練馬区の粗大ごみ出し方や料金まとめ|もっとお得な処分方法も

カテゴリ:
練馬区の粗大ごみ出し方や料金まとめ|もっとお得な処分方法も

練馬区では、環境への負荷を軽減させることを目指して、ごみ問題に対する意識の向上を区民に呼びかけています。

ごみの発生の抑制やリサイクルの推進、ごみの適正な処分のために、ごみの分別方法が定められており、粗大ごみについてもさまざまな規定があります。

そのため、家庭で不要となった大きめのものを捨てるときには、粗大ごみに当てはまるかどうかよく注意することが必要です。

練馬区では、おおむね30cm角以上のサイズの耐久消費財を中心とした大型ごみは粗大ごみとなります。

30cm以下になるように解体したり分解したりしても、解体前の大きさで粗大ごみとみなされるので、気をつけましょう。

この記事では、練馬区の粗大ごみに当てはまる品目や収集・持ち込みの方法、手数料などが決められているので、一つひとつ詳しくご説明します。

練馬区で粗大ごみを出すには2つの方法がある

練馬区で粗大ごみを出すには2つの方法がある

粗大ごみを出す方法には、収集と持ち込みの2種類の方法があります。まずはどちらでも共通する手順から見ていきましょう。

まずは、粗大ごみ受付センターに申し込む

練馬区で粗大ごみを出すときには、まず練馬区粗大ごみ受付センターに申し込みをします。

この時点で、収集場所に回収に来てもらう「収集」か、自分で粗大ごみ受け付けセンターに運搬して持ち込む「持ち込み」のどちらかを選びます。

有料粗大ごみ処理券を購入する

次のステップは、有料粗大ごみ処理券の購入です。申し込みをしたときに必要な料金を案内されるので、決まった金額分を購入しましょう。

粗大ごみに有料粗大ごみ処理券を貼り付ける

有料粗大ごみ処理券の記入欄に、収集日と受付番号、または収集日と氏名を記入し、処分したい粗大ごみに貼り付けます。

品目ごとに、分かりやすく目につく位置に貼り付けましょう。

準備ができたら、収集または持ち込む

収集日になったら、収集してもらうか、自身で粗大ごみ受け付けセンターに持ち込むか決めましょう。

収集の場合

指定された収集日の朝8時までに、粗大ごみを収集場所に出しておきます。

収集場所は自宅の玄関先や敷地の入り口などの分かりやすい場所となりますが、マンションやアパートなどにお住まいの場合は、どこに出したらいいかを事前に確認しておきましょう。

収集時間は午前8時から午後4時までの間となっており、くわしい収集時間を知りたい場合は、収集日の前日に粗大ごみ受付センターへ問い合わせれば教えてもらえます。

持ち込みの場合

申し込み時に指定された持ち込み日時に、本人または同一世帯(同じ住所)の人が粗大ごみ受付センターへ持ち込むことができます。

持ち込みの際には、運転免許証などによる本人確認が実施されています。

車で運搬する場合は、自家用車またはレンタカーで、2トン車までです。

持ち込みの回数は、4月から3月までの年度内で一世帯当たり3回までで、1回あたりは15個までと制限されています。

粗大ごみ処分の料金・手数料関連

練馬区で粗大ごみを出すといくらくらいかかるのか、気になる手数料をチェックしましょう。

粗大ごみ 処理手数料
ガスコンロ 400円
電子レンジ 400円
マットレス 400円
ホットカーペット(3畳以下の敷物) 400円
自転車(16インチ以下)・三輪車 400円
ホットカーペット(3畳以上の敷物) 800円
アコーディオンカーテン 800円
自転車(16インチ以上) 800円
シングルベット 1,200円
1,200円
ミシン 1,200円
システムステレオセット 1,200円
ダブルベット 2,000円
オルガン 2,000円

