冷蔵庫の処分方法7選!無料の処分方法や家電リサイクル法も解説

カテゴリ:
冷蔵庫の処分方法7選!無料の処分方法や家電リサイクル法も解説

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。
※「おいくら」「高く売れるドットコム」は弊社マーケットエンタープライズが運営するサービスです。

冷蔵庫は大きくて重いため、処分するのが面倒な家電の一つです。しかも冷蔵庫は家電リサイクル法の対象であり、適切な方法で処分する必要があります。

「冷蔵庫の処分にはお金がかかるの?」

「安く処分する方法は?」

このようにお悩みの方に向けて、本記事では冷蔵庫を無料または安く処分する方法と、おすすめの家電買取業者を紹介します。冷蔵庫を正しい方法でお金をかけずに処分するために、ぜひお役立てください。

※買取相場は執筆時点で取得した情報となりますので、実際の買取価格と異なる可能性がございます。

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象

冷蔵庫は家電リサイクル法により、メーカーや小売業者が回収・リサイクルすることが義務付けられています。消費者に対しては廃棄の際に収集運搬料金とリサイクル料金を支払うこととしており、小売業者・消費者それぞれの役割が定められています。この法律は、家電製品の適正な処理とリサイクルを促進し、廃棄物の減量化と資源の有効利用を図ることを目的としています。家電リサイクル法について詳しくは、以下のリンクを参照ください。

参考:経済産業省|家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)

冷蔵庫のリサイクル料金

冷蔵庫のリサイクル料金は、メーカーや機種によって異なりますが、3,740円~4,730円程度です。この料金に加えて、収集運搬料金が別途必要です。

料金について詳しくは、以下のリンクを参照ください。

参考:再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)

家電リサイクル法を守らないとどうなる?

家電リサイクル法は、個人(消費者)に対する罰則規定はありません。しかし、廃棄をするためには必ず業者または自治体を通す必要があるため、そこでの手続きでリサイクル料を支払うことになります。もし、空き地に捨てるなどの不法投棄をすれば「廃棄物の処理および清掃に関する法律(廃棄物処理法)」で罰せられることになり、個人の場合は5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方が科せられます。そのため、冷蔵庫の処分はルールに従って処分するようにしてください。

冷蔵庫の処分方法7つ

冷蔵庫を処分する方法はいくつかありますが、ここでは主な6つの方法を紹介します。

家電量販店で下取り

新しい冷蔵庫を購入するのであれば、家電量販店の下取りサービスがおすすめです。下取りサービスを利用すると、リサイクル料金が割引または無料になることがあります。

また、新しい冷蔵庫の配送と同時に古い冷蔵庫を引き取ってもらえるので、処分の手間が省けます。

家電量販店に処分のみ依頼

新しい冷蔵庫を購入せずに、処分のみを家電量販店に依頼することもできます。この場合、リサイクル料金と収集運搬料金が必要です。持ち込みが困難な場合は、有料で引き取りに応じてくれる家電量販店もありますので、近隣の店舗に問い合わせてみましょう。

自治体の指定引取場所へ持ち込む

自治体によっては、冷蔵庫の指定引取場所を設けています。自分で冷蔵庫を運搬できる場合は、この方法を利用するのも一つの選択肢です。指定引取場所に持ち込む際は、電話またはインターネットで受付の手順を確認しておきましょう。リサイクル料金は事前にリサイクル券を購入するか、指定引取場所で現金で支払う必要があります。

家電リサイクル受付センターに申込む

東京23区内にお住いの場合は、自治体の対応ではなく『家電リサイクル受付センター』へ連絡することになる場合もあります。

家電リサイクル受付センターを利用する場合は、リサイクル料金と収集運搬料金を、回収当日、やって来た業者に直接支払います。

収集運搬料金は、販売店や家電リサイクル受付センターで案内される業者ごとに設定されています。例えば、170L以下の冷蔵庫を処分する場合は、リサイクル料3,672円 + 収集運搬料1,000円~4,000円程度がかかります。

  • 問い合わせ先
    家電リサイクル受付センター
    URL:https://kaden23rc.jp/kaden23rc/
  • 電話番号
    0570-087200(ナビダイヤル)
    受付時間:9:00-17:00

