東京電力と東京ガスはどちらがお得?電気・ガス料金を徹底比較!

東京電力と東京ガスはどちらがお得?電気・ガス料金を徹底比較!

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。
※「おいくら」「高く売れるドットコム」は弊社マーケットエンタープライズが運営するサービスです。

「東京電力と東京ガス、どちらがお得になるの?」

関東エリアにお住まいの方は、東京電力と東京ガスをご契約されている方が多いのではないでしょうか。

東京電力・東京ガスともに、電気とガスのサービスを提供しており、「東京電力で電気・ガスをまとめたほうが安いのでは?」「東京ガスの電気プランにしたほうがお得なの?」とお悩みかと思います。

そこで本記事では、東京電力と東京ガスのプランを徹底比較しました。

結論を言うと、電気とガスをセットにするなら「東京電力」がお得になるでしょう。

ただしお使いのガス機器や電気の使用状況によっても結果は異なりますので、本記事をお読みいただきながらご自身に合ったプランを選んでください。

東京電力と東京ガス以外にもお得な電力会社を紹介します。そちらも合わせて参考にしてください。

電気代見直しを検討中の方へ
東京ガス

関東にお住まいで電気料金が気になる方は東京ガスで電気をセット契約するのがおすすめ!

詳しくは公式サイトをチェックしてください!

東京ガスの公式サイトをチェック

東京電力と東京ガスではどちらがお得になる?

東京電力と東京ガスでは、どちらがお得になるのでしょうか。

結論を先にまとめると、「電気とガスとセットにすれば東京電力が安くなる」可能性が高くなります。

電気料金のみで東京電力と東京ガスと比較すると、東京ガスのほうが安くなります。

ガス料金だけを見ると東京電力のほうが安くなります。

さらに電気とガスをセットで契約すると、東京電力のほうが安くなるというシミュレーション結果が出ました。(※電気ガスの使用状況によって結果は異なります。)

詳しい内容は順次解説します。

東京電力と東京ガスの電気料金比較

東京電力の電気料金プランには「プレミアム」「スタンダード」「夜トク」などの基本プランのほかに、オール電化向けの「スマートライフ」、再生可能エネルギーを供給する「アクアキュート100」などがあります。

東京ガスの電気料金プランは「基本プラン」のほかに、再生可能エネルギー(※)を供給する「さすてな電気」、オール電化向け料金プラン(時間帯別プラン)があります。

ここでは、1人暮らし〜ファミリー世帯の一般的なプランをもとに、東京電力「スタンダードSプラン」と東京ガス「基本プラン」の2つを比較していきます。


・東京ガスの電源は天然ガスを用いた火力発電をメインとしていますが、さすてな電気では、太陽光や風力発電などの再生可能エネルギーが持つ、環境的な価値を与えられた「非化石証書」を東京ガスが購入することによって、CO2排出量実質ゼロとしています。
※東京ガスの料金プランには燃料費調整の上限を設けておりません。これにより、燃料費の高騰によって、上限を設けている他社の料金プランと比べ、高くなる場合があります。

東京電力「スタンダードSプラン」

東京電力のスタンダードSプランは、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広く加入しているベーシックなプランです。

基本料金と電力量料金は、2024年4月1日以降の改定料金は以下のようになっています。

<東京電力のスタンダードSプラン>【2024年4月1日以降】

基本料金(10Aにつき)311.75円 30A 935.25円
40A 1,247.96円
50A 1,558.75円
60A 1,870.5円
電力量料金 第1段階料金 120kWhまで 29.80円
第2段階料金 120kWhを超え300kWhまで 36.40円
第3段階料金 300kWhを超えたもの 40.49円

燃料費調整額および原料費調整額、再エネ賦課金は含まれておりません。

一人暮らしで電気使用量が月200kWh、契約アンペアが40Aの方
基本料金1,247.96円+(120kWh*29.80円)+(80kWh*36.40円)=7,735.96円

ファミリー世帯で電気使用量が月400kWh、契約アンペアが60Aの方
基本料金1,870.5円+(120kWh*29.80円)+(180kWh*36.40円)+(100kWh*40.49円)=16,047.5円

