古いたんすの買取・処分なら引き取りも可能なリサイクルへ

カテゴリ:

処分を考えた時、大きさに悩む家具の筆頭がたんすです。サイズも千差万別、背の低いチェストからクローゼットタイプの大型のものまで、処分すると一言で言っても、なかなかイメージが湧きませんよね。中の服を全部出しても、見た目よりも重く、大人一人で運び出すのが難しいたんすは、一人暮らしだと更に困りもの。

そんな時、さっと依頼して簡単に処分できるのが、リサイクルによる買取なんです。

意外と面倒?たんすの処分方法

タンスの処分は、どうすればいいの、と悩んでしまいますよね。タンスは日常的な光景だったから処分した経験がないという人も多いはず。タンスは大型家具になるので、処分する方法は自治体の回収に依頼するか、ネットオークション、フリーマーケット、またはリサイクルの買取の4つしかありません。

まずネットオークションの場合は、出品の手間に加えて、相手に送るときには引越し業者や家具に対応した宅配便で送る必要があり、相手に届けるまで大変です。フリーマーケットも、申し込みに加えて当日会場まで運び、もし売れなければ持って帰らなければいけません。自治体の回収は事前の申込と処分費用、更に指定日の朝に決まった場所に搬出する手間がかかります。大きさのせいで、かなり面倒なタンスの処分。実はかなりおすすめなのがリサイクルの買取です。買取の場合、自分の都合のいい日に来てもらえ、買取と搬出を依頼できて、とてもお得!どうせ処分するなら、買取でリサイクルに出して、お得に引き取ってもらいましょう!

おいくらなら一括査定でたんすの買取額がわかる!

とはいえ、たんすは一体どのくらいの買取金額になるのか、なかなかイメージが湧きませんよね。大きさによっても価格が変わるので、ネットで調べただけではわかりにくい家具でもあります。おいくらなら、まず「たんす」で検索することで、どんなたんすに買取実績があるのか確認できるんです。さらに一括査定を依頼することで、様々なリサイクルショップの買取額を一度に取り寄せて比較することができます。あとは自分の納得の行く見積のリサイクルショップへ依頼を出すだけ。

同時に15品の依頼ができるので、引越しなどで一度に家具を処分する時は、まとめて依頼すると買取額のアップが期待できるかも!使わなくなった小さい家電や洋服など、要らないものはまとめて一緒に査定に出してみると、思わぬ高価買取になることがあります。
また、一括査定は無料なので、とりあえず引き取ってもらえるかどうかだけでも知りたいという場合も、まずは一括査定の依頼をしてみましょう!

たんすを高く買取してもらうためのコツを紹介します

1)できるだけ汚れを取り、掃除をしておく
リサイクルの買取ではマストといえる掃除。たんすも掃除は大切です。引き出しなど一度すべて出して、ゴミが挟まっていないかなど確認しましょう。子供の落書きなども、クレヨンなら薄めた中性洗剤で、ある程度きれいにすることができます。そのままよりもきれいにするだけで、買取額アップの可能性があるので、できるだけ汚れのない状態に!

2)最初の査定時に正確なサイズを伝えておく
たんすは大きさで人気が異なる家具です。査定時にできるだけ正確に判断してもらうため、しっかりとサイズやメーカー、色を伝えておきましょう。おいくらの一括査定フォームには写真添付ができるので、より正確な査定が可能です!

3)桐たんすなどの和だんす、古い家具も意外な人気!
桐のたんすは削り直すと新品同様になり、また、使い込まれた古い家具はアンティークとしての人気があります。

それに、中古家具も古い年代の物はアンティーク価値が付くものがあります。古い家具だから無理かも、と思わずに、買取に依頼してみてください。アンティークや和だんすに強いリサイクルショップだと、思わぬ高額買取になるかも!

たんすをリサイクルに出す3つのメリットまとめ

1)一人では運びにくい、重くて大きい家具を、買取から搬出までしてもらえる
とにかく一人では移動もままならないたんすですが、買取ならリサイクルショップが出張して搬出までしてもらえます!
2)自治体の回収だと処分費用がかかるが、リサイクルなら買取のチャンス
家具の状態にかかわらず、自治体の回収に依頼すれば必ずかかる処分費用。リサイクルなら状態のいい家具は買取のチャンスがあるので、お得に処分して、さらに次の家具の予算にも!
3)即日や早朝深夜も可能、自分の都合に合わせてきて処分できる
自治体の回収は決まった日の朝に出す必要があります。オークションなら落札されてから、フリーマーケットなら開催日まで、処分を待たなければいけません。でも買取ならリサイクルショップに依頼すれば、即日から対応のショップもたくさんあるんです。早く処分したい時や、忙しくて時間が取りにくい時、とっても楽に処分ができるんです。
4)貴重な森林資源を無駄なく再利用でとってもエコ
木製のたんすはひと棹でかなりの木材が使われています。せっかく使える家具なら、処分してしまわず買取でリサイクルしましょう!

日常的に使うけれど処分を考える機会があまりないたんすですが、その素材やサイズの多様さから、いざ処分となるととても手間がかかる家具です。費用と手間をかけて処分するなら、まずはリサイクルに買取を依頼してみてください。せっかく大切に使ってきた家具、お得に処分できるかもしれませんよ!

本記事は、2016年09月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

おいくらで不用品を高く売りませんか?
リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。一括査定は無料で申し込めるので、まずはいくらで売れるか買取価格を調べてみてはいかがでしょうか。

おいくらで買取価格を調べる

おいくらで買取価格を調べる