粗大ごみの処理手数料は、最新の情報を都度確認しておくことをおすすめします。

一例を挙げてみると、収集の場合でガスコンロや電子レンジ、マットレス、3畳以下の敷物やホットカーペット、16インチ以下の自転車、三輪車などは400円です。


3畳以上の敷物・ホットカーペット、アコーディオンカーテン、16インチ以上の自転車などは800円となります。

シングルベッドや机、ミシン、システムステレオセットなどが1,200円、ダブルベッドやオルガンは2,000円です。

持ち込みであれば、この料金の半額となります。この料金は有料粗大ごみ処理券を購入することによって支払えます。

有料粗大ごみ処理券は、区内のコンビニエンスストア、練馬清掃事務所、石神井清掃事務所、清掃リサイクル課(区役所本庁舎18階)などで購入することができます。

練馬区以外の粗大ごみ処理券は使えないので、間違って購入しないように気をつけましょう。

購入した練馬区粗大ごみ処理券は、処分したい粗大ごみの目につくところに貼り付けて出します。

生活保護や児童扶養手当を受けている方や中国残留邦人など、支援給付の対象者などは粗大ごみの手数料の減免や免除を受けることができる場合があります。

その場合はインターネットからの受付はできないので、粗大ごみ受付センターに直接問い合わせてみましょう。

練馬区の粗大ごみ処分に申し込む

練馬区の粗大ごみ処分の申し込み

粗大ごみを出すことに決めたら、まずは事前の申し込みが必要です。電話またはインターネットから申し込みができますが、その前に注意したい点もあります。

粗大ごみの処分を申し込む前の注意点

粗大ごみの処分を申し込む前に、いくつか確認しておきたいことがあります。

まず、その不要品が練馬区で定められている粗大ごみの品目に当てはまるかを確認しましょう。粗大ごみであることを確認できたら、粗大ごみの大きさや数量をチェックしておきます。

食器棚やカラーボックス、サイドボード、スチール棚などの箱物家具は、3辺(幅・高さ・奥行)の長さのうち長い2辺を合わせた長さによって金額が異なります。サイズを測っておいて正確な金額をスムーズに算出できるように準備しておきましょう。

電話による申し込み方法

粗大ごみ受付センターに電話で申し込むことができます。受付時間は、日曜日と年末年始を除く、午前8時から午後7時までです。

休み明けの月曜日の午前中は非常に混みあうので、気をつけましょう。直前に連絡するのではなく、日にちに余裕をもって申し込むのがおすすめです。

インターネットによる申し込み方法

電話だけでなく、インターネットからの申し込みも可能です。

まず、練馬区粗大ごみ受付センターの、インターネット受付ページを開きます。

注意事項が記されているので、確認したら「注意事項に同意する」にチェックを入れて、収集であれば「粗大収集新規お申し込みの方」を、持ち込みであれば「持込み新規お申し込みの方」を選びます。次にメールアドレスを入力する画面になるので、アドレスを入力します。

折り返し送られてくる受付センターからのメールに記載されているURLをクリックし、必要事項を入力すれば申し込みは完了です。

インターネットでは、24時間申し込みが可能です。さらに、粗大ごみの収集料金を検索して確認することもできます。電話がつながらないときや収集料金を知りたい場合などは、インターネットからの申し込みを活用しましょう。

キャンセルや回収品目の追加・変更は可能?

粗大ごみ回収のキャンセルは条件がありますが可能となっています。電話で申し込んだ場合は、上に記載している番号まで早めに連絡しましょう。

インターネット申し込みの場合は年末年始、日曜日を除き、収集の場合は収集日の3日前、持込みの場合は持込み日の前日の23時59分まで可能です。

締切日以降の申込みの変更は、粗大ごみ受付センターへ電話(番号はこちら)で行ってください。

収集品目の追加は収集日の件数などにより別の日になる可能性があるので予め注意しておきましょう。

参考:練馬区粗大ごみインターネット受付│受付変更申込み

要チェック!練馬区では粗大ごみとして出せないもの

要チェック!練馬区では粗大ごみとして出せないもの

練馬区のホームページ内にある「ごみ分別辞典」を見ると、粗大ごみとして処分できるものがたくさんあることが分かります。

ただし、何でも粗大ごみとして捨てることができるわけではなく、粗大ごみの扱いにならないものもあるので、注意が必要です。

家電リサイクル法でリサイクルが義務づけられているもの

家電リサイクル法の施行により、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機はリサイクルが義務づけられています。