東京電力公式サイト

東京ガス「基本プラン」

東京ガスの電気プラン「基本プラン」は、2024年3月現在の電気料金は以下のようになります。

<東京ガスの基本プラン>【2024年3月19日時点】

基本料金(10Aにつき)295.24円 30A 885.72円
40A 1,180.96円
50A 1,476.20円
60A 1,771.44円
電力量料金 第1段階料金 120kWhまで 29.90円
第2段階料金 120kWhを超え300kWhまで 35.41円
第3段階料金 300kWhを超えたもの 37.48円

燃料費調整額および原料費調整額、再エネ賦課金は含まれておりません。

一人暮らしで電気使用量が月200kWh、契約アンペアが40Aの方
基本料金1,180.96円+(120kWh*29.90円)+(80kWh*35.41円)=7,601.76円

ファミリー世帯で電気使用量が月400kWh、契約アンペアが60Aの方
基本料金1,171.44円+(120kWh*29.90円)+(180kWh*35.41円)+(100kWh*37.48円)=14,881.24円

電気料金プランでは、東京電力の「スタンダードSプラン」よりも東京ガスの「基本プラン」のほうが安くなる結果となりました。

次に、ガス料金ではどのような結果になるか詳しくみていきましょう。

東京ガスを今すぐチェック!

※東京ガスの料金プランには燃料費調整の上限を設けておりません。これにより、燃料費の高騰によって、上限を設けている他社の料金プランと比べ、高くなる場合があります。

東京電力と東京ガスのガス料金比較

東京電力のガス料金プランは、関東・中部・関西の一部エリアが供給対象エリアです。

「とくとくガスプラン」「とくとくガス床暖プラン(関東のみ)」があり、ガスプランだけでも契約が可能です。

東京ガスのガス料金プランは「一般料金」などの基本プランのほかに、ガス機器をお持ちの方に向けた「エネファームで発電エコぷらん」「エコウィルで発電エコぷらん」「暖らんぷらん」などが展開されています。

東京電力「とくとくガスプラン(関東)」

東京電力の「とくとくガスプラン」は、一人暮らしから一般的な家庭に向けたベーシックなプランです。

東京ガスの一般料金よりも約3%安くなる料金設定となっています。基本料金と従量料金は、以下の表のとおりです。

<東京電力のとくとくガスプラン(関東)>

料金表1ヶ月のガス使用量基本料金(円/月)従量料金(円/m³)
A0m³から20m³まで736.23円140.94円
B20m³をこえ80m³まで1,024.32円126.54円
C80m³をこえ200m³まで1,195.04円124.40円
D200m³をこえ500m³まで1,835.24円121.20円
E500m³をこえ800m³まで6,103.24円112.67円
F800m³をこえる場合12,078.44円105.20円

燃料費調整額および原料費調整額、再エネ賦課金は含まれておりません。

一人暮らしでガス使用量が月5m³の方 基本料金736.23円+(140.94円*5m³)=1,440.93円

ファミリー世帯でガス使用量が月30m³の方 基本料金1,024.32円+(140.94円*20m³)+(126.54円*10m³)=5,108.52円

東京電力公式サイト

東京ガス「一般契約料金」

東京ガス「一般契約料金」は、ガスの使用開始時に自動的に適用される基本のガス料金メニューです。

そんな一般契約の料金表(東京地区等)は以下の通りです。

※越谷・春日部地区/蓮田南地区、取手・我孫子地区、真岡地区には対象メニューはございませんので、ご注意ください。

料金表1か月のガスご使用量基本料金
(円/件・月)
(基準単位料金)24年4月検針分24年5月検針分24年6月検針分
A表0m3から20m3まで759.00145.31167.28168.71174.87
B表20m3をこえ80m3まで1,056.00130.46152.43153.86160.02
C表80m3をこえ200m3まで1,232.00128.26150.23151.66157.82
D表200m3をこえ500m3まで1,892.00124.96146.93148.36154.52
E表500m3をこえ800m3まで6,292.00116.16138.13139.56145.72
F表800m3をこえる場合12,452.00108.46130.43131.86138.02