フリマアプリやネットオークションを利用する

まだ使える状態の冷蔵庫であれば、フリマアプリやネットオークションで売却するのも一つの方法です。この方法なら、処分費用がかからないだけでなく、売却益を得ることもできます。ただし、買い手がつくまでに時間がかかることや、配送の手配など手間がかかることを考慮する必要があります。

リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップでは、冷蔵庫を買い取ってくれる場合があります。冷蔵庫の状態が良ければ、数千円から数万円で買い取ってもらえることもあります。リサイクルショップに持ち込む際は、事前に買取条件を確認しておくことをおすすめします。また、家まで引き取りに来てくれるリサイクルショップもあるので、そういったサービスを利用するのもよいでしょう。

不用品回収の事業者に依頼する

不用品回収を行っている事業者に依頼するのも一つの方法です。この方法なら、家から冷蔵庫を運び出してもらえるので、自分で運搬する必要がありません。ただし、冷蔵庫一点のみの回収だと割高になるため、多数の不用品を処分したい場合にはおすすめの方法です。

まれに悪質な業者が存在しますので、自治体指定の不用品回収業者を利用することをおすすめします。リサイクル料金と運搬料金がかかる場合が多いので、料金を事前に確認しておくことが大切です。

以上のように、冷蔵庫の処分方法にはいくつかの方法があります。自分の状況に合わせて最適な方法を選ぶようにしましょう。なお、どの方法を選ぶ場合でも、冷蔵庫を処分する前に内部の清掃や水抜きが必要です。処分前にしておくことについては後述します。

冷蔵庫処分におすすめの買取業者5選

ここでは、冷蔵庫の買取を行っているおすすめの業者をご紹介します。

おいくら

おいくら おいくら

出典:おいくら公式サイト

東証プライム上場企業の弊社マーケットエンタープライズが運営するおいくら」は、全国のおいくらに加盟している買取店に一括で査定見積もりを依頼できるサービスを提供しています。

加盟店は幅広く、引っ越しや買い替えなどで不要になった冷蔵庫をはじめ、家電、家具、ブランド品、パソコン、金、ジュエリー、本、ゲーム、楽器など、様々なアイテムの買取に対応しています。

査定依頼は専用フォームに必要事項を入力するだけで簡単に行えます。一括査定を依頼したい買取業者を指定することも可能です。査定結果が届いたら、買取価格や条件を比較して、最も好条件を提示した業者を選びましょう。

おいくらを利用すれば、多数の買取業者の中から、冷蔵庫を少しでも高く買い取ってくれる業者を見つけられます。冷蔵庫の処分を検討している方は、ぜひおいくらで一括査定を依頼してみてください。査定は無料で、申込みの手間も少ないため、気軽にご利用いただけます。

おいくらで
一括査定してみる

おいくらの買取実績は以下の通りです。(※一部抜粋)

商品名メーカー年式買取実績
冷蔵庫AQUA2022年製7,000円
冷蔵庫日立2019年製25,000円
冷蔵庫三菱電機2019年製20,000円

おいくらで
無料一括査定する

家電高く売れるドットコム

家電高く売れるドットコム 家電高く売れるドットコム

出典:家電高く売れるドットコム公式サイト

東証プライム上場企業の弊社マーケットエンタープライズが運営する「家電高く売れるドットコム」は、家電専門の買取サービスです。サービス累計利用者数は710万人以上を誇り、高額買取実績も多数あります。

買取方法は、「出張買取」「店頭買取」「宅配買取」の3種類から選べます。冷蔵庫のような大型家電は、自宅まで無料で引き取りに来てくれる出張買取がおすすめです。

まずはWebから無料査定を申し込んでみましょう。売却を検討している冷蔵庫の価値を知ることができます。査定結果に納得できれば、実際の買取に進むことができます。

家電買取のプロに直接相談したい方は、お気軽にお問い合わせください。経験豊富なスタッフが冷蔵庫の状態や相場価格を考慮しながら、適切なアドバイスをいたします。無料査定や無料の出張買取など、利用者に優しいサービスをご用意してお待ちしております。

