雛人形の正しい処分方法とは?捨てるより買取がおすすめな理由

カテゴリ:

女の子の節句、桃の節句として、娘が生まれて雛人形を用意したという方は多いでしょう。

しかし成人や結婚、一人暮らしを機に娘が離れてしまうと、雛人形の行き場はなくなってしまいますよね。

なかには「結婚して実家から持ってきたお雛様の置き場がない」「蔵や倉庫にしまったままの雛人形をどうにかしたい」という悩みを持つ方も。

そこで今回は、雛人形の適切な処分方法や売却をする際の買取事情について解説します。思い入れの多い品物だからこそ、ご自身が納得できる方法を選んでください。

雛人形の処分はいつするの?供養が必要って本当?

雛人形は本来、人の穢れを人形に擦りつけ、身代わりとしての役割を果たすことを目的に行事が行われてきました。

現代では女の子の健やかな成長と嫁入り、幸せを願って購入されるかたちが多く、女の子が生まれた家庭ではなくてはならない年中行事品のひとつになっています。

そんな雛人形ですが、近年は文化や行事に対する意識の変化から「持っていても飾らない」「娘の人数に関係なく、一家に一台」といった家庭が目立つようになってきました。
とはいっても、女の子のいる家庭のほとんどがお雛様を購入していることから、「お雛様は女の子になくてはならないもの」という認識が強いことが伺えます。

文化の在り方や行事の方法は、重んじている宗派や地方によっても異なりますが、お雛様においては「嫁入りしたらお雛様の役目が終わる」という認識が強いようです。

そこで、お雛様の処分に適している一般的なタイミングを以下にまとめました。

・お雛様の持ち主(娘)が結婚したとき
・お雛様の持ち主(娘)が約年を迎えた後
・子どもたち(男女問わず)が全員成人したとき
・保管スペースが確保できなくなったとき
・保管したまま飾らず、お祝いをしなくなったとき

また、お雛様を手放す際は寺社や専門の団体で「供養」をしてもらう方も大勢います。

これは雛人形が「厄や穢れを背負う身代わり」「魂が宿っている」という考えのもと行われ、お守りや干支飾りなどの扱いと同様です。

供養するかしないかは持ち主の判断に委ねられる部分が大きいため、お世話になった気持ちや捨てるのに忍びない気持ちがある場合は供養を依頼しましょう。

雛人形を処分する5つの方法

大切な雛人形を処分するなら、上で挙げた供養のほか、以下の方法から適切な処分方法を選びましょう。

知人に譲る

女の子がいる家庭で雛人形が必要なタイミングがあったら、相談のうえ譲るという選択肢があります。

近年は10,000円前後とリーズナブルでコンパクトな雛人形も増えてきましたが、三段以上になると価格は30,000円近くなってきます。

雛人形は直接手で触って遊ぶことがなく傷・汚れもつきにくいため、双方が納得できれば譲って処分するのも良いでしょう。

自治体の処分に出す

自治体の区分に従って処分する場合、雛人形の大きさによっては大型ゴミに分類され、証紙(シール)の購入が必要となります。

分解できる部分はそれぞれ細かく分解・分別し、処分にかかる費用を抑えられるよう工夫しましょう。細かく分解できると他の家庭ゴミと同様に分別して処分することが可能です。

必要としている団体に寄附する

ボランティア団体、老人ホーム、幼稚園、自治体のリサイクルセンターなど、不用になった雛人形を必要としている団体があります。

これらの団体は引き取った雛人形をイベント・行事で再利用したり、必要としている人々へ提供したりしています。大切にしてきた雛人形を捨ててしまうことに抵抗がある方におすすめの方法です。