2024年5月21日時点のガス料金表
参考:東京ガス

一人暮らしでガス使用量が月5m³の方 基本料金759.00円+(145.31円*5m³)=1485,55円

ファミリー世帯でガス使用量が月30m³の方 基本料金1,056.00円+(130.46円*10m³)+(145.31円*20m³)=5,266.8円

ガス料金プランでは、東京ガスの「一般契約料金」よりも東京電力の「とくとくガスプラン」のほうがわずかに安くなる結果となりました。

最後に、電気とガス料金をセットにしたときではどのような結果になるか詳しくみていきましょう。

東京電力公式サイト

※東京ガスの料金プランには燃料費調整の上限を設けておりません。これにより、燃料費の高騰によって、上限を設けている他社の料金プランと比べ、高くなる場合があります。

電気・ガスをセットにしたときの比較

東京電力と東京ガスの両社ともに「電気・ガスセット割」があります。

  • 東京電力……ガスセット割で年間1,200円安くなる
  • 東京ガス……毎月の電気料金の基本料金および電力量料金の合計額(税込)から、当該合計額に0.5%を乗じた額を割引(割引額は、小数点以下切り捨て)

前述した電気・ガス料金をもとに、1年分の電気・ガス料金に割引額を適用して比較してみると以下のようになります。

<1人世帯の年間電気ガス料金と割引率の比較>

 電気ガス割引合計
東京電力92,508円17,291円-1,200円108,599円
東京ガス90,778円18,649円-453円108,974円

1人世帯では、東京電力の電気・ガスセットプランのほうが安くなる結果となりました。

<ファミリー世帯の年間電気ガス料金と割引率の比較>

 電気ガス割引合計
東京電力185,141円61,302円-1,200円245,244円
東京ガス178,246円62,791円-891円240,146円

ファミリー世帯では、東京ガスの電気・ガスセットのほうが安くなる結果となりました。

※東京ガスの料金プランには燃料費調整の上限を設けておりません。これにより、燃料費の高騰によって、上限を設けている他社の料金プランと比べ、高くなる場合があります。

東京電力・東京ガスはどんな人におすすめ?

ここまでの内容をもとに、東京電力と東京ガスはどんな人におすすめなのかをまとめると、以下のような結論となりました。

  • 一人暮らしで電力使用量が少ない人は「東京ガスの電気」がおすすめ
  • ファミリー世帯で電気使用量の多いご家庭は東京ガスの「電気ガスセット割」にまとめるのがおすすめ

東京ガスの電気がおすすめな方

一人暮らしで電力使用量が少ない人は、東京ガスの電気がおすすめです。

東京ガスで電気とガスをまとめてしまうとお得にならない可能性が高いので、事前にシミュレーションをしてみましょう。

電気は東京ガス、ガスは東京電力といったように、バラバラで契約した方が安くなりそうです。

電気ガスセット割はおすすめ?

ファミリー世帯で電気使用量の多いご家庭は、東京ガスの電気ガスセット割がおすすめです。

東京ガスの電気プランは、電気使用量が多いほどお得になります。

電気使用量が月に400kWhを超えるのであれば、ぜひ東京ガスの電気ガスセット割※1をご検討ください。

東京ガスを今すぐチェック!

※1東京ガスのガスと電気(基本プラン・ずっとも電気3) のご使用場所およびご契約者が同じであり、ガス料金と電気料金を合算してお支払いいただける方が対象です。
※東京ガスの料金プランには燃料費調整の上限を設けておりません。これにより、燃料費の高騰によって、上限を設けている他社の料金プランと比べ、高くなる場合があります。

電気とガスをまとめるメリット・デメリット

電気とガスをまとめると、セット割引が適用され、メリットが多く感じられます。 しかし場合によってはデメリットもありますので、よく検討してください。 ここでは電気とガスをまとめるメリット・デメリットについて解説します。