家電高く売れるドットコムで
無料査定する

以下は、家電高く売れるドットコムの冷蔵庫の買取実績の一部です。

商品名メーカー年式買取実績
冷蔵庫日立R-C4800XT33,000円
冷蔵庫Panasonic未使用 NR-F511PV-N パーシャル 510L80,000円
冷蔵庫シャープSJ-PW42B50,000円

家電高く売れるドットコムで
無料査定する

買取屋さんグループ

買取屋さんグループ 買取屋さんグループ

出典:買取屋さんグループ公式サイト

買取屋さんグルー」は、家電や家具をはじめ、楽器、オーディオ、カメラ、ゴルフクラブ、ゲーム、アウトドア用品、自転車など、様々なジャンルのアイテムを取り扱っている総合リサイクルショップです。趣味のものから専門機材まで幅広く買い取ってくれるので、不要になった冷蔵庫だけでなく、他の商品も一緒に売ることができます。

買取屋さんグループの魅力は、買取価格が即日現金で支払われることです。急な出費で現金が必要な方にも最適なサービスといえるでしょう。買取方法は「出張買取」「店頭買取」「宅配買取」の3種類から選ぶことができ、どの方法でも手数料や諸経費は一切かかりません。

買取屋さんグループは国内だけでなく海外にも販路を持っているため、国内で活用できない冷蔵庫も、海外で需要がある場合は買い取ってもらえる可能性があります。他社では値段がつかないような冷蔵庫でも、買取屋さんグループなら買い取ってくれるかもしれません。

全国に25店舗を構えているので、アクセスしやすいのも大きな利点です。最短30分で出張買取に応じてくれるので、急ぎの処分にも対応可能です。

不要な冷蔵庫を少しでも高く売りたい方、処分に困っている方は、買取屋さんグループに相談してみてはいかがでしょうか。経験豊富なスタッフが、冷蔵庫の状態や相場価格を見極めた上で、適切な買取価格を提示してくれます。

買取屋さんグループで
無料査定する

セカンドストリート

セカンドストリート セカンドストリート

出典:セカンドストリート公式サイト

セカンドストリート」は、衣類や服飾雑貨を中心に、家具、家電製品、ホビー用品、アウトドア用品、楽器など、幅広いジャンルのアイテムを取り扱うリサイクルショップです。冷蔵庫をはじめとする大型家電の買取にも対応しているので、不要になった家電を手軽に売ることができます。

買取方法は「店舗買取」「出張買取」「宅配買取」の3種類から選べます。店舗に直接持ち込める方は、店頭買取を利用するのが手軽です。遠方の場合でも、出張買取や宅配買取を利用すれば、冷蔵庫を売ることができます。

セカンドストリートでは、査定の際に提示された買取金額に納得できない場合、キャンセルすることも可能です。無理に売る必要がないので、冷蔵庫の価値を適正に判断してもらえるまで、複数の業者で査定してもらうのもよいでしょう。

幅広いジャンルのアイテムを取り扱うセカンドストリートなら、冷蔵庫以外にも不要になったものがある場合、まとめて売ることができるのも魅力です。ぜひ一度、セカンドストリートの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

セカンドストリートで
無料査定する

トレファク引越

トレファク引越 トレファク引越

出典:トレファク引越公式サイト

トレファク引越」は、生活家電や家具、デジタル家電、インテリア、アウトドア用品、スポーツ用品など、幅広いジャンルの商品を買い取っているリサイクルショップです。冷蔵庫をはじめとする大型家電の買取にも対応しているので、不要になった家電を手軽に売ることができます。

トレジャーファクトリーの買取方法は、「店舗買取」「出張買取」「宅配買取」の3種類に加え、引越しと買取をセットにした「引越買取(トレファク買取)」のサービスも用意されています。自分のライフスタイルやニーズに合わせて、最適な買取方法を選ぶことができるでしょう。

店舗買取は、全国各地にあるトレジャーファクトリーの店舗に商品を持ち込むだけで、その場で査定と買取が完了します。出張買取は、自宅まで査定員が訪問し、冷蔵庫などの大型家電を自宅で査定・買取してくれるサービスです。宅配買取は、商品を梱包して宅配便で送るだけで、査定と買取が行われます。

引越買取(トレファク買取)は、引越しのタイミングで不要になった商品を買い取ってもらえるサービスです。引越し業者と提携しているため、引越しと買取を同時に依頼することができ、作業の手間を大幅に減らすことができます。

