不要になった2段ベッドは売れる?買い取ってもらえる条件を解説!

カテゴリ:

家の中で子どものために使えるスペースに限りがある場合、2段ベッドはとても重宝します。子どもが小さいときには非常に助かる家具アイテムですね。しかし、子どもがある程度成長したら、そのまま使い続けるのはむずかしい家具でもあります。

これから必要となりそうな人にゆずりたくても、家族が長く使ったものを友人知人に差し上げること抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。使わなくなり引き取り手の当てもない2段ベッド。家の中である程度の面積を占めたままなのは、精神衛生上もあまりよろしくないものです。お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

このように家族の成長とともに不要になってしまい、無用の長物と化した家具アイテムは、処分するしかないのでしょうか?まだまだ使えそうなものをごみにしてしまうのは心が痛む方も多いでしょう。また、子ども用とはいえ二人分のベッドを家庭で処分するには相当のエネルギーを要しそうです。費用もかかりそうですね。

そこで検討したいのが、買取業者に売りに出すこと。果たして、子どもの成長に伴って使わなくなった2段ベッドを、専門の買取業者に買い取ってもらうことは可能なのでしょうか?詳しく解説します。

不要になった2段ベッドは売れるのか?

「子どもが何年間も使った2段ベッドを欲しがる人はいるのか」と思ってしまいそうですね。実際、家族が何年も使ったものをゆずるのはなかなかむずかしく、案外友人知人にも声がかけにくいもののようです。もらった方も気を使ってしまうかもしれません。

しかし世の中には、これから二段ベッドを必要としている人たちが確かにいるのです。

期間限定使用だからこそ出費をおさえたい人がいる

何年かで不要になってしまうものに大きな金額を使うことに抵抗がある、新品ではなくても良いからできるだけ安く2段ベッドを入手したい、こう考えるファミリーには案外多いのではないでしょうか。

そんなファミリーにとって、中古の2段ベッドがおトクに入手できたら、とても助かるに違いありません。自分たちには不要となっても、世の中全体ではまだまだ必要とされるものと言えるでしょう。

シンプルで飽きのこないデザインは売れやすい

ある程度長期間使うものですから、シンプルで飽きのこないデザインのものが好まれる傾向にあります。最終的な購入判断は子どもではなく保護者の方ですから、そうなるのかもしれません。

人気家具メーカーのものなら高価買取の可能性も

人気がある家具メーカーの2段ベッドであれば、高価買取される可能性もあります。人気家具メーカーのものはそもそも販売価格がそれなりに高いので、中古品であれば買いたいという購入希望者が存在し、売れる可能性が高くなるのです。

無名メーカーでもデザインによっては買取あり

有名ではないメーカーでも、シンプルなデザインで使い勝手が良さそうな2段ベッドであれば、買い取ってもらえることがあります。デザイン素材状態が良好であれば、聞き慣れないメーカーでも買い取ってもらえる可能性大と考えましょう。

人気メーカーの新品2段ベッドの価格は?

では新品の場合、2段ベッドはどれくらいするのでしょうか?木製のものであれば5?10万円程度が相場です。やはり期間限定で使うにはなかなか勇気の出にくい金額ですね。有名メーカーやブランドの、新品の価格帯を確認してみましょう。

ニトリ

豊富なサイズ種類からインテリアに合わせてセレクトできるニトリ。スチール製で2万円台から買えます。アカシア材を使用したものは6万円以上の価格で、床板は通気性に優れたスノコ仕様。素材も機能もワンランク上ですね。

IKEA

1万円台から4万円近いものまでそろいます。IKEAの家具は、基本的に購入者が自ら組み立てることが前提です。2段ベッドのような大型家具を自力で組み立てるのは、手先の不器用な方や体力に自信がない方にはちょっとハードルが高いかもしれません。

ベルメゾン

手頃な1万円台から、こだわり素材を使った10万円以上のものまでラインアップされています。タモ材ヒノキパイン材など、素材にこだわったものは高めです。

光製作所

老舗の家具メーカーは、子ども向けアイテムも充実。人気の木製2段ベッドは8〜10万円台です。ショッピングサイトでもよく出品されており、安定した人気を誇っています。

売れやすいのはどんな2段ベッド?

