中古の仏壇や仏具の買取や処分時の注意点を解説!

カテゴリ:
遺品整理・生前整理を行う前に 遺品買取強化店を探す!

近年、仏壇や仏具を処分する方が増えています。

「マンションや集合住宅に引越したために、実家にあった立派な仏壇を置く場所がない」、両親が施設に入ることになったので、小さな仏壇に買い替えたい」、「仏壇の面倒が見られない、継承する人がいない」などさまざまな理由があります。

仏壇は先祖代々受け継がれてきたものです。
いざ処分するとなると、「本当に処分しても大丈夫なのか」と心配になってしまいますよね。

結論から言うと、上述のようなやむを得ない事情がある場合は、買取を含めて仏壇の処分をしても問題ありません。
ただし、仏壇を処分するときには必要な手続きがあり、処分の際のルールも存在します。

この記事では、中古の仏壇や仏具の買取や処分の際の注意点を詳しく解説しています。
仏壇仏具の処分を考えている方や、遺品整理が必要な場合に是非参考にしてください。

仏壇は買い取ってもらえる?買取可能な仏壇とは?

通常の仏壇の買取は難しい?

仏壇を中古で買って使うという方はほとんどいませんので、購入時の値段が数十万円程度のいわゆる通常の仏壇は、買取は難しいといえます。
傷がなく新品同様のものは買取可能なこともありますが、買取価格は期待できず、処分費用が取られることも多いでしょう。

通常の仏壇の買取は、値段が付く場合は安くて1,000円、高くても数千円程度が相場です。

また、以下の「買取不可能な仏壇は処分をしてもらう!必要な手続きは?」の項目でも詳しくご紹介しますが、仏壇を手離すときには必ずしておかなければいけない「閉眼供養(魂抜き・お性根抜き)」という手続きがあります。
この手続きには通常数万円ほどの費用がかかります。

仏壇の買取が可能な業者を見つけたとしても、この「閉眼供養」よりも高い値段がつくことはまずありません。
仏壇を手離すためには、少なからず費用が必要だという覚悟をしておく方がよいでしょう。

美術的価値のある仏壇は高価買取の可能性あり

もし、家にある仏壇が古くから伝わる歴史のあるもので、美術品的な価値があるものの場合は高価買取の可能性もあります。
美術品的価値のある仏壇は、通常の仏壇としてではなくコレクションの一部として需要があります。

特に海外では日本製品に対しての評価が高く、インテリアとして部屋に飾っている方もいるようです。
日本でキリスト教の祭事で使われる十字架をモチーフにしたアクセサリーがあるように、海外でもオシャレなものとして需要があるのです。

価値がありそうな場合は、リサイクルショップや通常の買取業者ではなく、骨董品などを専門的に扱う業者に相談してみましょう。

金仏壇の買取について

浄土真宗で使われている金仏壇は、彫刻や漆、金箔などそれぞれの職人が分業で作った高級仏壇です。
そのため、金仏壇の場合は伝統工芸品としての価値が付きやすいといえます。

また、金箔は純度が高く量が多ければ金として価値があるため、金仏壇に限り買取可能としている業者もあります。

高価買取の可能性もあるので、リサイクルショップや通常の買取業者ではなく、骨董費や古美術品、貴金属を取り扱う専門の業者に査定を依頼してみましょう。
高価買取と言ってもそれほど期待しすぎず、価値があればラッキー程度に考えておく方が無難かもしれません。

金仏壇の買取について

買取不可能な仏壇は処分をしてもらう!必要な手続きは?

相続に関する問題

仏壇や仏具、お墓などは「祭祀財産」に含まれます。
祭祀財産は、通常の遺産のように相続人に分配して相続されるものではなく、「慣習に従って祖先の祭祀を主催する一人」に相続されるものです。

祭祀財産の相続には基本的に相続税は課せられませんが、拒否することはできません。
祭祀財産を相続した人は「祭祀承継者」となり、法事やお盆、お彼岸の行事を取り仕切る義務が生じます。
ただし「義務」といっても、法律的な縛りがあるわけではないので行事をしなくても罰せられることはありません。