販売店には、古くなった対象の家電を引き取る義務があるので、そうした家電を処分したい場合は、購入したお店に問い合わせて引き取りを依頼してみましょう。

家電の買い替えにともなう処分であれば、新しい家電を購入したお店で引き取ってもらうこともできます。

買い替えではなく、購入したお店も分からない場合は、家電リサイクル受付センターに引き取りを依頼しましょう。手数料は、リサイクル料金と収集運搬料金となります。

区内の中間集積所に持ち込むのであれば、リサイクル料金と収集運搬料金がかかりますが、収集よりも割安となります。さらに、メーカー指定の指定引取場所まで持ち込む場合には、収集運搬料金がかからずリサイクル料金のみとなり、手数料をもっとも安くおさえることができます。

家電リサイクルに関する関連記事

適正処理困難物に当てはまるもの

適正処理困難物とは、家庭から出るごみの中で、適正に処理することが困難とみなされるもののことです。

これには、自動車やオートバイ、自動車のタイヤ、ピアノ、耐火用金庫、コンクリートブロック、消化器、ガスボンベ、灯油、ガソリン、薬品類などが当てはまります。

収集や運搬、処分などのプロセスの中で、有毒ガスや有害排水などが出たり、爆発や引火の危険性があったりするからです。こうしたものを処分したいときは、購入したお店やメーカーに引き取りを依頼するか、専門の処理業者に依頼しましょう。

粗大ごみとして出せないものには以下のものがあります。

  • テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機などの家電リサイクル法の対象のもの
  • 自動車、オートバイ、タイヤなどのカー用品
  • 消化器、ガスボンベ、灯油、ガソリンなど爆発や引火の可能性があるもの
  • 薬品類など

練馬区で炊飯器やソファーを処分できる?

練馬区で炊飯器やソファーを処分できる?

練馬区で、炊飯器やソファーが不要になったときは、粗大ごみとして処分することが可能なのでしょうか?

まず、炊飯器です。練馬区のごみ分別辞典によると、炊飯器は粗大ごみではなく不燃ごみとなります。

不燃ごみの収集日に、決められた集積所に出しましょう。ただ、炊飯器の大きさが30センチメートル角以上であれば粗大ごみとなり、これまで見てきたように有料で、事前の申し込みが必要になります。

次に、ソファーの処分方法です。同じように練馬区のごみ分別辞典を見てみると、ソファーは粗大ごみに分類されることが分かります。

このように、すぐに粗大ごみかどうか判断がつきにくいものも、練馬区のホームページでは品目ごとに分かりやすく分類されており、検索して確認することができます。
ごみとして処分したいものの分別に迷ったら、ホームページのごみ分別辞典をチェックしてみましょう。

粗大ごみに出すよりも、お得な処分方法「買取」を検討しませんか?

おいくら新LP画像

不用品を捨ててしまう前に「買取査定」に出してみることをおすすめします。思わぬ価値が付くかもしれません。おいくらは最大20社のリサイクルショップから買取価格をまとめてもらえる一括査定見積もりサービスです。一回の問い合わせで複数社の査定価格がわかるので、店にはしごする手間や持ち運びのが省け簡単に不用品を売却することが可能です。練馬区を拠点または出張買取対象としている業者が対応するため、迅速で安心です。

おいくらで無料一括査定

まとめ

練馬区で粗大ごみを出す方法や料金、申し込みの方法などを見てきました。

事前の申し込みや粗大ごみ処理券の購入、収集場所または粗大ごみ受付センターへの運搬など、何かと手間もかかり、費用がかかってしまいますが、適切な方法で処分することが大切です。

友だち追加キャンペーン実施中!
友だち追加
おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら新LP画像

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。