2段ベッドが欲しい人がいると言っても、どんなものでも売れるわけではありません。高く売れる可能性が高いのはどんな2段ベッドなのか見ていきましょう。

シンプルなデザイン

子どもはあっという間に体も心も成長します。ある程度大きくなっても飽きないように、シンプルなデザインのものを求める方が多いようです。また、フックやシェルフ引き出しのようなオプションの装飾品があっても、後から簡単に外せるタイプが人気があります。

人気の素材

小さな子どもは大人が予想もしない行動に出ることがあります。ナチュラルで丈夫な素材を使ったものであれば、保護者の方も安心して買うことができるでしょう。タモヒノキパインなどの無垢材を使ったこだわった高級品も、中古なら買えると考える保護者の方もいらっしゃるようです。

しっかりした構造

いたずら盛りの子どもが多少乱暴に扱っても問題のないしっかりした作りが良いですね。そういった頑丈なものは、中古品でも魅力があります。

元の定価が高いもの

ベッドのように大きな家具を新品で買うと、ある程度高くなってしまうのは避けることができません。そのような背景があるので、「新品で購入するのは難しいから、中古で購入したい」というニーズが期待できます。

逆に中古にするからこそ、元の価格はある程度高い高級品が良いと考える人も多いでしょう。

掃除が行き届きキレイなベッド

いくら子どもが使ったものとはいえ、あまりにも汚れていると買取はむずかしくなります。
すでに汚れてしまっていたら、掃除して可能な限りキレイにしてみましょう。

たわみ・がたつきがない

2段ベッドは子どもが就寝に使うもの。がたつきやたわみが発生している場合、使用するのは危険ですから、当然買取も困難です。

目立った傷がない

目につくところに大きな傷があると、子ども用の中古品とはいえ価値は大きく下がります。裏側や内側の奥など、普段は気にならない場所の傷であれば、売れる可能性はあるかもしれません。

2段ベッドの実際の買取事例はこちら!

では、実際に2段ベッドはどの程度の価格で買い取られているのでしょうか?チェックしてみましょう。

光製作所の2段ベッド

光製作所 2段ベッド 出張買取
買取価格:4,000

半世紀以上の歴史を誇る家具メーカー・光製作所の2段ベッドは、ブラウン系で子ども部屋に映えるシンプルデザイン。商品状態はB判定ながら、ブランド力もあり4,000円での買取が成立しました。

光製作所の2段ベッドの買取実績の詳細はこちら

木製2段ベッド

2段ベッド 出張買取
買取価格:4,000

木製の2段ベッドは商品状態が良好で判定A。ブラウン系のナチュラルなテイストは、子どもたちが成長するまで十分使えそうですね。

2段ベッドの買取実績の詳細はこちら

2段ベッドをできるだけ高く売るコツとは?

次に、買取価格をできるだけ高くするためには、具体的にどのようなことに気を付けておくべきなのか説明します。

オプションは保管しておく

2段ベッドにはフックやシェルフ引き出しなどのオプションがついている場合があります。子どもの成長に合わせてこれらのオプションを撤去してしまっている場合も、しっかり保管しておいてセットで売ると価値が上がるかもしれません。

売れやすいのはやはりキレイなもの!

