テレビの買取相場やメーカー別買取実績!液晶テレビが売りやすい

カテゴリ:

テレビの買取相場やメーカー別買取実績!液晶テレビが売りやすい

「液晶テレビを売りたい!」という人にとって、テレビの買取価格の相場や変動は何かと気になるものです。

そこで今回は、テレビの買取価格がどのように決まるのか?どんなテレビが高額買取になるのか?という疑問にお答えするべく、実際の買取実績を紹介しながらメーカー別の買取相場についてまとめてみました。

また、液晶テレビを少しでも高く売るためにできるコツもご紹介します。これからテレビの売却を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

テレビの買取相場はどう決まる?

テレビの買取相場はどう決まる?

テレビの買取相場は一体どうやって決められているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

テレビはインチ数と年式で相場が大きく変わる

液晶テレビの買取相場は、劣化状態はもちろんですが「インチ数」と「年式」によって基本的な相場が決められています。

インチ数が大きければ大きいほど買取価格も高くなり、年式が新しいものだとさらに高額買取につながるという仕組みです。

一般的に、特別目立った傷や故障箇所がなければ「1インチ約500円」の買取価格が付くと言われているので、14インチの小型テレビで7,000円・50インチの大画面で25,000円ほどの買取相場になると考えられます。

液晶テレビがやはり人気!高く売れやすい

現在一般的となっている薄型テレビには、実は2つのタイプがあるということをご存知でしょうか?

・液晶テレビ(HDと4K)
・有機ELテレビ(4Kのみ)

液晶テレビは40インチ未満のものであればハイビジョンが多く、それ以上の大型サイズになってくるとフルハイビジョンや4Kが主流になってきます。
このため液晶テレビは画面解像度やテレビサイズの幅が広く、好みや部屋の広さなどから適切なテレビを選択しやすいという特徴があります。

そのため、液晶テレビは4Kのみに対応している有機ELテレビと比べると需要も高く、買取を行っている業者からすれば「液晶テレビのほうが買い取りやすい」という見解になるのです。

国産メーカーが高く売れやすい

液晶テレビの中でも高く売れやすいものの中には、「シャープ」「東芝」「ソニー」「パナソニック」といった国産メーカーが目立ちます。

市場に出回っている多くの中古液晶テレビが国産メーカーのものであることから、国産メーカーの液晶テレビは需要があり高く売れやすいと言えるでしょう。

海外メーカーはLGエレクトロニクスが人気

国産メーカーももちろん人気がありますが、最近ではLGエレクトロニクスといった海外メーカーのテレビにも人気が集まっています。

海外メーカーのテレビは国産メーカーのテレビよりも価格帯が低いため、コストを抑えてテレビを購入したいという人から支持されています。

ブラウン管テレビの需要はあまりない

今では薄型テレビの普及が進んで地デジ化が当たり前になってきましたが、一昔前の「ブラウン管テレビ」をお持ちの方も少なくありません。

ブラウン管テレビを処分すると費用がかかってしまうため「なんとか買い取って欲しい」という希望者が増えてきているようですが、現在はブラウン管の需要が少なく買取は厳しい状況。

ただ、買取業者によってはブラウン管テレビを海外へ転売するために「無料引き取り?数百円での買取」を行っているところもあります。

ブラウン管テレビの処分には数千円の費用がかかってしまうため、無料引き取りや数百円でも買い取ってくれるのであれば処分費用を負担しなくてもいいのでラッキーと言えそうです。

液晶テレビの買取相場を見る

メーカー別!実際に売れた事例を紹介

液晶テレビの買取価格は「インチ」と「年式」によってだいたいが決定しますが、メーカーによっても価格帯に差があります。

ここでは、メーカー別に実際の買取事例をご紹介します。

シャープ

シャープ アクオス 50V型 4K対応液晶テレビ LC-50U45 2017年製

シャープ アクオス 50V型 4K対応液晶テレビ LC-50U45 2017年製
買取価格:\25,000
4K対応の大型50インチ液晶テレビ。回転式スタンドが付いていて状態も申し分のない美品とのことで、高額買取となっています。
https://oikura.jp/bought/336542.html

シャープ LEDアクオス LC-24K7-B  24インチ

シャープ LEDアクオス LC-24K7-B  24インチ
買取価格:¥2,000
24インチと比較的小型の液晶テレビです。製造年数は2012年と古いですが、動作に問題がなくキレイなコンディションとのことで買取価格が付きました。
https://oikura.jp/bought/336209.html