冷蔵庫の処分に困っている方は、トレジャーファクトリーの買取サービスを利用してみてはいかがでしょうか。専門スタッフが丁寧に査定を行い、適正な買取価格を提示してくれます。様々な買取方法を選べるので、自分に合ったサービスを利用できるでしょう。

トレファク引越で
無料査定する

冷蔵庫の不用品回収ならエコノバがおすすめ

出典:エコノバ公式サイト

0円で利用できて会員登録が不要な「エコノバ」は、簡単で便利なサービスです。全国の不用品回収業者とつながりがあるため、自宅の近隣である地域を入力するだけで、エリア内の回収業者をすぐに調べられます。

費用面では都市圏の平均相場だと、東京都では軽トラックの場合は約26,000円からで、2tトラックだと約70,000円です。福岡県では軽トラックだと約11,000円からで、2tトラックでは約30,000円します。

サイトにアクセスして住所と処分したい物の詳細を入力すると、最大5社から一括見積もりが可能です。費用も前もって知ることが可能なため、業者同士を比較することで最もコストパフォーマンスのよい業者を選択できます。

ぜひお気軽にお試しください。

エコノバ
申し込みはこちら

冷蔵庫の処分前にしておきたいこと

冷蔵庫を処分する前には、水抜きと霜取りなどの事前準備をする必要があります。ここでは手順を紹介しますので、順番通りに行なってください。

電源を切る

冷蔵庫の電源を切り、コンセントからプラグを抜いておきます。電源を切ることで冷蔵庫内の冷気が抜け、霜取りがしやすくなります。電源を切るタイミングはできれば前日に、遅くとも運び出す8時間前には切ってください。

内部の清掃と霜取りをする

冷蔵庫内部を清掃し、霜取りを行います。食品や汚れを取り除き、中性洗剤などを使って庫内を丁寧に拭きましょう。霜取りは、冷蔵庫の電源を切ってから数時間放置し、自然に解凍させるのが一般的です。解凍後は水気を完全に拭き取ってください。カビや悪臭の原因となるので、念入りに行うことが大切です。

製氷皿や給水機の水を抜く

製氷皿や給水機に残っている水を完全に抜きます。水が残っていると、移動中に漏れて周囲を濡らしてしまう可能性があります。また、水が腐敗して悪臭の原因になることもあるので注意しましょう。

内部パーツとドアを固定する

冷蔵庫の棚や引き出しなど、可動部分は固定します。養生テープを使ってしっかりと固定しましょう。運搬中に部品が外れたり、破損したりするのを防ぐことができます。

冷蔵庫のドアも開かないように、ひもやベルトなどで固定します。移動中にドアが開いてしまうと、冷蔵庫が破損したり、事故につながる恐れがあります。しっかりと固定し、安全に運べるようにしましょう。

冷蔵庫の外装を保護する

冷蔵庫の外装を傷つけないように、ダンボールやブランケットなどで保護します。特に、運搬中に他の物とぶつかりやすい角や側面は、しっかりと覆っておくことが重要です。外装が傷ついていると、買取価格が下がってしまう可能性があります。

運搬ルートを確保する

冷蔵庫を運び出す際のルートを確認し、障害物となるものを移動しておきます。冷蔵庫は大きくて重いため、複数人で運ぶ必要があります。事前に運搬ルートを確保しておくことで、スムーズに作業を進められるでしょう。また、階段や狭い通路がある場合は、特に注意が必要です。

以上の点に気をつけて、冷蔵庫の処分前準備を行ってください。適切な準備をしておくことで、冷蔵庫の処分がスムーズに進み、トラブルを避けることができます。また、買取に出す場合は、綺麗な状態の冷蔵庫の方が高く評価されるので、丁寧に清掃することが大切です。

おいくらで
無料一括査定する

冷蔵庫の処分でよくある質問

ここからは冷蔵庫の処分でよくある質問に回答していきます。

冷蔵庫の処分費用はどれくらい?

