一人暮らしのガス料金の平均は?14の節約方法も徹底解説!

denki022_eyecatch

※2021年1月12日追加 2020年末から続いている大寒波にて電力不足が続いており、電力需要逼迫にともなう電気料金の「急騰」が起こっています。各新電力会社の「市場連動型プラン」では電力価格が高騰し、想定を超える電気料金が請求される恐れがあります。新電力への切り替えを検討している方は、各電力会社の公式サイトをご確認ください。

参照元:Bloomberg|寒波で電力需給がひっ迫、6日連続の最高値更新-異例の要請も

ガスは一年中使うため、「自分のガス料金は高いのだろうか、安いのだろうか」と気になっている方も多いでしょう。そこで今回は、一人暮らしのガス料金の平均やガス料金の節約方法などを具体的に説明していきます。「契約先を切り替えるだけ」という簡単な節約方法もあるので、気になる方は最後まで読み進めてみてください。

電気代見直しを検討中の方へ
Looopでんき

電気料金が気になるならLooopでんきがおすすめです。基本料金0円でお支払いは使った分だけ!電力会社の送電網を利用しているので電力供給も安定しています。

一人暮らしからファミリーの方まで、使い方に合った最適なプランが選べます。まずは公式サイトからプランと料金シミュレーションをチェック!

Looopでんきの料金プランをチェック

一人暮らしのガス料金の平均金額

今回は、e-Stat政府統計の総合窓口家計調査家計収支編(単身)のデータを参考にし、一人暮らしのガス料金平均額(1ヶ月あたり)をまとめてみました。分かりやすさを重視するために、10の位は四捨五入しています。

春(4月~6月) 夏(7月~9月) 秋(10月~12月) 冬(1月~3月)
北海道・東北 2700円 2800円 1700円 2500円
北陸・東海 3200円 2800円 1800円 2200円
関東 2900円 2600円 1900円 2000円
近畿 2900円 2500円 1400円 2000円
中国・四国 3300円 2600円 2400円 2300円
九州・沖縄 3300円 2800円 2000円 2200円

一人暮らしのガス料金の平均は、春は3000円程度、夏は2700円程度、秋は2000円程度、冬は2300円程度ということが分かりました。

引っ越す場合、ガスの種類を選択することは可能なのか?

ガス料金はプロパンガスの方が高いので、都市ガスを使いたいと考えている方も多いでしょう。そこで気になるのは、「使用するガスを選べるのか」ということだと思いますが、基本的にガスの種類は選べません。

なぜなら、都市ガスを使用できるエリアは決まっているからです。そのため、都市ガスを使いたい場合は、すでに都市ガスを使っている物件に住みましょう。

都市ガスなのかプロパンガスなのかの見分け方も非常に簡単です。基本的に、物件の近くに大きなボンベが置かれている場合は、その物件は「プロパンガス」を使っています。しかし、大きなボンベが置かれていなければ、その物件は都市ガスを使っている可能性が高いと考えられます。

一人暮らし必見!キッチンのガス料金を節約する方法

ここでは、一人暮らしなら把握しておきたいキッチンのガス料金節約方法を具体的に説明していきます。

「保温調理」を行う

キッチンのガス料金節約方法1つ目は、「保温調理を行う」ことです。保温調理とは、鍋を温めた後、保温性の高い容器に鍋を移し、余熱だけで具材を煮込む調理方法です。

保温調理専用グッズを使えば、楽に保温調理ができますが、専用グッズがない場合は、鍋を毛布で包み、発泡スチロールに入れましょう。

保温料理は、ガス代を節約できるほか、煮崩れを防げたり他の料理を同時進行で作れたりと様々なメリットがあります。

鍋底が大きい鍋を使う

キッチンのガス料金節約方法2つ目は、「鍋底が大きい鍋を使う」ことです。鍋底が大きい鍋は、熱効率が良いので必要最低限のガスで料理ができます。そのため、ガス代の節約に繋がります。

また、炎は鍋底からはみ出ないようにしましょう。はみ出るということは、火力が強すぎるということなので、その場合は少し弱めましょう。

ガスコンロの使用時間を短くする

キッチンのガス料金節約方法3つ目は、「ガスコンロの使用時間を短くする」ことです。ガスコンロの使用時間を短くしたい場合は、圧力鍋や保温調理機、電子レンジや炊飯器などを使いましょう。

バーナー部分を定期的に掃除する

キッチンのガス料金節約方法4つ目は、「バーナー部分を定期的に掃除する」ことです。バーナー部分に汚れが詰まっていると熱効率が悪くなるので、その分、無駄にガスを使うことになります。

汚れが詰まっているというのは、危険な状態でもあるため、最低でも月に一度は掃除しましょう。掃除方法は、つまようじや竹串などで汚れを取り除くだけと非常に簡単なので、ぜひ実践してみてください。

食材や水はあらかじめ常温にしておく

キッチンのガス料金節約方法5つ目は、「食材や水をあらかじめ常温にしておく」ことです。

例えば、冷蔵庫に保管しておいた冷たい水でお湯を沸かすのと、常温の水でお湯を沸かすのとでは、沸騰するまでの時間が異なります。沸騰するまでの時間が長くなればなるほど、ガスをたくさん使うので、自然とガス料金が高くなってしまいます。

