冷蔵庫の寿命は何年?古い冷蔵庫を買い取ってもらう方法

カテゴリ:

自宅の冷蔵庫を10年以上使っている、不具合が生じているなど、冷蔵庫の寿命が近いため買い替えをする場合、まずは古い冷蔵庫の処分を検討しなければなりません。そもそも、冷蔵庫の寿命は何年であり、買い替えが必要だと判断されるのはどのような状態になったときなのでしょうか。平均寿命と、古い冷蔵庫の処分方法を紹介します。

冷蔵庫の平均寿命とは

冷蔵庫の平均寿命は製品や使用状況によって異なり、基本的には9年程度であるといえます。冷蔵庫の寿命が9年といわれる理由は、冷蔵庫を含め電化製品には「補修用性能部品の最低保有期間」が定められているためです。

補修用性能部品の最低保有期間とは、電化製品が使用できない状態になった際、修理をするための必要部品をメーカーが保有しなければならない期間を指します。期間の開始時期は製品の製造が開始されたと同時であり、発売日ではない点に注意が必要です。ただし、最低保有期間である9年を超えても、状況によっては20年近く使用できることもあります。

冷蔵庫が寿命を迎えた場合の特徴

冷蔵庫が寿命を迎えた際、突然作動しなくなるのではなく、様々な特徴が現れます。サインを見逃さずに最適なタイミングで買い替えることによって、冷蔵庫が突然使えなくなり食材を腐らせてしまうといったトラブルを予防できるでしょう。

冷蔵庫がしっかりと冷えない

冷蔵庫の温度を一定に保って冷やす機能を備えている部品は、コンプレッサーと呼ばれる部分です。コンプレッサーは冷蔵庫の中心部分であるため、冷蔵庫の寿命が近くなるとコンプレッサーの機能が下がり、冷やす能力も低下します。これまでと比較して飲み物が冷えるまでに時間がかかったり、食品を冷やせなかったりといったトラブルが起こっている場合には、寿命が近いため注意が必要です。

冷凍機能が低下している

冷凍庫は、冷蔵室よりも電力を消費する部分です。そのため、最も早く機能が低下してしまう場所でもあります。冷蔵庫と冷凍庫はつながっているため、冷凍庫が寿命を迎えると冷蔵庫も作動しなくなるのです。なかなか氷ができない、アイスが溶けるなどのトラブルが頻発する場合には、冷蔵庫そのものの寿命が近づいていると考えた方が良いでしょう。

冷蔵庫から水漏れしている

冷蔵庫の寿命が近づいている症状の1つが水漏れです。冷蔵庫のなかで水が漏れているのであれば、冷気を出している箇所を清掃することで対処できる可能性があります。カビやホコリなどが詰まってしまうと、水が排出されなくなり、水が冷蔵庫の中に出てしまうケースが少なくありません。

掃除をしても水漏れが解消されない場合には、冷蔵庫の寿命が近いといえるでしょう。冷蔵庫の床の部分が水で濡れている場合、冷蔵庫に水が侵入することを防ぐ部分が故障していることもあります。どちらのケースでも、冷蔵庫が水漏れしている場合には、買い替えや修理などの対応が必要です。

冷蔵庫から異音がする

冷蔵庫から異音がする場合には、コンプレッサーの機能性が下がっている可能性が高いです。冷蔵庫を一定の温度に保つコンプレッサーは、機能が低下すると冷蔵庫の温度を冷やそうと過剰に作動するため、通常よりも大きな音が発生します。

冷蔵庫そのものの性能の低下

省エネ機能が付いているにも関わらず電気代が高くなっている、音が静かなタイプであるにも関わらず異音がするなど、違和感を覚えた場合には冷蔵庫の性能が低下している状態だといえます。冷蔵庫の寿命が近づいているため、注意が必要です。

冷蔵庫が故障する原因は、コンプレッサーの経年劣化が原因となっているケースが挙げられます。冷蔵庫の異変に1つでも当てはまる場合は、寿命が近いと認識して修理業者や家電量販店などに相談し、買い替えも検討しましょう。

冷蔵庫を少しでも長く使うための対処法

冷蔵庫の寿命を少しでも長くするためには、冷蔵庫の扱い方や使用している状況の見直しなどを行うことが大切です。

冷蔵庫の使用方法について

特に、ドアを開け閉めする回数については、冷蔵庫の寿命を延ばすための重要なポイントです。家族の人数や一人暮らしかどうかなどによって異なり、仕事をしている一人暮らしの人であれば1日に扉を開け閉めする回数は少なくなりますが、家族の人数が多ければ回数が増えるため冷蔵庫の寿命は一人暮らしの場合と比較して短くなる傾向にあります。冷蔵庫はドアを開け閉めするときに、中の冷気を可能な限り逃さないようにすることがポイントです。