ネットオークションやフリマアプリで売る

「雛人形を安く欲しい」という需要から、ネットオークションやフリマアプリでも多くの雛人形が取引されています。

個人同士の売買を行うため慣れていないとトラブルに発展してしまう可能性もありますが、自分で売却価格をつけて出品できる点がメリットといえるでしょう。

ただし売れるまでに時間がかかるケースも多く、急いで処分したい場合には向きません。

買取に出す

雛人形を売るなら、ネットオークションなどのほかに買取専門店を利用する方法があります。

雛人形や五月人形、その他節句の品は、日本の工芸品・民芸品として一部のファンや海外から人気があります。

買取を依頼する際は、工芸品や日本人形の買取に力を入れている店舗、または専門店を探しましょう。

買取では雛人形の作り、種類(メーカー)、状態などから査定を行い、適正な価格で買い取ってもらうことが可能です。

「代々受け継いできたから希少なものかも」
「立派なものを買ってもらったから正しい価値で売りたい」
「そもそも価値があるか分からない」

このような気持ちがあれば、一度査定を依頼して雛人形の価値を見定めてもらうのも良いでしょう。

買取できる雛人形の種類や買取価格相場

雛人形の種類によって買取需要は異なります。以下では、買取されやすい雛人形の種類をまとめました。

有名な作家や人形師の雛人形

買取価格相場:50,000円〜100,000円
真多呂人形、清水久結遊、南雲、雛屋次郎左衛門、原米州作、笹方秀峰、大橋弌峰、大木平蔵、辻村寿三郎、渡辺玉翁、芹沢英子、野口光彦、野口明豊、平田郷陽、堀柳女、鹿児島寿蔵 など

人気ブランドの雛人形

買取価格相場:30,000円前後
吉徳大光、久月、リヤドロ、ノリタケ など

コレクション性の高いコラボ雛人形

買取価格相場:5,000円〜10,000円
ロイヤルコペンハーゲン、ペコちゃん(不二家)、ハローキティー(サンリオ)、ミッキーマウス&ミニーマウス(ディズニー)、ダッフィー&シェリーメイ(ディズニー)、リカちゃん人形(タカラトミー)、バービー人形、ドラえもん&ドラミ、テディベア(シュタイフ)、艦これ(バンプレスト) など

貴重な素材を使用しているもの

象牙、珊瑚、絹、木彫 など

有名作家や人気ブランドの雛人形は、上述のとおり工芸品や日本人形の買取を行っている買取店舗で高価買取してもらいやすいです。

象牙や珊瑚など貴重な素材から作られたお雛様、古いお雛様は骨董品としての価値が高まります。

コレクション性の高いコラボ雛人形は、一部の古いもの(リヤドロ、ペコちゃん)以外はフィギュアやドール買取に力を入れているショップで高価買取してもらいやすいです。

雛人形が実際に売れた事例を紹介

次は、実際に雛人形が売れた買取事例を紹介します。

極上 ひな人形 久月 雛人形10人木製4段セット
買取価格:¥10,000
雛人形で人気の久月です。細部に至るまで傷や汚れが見られず、商品状態が良好なため10,000円での買取となりました。

雛人形 親王飾り 安藤桂甫作 黄綬褒章受賞 健山頭 七番 親王台 屏風 雪洞付属
買取価格:¥2,500
傷、汚れなども少なく、需要の高いコンパクトなデザインのため2,500円での買取となりました。

雛人形の買取実績の詳細はこちら

雛人形を買取に出す前のお手入れ方法

ずっとしまったままの雛人形を買取に出すなら、事前にお手入れしておくと査定時の印象がアップします。以下では、雛人形の手入れ方法を解説します。

まず、雛人形が湿気を含んでしまわないために、よく晴れた日に掃除しましょう。2〜3月など、時期によっては最後に一度飾っておくのも良いですね。用意するものは次のとおりです。

・布手袋
・羽根ハタキ
・細筆
・人形を包む柔らかい布(不織布や和紙でも可)

お内裏様、お雛様、三人官女などから取り外せる小物を外したら、羽バタキや手袋で丁寧にホコリを払います。着物や顔、頭の結いはデリケートな部分のため、力を入れずに行ってください。

また、人形に触れる際は必ず手袋を着用し、皮脂や汗がつかないよう注意しましょう。子どもが素手で触ってしまったものなどは、洗剤を使用せず乾いた柔らかい布で丁寧に拭いておきます。

人形や小物の掃除が済んだら、毛氈(もうせん:土台にかける赤い敷きもの)のホコリを叩きます。人形や小物を収納箱にしまっていくときは、パーツが直接触れ合わないよう柔らかい布で包みましょう。

とくに人形の顔部分はデリケートで傷や汚れがつきやすいため、ティッシュや和紙を使って二重で保護するのがおすすめです。

掃除後に防虫剤を入れる場合は、人形用で無香料のタイプを使用します。香り付きやクローゼット用、衣類用などを併用するとお雛様を傷めてしまう場合もあるため注意してください。

なお、買取を依頼する際は以下の付属品が揃っているか、掃除をしながら確認していくのがおすすめです。

<お雛様の付属品(例)>

・お内裏様(殿)の小物
右手の笏(しゃく)、腰の刀、冠の後ろについた纓(えい)、冠
・お雛様(姫)の小物
両手で持っている扇
・三人官女の小物
手に持っている島台(しまだい)、長柄(ながえ)提子(ひさげ)
・五人囃子
・親王台(2台)
・ぼんぼり(2本)
・屏風
・まねき
・桜橘や桃の木
・三宝(さんぽう)や神饌(しんせん)を乗せる台
・瓶子(へいし)
・水引で飾られた熨斗(のし)
・高杯と紅白の丸餅
・貝桶(かいおけ)
・三人官女の下段に飾るお道具(御駕籠、重箱、御神輿)
・毛氈とひな壇
・外箱、保証書

売れない雛人形の処分にかかる費用は?