電気とガスをまとめるメリット

まず、メリットとしては、次のようなものがあります。

  • セット割引が適用される
  • 支払いがまとめられる
  • 問い合わせが1本化できる

最も大きなメリットは、セット割引が適用されることです。

電気とガスをまとめたプランを展開している事業者の多くは、セット割を用意しています。

よくある割引例は、電気料金に応じて割引をしたり、ポイントを付与したりといった内容です。

支払いがまとめられる点もメリットの一つでしょう。

何か不明点があったときの問い合わせが1本化できることも魅力です。

電気・ガスに関してトラブルが発生した際に、問い合わせ先が一か所であれば電気会社とガス会社の連絡先をその都度調べる必要がありません。

引っ越しなどで手続きをする際にも、まとめて変更手続きが可能です。

電気とガスをまとめるデメリット

一方、デメリットとしては、次のようなものがあります。

  • 必ず安くなるとは限らない
  • プランの選択肢が少ない
  • 解約金がかかる場合がある

セットプランでも必ず安くなるとは限りません。

電気料金の安いプランの会社、ガス料金の安いプランの会社をそれぞれ選んだほうが、結果的に安くなる可能性もあります。

プランの選択肢が少ないこともデメリットです。

電気料金のみであれば、さまざまなプランが用意されていても、セットプランは1本であることがほとんどです。

プラン内容によっては付帯するサービスが適用されず、お得に感じられない場合があるでしょう。

また、セットプランによっては解約時に解約金が発生することもあります。

東京電力と東京ガスのセットプランでは解約金はかかりませんが、契約時には約款をよく確認するようにしましょう。

東京電力と東京ガスのほかにおすすめの電力会社4選

ここからは、東京電力と東京ガス以外の電力会社を紹介します。

電気・ガスの使用状況やライフスタイルによって、電気料金プランとガス料金プランをそれぞれ選んで契約したほうがいい場合もあります。

シミュレーションツールを活用して、ご自身にあったプランを選択してくださいね。

楽天でんき

楽天でんき

出典:楽天でんき公式サイト

おすすめポイント

  • 楽天経済圏ユーザにお得
  • 基本料金0円・従量料金一律単価

楽天でんき」は楽天グループが運営する新電力サービスです。
楽天でんきの料金プランはとてもシンプルで、基本料金0円のため電気を使った分のみ料金が発生します。

契約年数の縛り・解約金・切替工事がないため、一度サービスを利用してみたいという方にもおすすめの新電力会社です。

さらに、楽天でんきを利用すると楽天ポイントがザクザク貯まります。
電気料金200円ごとに1ポイント、電気ガスセットなら100円ごとに1ポイントと付与されるため、電気を使用するほどポイントが増えるシステムになっているため、賢い消費をサポートしてくれます。

また、前月の請求額が5,000円以上の場合、楽天市場での還元率+0.5倍になり、お得にお買い物ができます。

申込や詳細確認は公式サイトから行えるので、お気軽にチェックしてみてください。

楽天でんき
公式サイトはこちら

<プランS(アンペア契約)>※東京エリアの場合

料金表
基本料金0円
電力量料金一律36.85円/kWh

<プランS(※東京ガスエリア)>

1ヵ月のガス使用量 基本料金(円/月) (基準単位料金)(円/㎥) 2024年3月検針分(円/㎥) 2024年4月検針分(円/㎥)
0㎥から20㎥まで 759 145.31 164.61 167.28
20㎥をこえ80㎥まで 1,056.00 130.46 149.76 152.43
80㎥をこえ200㎥まで 1,232.00 128.26 147.56 150.23
200㎥をこえ500㎥まで 1,892.00 124.96 144.26 146.93
500㎥をこえ800㎥まで 6,292.00 116.16 135.46 138.13
800㎥をこえる場合 12,452.00 108.46 127.76 130.43