重要なことは、祭祀承継者は責任を持って墓地や仏壇を処分する権利があります。
逆に言えば、祭祀承継者でない限り、個人の判断で仏壇を処分することはできません。

祭祀承継者以外の方が仏壇を処分するためには、祭祀承継者からの承諾が必要となります。
通常の遺産相続人とは異なる場合もあるため、十分に注意しておかなければいけません。

また、骨董品として価値のある仏壇仏具や、金の仏像は、祭祀財産として認められない場合もあります。
これらが「財産」として判断された場合は相続税が課されます。

遺産相続で、マイナス財産の範囲でのみプラス財産を相続する「限定承認」や全ての財産を相続しない「相続放棄」をする場合は、価値のある仏壇仏具を安易に処分すると、遺産相続の意志があると見なされてしまうこともあります。

魂抜き・お性根抜きの流れや依頼方法

新しい仏壇を作ったときなどには、「開眼法要(魂入れ)」が行われていることがあります。
故人の魂を呼び覚まし、仏壇に宿すためのものです。

先の項目でも少し触れましたが、仏壇を処分するときには、開眼法要の逆で、故人の魂を仏壇から抜いて納める「閉眼供養(魂抜き・お性根抜き)」が必要となります。

魂抜き・お性根抜きが行われないまま仏壇を処分してしまうと、故人の魂が入ったままで処分してしまうことになります。
処分の前には必ず、閉眼法要が行われたかどうか確認しておきましょう。

●魂抜き・お性根抜きの流れ

1、依頼
閉眼供養は基本的に、お葬式や法事を行っている菩提寺に依頼します。
まずは菩提寺に連絡し、仏壇処分の旨を伝えましょう。
菩提寺がわからない、遠方であるなど理由がある場合は近くのお寺でも引き受けてくれることがあります。

近くに依頼できるお寺がない場合は、仏具店に依頼しましょう。
購入した仏具店が望ましいですが、わからない場合は近くの仏具店でもかまいません。
仏壇の処分ができる遺品整理業者も魂抜き・お性根抜きをしてもらえる場合も有ります。

依頼するところが決まったら、お坊さんに自宅に出向いてもらうか、お寺や仏具店に仏壇を持ち込む日取りを決めます。

2、魂抜き・お性根抜き
お坊さんが出向いてくれる場合、部屋が散らかったままだと失礼にあたります。
遺品整理中などで部屋に入っていただけないときは、別の部屋に移動させるか一旦家から出して魂抜き・お性根抜きをしてもらいます。

持ち込む場合は乱暴に扱うことのないように、十分注意して運搬しましょう。仏具店や遺品整理業者の場合、運搬から依頼できるところもあります。

準備が整ったら、お坊さんに魂抜き・お性根抜きの読経をしてもらいます。
魂抜き・お性根抜きが終わったら、仏壇はただの木の入れ物になります。

3、お焚き上げ・処分
仏壇は、魂抜き・お性根抜きをしたら処分することができるようになります。
お焚き上げやその他の方法で仏壇を処分します。

仏壇の処分の方法

●粗大ゴミとして処分する
閉眼供養をしたあとの仏壇は、各自治体の規定にしたがって粗大ゴミとして処分することができます。
また、仏壇の大きさによっては自分で解体して普通ゴミとして処分できる場合もあります。

粗大ゴミとして処分するには、まず各自治体で申し込みや手数料の確認をして、近くのコンビニやスーパー、郵便局で「粗大ゴミ処理手数料券」を購入します。
次に処分したい仏壇に貼り、指定の日時に指定の場所へ持っていくと処分してもらえます。

処分を考えてから実際に処分するまでに時間がかかり、また、回収場所へ持っていかなければいけないというデメリットがありますが、比較的安く処分ができる方法です。
費用は高くても約3,000円までで納まるでしょう。
ただし、自治体によっては回収不可となる場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

●遺品整理・買取業者に処分してもらう
遺品整理・買取業者に仏壇を処分してもらう方法もあります。
業者のほとんどは魂抜き・お性根抜きからお焚き上げまで依頼可能です。