シャープの買取実績一覧はこちらから

アクオス

シャープ アクオス 22V型液晶テレビ LC-22K20 2014年製

シャープ アクオス 22V型液晶テレビ LC-22K20 2014年製
買取価格:\3,000
2014年製のアクオス、22インチコンパクトタイプです。「カレンダー機能」「長時間録画ハードディスク対応」「フルスペックハイビジョンパネル」「LEDバックライト」などの充実した機能が搭載されていて、状態は美品レベル。
https://oikura.jp/bought/336718.html

シャープ アクオス LC-32H30 32型

シャープ アクオス LC-32H30 32型
買取価格:¥12,000
年式は記載されていないものの、状態はとてもいいとのこと。地上・BS・110度CSデジタルに対応しています。
https://oikura.jp/bought/335554.html

シャープ アクオス 液晶テレビ LC-40S5  40インチ

シャープ アクオス 液晶テレビ LC-40S5  40インチ
買取価格:¥28,000
2017年製のアクオス。新品未開封のため高額買取に!
https://oikura.jp/bought/334772.html

アクオスの買取実績一覧はこちらから

東芝

東芝 レグザ 液晶テレビ 32A900S

東芝 レグザ 液晶テレビ 32A900S
買取価格:¥2,500
32型の液晶テレビ。状態のいい美品です。年式は記載されていませんでしたが、買取価格からすると年式の古いものだと予想されます。
https://oikura.jp/bought/335822.html

東芝 液晶テレビ KDLー40EX700

東芝 液晶テレビ KDLー40EX700
買取価格:\8,000
2010年式の古い液晶テレビですが、使用頻度が少なく状態が良好であること・40インチという大画面であることから高額買取価格となりました。
https://oikura.jp/bought/334820.html

東芝の買取実績一覧はこちらから

ソニー

ソニー ブラビア KDL-40EX720

ソニー ブラビア KDL-40EX720
買取価格:¥8,000
2011年製で液晶等に傷や汚れがなく、キレイなコンディションの40型です。
https://oikura.jp/bought/336620.html

ソニー KJ-32W730C 箱付き 32型

ソニー KJ-32W730C 箱付き 32型
買取価格:¥29,800
2016年製とまだ新しく、高画質フルハイビジョンの32型でしかも箱付き!状態がとてもいいので高額買取になりました。
https://oikura.jp/bought/336510.html

ソニー ブラビア KD-70X8500B

ソニー ブラビア KD-70X8500B
買取価格:¥112,000
2014年製で70インチという迫力のある大画面液晶テレビ!インチが大きければ、中古でも10万円以上の買取価格が付くことも珍しくありません。
https://oikura.jp/bought/335589.html

ソニーの買取実績一覧はこちらから

パナソニック

パナソニック 液晶テレビ VIERA TH-32E300

パナソニック 液晶テレビ VIERA TH-32E300
買取価格:\14,000
2017年製のブラビア。使用感が薄くて美品とのことで、高額買取に。
https://oikura.jp/bought/333685.html

パナソニック 液晶テレビ TH-50AS630 50インチ

パナソニック 液晶テレビ TH-50AS630 50インチ
買取価格:¥25,000
2013年製ですが、状態がよかったので高額買取となっています。インチ数が大きいテレビは、製造年数がある程度古くても高値での取引となりやすいようです。
https://oikura.jp/bought/333680.html

パナソニック 液晶テレビ TH-24A300 24インチ

パナソニック 液晶テレビ TH-24A300 24インチ
買取価格:¥4,500
こちらも同じく2013年製で美品の液晶テレビですが、50インチのテレビと比べると買取価格が約1/5ほどになっています。
https://oikura.jp/bought/333679.html

パナソニックの買取実績一覧はこちらから

三菱

三菱 液晶テレビ REAL LCD-40ML7

三菱 液晶テレビ REAL LCD-40ML7
買取価格:\26,700
2017年製で未使用の液晶テレビ40インチです。未使用とのことですが開封されているため、査定価格が若干低くなっている可能性もあります。
https://oikura.jp/bought/333187.html

三菱 液晶テレビ LCD-A50BHR7

三菱 液晶テレビ LCD-A50BHR7
買取価格:¥40,500
2015年製で、BDレコーダーとHDDを内蔵した液晶テレビREAL。50インチと大画面ですし、高額買取につながりやすい機能がしっかりと搭載された美品です。
https://oikura.jp/bought/332927.html

三菱の買取実績一覧はこちらから

オリオン

オリオン 液晶テレビ RN-32DG-G

オリオン 液晶テレビ RN-32DG-G
買取価格:¥8,000
2017年製・32型で未使用品であるにも関わらず、買取価格が1万円を切るのは少し寂しい印象です。オリオンは国内メーカーではあるものの、やはりパナソニックやシャープなどと比べると需要が少ないのかもしれません。
https://oikura.jp/bought/327805.html