楽天でんき
申込はこちら

CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクト CDエナジーダイレクト

出典:CDエナジーダイレクト公式サイト

おすすめポイント
  • 関東を中心に電気・ガスを提供
  • ライフスタイルに合わせた様々なプランがある
  • 電気とガスのセット割引あり

CDエナジーダイレクトは、中部電力と大阪ガスが設立した会社で、関東を中心に電気・ガスを提供しています。

ライフスタイルに合わせた様々なプランを提供しており、どれを選べばよいのか迷うほど。

まずはベーシックでんきBで検討いただくとよいでしょう。

電気とガスをセットで契約すると、基本料金・電力量料金(燃料費調整額を除く)の0.5%割引が適用される点も魅力的です。

電気使用量の多いファミリー世帯には「ファミリーでんき」、オール電化にお住まいの方には「スマートでんき」がおすすめ。

電気のみ、ガスのみでの契約も可能です。

<CDエナジーダイレクトのベーシックでんきB>

※新料金(2023年10月1日以降)

基本料金 10A 276.90円
15A 415.35円
20A 553.80円
30A 830.70円
40A 1,107.60円
50A 1,384.50円
60A 1,661.40円
電力量料金 第1段階料金 120kWhまで 29.90円
第2段階料金 120kWhを超え300kWhまで 35.59円
第3段階料金 300kWhを超えたもの 36.50円

<CDエナジーダイレクトのベーシックガス>

料金表1ヶ月のガス使用量基本料金(円/月)基準単位料金(円/m³)
A表0m³から20m³まで735.46円140.76円
B表20m³をこえ80m³まで1,022.38円126.42円
C表80m³をこえ200m³まで1,193.39円124.28円
D表200m³をこえ500m³まで1,833.02円121.08円
E表500m³をこえ800m³まで6,100.61円112.54円
F表800m³をこえる場合12,065.05円105.09円

CDエナジーダイレクト公式サイト

【祝割】最大3,000円分ポイント還元!

出典:CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクトへの乗り換えを検討している方に朗報です!

人生の節目をCDエナジーダイレクトがお祝いしてくれる「祝割」を実施中。

出産・結婚・新居の購入・お子様の進学は、それぞれ3,000ポイント、加えて、家族の誕生日には毎年最大100ポイントがもらえます。(※お申込み時にWEB会員サービス「カテエネ」へのご登録や各種お申し込みが必要です。)