ベッドに限らず、清潔感を感じるキレイな状態であることは、高価買取の大きなポイントとなります。中古品を購入予定のほとんどの方は、「できるだけキレイな状態のものを手に入れたい」と考えているはずです。

買取査定では、プロの目で汚れやシミなどが厳しくチェックされますから、しっかりキレイにしておきましょう。査定を受ける前には、以下のポイントを押さえて念入りにお掃除するのがおすすめです。

2段ベッド掃除のポイント1.とにかくキレイに拭く

ベッド本体は角やすみっこの細かい部分までキレイに拭き、清潔感のある状態にしておきます。場合によっては家具用の洗剤を使うのも良いですね。

2段ベッド掃除のポイント2.シールをはがしラクガキは消す

子どもはついラクガキしたりシールを貼ってしまったりします。ラクガキやシールの痕跡は可能な限り消しておきましょう。ホームセンターに行くとラクガキ消しやシールはがしのアイテムが豊富にそろっていますから、上手に利用したいですね。

2段ベッド掃除のポイント3.オプション品があればこちらもキレイに拭き掃除

フックやシェルフ引き出しなどのオプション品も、キレイに拭き掃除します。家具用の洗剤などを使ってできるだけ使用感を減らしておきます。

型番や製造年は正確に伝えよう

買取に出す際には、買取を依頼する業者に、事前に型番製造年を正確に伝えておきます。一般的に、製造年型番が新しいほうが査定額が高くなる傾向です。伝える際には、ハイフンなど記号も省略せず、印字されたままの型番をそのまま伝えましょう。

買取がNGだったらこうして処分

残念ながら買取が厳しい状態であれば、処分することになります。2段ベッドは、木・スチールなど、さまざまな素材が使われています。通常の可燃ゴミとして出すことはまずできないでしょう。もっとも一般的なのは、可能な限り解体し、自宅から運び出して回収してもらう方法です。

自治体による粗大ゴミ回収

まずは粗大ゴミ処理券を購入。粗大ゴミ処理券は、自治体によって値段が違います。居住されている各自治体のホームページで確認しましょう。たとえば中野区の場合、2段ベッドの回収はハシゴ込みで2,400円です。結構な金額ですね。搬出は自分で行い、手数料券を貼ってして指定の場所に出します。

業者による回収

搬出がむずかしい場合、専門業者に引き取ってもらうことになります。ほとんどの場合、自治体回収よりも高くなりますから、事前にしっかり費用を確認しておきましょう。

自治体指定場所への持ち込み

処分場まで自分で持ち込めば若干費用を抑えることができるでしょう。ただし、基本的に処分場は平日しか営業していません。また、持ち込むためには車両も必要です。車があって平日動けることが条件となります。

ベッドを車に積みこめるまで解体してから車に積み込み、さらに車を運転して処分場まで自分で往復。かかる時間と労力はかなり大きいでしょう。

ベッドを処分すると、自治体であろうが民間業者であろうが費用がかかるものです。また、処分するには、ある程度自分で解体する必要もあります。不要になってしまった2段ベッドが売れることになっても、買取の査定金額に満足できないこともあるでしょう。そんなときは処分する場合にかかる費用と労力、時間をトータルで考え、期待通りの査定額でなくともトータルでどれだけプラスか考えるのがおすすめです。
処分のために時間を使って解体・搬出なんて、なかなか気が重い作業であることをお忘れなく。処分業者に何千円も支払うのもモヤモヤしますよね。処分するより売ったほうが時間とお金・労力の節約になります。その分でおいしいランチを楽しむこともできますよ!

まとめ

二段ベッドは家族の成長とともに不要になるアイテムです。ただし、あなたの家族に不要になっても、これから必要になる家族もいることは事実です。

ごみとして捨てようとするとかなりの労力と時間、相応の手数料が必要です。「もらってくれる人もいないし、どうやって捨てればいいのか思いつかない」と途方にくれている方もいらっしゃるでしょう。大きなものだけにおウチで存在感があるのも困りますよね。

最近は出張買取をしてくれる買取業者も増えているようです。悩んでいらっしゃるなら一度問い合わせてみるのも良いでしょう。

処分するだけでもかなりの労力と時間、費用がかかることを考えると、買い取ってもらえれば、それらの労力時間は必要なくなります。ぜひ買取をご検討ください。