オリオン 液晶テレビ B-19DG10P

オリオン 液晶テレビ B-19DG10P
買取価格:¥4,000
19型のコンパクトサイズです。2017年製で動作に問題はない美品ですが、やはりインチが小さいと買取価格が伸びない印象です。
https://oikura.jp/bought/320154.html

オリオン 16V型 液晶 テレビ DM16

オリオン 16V型 液晶 テレビ DM16
買取価格:¥5,000
2014年製・16インチの小型テレビ。動作に問題なしで程度がいいとの評価でした。
https://oikura.jp/bought/171764.html

オリオンの買取実績一覧はこちらから

日立

日立 Wooo LED液晶テレビ 32V型 L32-A5

日立 Wooo LED液晶テレビ 32V型 L32-A5
買取価格:¥13,000
2017年製の32インチ液晶テレビ。裏番組録画対応のスタンダードモデルで状態もキレイだったため、高額買取になっています。
https://oikura.jp/bought/333753.html

日立 液晶テレビ L29-N1

日立 液晶テレビ L29-N1
買取価格:¥5,000
動作に問題はないものの、2012年製と年式が古いことや多少の傷汚れがあることから減額査定となってこの金額に。
https://oikura.jp/bought/267890.html

日立 Wooo HDD内蔵 37型液晶テレビ L37-XP05

日立 Wooo HDD内蔵 37型液晶テレビ L37-XP05
買取価格:¥18,500
2010年と年式が古いですが、HDD内蔵・需要の多い37型とのことで高額買取に!
https://oikura.jp/bought/198685.html

日立の買取実績一覧はこちらから

LGエレクトロニクス

LG 液晶テレビ 32LB5810 32インチ

LG 液晶テレビ 32LB5810 32インチ
買取価格:¥10,000
2014年製でフルハイビジョン・録画機能付きの液晶テレビです。動作に問題はなく使用感の薄い美品!
https://oikura.jp/bought/331255.html

LG 22V型 液晶スマートテレビ 22LN4600

LG 22V型 液晶スマートテレビ 22LN4600
買取価格:3,000
スマートTVでインターネットやVOD・専用アプリが楽しめる液晶テレビ!動作に問題はありませんが、年式が2013年であり多少の使用感が目立つことからこの価格に。
https://oikura.jp/bought/305820.html

LGエレクトロニクスの買取実績一覧はこちらから

液晶テレビを高く売るためのコツ

液晶テレビを高く売るためのコツ

液晶テレビを高く売るためには、どのようなコツがあるのでしょうか?

ここでご紹介する方法を試すのと試さないとでは、買取価格に大きな差が生じてくるかもしれません。少しでも高値で買い取ってもらうために、査定前までに必ず以下のメンテナンスを行っておきましょう!

エアスプレーでホコリを除去する

パッと見た印象がテレビの査定額に大きく関係してくる液晶テレビでは、特に液晶画面全体や細部に付着しているホコリを落としておく必要があるでしょう。

・画面にホコリが付着している
・配線館の中にホコリが詰まっている

という場合は、見た目も劣化したように見えてしまいやすいものです。
できるだけ査定前にホコリの除去を行っておいてください。

細部のホコリを除去したい場合に便利なのが「エアスプレー」です。
エアスプレーは空気の力を利用して手が届かない細部のホコリを吹き飛ばせる画期的なアイテム!

エアスプレーでしっかりと細部までホコリを除去した後は、専用クリーナーで画面をピカピカに磨き上げておきましょう。

クリーナーやマイクロファイバーで画面をキレイにする

査定前には、ホコリの除去とともに専用クリーナーやマイクロファイバーで液晶画面をキレイにすることが欠かせません。

画面をキレイにするときに使用するクリーナーは、断然「液晶画面専用」のものがおすすめです。

水拭きや洗剤などを使用して拭いてしまうと画面が故障する可能性もあるので、必ず液晶画面専用のクリーナーを準備しましょう!

専用クリーナーがない場合は「マイクロファイバー」「メガネ拭き」といった柔らかな布を使用し、優しく画面を拭き取るだけでもOKです。

ティッシュは目が粗く傷をつけやすいので使用NG

液晶画面をキレイにするためには専用クリーナーや柔らかい布を使用したお手入れがおすすめでしたが、「ティッシュペーパー」の使用には気を付けましょう。

というのも、ティッシュペーパーは専用クリーナーなどとは異なり、「目が粗い」という特徴があります。
目が粗いもので液晶画面を拭くと画面に傷をつけてしまうことも考えられるため、ティッシュペーパーでお手入れするのは控えてください。

B-CASカードの使用者変更の申請を行う

B-CASカードをテレビに挿入していないテレビは地上デジタル放送を見ることができないので、デジタル放送を受信するためには欠かすことのできないICカードと言えます。
このB-CASカードが付いているテレビは査定額がUPする傾向にあるので、液晶テレビを売却するときはできるだけB-CASカードも付けておきましょう!