受け取ったポイントは、Tポイントやnanaco、WAON、dポイントや商品券に交換したり、毎月の電気料金の支払いにも使えます。

この機会にぜひCDエナジーダイレクトへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

  • キャンペーン期間:無期限
CDエナジーダイレクト公式サイト

Looopでんき

Looopでんきトップ Looopでんきトップ

出典:Looopでんきトップ公式サイト

おすすめポイント
  • 基本料金が0円
  • 昼間の時間帯に電気を使用するとお得に
  • 電気とガスのセットプランあり

Looopでんきは、全国(一部離島を除く)で電力供給を行っている会社です。

2022年には新たに「スマートタイムONE」というプランを導入しました。

このプランは、以前のプランと同様に基本料金が0円の特徴は維持しつつ、30分ごとに電気料金が変動する仕組みとなっています。

使用電力量の多いピークタイムを避けて電力を利用することで、電気料金を大幅に削減できます。

特に昼間の時間帯は太陽光発電量が増えるため、電気代が安く抑えられます。

東京電力エリアにお住まいの方は、ガスとのセットプランも選択可能です。

Looopガスは基本料金1000円、従量料金は一律128円/㎥となっており、セット割引として電気料金単価から-1円/kWhの割引が適用されます。

<LooopでんきのスマートタイムONE>

料金表
基本料金0円
電力量料金時間帯により異なる

<Looopでんき+ガス(東京電力エリアのみ)>

料金表
基本料金1,000円
従量料金128円/㎥
割引電気料金単価が-1円/kWh

Looopでんき公式サイト

HTBエナジーのでんき

HTBエナジーのでんき HTBエナジーのでんき

出典:HTBエナジーのでんき公式サイト

おすすめポイント
  • 基本料金・従量料金が一律
  • オプションの「あんしんサポート365」が無料
  • 一人暮らしの方におすすめ

「HTBエナジー」は、1人暮らしの方からファミリー世帯まで、どなたにでもおすすめしたい新電力会社です。

10Aから60Aまでの範囲で契約できる「ベーシックプラン」は、基本料金や従量料金が一律で分かりやすく、電気使用量が多いご家庭ほどお得になります。

さらに「あんしんサポート365」というオプションがご用意されており、水漏れや電気設備に関するトラブルにも迅速に対応してくれます。

このような付加価値の高いサービスは通常別料金がかかる場合が多いのですが、HTBエナジーでは無料で提供されています。

東京・中部・関西エリアでは都市ガスプランも展開しており、毎月セット割として102円が値引きされます。

セット割だけでも年間で1,224円お得になるので、ぜひシミュレーションしてみてください。

<HTBエナジーのベーシックプラン>

基本料金  550円
電力量料金 1kWhあたり一律 28.60円

<HTBエナジーのまじめなガス東京プラン>

料金表1ヶ月のガス使用量基本料金(円/月)従量料金(円/m³)
A表0m³から20m³まで759円140.94円
B表20m³をこえ80m³まで10,56円126.54円
C表80m³をこえ200m³まで1,232円124.4円
D表200m³をこえ500m³まで1,892円121.2円
E表500m³をこえ800m³まで6,292円112.67円
F表800m³をこえる場合12,452円105.2円
HTBエナジーのでんき公式サイト
 

▼こちらの記事では、関東・東京電力エリアでおすすめの電力会社や最新キャンペーンをまとめているので、あわせて読んでみてください。

電力会社の切り替えでよくある質問

ここからは電力会社の切り替えでよくある質問をまとめてお答えします。切り替えの前に参考にしてください。

賃貸住宅に住んでいますが、電力会社の切り替えはできますか?

賃貸住宅でも電力会社の切り替えは可能です。

部屋ごとにスマートメーターが取り付けられており、個別に検針票が届いている場合は基本的に変更ができます。

ただし、賃貸住宅の契約によっては変更できないケースもありますので、賃貸契約書をご確認いただくか、管理会社・大家さんなどにお問い合わせください。

電力会社に切り替える場合、新規申し込みと解約手続きが必要?

電力会社を切り替える場合、現在の契約を自分で解約する必要はありません。

新しい電力会社が解約手続きを代行してくれます。電力会社の切り替えにかかる日数は通常は1〜2ヶ月程度です。

ただし、引っ越しをする場合は旧居の停止手続きと新居の開始手続きが必要です。

契約中の電力会社の公式サイトやアプリから申し込みができます。引っ越しが決まったら早めに手続きを行いましょう。

電力会社を切り替えるには、工事が必要?

電力会社を切り替えるために、特別な工事は必要ありません。

電気メーターがアナログメーターの場合は、スマートメーターと呼ばれるデジタルメーターに切り替える工事が必要です。

この工事は無料で行われるため、初期費用・工事費用などは不要です。

電力会社を解約すると、解約金が必要?

解約金については、電力会社の契約内容によって異なります。

一部の電力会社では、契約期間中に解約する場合に解約金が発生しますのでご注意ください。

新しい電力会社に切り替える際にも解約金の有無について確認しておくことをおすすめします。

契約した新電力会社が倒産したらどうなる?

契約した新電力会社が万が一倒産または事業を撤退する場合には、契約者への通知が行われますので、案内にしたがって期限までに切り替え手続きを行いましょう。

切り替えが間に合わない場合でもご安心ください。その場合は地域の大手電力会社からの電気供給が行われます。

電気・ガスの切り替えはプランをよく比較して決めよう

東京電力と東京ガスがどちらがお得になるのか比較し、紹介しました。

一人暮らしで電力使用量が少ない人は「東京ガスの電気」が安くなる可能性があります。

ファミリー世帯で電気使用量の多いご家庭なら、東京ガスの「電気ガスセット割」がおすすめ。

それぞれのご家庭での使用状況に合わせてシミュレーションをして比較してみてください。

東京電力と東京ガス以外にも、お得な電力会社はたくさんあります。

▼本記事では、特におすすめの新電力会社を紹介していますのでぜひ参考にしてください。

お得な情報を配信中!
友だち追加
マーケットエンタープライズフィールドセールス
おいくらマガジン編集部

不用品の買取や処分、捨て方に関する情報を発信します!