特に、凍った食品は元に戻すまでかなりの時間がかかってしまうため、一人暮らしであれば出勤・通学前に冷凍庫から食材を取り出しておきましょう。

調理方法を少し工夫してみる

キッチンのガス料金節約方法6つ目は、「調理方法を少し工夫してみる」ことです。

一般的に、最も多くガスを使う料理は、「煮る料理」と言われています。そのため、ガス料金を節約したいという場合は「炒める料理や焼く料理」を中心にご飯を作りましょう。

煮物を作りたいという場合は、「保温調理」で煮物を作りましょう。そうすることで、節約しながら煮物を作ることができます。

「同時調理」を行う

キッチンのガス料金節約方法7つ目は、「同時料理を行う」ことです。

例えば、カレーと肉じゃがを作るとしましょう。異なる料理ですが、ニンジンや玉ねぎを炒めるという途中までの工程は同じです。そのため、野菜を一気に炒め、それから肉じゃが用とカレー用に分けたほうが時短になります。

時短になるということは、ガスの使用時間が短いということなので、ガス料金の節約になります。同時料理は、ガス料金の節約になるだけではなく、料理が楽になるので、一人暮らしで忙しい方にはおすすめしたい調理方法です。

料理便利グッズを活用する

キッチンのガス料金節約方法8つ目は、「料理便利グッズを活用する」ことです。例えば、専用のケースにパスタと水を入れて電子レンジで温めれば、数分後にはパスタが出来上がるグッズがあります。

本来、鍋に水を入れてガスで温めなければいけませんが、便利グッズを活用することで、ガスの使用時間0分でパスタが完成します。このような料理便利グッズは、100円均一ショップに売っているため、ぜひ活用してみてください。

一人暮らし必見!浴室のガス代を節約する方法

ここでは、一人暮らしなら把握しておきたい浴室のガス料金節約方法を具体的に説明していきます。

浴槽にためるお湯を少なくする

浴室のガス料金節約方法1つ目は、「浴槽にためるお湯を少なくする」ことです。一般的な家庭で最も多くガスを使う場面は、「お風呂を沸かすとき」と言われています。

しかし、湯船に浸かるのを我慢するというのは、辛い方も多いかと思います。そのため、お風呂を沸かすのを我慢するのではなく、浴槽にためるお湯の量を少なくしてみましょう。

なるべく追い炊きをしない

浴室のガス料金節約方法2つ目は、「なるべく追い炊きをしない」ことです。追い炊きにもガスが必要なので、頻繁に使っているとその分ガス代が高くなります。

そのため、なるべくお風呂が沸いたらすぐに入るようにしましょう。特に、冬場は湯船の温度が下がりやすいので注意しましょう。

浴槽に蓋をしてお湯の冷めを防ぐ

浴室のガス料金節約方法3つ目は、「浴槽に蓋をしてお湯の冷めを防ぐ」ことです。

「お風呂が沸いたらすぐに入る」というのが最も良い方法なのですが、やはり一人暮らしをしていると家事や料理を自分で行わなければいけないため、すぐに入れないという方も多いかと思います。その場合は、浴槽に蓋をしておきましょう。こうすることで、お湯の冷めを防げるため、追い炊きする必要がなくなります。

シャワーの時間を短くする

浴室のガス料金節約方法4つ目は、「シャワーの時間を短くする」ことです。使い方にもよるのですが、20分~25分以上シャワーを使うと、お風呂を沸かすよりもガス代が高くなります。

そのため、シャワーだけの場合はなるべく20分以内に済ませ、お風呂を沸かしている場合は、お風呂のお湯を有効活用してガス代を節約しましょう。

節水シャワーヘッドを活用する

浴室のガス料金節約方法5つ目は、「節水シャワーヘッドを活用する」ことです。最近の節水シャワーヘッドは進化しており、塩素を除去する機能や水圧アップ機能が搭載されています。

節水シャワーヘッドは、ガス代を節約できるだけではなく、水道代も節約できるため、一石二鳥と言えるでしょう。

ガス料金の高さに困っている場合はガス会社を見直してみよう

これまでキッチン・浴室のガス料金節約方法を紹介してきましたが、「ガス会社を切り替える」のも一つの手です。

2017年からガス自由化により好きなガス会社と契約できるようになりました。ガス自由化により、大手ガス会社よりも安い料金でガスを提供する会社が数多く誕生しました。契約先を変えるだけでガス料金が安くなるため、ガス料金の節約を本気で考えているのであれば、一度切り替えを検討してみましょう。

ガス会社の切り替えが不可能なパターン

ここでは、ガス会社の切り替えが不可能なパターンを紹介していきます。

入居時にあらかじめガス会社を指定されている場合

1つ目は、「入居時にあらかじめガス会社を指定されている場合」です。この場合、勝手にガス会社を変えてしまうと、契約違反とみなされる恐れがあるので注意しましょう。

戸別にガスメーターが設置されていない場合

2つ目は、「戸別にガスメーターが設置されていない場合」です。この場合は、大家さんや管理会社がガス料金をまとめて支払っているケースがほとんどです。そのため、戸別にガスメーターが設置されていない場合は、ほぼ100%切り替えるのは不可能と言えるでしょう。

まとめ

今回は、「一人暮らしのガス料金」をテーマに解説してきました。季節やエリアによっても異なりますが、ガス料金の平均は2000円~3000円ということが分かりました。

しかし、保温調理を行ったりシャワーの時間を短くしたりと、様々な節約方法を実践することで、平均よりもガス料金を低くすることができます。また、ガスを安く提供している会社に切り替えることで、さらなら節約が期待できるでしょう。

おいくらで不用品を高く売りませんか?

リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。

今すぐ一括査定で買取価格を調べる

今すぐ一括査定で買取価格を調べる