年落ち

3年落ちの冷蔵庫の買取価格相場は、同じようにファミリーサイズの場合で、おおよそ5,000円~25,000円前後。

4年落ち

4年落ちの場合は、さらに買取価格が下がり、同じファミリーサイズの冷蔵庫の場合でおおよそ5,000円~15,000円前後です。

5年落ち

5年落ちの冷蔵庫の買取は、モデルによっては厳しくなる傾向にあり、ファミリーサイズの場合でも買取価格は0円~10,000円前後となっています。

このようなことから、冷蔵庫の買取には、製造年からどの程度経っているのかということによって、買取価格にかなりの差が見られることがわかります。

容量別の冷蔵庫の買取価格の相場


前項でご紹介したように、冷蔵庫の買取価格は、製造から年月が経つにしたがって低くなっていきます。一方、冷蔵庫の買取価格の相場を決めている、もう一つの大きなチェックポイントといえるのが容量です。

では、今度は容量別の冷蔵庫の買取価格相場を見ていきましょう。(※国内メーカー・1年落ちモデルの場合を想定)

~150L

容量150L未満の冷蔵庫は、一人暮らしの方や、サブ的に使っている方がほとんどです。この容量の買取価格の相場は、1年落ちのモデルで、おおよそ3,000円~8,000円前後となっています。

150L~200L

150L~200Lの冷蔵庫は、一人暮らし用としては少し大きめのサイズになります。この容量の買取価格の相場は、1年落ちのモデルの場合で、おおよそ4,000円~8,000円前後です。

300L~400L

中型冷蔵庫~ファミリー用冷蔵庫の、ちょうど中間ほどのサイズがこの容量です。新婚さんなどに人気のあるサイズでもあります。
この容量の冷蔵庫の買取価格相場は、おおよそ10,000円~15,000円前後。

400L~500L

一般的にファミリーサイズといわれているのがこのサイズ。
4~5人暮らしに適した400L~500Lサイズの冷蔵庫の買取価格相場は、1年落ちのモデルの場合でおおよそ25,000~30,000円前後。

500L~

このサイズの冷蔵庫になると、重量もかなりのもの。4ドア・5ドアの冷蔵庫が主流になります。
500L以上の冷蔵庫の買取価格相場は、国内主要メーカーのもので40,000円~70,000円前後のケースが多いようです。

冷蔵庫の買取価格の相場は、いずれの容量の場合でも、ほかの要素(メーカーや使用感など)によってかなり差が見られるようです。

冷蔵庫・冷凍庫の買取価格相場をチェック!

冷蔵庫・冷凍庫を高く売るためのコツ


不要になったとはいえ、大切にしていた冷蔵庫や冷凍庫を買取に出す際には、できるだけ高く買い取ってほしいですよね。

とはいえ、そのためにどうしたらいいかと考えても、「できるだけキレイに掃除するくらいしか、頭に浮かばない……」という方も多いのではないでしょうか?
そこで、今度は冷蔵庫や冷凍庫を高く売るためのコツを伝授します!

冷蔵庫の買取価格が高くなる梅雨~夏が狙い目

・買取価格が高くなるのは気温が高い季節!梅雨~夏に売ろう
少し意外な気もしますが、実は冷蔵庫の買取価格は、気温が高くなる梅雨~夏に高くなる傾向があります。それはなぜかというと、例年この時期に、冷蔵庫の故障や買い替えが多いからなのです。冷蔵庫の買取を考えている場合は、ぜひこの時期を狙ってみてくださいね!

他の家電製品と一緒に冷蔵庫を売る

冷蔵庫以外にも買取してもらえそうな家電製品があれば、まとめて一緒に売ることで査定額がアップするケースもありますよ。

冷蔵庫の掃除をする

食材を保管する冷蔵庫は、たとえ中古で購入する場合でも、清潔であってほしいと思うもの。やはりできるだけキレイに掃除して、使用感を減らすことも大切です。そこで、具体的な掃除方法を、以下にまとめてみました!

  • 1.取り外せるパーツは水洗い
    卵ケースをはじめ、トレーやパッキン、ドア棚など、取り外し可能なパーツはキレイに水洗いしましょう。
  • 2.本体内部と表面は重曹水を使って掃除
    冷蔵庫の内部と表面部分は、重曹小さじ1杯に対して水100mlを加えるだけで簡単に作れる重曹水で拭き掃除!重曹水をスプレーボトルに入れると、より簡単に使えますよ。
  • 3.汚れを溜めないメンテナンス方法
    毎日使う冷蔵庫はとても汚れやすいので、こまめにメンテナンスしておきたいもの。
    小さな野菜くずなどを落としたりした場合でも、面倒くさがらずにその都度片付ける、といったようなクセをつけておくといいですよ。
  • 関連記事:高価買取!買い替えや引っ越しで不要になった冷蔵庫を確実に売る方法まとめ

メーカー別!実際の冷蔵庫の買取事例を紹介


ここまでご紹介してきたように、冷蔵庫の買取価格には、「年式」「容量」「メーカー」「使用感」などによって、かなり差が見られます。

とはいっても、実際に買取に出すことを考えている場合は、もう少し詳しいことが知りたいですよね。そこで、こちらでは実際に売れた事例を、各メーカーごとにいくつかご紹介します!