仏壇はほとんどの場合、お焚き上げや処分という形になりますが、価値のある仏壇は買取となることもあります。

他にも処分したいものが多い場合は、遺品整理業者に依頼することで仏壇やその他の整理費用が抑えられる可能性があります。

●お寺に依頼する方法
魂抜き・お性根抜きをしてそのままそのお寺に引き取ってもらうこともできます。
お寺に依頼すると閉眼供養とは別に費用が必要となるのが普通です。

基本的には、お葬式や法事をしてもらっているお寺に依頼しますが、それ以外のお寺でも引き受けてくれる場合もあります。

料金は「お布施」として支払うため決まった金額はありません。
お寺の宗派や、檀家かどうかによっても異なるため、確認しておきましょう。

閉眼供養のあと、他の処分方法を探さなくても良いというメリットがあり、もっともスムーズに処分ができる方法といえます。

●仏壇の下取り
新しい仏壇の購入を考えている方は、下取りで古い仏壇を処分することもできます。
普通に仏壇を購入するよりも費用が抑えられ、処分費用が安くなることがあります。
下取りでは、仏具店が魂抜きをしてくれる場合もあるので、問い合わせてみると良いでしょう。

ただし、「その店舗で購入した仏壇に限り、下取りが可能」という場合もあるので注意が必要です。
また、自分で持ち込まず、引取りが必要な場合は、別途料金がかかることもあります。

ここに挙げた方法の中ではもっとも費用がかかる方法ではありますが、宗教や宗派の制限がなく、気にするべき点が少ない方法です。
仏壇の買い替えを検討している方は下取りを依頼すると良いでしょう。

仏壇の処分の方法

仏壇の中の仏具の買取について

一方、仏壇の中の仏具は買取可能な場合が多いです。
遺品整理の際にダメ元で査定をしたところ、思ったよりも査定額が高かったと感じている方もいるほどです。

売るのに気が引けるという場合は、仏壇と一緒に魂抜きをしてもらうと良いでしょう。

金、銀、プラチナなどを使った仏具は高く売れる可能性あり

仏具には、金や銀、プラチナが使われているものが多く、貴金属としての価値があるため高く売れる可能性があります。
長年使用していて黒くくすんでいるものでも、磨いてみると金や銀が使われていたということもあるので、一度査定に出すに越したことはありません。

仏具は、骨董品や古美術として価値が高い場合も多いです。
査定に出す際は骨董品や古美術を専門的に取り扱う業者と、貴金属を取り扱う業者両方に見積もりを依頼しましょう。

代表的な仏具の種類

仏具の代表的なものには、香炉、花立、燭台、リン、線香差などがあります。
小さな仏壇の場合はそれぞれ一つずつですが、大きな仏壇の場合は花立や燭台が左右一対になっています。

上述のように、仏具には金や銀、プラチナや真鍮などの貴金属が含まれている場合が多いです。
2018年4月現在では、18金1gの買取価格は3,660~3,711円ですので、例えばすべて18金でできた仏具であればその重さ分の買取価格が期待できます。

ただし、純度や使われている量によって価格が下がることもあり、逆に骨董品・美術品としての価値がついてもっと高値で売れることもあります。

仏具はそれぞれ個々で価値が大きく変わりますので、どのくらいが相場だとは明示しにくくなっています。
さまざまな買取業者のHPを見ても、ほとんど明確な買取価格が掲載されているところはありませんでした。

以下では、仏具それぞれの需要について解説しています。
買取例として書かれているのは、ある買取業者等で買取価格が記載されていた一部の例となります。
あくまで参考程度ですので、実際の買取価格とは異なる場合があります。

●仏像

宗教を問わず、仏像は高価買取の見込める品目です。
木製のものであっても古美術品としての価値があり、さらに金や貴金属の素材が使われていることが多いです。
査定額に開きが出やすい品目でもあるので、古美術や骨董品の専門店と貴金属専門両方で査定に出すようにしましょう。

・買取価格の相場
5,000~50,000円

●掛け軸

仏壇の奥にかかっている掛け軸も、買取に出すと意外と高額になる可能性があります。
近年はやや価値が下がっている傾向にあるようですが、古美術品としてまだまだ需要はあります。

