旧紙幣買取のポイント!高く売るコツも紹介

カテゴリ:

家の掃除をしている時などに旧紙幣が出てきた経験はありませんか?家族や亡くなった身内がコレクションとして置いていたパターンが多く、自分ではその価値がわからないことも多いです。

そんな時は一度買取業者などに査定をして貰うのがおすすめ。自分が持っている旧紙幣がどれだけの価値があるかわかるからです。

この記事では旧紙幣とは何なのか、高値で売るためのポイントなどについて紹介します。

旧紙幣とは?

旧紙幣とは今でもお金のとして使える紙幣のことであり、聖徳太子が描かれているものなどが当てはまります。

ちなみにお金として価値がなくなった古い紙幣のことは「古紙幣」と呼びます。江戸時代、藩の中でしか使う事ができなかった「藩札」などが例に挙げられます。古紙幣は旧紙幣とは別物になるので注意してください。

日本で紙幣が本格的に導入されたのは明治時代です。今では100円や500円は硬貨ですが、昔は500円札などがありました。これらは今でも使う事ができますが、そのまま使えば額面通りの金額になってしまいますし、お店の人が紙幣を知らなかった場合、会計に時間がかかってしまう可能性もあります。

旧紙幣の中には印刷ミスなどにより価値が高くなっているものがあり、500円札が10万円になることもあります。

買い物に使うのではなく、まずは業者に査定をしてもらい、どれだけ高く売れるのかを確認するようにしましょう。

旧紙幣を売る時は実績のある業者を利用しよう

旧紙幣を売る時は買取業者で売却するのがおすすめ。しかし買取実績のない業者で査定をして貰うのは危険です。

旧紙幣などの古いお金はその価値を判断するのが難しいと言われています。そのため、実績のないところで売ってしまうと買い叩かれてしまう可能性があります。

数ある業者の中から買取実績のあるところを見つけるのは大変ですよね。おいくらマガジンであれば「買取実績」の項目から簡単に探すことが可能です。さらに「一括査定」を使えば、一気に複数業者に査定を依頼することができますよ。

その査定額を見て、気になったところがあれば連絡をしてを実物を見てもらうという流れになります。

是非活用して、気になる業者をみつけてみてください。

ネットオークションで旧紙幣を取引する時は注意が必要

旧紙幣はネットオークションに出品して売ることも可能です。しかし、知識なしに出品をしてしまうと安い価格で買われてしまい、結局は損をしてしまう可能性もあります。

また、旧紙幣はお金になりますので郵送方法を間違えてしまうと「郵便法」などの法律に抵触してしまう恐れも。個人で旧紙幣などを売る時は、これらのリスクがあることを覚えておきましょう。

旧紙幣を高く売るためのポイントは

次に旧紙幣を高く売るためのポイントについて一つずつ紹介をしていきます。

旧紙幣は状態をそのままにして綺麗にしない

本来であれば「綺麗にしてから査定に出す」が高く売るためのポイントですが、旧紙幣は綺麗にせずになるべくそのままで出してください。

旧紙幣などを集めるコレクターはその古さに価値を見出していることが多いです。綺麗にしてしまうことで、その歴史的価値や時代といった風合いを無くしてしまい、マイナス査定になってしまうかもしれません。

ただし、ホコリがついている場合は、軽く取ってあげるなどは問題ありません。どこまで綺麗にしていいかわからない場合は、何もしないで査定に出すのが無難です。

ケースや鑑定書をつけよう

旧紙幣が入っていたケースや鑑定書があるなら、そちらも一緒に査定を受けましょう。これらも売る時には重要な査定ポイントになりますので、可能な限り揃えておくようにしてください。

旧紙幣そのもので価値を見極めるのが難しいため、専用ケースや鑑定書がない場合は買取を断るケースもあります。

掃除などでたまたま見つけた人は難しいかもしれませんが、探してみてください。

売ると決めたらすぐに準備をする

旧紙幣を売ろうと考えていても「もっと時間が経てば価値が上がるのではないか?」と考えてしまい、なかなか売れない方もいるのではないでしょうか。

結論からお伝えしますと、早く売るのがおすすめです。旧紙幣などの古いお金は「額面割れのリスク」が存在します。額面割れを例を挙げて説明すると、1000円で使えるものが、業者に売ると500円の価値になることです。