また、冷蔵庫のドアは静かに開け閉めしなければ、磁石やゴムパッキンが劣化することで冷気が自然と逃げてしまいます。冷気が逃げれば、元の温度に戻すためにコンプレッサーが過剰に作動し、多くのエネルギーを使用するため負担がかかり、故障の原因になるのです。冷蔵庫の寿命を延ばすためにも、冷蔵庫の内部の温度を上げないようにするなど、扉を開け閉めする回数や扱い方を意識しましょう。

冷蔵庫に入れる物の量も関係している

冷蔵庫の寿命を延ばすためには、中に入れている物の量も重要です。多くの物を詰め込むように入れるのではなく、少ない量を入れることで冷蔵庫のコンプレッサーへの負担も少なくなります。物をたくさん詰め込むとコンプレッサーが過剰に作動し、劣化につながるため注意が必要です。冷蔵庫の中には詰め込まずに、7割程度入れてスペースに余裕を持たせましょう。

冷蔵庫の周辺環境も重視する

冷蔵庫の寿命を少しでも伸ばすためには、冷蔵庫周辺に物を置いたり、壁につけて配置したりしないよう注意しましょう。冷蔵庫にはコンプレッサーが温度を下げる際に外部へ熱を放出しています。冷蔵庫付近に物があると熱を効率的に放出できずに、冷蔵庫内が冷えにくくなるのです。そのため、コンプレッサーが過剰に作動して多くのエネルギーを生産することになるため、負担がかかり寿命が短くなります。

寿命が近い冷蔵庫の処分方法

寿命が近い冷蔵庫を処分する方法は主に3つ挙げられます。それぞれの処分方法について詳しく見ていきましょう。

リサイクルする

冷蔵庫は家電リサイクル法に基づいて処分しなければならないため、自分で通常のゴミや粗大ゴミとして処分できません。家電リサイクル法とは、処分する家電の中から再利用できる部品や材料をリサイクルするために定められた法律です。

家電リサイクル法は、家電を売る業者と製造業者、購入する消費者それぞれに義務付けられているものであり、小売業者には引き取り、製造業者はリサイクル、消費者は料金支払いと、異なる義務があります。家電をリサイクルする際に必要な費用については、家電を使用した人が支払うことが特徴です。

寿命が近い冷蔵庫をリサイクルするためには、新たに冷蔵庫を購入する際、家電量販店で引き取ってもらう方法も有効です。しかし、冷蔵庫の回収の際には、運んでもらう料金や手数料などが必要になります。新しく購入する際には、家電量販店へ引き取りに関する費用も含めた値引きを交渉できるため、お店のスタッフに相談しましょう。

もしくは、取引所へ直接持って行くことによって、回収の際にかかる運搬手数料を節約できます。ただし、リサイクルの際の手数料は必要です。

買取店で買い取ってもらう

寿命を迎えた冷蔵庫などをはじめとした、家電を中心に買い取ってくれる専門店が存在します。買取専門店であれば、運搬にかかる料金を支払わなくてもよいケースが多いです。ただし、冷蔵庫を引き取ってくれる業者は複数あるため、条件などをチェックして自宅の近くの最適な業者を選びましょう。

冷蔵庫を買取店へ売却する際のポイント

寿命が近くなってきたり不具合が生じたり、新しい冷蔵庫に買い替えたかったりと、様々な事情で現在まで使用していた冷蔵庫を買い取ってもらいたいと考えるケースもあります。

しかし、単純に処分するだけでは費用がかかり、もったいないと考える人も多いでしょう。買取業者に寿命が近い冷蔵庫の買取を依頼すると、想像よりも高い金額で買い取ってもらえるといったケースも少なくありません。

そのためここでは、冷蔵庫を少しでも高値で買い取ってもらうためのポイントや、高値で買い取ってもらえるタイミング、買取依頼をする業者を選ぶ際の注意点を解説します。

寿命が近い冷蔵庫を売却する前のチェックポイント

冷蔵庫の買取依頼をする準備として確認しておくべきことは、冷蔵庫の型番と製造年月日、メーカーです。冷蔵庫に関する情報については、内側にシールが貼ってあるため、すぐにチェックできます。

また、番号やメーカーごとで買取金額には差があり、製造年月日が古い場合は買取をしてもらえない可能性もあるため注意が必要です。買取業者ごとで違いはあるものの、寿命が近い冷蔵庫の買取を依頼する際には、冷蔵庫の内側に貼られているシールで情報を確認しておきましょう。