シャープ


2ドア冷蔵庫 SHARP シャープ 137L SJ-14Y-S 2014年製
買取価格:¥7,500
こちらの冷蔵庫は、一人暮らしの方に人気のあるサイズ。目立つキズやへこみもなく、キレイなコンディションです。


5ドア冷蔵庫 SHARP シャープ SJ-XW44A-T 2015年製
買取価格:¥15,000
目立つキズ、汚れもなく、丁寧に扱われてきた印象で使用感の少ない美品です。


6ドア冷凍冷蔵庫 SHARP シャープ SJ-GT47A-R 6ドア474L 2014年製
買取価格:¥60,000
プラズマクラスター機能・保証書付き、2014年製の6ドア冷凍冷蔵庫です。

シャープの冷蔵庫・冷凍庫の買取実績の詳細はこちら

パナソニック


6ドア冷蔵庫 Panasonic パナソニック NR-F472XPV-X 470L 2017年製
買取価格:¥83,000
2017年製のファミリーサイズの冷蔵庫。保鮮機能が進化し、「微凍結パーシャル」や「Wシャキシャキ野菜室」が採用されたデザイン性のある冷蔵庫。搭載されている6ドアタイプです。83,000円での買取となりました。


3ドア冷凍冷蔵庫 Panasonic パナソニック NR-C32EM-T 315L 2016年製
買取価格:¥13,000
目立つキズ、汚れもなく、丁寧に扱われてきた印象で使用感の少ない美品です。

パナソニックの冷蔵庫・冷凍庫の買取実績の詳細はこちら

ハイアール


2ドア冷蔵庫 Haier ハイアール JR-NF140C 138L 2012年製
買取価格:¥7,000
2012年製の2ドア冷蔵庫。容量は138Lと少し小さいながらも、商品状態は良く、7000円で買取されました。


2ドア冷蔵庫 Haier ハイアール  JR-N85C-W 85L 2018年製
買取価格:¥5,000
2018年製の2ドア冷蔵庫です。単身用でも使える85Lの冷蔵庫。美品とはいかない商品状態ながらも比較的新しいことから5000円の買取価格がつきました。


2ドア冷蔵庫 Haier ハイアール JR-N100C 98L 2012年製
買取価格:¥500
コンパクトな一人暮らし用の2ドア冷蔵庫です。年式が古く、単身用でしたが商品状態が良かったため500円で取引されました。

ハイアールの冷蔵庫・冷凍庫の買取実績の詳細はこちら

日立


2ドア冷蔵庫 HITACHI 日立 R-23DA 225L 2013年製
買取価格:¥10、000
年式が古く、商品状態も美品とはいきませんが、買取価格10000円という高値での取引となりました。


6ドア冷蔵庫 HITACHI 日立  R-XG5600H-XT 555L 2018年製
買取価格:¥24,000
「真空チルド」「スポット」冷蔵」「新鮮スリープ野菜質」「デリシャス冷凍」が搭載されたこちらの冷蔵庫は、年式も比較的新しいものだったため24,000円と高値での買取となりました!

日立の冷蔵庫・冷凍庫の買取実績の詳細はこちら

東芝


3ドア冷蔵庫 TOSHIBA 東芝  GR-M36S 363L 2018年製
買取価格:¥14,000
目立つキズ、汚れもなく、丁寧に扱われてきた印象で使用感の少ない美品です。商品保管状態の良さも考慮させていただき、通常より高い14000円のお値段がつきました。


6ドア冷蔵庫 TOSHIBA 東芝 GR-B50F 501L 2010年製
買取価格:¥11,000
6ドアで容量501Lの大容量サイズで、省エネが自慢の東芝の冷蔵庫です。目立つキズもなく11000円での取引でした。

東芝の冷蔵庫・冷凍庫の買取実績の詳細はこちら

三菱電機


2ドア冷蔵庫 MITSUBISHI 三菱 MR-P15A 146L 2016年製
買取価格:¥6,000
ラウンドカットが美しい、コンパクトな2ドアです。商品状態もよく、比較的小さいサイズながら6000円でのお取引がされました


