ギターの買取方法と高く売るためのコツ・正しい保管方法について

カテゴリ:
ギターの買取相場と高く売るためのコツとは?

「ギターを売りたいけど、どうやって売ればいいのわからない」「ギターを買取に出したけど、希望していた価格じゃなかった」という人のために、今回はギターを高額買取するためのコツをご紹介します。

愛着あるギターを少しでも高額に売りたい人は、査定前に準備をきっちりすることで、買取金額が上がることがあります。

査定額を下げない方法やギターの保管方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ギターの買取方法

まずはギターの買取方法についてご紹介します。「ギターをどこで売ればいいのかわからない」という人は、どの店舗で依頼すればいいのか参考にしてみましょう。

リサイクルショップ

買取の一般的な方法としては、リサイクルショップで査定をしてもらい、その場で買い取ってもらうことです。買取対応品の幅が多く、買い手を探す必要もありません。

また、常駐スタッフによって適切な査定もしてもらえるので、適正価格で買い取ってくれます。

出張買取

店舗に出向く手間を省きたい人は、買取業者が自宅まで出向く出張買取がおすすめです。

メリットは、店舗にギターを持ち運ぶ必要がなく、自宅で査定結果を聞けることです。契約成立の場合は即現金を受け取ることができ、不成立の場合は返送料が発生しません。

一方、自宅に業者を招くため、防犯や悪徳業者に注意する必要があります。不安な人は、立会い人を見つけておきましょう。

宅配買取

自宅に居ながら買取をしたいときは、宅配での買取もおすすめです。

出張買取と同様に、自分で楽器を持ち運ぶ労力をかけず、自分の都合で宅配の手続きを取るだけで済みます。

しかし、買取業者との接点がないので、査定ポイントがわかりにくいでデメリットがあります。また、契約不成立で商品が返送された場合、送料料が有料の業者だと損をするだけで終わってしまいます。

宅配で買取を依頼するときは、返送料の有無を確認しておきましょう。

ネットオークション

買取は店舗型や出張型だけでなく、ヤフオクなどのネットオークションを利用する方法もあります。

モデルによっては、買取専門店を利用するよりも高額で売れる可能性があります。

しかし、入札者が見つからない場合や詐欺などユーザー間でのトラブルが起こるケースもあるので、トラブルを未然に防ぐために情報を確認しておきましょう。

ギター買取で高く売れるメーカーは?

ギター買取に関しては、海外製のギターが高値で売れる傾向にあります。

特にエレキギターのギブソンやフェンダーは、著名なミュージシャンが使用していることもあり、現在でも人気の高いメーカーです。

一方、国内製はYAMAHAが人気ですが、他のメーカーでもオールドやジャパンヴィンテージと呼ばれるギターは、高額で買取してもらえる可能性があります。

ギターの買取価格を上げるコツ

ここでは、ギターを高値で買い取るためのコツをご紹介します。大切なギターを少しでも高い金額で買い取ってほしいと考える人は、ギターを売却する前に次のポイントをしっかり確認しておきましょう。