作者や出処がわかるものは価値が高くなりやすいです。箱や入れ物がある場合は証明になるので一緒に査定に出しましょう。

平均買取価格:
7,329円

●香炉

香炉とは、お線香や抹香を焚くときの受けになるものです。
仏具に使われる香炉は金や銀、真鍮製のものもあり、高額な買取価格が期待できます。

仏具以外にも香炉はたくさんの種類のものがあり、中古市場では比較的需要の高い人気の品目です。
仏具を含めた香炉は、工芸品や古美術品として扱われることが多いですが、古いものの中には歴史的な価値のあるものもあります。

買取価格には商品の状態が大きく影響しますので、買取に出すときはできるだけキレイにしておきましょう。
ただし、強く磨くと細かい傷がついてしまい価値が下がることもあるので、慎重に扱うようにしましょう。

買取例:
真鍮製柄香炉 12,000円

●花立

花立は、仏壇に花を添えるときに使われる花器のことです。
古いものであれば陶器や銅で作られているものもありますが、近年ではアルミやステンレス、真鍮のものが主流です。

高価なものには純金や純銀のものもあり、これらは非常に高額で買い取りされます。
特に一対になっているものは需要が高くなっています。
また、細かな装飾が施されているものも人気です。

買取相場:
約1~2万円前後
純金や純銀のものは数十万円

●リン

仏壇に手を合わせる前に鳴らすおリンは、金や銀などの貴金属が使われていることが多いです。
そのため、多くの貴金属買取専門業者がおリンの買取を積極的に行っています。

その日の貴金属の値段とおリンの大きさによって買取価格は変わります。

買取例:
18金のリン 3,700円×グラム数
銀製のリン 7,174円

●数珠

読経のときやお祈りのときに使われる数珠は、アクセサリーや厄除けのお守りとしても使われています。
意外かもしれませんが、数珠は原材料や保存状態によっては高額で買い取りされる場合もあります。

証明書があり、制作年代がはっきりしているものや、箱や袋があるものは一度査定に出してみるようにしましょう。

買取相場:
数千円~一万円程度
原材料が香木や象牙で作られているものは数万円

仏具を処分する場合の手続き

閉眼法要が必要な仏具と不要な仏具

仏具を処分する場合にも、仏壇と同じく、閉眼法要(魂抜き・お性根)抜きが必要なものがあります。
ただし、仏具によっては魂が宿らないとされているものもあります。
魂が宿らないとされている仏具は閉眼法要の必要はありませんが、処分するのに気が引けてしまう場合は、一緒に閉眼法要を頼むか塩で清めるなどしましょう。

●閉眼法要が必要な仏具

仏具のなかでも、「礼拝仏具」と呼ばれるものは、開眼法要の対象となり、故人の魂が宿っているとされています。

礼拝仏具には、「本尊(仏像)」や仏壇の中にかける「掛け軸」、「位牌」などがあたります。
浄土真宗系の宗派では位牌がない場合も多いですが、その代わりに「法名軸」と言うものがあります。
法名軸とは、故人の死亡年月日や法名を記すもので、仏壇内側の側面にかけられています。

これらの礼拝仏具は、閉眼法要をしたあとも自分で処分することは避けたほうが良いでしょう。
閉眼法要を依頼するお寺や仏具店、遺品整理業者にそのまま回収してもらい、お焚き上げをしてもらうのが一般的です。

本尊(仏像)は、金属や石などで作られているものはお焚き上げができません。
お寺によっては引き取ってもらえることもありますが、断られることもあります。

少し心苦しいですが、この場合は自治体のルールに従ってゴミとして捨てるか、廃棄物として処分しなくてはいけません。
やはり自分で処分するのは気が引けるという方は、遺品整理業者や専門業者に依頼すると良いでしょう。

本尊(仏像)や掛け軸は、素材や美術品・骨董品的価値の有無によっては買取が可能な場合もあります。
買取を依頼する場合も必ず閉眼法要をしてもらうようにしましょう。

●閉眼法要が不要な仏具

上記に挙げた礼拝仏具以外の仏具は、故人の魂は宿らないとされています。
リンや燭台、花立や線香差などがこれにあたります。

これらの仏具は基本的には閉眼法要が不要です。

自治体のルールに従ってゴミとして処分しても良いですし、買取に出しても問題ありません。

とはいえ、これらの仏具も神聖なものには変わりありませんので、処分や買取に出すのは気が引ける場合は、お寺や遺品整理業者など専門の業者に依頼して一緒に引き取ってもらうようにしましょう。