2ドア冷蔵庫 MITSUBISHI 三菱 MR-P15A 146L 2016年製
買取価格:¥5,500
ごくシンプルな、一人暮らしの方向けの2ドア冷蔵庫です。2016年製ながら、国内メーカー品であることや、内外装ともにキレイな状態であったことから、5,500円での買取となりました


3ドア冷蔵庫 MITSUBISHI 三菱 MR-C37Z 370L 2016年製
買取価格:¥15,000
凹みや傷など無く大変綺麗な商品です。デザイン性も兼ね備えたこちらの冷蔵庫は15000円でのお取引がされました。

三菱電機の冷蔵庫・冷凍庫の買取実績の詳細はこちら

アクア


2ドア冷蔵庫 AQUA アクア AQR-141A 137L 2012年製
買取価格:¥2,000
アクアの一人暮らし用の2ドア冷蔵庫です。2,000円での買取がされました。


2ドア冷蔵庫 AQUA アクア AQR-D28E(W) 275L 2016年製
買取価格:¥19,000
使用感が少ないAQUAのAQR-D28Eの冷蔵庫は、19,000円での取引がされました。


4ドア冷蔵庫 AQUA アクア  AQR-361E 355L 2016年製
買取価格:¥4,500
明るく照らして見やすい「LED庫内灯」を装備され、ドアの閉め忘れを知らせる「ドアアラーム」を冷蔵室に備えられたこの冷蔵庫は、4,500円での取引がされました。

アクア電機の冷蔵庫・冷凍庫の買取実績の詳細はこちら

ハイセンス


2ドア冷蔵庫 Hisense ハイセンス HR-B82JW 85L 2016年製
買取価格:¥1,000
一人暮らしの方にピッタリの2ドア冷蔵庫です。85Lと少し容量は小さめで、取引金額は1,000円でした。


2ドア冷蔵庫 Hisense ハイセンス HR-B1201 227L 2016年製
買取価格:¥7,000
自炊派の一人暮らしの方や、2人暮らしの方にちょうどいい容量の冷蔵庫です。2017年製、かつコンディションもかなり良かったため、高値買取となりました。


2ドア冷蔵庫 Hisense ハイセンス HR-D1302 130L 2017年製
買取価格:¥5,000
容量130Lの冷蔵庫です。2017年製ですが、購入時期は2019年だったためコンディションもよく、5,000円で買取されました。

ハイセンスの冷蔵庫・冷凍庫の買取実績の詳細はこちら

エレクトロラックス


1ドア冷蔵庫 Electrolux エレクトロラックス ERB0500SA-RJP 43L 2016年製
買取価格:¥1,000
書斎などのパーソナルスペースにピッタリな、容量43Lの小さな冷蔵庫です。静音設計されているので、ベッドルームなどにおいても安眠できそうですね。2016年製で容量が小さい冷蔵庫ながらも、コンディションが良かったこともあって、1,000円での買取となりました。


1ドア冷凍庫 Electrolux エレクトロラックス EFM1200WA-RJP 123L 年式不明
買取価格:¥9,000
ヨーロッパらしいデザインが特徴的な、エレクトロラックスの1ドア冷凍庫。霜取り作業が不要なので、気軽にホームフリージング可能!商品のコンディションがとても良かったことから高値が付きました。


1ドア冷凍庫 Electrolux エレクトロラックス CH230FF 230L 年式不明
買取価格:¥6,000
幅約130㎝×高さ約87㎝で、容量230Lとかなり大きめの1ドア冷凍庫です。年式は不明ですが、6,000円ほどでの買取となりました。

エレクトロラックスの冷蔵庫・冷凍庫の買取実績の詳細はこちら

アマダナ


2ドア冷蔵庫 amadana  アマダナ  AT-HR11 86L 2017年製
買取価格:¥800
2台目としても、一人暮らし用としても十分利用できる、手頃な大きさの電気冷蔵庫です。天板は耐熱温度100℃なのでレンジ等を載せられます


2ドア冷凍庫 amadana  アマダナ ZR-241 260L 2007年製
買取価格:¥49,800
めずらしいデザインのアマダナブランドの冷蔵庫。商品状態がとても良く、高価買取になりました。

アマダナの冷蔵庫・冷凍庫の買取実績の詳細はこちら

冷蔵庫・冷凍庫の買取に関する疑問を解消


買取業者を利用するのが初めてという方や、バッグや貴金属は買い取ってもらったことがあるけれど、家電を売るのを初めて、という方もきっといらっしゃいますよね。
こちらでは、冷蔵庫や冷凍庫の買取に関する疑問をいくつかピックアップしてお答えします!

10年落ちでも買取可能?

冷蔵庫の場合、一般的に買取価格が付くのは、製造年から5年以内のものとされています。そのため、基本的には5年以上経過しているものの場合は値段がつかないことも多いのですが、10年落ちでも人気が高いモデルの場合は、買取可能となるケースもあるようです!