寿命が近い冷蔵庫の買い取り価格の相場

冷蔵庫の買取を依頼する場合には、ある程度相場を理解しておくことも大切です。冷蔵庫の買取価格の相場を知らなければ、悪徳な業者が提示する金額をそのまま受け入れて売却する他ありません。しかし、売却する冷蔵庫の相場を知っていれば、買取価格を交渉することも可能です。極端に低価格で買取をする業者もいるため、スムーズに対処できるようになるでしょう。

冷蔵庫の買取価格の相場は、冷蔵庫のサイズや製造年月日、使用できるかどうかなど状態によって変化します。まずは、サイズと買取価格の目安について見ていきましょう。

1.〜200L:一人暮らしに最適なサイズ
2.200〜300L:使用目安は2人程度
3.300〜400L:2〜3人の子供がいるファミリー層に最適なサイズ
4.400L〜:4人以上のファミリー層に適したサイズ

冷蔵庫はどのようなサイズでも買い取ってもらえます。しかし、400L以上のファミリー層に適した冷蔵庫は、中古買取市場でも需要があるため、製造年が古い場合でも買取可能なケースが多いです。

(400Lのファミリー層向けの冷蔵庫参考料金)
・型番が1年落ちると10,000〜50,000円
・型番が2年落ちで10,000〜35,000円
・型番が3年〜4年落ちで5,000〜30,000円
・型番が5年落ちで0〜15,000円
参考:https://www.takakuureru.com/kaden/reizouko/

正しい冷蔵庫の状態によって、目安とは異なる買取価格になるケースもあります。特に、人気のあるメーカーでの場合は、相場よりも高い価格で買い取ってもらえるケースも多いでしょう。

冷蔵庫の買取事例

冷蔵庫が実際に売れた事例を紹介します。

三菱電機

146L 2ドア冷凍冷蔵庫 MR-P15Y-B
買取価格:¥4,500
一人暮らしに最適な2ドア冷蔵庫です。146Lと若干容量は少ないものの、状態が良かったことが評価され、4,500円で買取されました。
三菱電機の冷蔵庫の買取実績の詳細はこちら

パナソニック

パナソニック 冷凍冷蔵庫 406L NR-E412PV-N 2016年製造
買取価格:¥25,000
容量406Lと、非常に大きなサイズの冷蔵庫です。大容量である点や、2016年製であること、非常にキレイな状態であったことが評価されて、2016年製ですが25,000円の買取価格が付きました。
パナソニックの冷蔵庫の買取実績の詳細はこちら

シャープ

SHARP/SJ-GW35C-T/プラズマクラスター冷蔵庫/350L/どっちもドア/3ドア
買取価格:¥15,000
冷蔵庫のドアの開閉方向が特徴の3ドア冷蔵庫です。機能性の高さや3ドアでありファミリー層やまとめ買いをする人に最適であり、15,000円の買取価格が付きました。
シャープの冷蔵庫の買取実績の詳細はこちら

寿命が近い冷蔵庫の買取価格を上げるためのコツ

一般的に、製造から5年以内であれば買取価格が高くなる傾向にあります。家電製品そのものは5年経過した時点で最新機種ではなくなっているケースが多いものの、機能性としては最新機種と同等のものも珍しくはないため、中古市場でも人気が高いです。さらに、新しい製品ほど節電効果も高いため人気も集めやすく、高額査定を期待できます。

ただし、冷蔵庫の寿命が基本的に10年ほどといわれているため、製造されてから5年が経っている冷蔵庫であれば故障といったトラブルも起こりやすくなり、買取金額を上げられないケースも多いです。冷蔵庫の買取を検討している際には、可能な限り早いタイミングで買い取ってもらう必要があります。冷蔵庫の買取金額を上げるためには、製造年月日が非常に大切な項目であることを認識しておきましょう。

まとめ

寿命が近くなった冷蔵庫を可能な限り高額買取してもらうには、キレイな状態にすることが大切です。冷蔵庫は多くの食材を保管しておくものであるため、清潔な状態にしておきましょう。見た目だけではなく、冷蔵庫の内部もしっかりとメンテナンスをしておくことがポイントです。冷蔵庫内部の臭いが気になる場合には、冷蔵庫専用の消臭剤などを使うことで臭いを除去しましょう。

また、冷蔵庫だけではなく、他に買い取ってもらいたいものがある場合は、一緒に売却する方法が有効です。買取店では、査定をする際に人件費のほか運搬費や交通費などもかかるため、出張買取を行っている業者に依頼するのであれば、冷蔵庫以外の物を売却することによって多少高い買取金額を提示してくれるケースもあります。寿命が近い冷蔵庫を買取店に出す際には、他に売却できる物がないかどうかもチェックしてみましょう。

おいくらで不用品を高く売りませんか?
リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。一括査定は無料で申し込めるので、まずはいくらで売れるか買取価格を調べてみてはいかがでしょうか。

おいくらで買取価格を調べる

おいくらで買取価格を調べる