インターネットで事前査定を依頼する

店舗に査定依頼するを前に、インターネットでギターの買取相場を把握しておくと、買取がスムーズになります。

買取価格の相場をより詳しく知りたい人は、電話やメールでメーカーやモデル、型番や状態、写真などを伝えておくと店舗の基準に沿った査定をしてくれます。

近年は、LINEで査定を行っている専門店が増えているので、店舗の公式アカウントに楽器の写真を送ると、簡単に買取額を知ることができます。

クリーニングをする

買取に出す場合、事前に必ずクリーニングを行うようにしましょう。

なぜなら、傷や汚れなど状態が良くない状態で査定に出すと、買取金額に大きく影響することがあるからです。

汚れがたまりやすい指板やフレッド脇、メッキ部分を磨いておくと、査定の印象もよくなります。

エレキギターは、アンプにつなぐことで雑音が生じるガリ音が発生すると、査定金額が下がるのでジャック内部の清掃もしておきましょう。

付属品を揃える

買取してもらうときに忘れがちなのが、付属品をそろえることです。

付属品はできるだけ購入時のままの状態で残しておくと、買取価格も高くなりやすいです。

特に古い楽器の場合は、アクセサリー類の製造が終わっていることが多いので、探し出して査定価格の低下を防ぎましょう。

エレキギターの場合、付属品が欠品していると次の方が使えないので、演奏可能が必ず確認しておきましょう。

弦の状態をチェックする

査定に出す前に、ギターの弦は必ずチェックしておきましょう。

買取業者の多くは試し弾きをしてギターの状態を確かめるため、弦が錆びていると査定金額に影響が出るからです。

弦は消耗品なので、できるだけ新しい弦に張り替えて、査定の印象を良くしましょう。

店舗の買取査定表を確認する

買取を行う店舗によっては、ホームページなどで買取査定表の一覧を出している店舗もあります。

付属品の有無や傷、へこみなどを踏まえたおおよその指標がわかるので、ギターを売る前に調べてみましょう。

査定価格を下げないようにするには?

査定価格を高くするコツがわかっていても、ギターの管理状況によっては、価格が大きく変動してしまいます。

ここでは、査定価格をなるべく下げないようにするための注意点をご紹介します。

保証書を残しておく

ギターの買取で大事なポイントのひとつに、保証書を残しておくことが挙げられます。

というのも、ギターの価値を偽造されないため、査定のときに保証書を確認するからです。

保証書には店舗印と購入日が記載されているため、購入の照明になります。

また、購入したお店で保証期間内に買取査定に出すと、価格が大幅に高くなるケースもあります。

査定の印象を良くするために、ギターを購入したときは保証書を必ず残しておきましょう。

ギターの正しい保管方法

ここでは、ギターの正しい保管方法をご紹介します。買取価格を高くするには、ギターの状態が良好であることが重要です。

ギターの正しい保管方法を知っておくと、査定の印象も良くなります。

買取価格を上げたい人や保管の仕方がよくわからない人も、次のポイントを参考にしてみましょう。

柔らかい布で汗や汚れをふき取る

買取価格を上げるコツでも取り上げたように、ギターを使った後は柔らかい布で弦や指板の汚れをこまめにふき取りましょう。

なぜなら、手垢や皮脂汚れ、汗が付着することで弦が錆びてしまうからです。

弦は手垢や汗が最も多くつく場所なので、弦をクロスで包むようにして1本ずつ汚れをふき取りましょう。

木材でできている指板は、クロスにオイルを数滴しみこませて優しくふくと、乾燥防止にもなります。

ギターの状態を良くするためにも、を使った後はこまめに汚れをふき取りましょう。

弦をゆるめる

ギターをしばらくの間弾かない場合は、弦をゆるめた状態にしておくのがおすすめです。

というのも、弦1本に約80キロの圧がかかっているといわれており、演奏するときと同じ状態で圧がかかると、ネックが反れる可能性があるからです。

ペグを1~2回ほど回した状態にしておくと、弦に圧がほどよくなり保管状態も良くなります。

ギターの負担を抑えるためにも、弦はゆるめた状態にしておきましょう。

風通しの良い場所で保管する

ギターを保管するときは、風通しの良い場所に置くようにしましょう。

ギターは湿度に敏感なため、高温多湿の場所で保管するとネックやボディに影響が出てしまうからです。

部屋の窓際を置くのを避けたり、ギタースタンドに立てかけたりするのがおすすめです。

風通しの良い場所に保管して、ギターを良好な状態に保ちましょう。

ギターケースを使う

ギターの保管は、ギターケースに入れるとより安全です。

持ち運びによるトラブルで傷がつくのを防げたり、湿度を調整したりできるからです。

ギターケースの中に、湿度調整剤を入れておくと保管状況がより安定します。

ギターの劣化を防ぐため、ギターケースを使って保管をしましょう。

まとめ

今回は、ギターを高額買取するためのコツやギターの保管方法などをご紹介しました。

大切にしていたギターを高額買取してもらうには、日ごろのメンテナンスや保存環境に気を付けることが重要です。

希望する価格で買取してもらうためにも、事前の準備はきっちりしておきましょう。

おいくらで不用品を高く売りませんか?
リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。もちらん、電話で直接問い合わせることも可能です。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。まずは、どんなお店があるのか近くのリサイクルショップを探してみてはいかがでしょうか?

近くのリサイルショップを探す

近くのリサイルショップを探す