その際、決め手となるのは状態が良いことはもちろん、大手国内メーカー製である点や、人気の機能が備わっている点などが挙げられます。

もし自宅の冷蔵庫が古い年式のものだったとしても、業者によっては積極的に買い取ってくれる場合もあるので、諦めずに買取依頼を申し込んでみるのがおすすめです。

出張買取では運搬費はかかる?

50kg以上あるものも多い冷蔵庫は、自分一人でお店まで持ち込むのは大変ですよね。そんなときに便利なのが、出張買取を行っているお店です。

重さのあるものだけに、出張買取での運搬費がかかるかどうかも気になるところですが、このことに関してはお店によって異なります。

しかし、通常搬出であれば作業費がかからないところもあるようなので、忘れずに確認しておくようにしましょう。

壊れた冷蔵庫の無料引き取りはできる?

壊れて使えなくなってしまった冷蔵庫の場合、買取業者が引き取ってくれるかどうかということは、店やそのモデルに人気があるかどうかによっても異なるようです。

「値段は付かなくてもいいから無料で引き取ってほしい」という場合には、年式・モデルなどの情報を添えて問い合わせてみることをおすすめします。

  

買取価格0円と査定された場合、当日の出張費や搬出費用を支払って有償買取を行ってくれる業者もあります。

  

ただし、有償買取は面倒な手間を省ける分、出張費用や搬出費用が高額になりがちなので注意が必要です。万が一、買取価格0円、もしくは買取不可と査定された場合は自身での処分も視野に入れながら、よりメリットが多い処分方法を考えてみましょう。

臭いや汚れはどのくらいまでOK?

売却した冷蔵庫は、業者でのクリーニング作業を経て再び誰かのもとへと買い取られていく商品です。そのため、清掃では落としきれない臭いや汚れがついていると、買取拒否と判断されてしまうケースがあります。臭いや汚れのレベルにはっきりとした線引きはなく、業者によっても買取可否の判断が異なるため、気になる場合は何社かの業者に買取依頼を出して、できれば対面できる出張買取などで査定してもらいましょう。

業務用冷蔵庫は買取してもらえる?

業務用冷蔵庫は市販されている冷蔵庫の中でも特に高額な商品です。そのため、中古でも状態が良かったり製造年式が10年以内である場合は積極的に買い取ってもらえる可能性が高いと言えます。

業務用冷蔵庫の買取を専門とする業者や、家庭用冷蔵庫を専門とする買取業者など、業者にも得意不得意があるため、業務用冷蔵庫を手放す際はプロフェッショナルな業者を見つけて、ぜひ高価買取を狙ってみましょう。

マンションのエレベーターが小さくて運べないかも…

エレベーターを利用した搬出が困難な場合は、ユニックなどの重機でベランダからの搬出を行う方法があります。業者によっては搬出方法に限りがあったり、特殊な搬出では搬出費用が高額となってしまうケースもありますが、心配な場合は一度業者へ相談してみるのがおすすめです。

また、素人判断で「無理そう・・・」と諦めていた場合でも、「業者に相談したら通常搬出ができた!」なんてケースもあるので、ぜひ業者へ相談をして売却のチャンスを逃さないようにしてください。

下取りと買取、どっちがお得?

新しい冷蔵庫を購入する際に、家電量販店などで割引サービスとして行っているのが不要になった冷蔵庫の下取りです。下取りは店舗や時期によっても異なりますが、多くの場合一律「○万円」という金額で設定されているため、買取価格によってはお得になる可能性も損してしまう可能性もあります。

買取申し込みや査定などの余計な手間を省けるので便利ではありますが、もし不要になった冷蔵庫が高価買取対象のモデルだった場合は、手間を惜しまずに買取依頼を出した方がお得になるケースもあると覚えておいてください。

行政で処分する場合の費用は?

冷蔵庫は家電リサイクル法によって有償処分が義務づけられた家電製品です。基本的なリサイクル料金としては、170L以下で1台につき3,672円(税込)、171L以上で1台につき4,644円(税込)のリサイクル料金が発生します。

また、地域のリサイクル業者などを通して行政で処分してもらう際には上記のリサイクル料金に加えて運搬費用(500~3,000円)や搬出費用(3,000~20,000円)が加算されるため、手段によっては高額な費用が必要となるケースがあります。

まとめ

処分する場合には、リサイクル料金や運搬費がかかってしまう冷蔵庫。しかし、年式やモデルによっては、買い取ってもらえる場合もあります。

冷蔵庫が不要になった場合にはすぐに処分を考えるのではなく、キレイにメンテナンスをしたうえで、買取業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

本記事は、2018年12月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。