冷蔵庫の処分費用は、処分方法やサービス業者、冷蔵庫のサイズによって異なります。家電リサイクル法に基づくリサイクル料金は、メーカーや機種によって異なりますが、おおよそ3,740円~4,730円程度です。さらに収集運搬費用が1,650円〜2,200円程度上乗せされます。

冷蔵庫の買取サービスを利用する場合は、無料で引き取ってもらえたり、逆に買取金額が支払われたりすることもあります。具体的な費用はメーカーのリサイクル料金表や、利用予定の処分サービス業者に直接確認してください。

冷蔵庫の指定回収場所はどこ?

冷蔵庫の指定回収場所は、お住まいの自治体によって異なります。多くの自治体では、粗大ごみの収集拠点や、家電リサイクル法に基づく指定引取場所を設置しています。指定回収場所では、家電リサイクル法対象品目である冷蔵庫を引き取ってくれます。

事前に予約が必要な場合や、持ち込みに関するルールが定められていることがあります。処分を予定している地域のルールを、自治体の公式ウェブサイトや窓口で確認してください。

冷蔵庫の処分に必要な手続きは何?

自治体で冷蔵庫を処分する際はリサイクル券の購入が必要です。リサイクル券は郵便局で販売していますので、事前に購入してください。

家電量販店で処分する場合は、家電量販店の窓口で料金を支払うことができます。手続きは特に必要ありません。

不用品回収業者に頼むと不法投棄される?

悪質な不用品回収業者に冷蔵庫の処分を依頼すると、不法投棄されるリスクがあります。不法投棄は環境問題につながるだけでなく、法律違反にもなります。冷蔵庫の処分を業者に依頼する際は、以下の点に注意しましょう。

    冷蔵庫処分の注意点
  • 市区町村の「一般廃棄物処理業許可」や委託を受けているか確認する
  • リサイクル料金の支払いについて説明してもらう
  • 領収書や証明書などの書類をもらう

不用品回収業者に処分を依頼する場合は、信頼できる業者を選ぶことが大切です。不安なときはお住まいの市町村にお問い合わせください。

古い冷蔵庫でも買取できる?

冷蔵庫の買取は一般的に、製造から5年以内の冷蔵庫は買取対象となりますが、古い冷蔵庫は買取不可としている業者は多いです。業者によって対応が分かれますので、事前にお問い合わせください。

ただし、以下のような場合は、製造から5年以内であっても買取が難しいことがあります。

    買取が難しい冷蔵庫の特徴
  • 正常に動作しない
  • 目立った傷や汚れがある
  • 水漏れがある
  • 強い異臭がする

古い冷蔵庫でも、状態が良ければ買取対象になる可能性があります。買取をご希望の場合は、複数の買取業者に問い合わせて、買取の可否や価格を比較検討することをおすすめします。

冷蔵庫を処分するのではなく売りたいときは?

まだ使える状態の冷蔵庫であれば、処分するのではなく、売却するという選択肢もあります。リサイクルショップでの買取は、手軽に利用できる方法の一つです。また、フリマアプリやネットオークションを利用して、個人間で売買するのも良いでしょう。

売却する場合は、冷蔵庫の状態や年式によって買取価格が大きく変わります。動作に問題がなく、比較的新しい冷蔵庫であれば、高く売れる可能性が高くなります。売却を検討する際は、複数の買取業者やサービスを比較し、最も良い条件を提示してくれるところを選ぶのがおすすめです。

おいくらで
無料一括査定する

冷蔵庫を処分するなら買取業者がおすすめ

冷蔵庫は、大きくて重く、処分が面倒な家電製品の一つです。家電リサイクル法対象品目でもありますので、適切な方法で処分することが求められます。

冷蔵庫を自治体や家電量販店で処分すると、リサイクル料金・収集運搬料金がかかってしまいますが、買取業者を利用すれば、お得に引き取ってもらえます。まだ使える状態の冷蔵庫であれば、ぜひ買取業者をご利用ください。

買取業者は出張買取に対応しているところであれば、重い冷蔵庫を運ぶ手間を省くことができます。不要になったその他の家電や家具などと一緒に買い取ってもらえる業者もあるので、まとめて処分したい方にもおすすめです。ぜひ、買取業者への依頼を検討してみてください。

おいくらで
無料一括査定する

お得な情報を配信中!
友だち追加
マーケットエンタープライズフィールドセールス
おいくらマガジン編集部

不用品の買取や処分、捨て方に関する情報を発信します!