しかし、これらの仏具には貴金属製品が多く、美術品的な価値が高い場合もあるので、買取を強くおすすめします。
閉眼法要や仏壇の処分にかかる費用を少しでも抑えることができるでしょう。

自分でゴミとして出す場合

閉眼法要を正しく行った仏具は、自分でゴミとして出すことができます。
このときに注意しておかなければいけないのは、仏具の素材と大きさです。

仏具の中には木製のもの、金や銀など貴金属製のものの他にも、ガラスやクリスタル製のものもあります。
普通ゴミとして出す場合は、自治体ごとの決まりにしたがって捨てるようにしましょう。

また、多くの場合、一辺の長さが30cm以上のものは粗大ゴミとして出す必要がありますが、仏具の場合はほとんど普通ゴミで問題ないでしょう。
粗大ゴミとして捨てる場合は、仏壇を捨てるときと同じように自治体ごとに決められた手順を踏まなければいけません。

粗大ゴミとして出す必要があるものは、自治体に粗大ゴミ回収の申し込みと手数料の確認をし、コンビニやスーパー、郵便局で粗大ゴミ手数料券を購入して仏具に貼ります。
次に、問い合わせの際に確認をした指定の日時に指定の場所へ持っていくことで改修してもらえます。

ただし、自治体によっては仏壇仏具をゴミとして捨てられないところもあります。
自分でゴミとして捨てることを検討している方は、あらかじめ各自治体に確認しておくようにしましょう。

自分でゴミとして処分する方法は、お寺や遺品整理業者に依頼するよりも比較的費用を抑えることができます。

お寺に依頼する場合

仏具もやはり神聖なものですので、ゴミとして処分するのは忍びないという方は、お寺に依頼するのが安心です。
閉眼法要が必要な本尊(仏像)、法名軸、位牌、掛け軸など礼拝仏具以外の仏具も依頼すればお寺できちんと供養してもらうことができます。

こちらも仏壇を処分するときと同じく、まずは菩提寺に相談するようにしましょう。
菩提寺が遠方である場合や、わからなくなってしまっている場合は近くのお寺で引き受けてくれる場合もあります。

仏具店や遺品整理業者で仏壇と一緒に引き取ってもらえる場合もあります。
お寺や仏具店、遺品整理業者で処分をする場合は、処分費用がかかってしまいますが、閉眼法要から処分まで一貫して引き受けてくれるため、手間が少ないというメリットがあります。

お寺で処分してもらう場合、処分にかかる費用は「お布施」となり、決まった金額があるわけではありませんので、他の処分方法よりも割高になる可能性があります。

また、お寺に依頼する場合でも、宗派や仏具の種類によっては処分できないこともありますので、処分を依頼したいお寺にあらかじめ確認しておくようにしましょう。

まとめ

中古の仏壇仏具の買取や処分の際の注意点をご紹介しました。
最後にもう一度、簡単におさらいしておきましょう。

<仏壇仏具処分の前のポイント>
・仏壇仏具を処分する前には必ず「閉眼法要(魂抜き・お性根抜き)」を!
・閉眼法要は「お寺」「仏具店」「遺品整理業者」へ依頼
・仏壇仏具の処分方法は「お焚きあげ」「下取り」「買取」「ゴミとして処分」の4つ
<仏壇の処分のポイント>
・通常の仏壇買取は期待できない、値段が付いても数千円程度
・美術品的な価値のあるもの、金仏壇は高価買取の可能性あり
・買い替えの場合は仏具店での下取りがおすすめ
・費用を抑えたいなら粗大ゴミとして捨てる
・手間なら遺品整理業者かお寺で引き取ってもらう
<仏具の処分のポイント>
・仏具は意外と高額買取の可能性あり
・金、銀、プラチナが使われている場合は高額買取の可能性大
・美術品、骨董品的な価値がプラスされることも

仏壇の買取はあまり期待ができなさそうですが、仏具はかなり高額買取が期待できる品目です。
仏壇の処分には費用がかかってしまいますが、その分仏具を買取に出すことで結果的に費用を抑えることができそうです。

もしかすると、思わぬ高値が付いて手元にお金が残るかもしれませんよ。

本記事は、2018年5月8日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。