手入れがしやすく飾り付けや片付けも簡単なガラスケースタイプは人気が高いですが、買取ではあまり需要が見込めません。流通数が多いため希少性が低く、店舗在庫も豊富に確保できているためです。

ガラスケースに入っていても、既述の有名作家や人形店(メーカー)のものなら買い取ってもらえる可能性があるため、迷った際は一度査定を依頼してみましょう。

専門店での買取を断られてしまった場合、各処分方法でかかる費用は以下のとおりです。

人形供養

費用目安:3,000円〜5,000円
人形供養を行っている寺社や専門団体へ依頼し、持ち込みまたは宅配便で送付しましょう。

宅配便で送る場合は別途送料がかかります。5段飾りや7段飾りなど大型の雛人形を供養に出す場合は予算を多めに見ておきましょう。

知人に譲る

費用目安:0円〜
直接引き渡しできれば費用はかかりません。送付する場合は送料分を負担しなければいけないため、雛人形のサイズに合わせた送料を費用として見ておきましょう。

自治体で処分

費用目安:500円〜1,000円
長辺が30cmを超えるものなど、大型ゴミに分類される場合は処分のための証紙を購入する必要があります。

分解してサイズを小さくし、一般家庭ゴミとして処分できる場合、費用はかかりません。

大型ゴミの区分や出し方、費用は住んでいる地域の自治体によるため、各市区町村ホームページから確認しましょう。

(例)東京都世田谷区の場合
人形の処分にかかる手数料は収集で400円、指定場所への持ち込みなら200円です。世田谷区ではインターネットや電話、ファックスによる事前申し込みを行い、事前に有料ゴミ処理券を購入しておく必要があります。

団体への寄附

費用目安:0円〜
団体事務所や受付窓口へ持ち込みできる場合、費用はかかりません。送付する場合は他の方法と同様に送料がかかる点に注意してください。

ネットオークションやフリマアプリ

費用目安:0円〜
無料で利用できるサービスなら出品に費用はかかりませんが、売り主が送料を負担する場合は送料分の費用がかかります。

売れた代金から送料を差し引くなどサービスごとのお得な配送方法もあるので、ネットオークションやフリマアプリの規定・サービス内容をよく確認しましょう。

買取

費用目安:0円〜
買取を依頼する場合、費用はかかりません。ただし、宅配買取では送料を自己負担したり、着払いで売却代金から差し引きされたりするケースもあります。

まとめ

女の子のいる家庭では毎年当たり前のように目にする雛人形。春の訪れを知らせてくれる行事物として、日本では古くから親しまれています。

かつては女の子ひとりひとりに与えられていた雛人形も、現代では「一家に一台」の風習が強くなってきました。住宅環境や家族構成の変化から、近年は大型の5段飾り、7段飾りなどよりもコンパクトな1段タイプ、3段タイプが人気です。

以下では、雛人形を処分する方法をおさらいしておきましょう。

・人形供養
捨てたり売ったりする方法に抵抗がある方におすすめ
費用目安:3,000円〜5,000円+送料

・知人に譲る
捨てたり売ったりする方法に抵抗がある方におすすめ
費用目安:0円(送る場合は送料)

・自治体で処分
買取できないお雛様を処分したい方におすすめ
費用目安:500円〜1,000円(自治体による)

・雛人形を引き取りしている団体へ寄附
必要としている人たちに使ってもらいたいという方におすすめ
費用目安:0円(送る場合は送料)

・ネットオークションやフリマアプリ
買取できないお雛様を売ってお金に換えたい方におすすめ
費用目安:サービス使用料(送料負担する場合は送料)

・買取依頼
お雛様の価値を正しく査定してもらいたい方におすすめ
費用目安:0円(宅配買取の場合は送料負担)

今回ご紹介した内容を参考に、気持ち良くお雛様を処分できるよう工夫してみましょう。

買取を依頼する際は、お雛様をはじめ、日本人形や骨董品、民芸品の買取に力を入れているショップを利用することがおすすめです!

▼関連記事:おもちゃ買取は需要が高いって本当?買取価格相場や買取事例を紹介している記事はこちらをご覧ください。