理由としては、古いお金を集めるコレクターの人口が減ってきており、旧紙幣や古銭などの取引価格が下がってきているからです。数年前までは高値で取引されていたものでも、今ではさほど高額にならないこともあります。

今プレミア価格がついていても市場価格が下がってきているので、数年後にはその価値がどうなっているかわかりません。

もちろん価値が上がる可能性が無いわけではないのですが、コレクターの人口が減ってきているのが現状なので、置いておくと下がる可能性が高いと思っていた方がいいでしょう。

旧紙幣の買取実績のある業者を厳選

業者に査定をお願いするときは複数に依頼することをおすすめします。

ここでは、旧紙幣の買取実績のある業者を2社紹介していきます。

多数の取引ルートで高価買取「買取専門店よろずや」

「よろずや」は大阪府大阪市にあるブランド・ジュエリーを中心に取引を行っている買取専門の業者になります。地域密着のお店として活動しており、親切・丁寧に高価買取をすることを目指しています。

店舗は「あびこ店」と「駒川店」の2店舗。どちらも買取経験10年以上のベテラン査定士が常駐しています。さらに、よろずや独自の取引ルートを多数持っているので、高価買取も期待できるかもしれません。

店内は明るく、お客様のプライバシーを最大限配慮した作りになっています。また、出張買取や宅配買取にも対応しています。

買取実績としては「岩倉具視 新500円札 連番 帯付」など。この他にも中国の切手といった変わったものも買い取っています。

●買取専門店よろずやの店舗情報
【所在地】大阪府大阪市東住吉区駒川4-12-21
【買取方法】店頭買取、出張買取、宅配買取
【得意アイテム】ブランド品、貴金属、切手、金券、嗜好品他
【苦手アイテム】大きな家電、家具、乗り物、古い洋服
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】毎週日曜日(駒川店)、毎週土曜日(あびこ店)
詳細はこちらから 買取専門店よろずや

ブランド買取ならここにお任せ「おまかせ屋 千林店」

こちらも大阪府大阪市にあり、ブランドアパレル、貴金属、普通切手を中心に取引している業者になります。

おまかせ屋千林店の強みは以下の4つ。

  • 独自の販売ルート
  • 最新の情報を常に調査し他店に負けない知識量
  • 徹底した経費削減
  • 利益主義NO宣言

これらを最大限に活かすことで、高価買取を実現しています。

買取品目は、ブランドもの、カメラ、お酒、香水、家電(大型のものを除く)など様々です。また、大阪市内であれば出張買取も行っています。

アンティーク系の買取は切手シートや記念硬貨の取引が多いですが、旧紙幣や古銭などの買取実績もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

●おまかせ屋千林店の店舗情報
【所在地】大阪府大阪市旭区千林2-11-4メゾンド浅田1F
【買取方法】店頭買取 出張買取 宅配買取
【得意アイテム】貴金属、ブランド、洋服、切手、古銭、時計
【苦手アイテム】大型家具・家電の買取は行っておりません。
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】土
詳細はこちらから おまかせ屋千林店

まとめ

旧紙幣の買取について紹介してきましたがいかがでしたか?これから旧紙幣をどう処分しようか悩んでいる方には持込買取や出張買取をしてくれる業者を選ぶ方がおすすめです。

また、今回紹介した業者は2社とも「宅配買取」を行ってくれます。もし、気になった方は電話やメールで旧紙幣の送り方について問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

おいくらの「一括査定」を利用して、先ほど紹介した2社を含めて査定依頼をしてみてはいかがでしょう。

おいくらで不用品を高く売りませんか?
リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。もちらん、電話で直接問い合わせることも可能です。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。まずは、どんなお店があるのか近くのリサイクルショップを探してみてはいかがでしょうか?

近くのリサイクルショップを探す

近くのリサイクルショップを探す