しかしこのB-CASカード、テレビを売却する前に必ず「使用者変更の申請」を行わなければいけません。

申請を行っていないB-CASカードと一緒に液晶テレビを売却してしまった場合、B-CAS社が定める規定に違反してしまうためトラブルに発展してしまう可能性も。

申請はB-CAS社に電話連絡をして解約の旨を伝えればいいだけなので、査定前には必ず申請を終わらせておくようにしましょう。

【カスタマーセンターの連絡先】
0570-000-261(電話)
045-680-2868(IP電話)
受付時間 AM10:00~PM8:00(年中無休)

HDD内蔵のテレビは事前に初期化を行う

HDDが内蔵されているテレビは、査定前にデータを全て消去しておくことで買取業者の手間を省いてあげることにつながり、マイナス査定の要因となりにくくなります。

初期化の方法はメーカーや型番によって異なるので、説明書を読むか「(型番)+初期化」とネットで調べてみましょう。

リモコンやコードなどの付属品を揃える

テレビをリモコンなしで操作する人はあまりいないので、リモコンや各種コード類といった付属品をしっかりと揃えておくことで査定額UPにもつながりやすくなります。

ただし、マイナス査定の要因にならないためには「純正の」リモコンや付属品でなければいけません。

外箱も用意する

年式が古いものでも新しいものでも、テレビを入れる外箱が用意されていたほうが見栄えがよくなりマイナス査定になりにくくなる場合も!

液晶テレビの型番・年式の確認方法

液晶テレビの大まかな査定相場は「インチ数」と「年式」だとご紹介しましたが、査定前に売りたいテレビの正式な型番や年式を確認していれば、ある程度の査定額を予測しておくこともできますよね。
型番や年式を確認するためには、テレビ本体の裏側に貼ってあるシールを確認しましょう。

多くは「アルファベット+数字」で表されているものなので、確認をして買取業者に提示することが大切です。

関連記事:
液晶テレビを少しでも高く買い取ってもらうためのコツとは?

テレビの買取に関する疑問

テレビの買取に関する疑問

ここでは、液晶テレビの買取の際に発生しやすい疑問や質問にお答えします。

製造から5年以上経過したテレビは売れる?

一般的に、家電製品の買取が付く目安は「製造から5年以内」と言われているので、製造から5年以上経過しているテレビが売れる確率は低いと言えそうです。

しかし、テレビの性能や機能・インチ数や使用頻度などによっては5年以上経過しているものでも思わぬ高額買取となる場合も少なくありません。

買取業者によっても「製造から5年以内のもの」「10年以内のもの」と規定を定めているところもあるので、様々な業者を調べてみるといいでしょう。

故障、動作不良のテレビは売れる?

故障している・動作不良のあるテレビは、そうではないテレビよりも売却が難しいものです。

故障しているテレビでも修理可能なレベルであればジャンク品専門のリサイクルショップで買い取ってもらえるケースはあります。ただ、液晶に何らかのトラブルがあるテレビの買取はかなり厳しいと言われています。

なぜなら、液晶の修理にかかる費用は高額になってしまいやすく、買い取っても修理にかかる費用を計算すると買取業者側のメリットが少なくなってしまうからです。

こうした背景から、故障している(特に液晶関連)テレビの買取は難しいと言えそうです。

テレビを売るのに最適のタイミングは?

たとえば、中古エアコンの売却は「需要が高まる梅雨時期がいい」と言われますが、テレビの買い替え需要が増える時期もあります。

それは一人暮らしを始める人が多い「春」や、人事異動によって住まいを移す機会が増える「秋口」など。

新しい生活がスタートする時期はテレビの需要も増えると考えられるので、その時期を狙って売却を試みれば査定額UPにもつながりやすくなるでしょう。

まとめ

中古の液晶テレビを売却する際は、必ず「型番」「製造年数」といった詳細情報が必要になってきます。

インチ数の大きいもの・製造年数が新しいものはやはり高額買取につながりやすい傾向がありますが、小型テレビや古いテレビでも内蔵されている内容によっては現金化が狙えるものも。

少しでも高値で取引をしたい場合は、ここでご紹介したコツを実行するとともに複数社へ査定見積もりの依頼をして価格を比較することもお忘れなく!

本記事は、2018年12月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。