冷凍庫の処分はどうする?費用や無料で片付ける方法も紹介

カテゴリ:
冷凍庫の処分はどうする?費用や無料で片付ける方法も紹介

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。
※「おいくら」「高く売れるドットコム」は弊社マーケットエンタープライズが運営するサービスです。

壊れて使わなくなり置き場所に困ってしまった冷凍庫をお持ちの方や、まだ使用はできるけれど新しいものに買い替えたい方に向けた、様々な冷凍庫の処分方法をご紹介します。

自分の方法に合う方法を見つけて快適な生活を手に入れましょう。

処分するのにあまりお金をかけたくない方、できれば無料で処分したい方におすすめの方法があります。早速実践してみましょう。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

冷凍庫の処分方法とは?

冷凍庫の処分方法とは?

家電リサイクル法に基づき、処分方法が変わりました。2000年以前は冷凍庫は粗大ゴミの扱いでしたが、リサイクル料を払って資源を活用する方法になりました。

家庭から排出される廃棄物は基本的に市町村が収集し、処理していましたが、粗大ごみの中には、非常に大型で重いため、他の廃棄物と一緒に収集することが困難であったり、危険なものもありました。

家電製品はこれに該当するものが多く、金属、ガラスなどの有用な資源が多く含まれているため、市町村による処理・リサイクルが困難で大部分が埋め立てられている状況にありました。

リサイクルの体制整備、製造業者、小売業者を含む関係者の適切な役割分担、技術、将来展望などの観点から検討を行い、家電リサイクル法が2001年4月1日より施行されました。

冷凍庫を家電量販店に出す

冷凍庫は基本的に、家電量販店に引き取りを依頼しましょう。

買い替えするなら、新しいものの搬入と同時に引き取ってもらえる事が多いです。

もしくは、冷凍庫を購入した店に引き取りを依頼するようにしましょう。

「家電リサイクル法」が施行されて以降、冷凍庫は粗大ゴミとして出せません。もちろん、燃えるゴミ、燃えないゴミでは扱ってくれません。

家電リサイクルとして有料処分となります。お店によって引き取り方が異なるので、事前に連絡して確認しましょう。

ネットオークションに出品する

ヤフオクなどのネットオークションでは、少しでも安く買いたいという方が多く集まる場所です。買取業者も買取ってくれないときに便利なサイトです。

使用できないものは困りますが、まだ使用できてきれいに掃除し、出品できる状態でしたら落札される可能性はあります。

オークションに出品するには手数料も引かれる場合もありますので、どのくらいかかるか注意して始めましょう。

冷凍庫を不用品回収業者に出す

各不用品回収業者は値段がまちまちですが、冷凍庫単品の場合は、値段も安く済むことがあります。

業者にとって価値のあるものと一緒に出す場合は、かなり安く済む場合もあります。

しかし、その際には、無許可の不用品回収業者には気をつけましょう。

回収代を受け取ったあと、不法投棄や、不適切処理される問題があとを絶ちません。しっかりした業者に頼むことが大事です。

商品によっては別途料金がかかることもありますので、事前に確認しましょう。

また、まとめて出す分だけお得になりますので、ある程度不用品をためておかなくてはいけません。

不用品回収ならエコノバがおすすめ

出典:エコノバ公式サイト

買取業者が見つからないときは不要品回収をおこなっている「エコノバ」がおすすめです。

公式サイトからお住いの都道府県や市町村区を選択するだけで最大5社に一括で見積もり依頼をだせます。

ピアノ以外にも家電・家具・遺品整理・引っ越し時の不用品回収なども行っているので、一気にまとめて片づけたいけど買取金額がつかない場合などにおすすめです。 不用品回収の相場は以下の通りです。

都府県軽トラック2tトラック
東京都約26,000円~約70,000円~
大阪府約25,000円~約57,000円~
神奈川県(横浜)約26,000円~約65,000円~
愛知県(名古屋)約20,000円~約75,000円~
福岡県約11,000円~約30,000円~

出典:エコノバ公式サイト

また、エコノバの「積み放題」はトラックに可能な限り積めるため、不用品を一気に処分したい方におすすめです。積み放題サービスでは軽トラを利用するタイプと、1.5tや2tトラックを利用するタイプがあります。

一括見積もりは無料で行えるので、いくらかかるか知りたいだけ、という方にもおすすめです。お気軽に試してみてください。

サービス名エコノバ
依頼方法Web
依頼の流れ1. 都道府県を選択
2. 市区町村を選択
3. 町名を選択
4. 依頼したい作業種別を選択
WEB査定WEB査定はこちらから
運営会社株式会社アール・ラウンド
エコノバで不用品回収

無料で冷凍庫を処分する方法

無料で処分をする方法

冷凍庫を料で処分できる方法もあります。必ずしも無料になるかどうかは、冷凍庫の状態にもよりますが、参考にしてください。

ジモティを利用して無料で譲る

ジモティとは、ネットアプリで、地元の情報を選んで閲覧でき、譲ってくださいや、譲りますなどの情報が見られるものです。

登録料が無料です。まだ使用できる冷凍庫であれば、無料で譲ってみてもよいのではないでしょうか。

地元ですので、交渉成立であれば、相手が自宅まで取りにきてくれます。冷凍庫を梱包して、配送する手間が省けます。

しかし、個人同士のやり取りです。信用できる相手なのかを自分で判断して、見極めなければいけないデメリットもあります。

リサイクルショップに引き取りをしてもらう

リサイクルショップでは、不要品を引き取ってもらえます。宅配や、出張で引き取ってもらう方法もあります。

しかし、あまりにも壊れていて使用できないものは、引き取り不可になることもあります。事前に細かい冷凍庫の状態を把握して説明しておきましょう。

たとえ無料で引き取ってもらうにしろ、冷凍庫はきれいに掃除しておきましょう。

また、引っ越し時期の春には需要も増えますので、無料での引き取り率もアップします。タイミングを見計らって引き取ってもらいましょう。

おいくらで無料一括査定

家電買取専門店で無料引き取りをしてもらう

買取サービスを利用して処分する方法もあります。買取価格が付く冷凍庫ならリサイクル費用を支払わずにお得に片付けることができます。

冷凍庫が製造5年以内のものや、状態がよい場合などは、高額で買取してもらえる可能性があります。また、人気商品の場合も年数が経っていても、買取ってくれるところはたくさんあります。

また、容量も大きなポイントとなってきます。人気のある冷凍庫は、大体100Lです。逆に40L以下の小型のものは、あまり人気がありません。買取価格は少し低めになりますが、リサイクルに出して処分代を払うなら、そのまま無料引き取りをお願いするのも賢い方法でしょう。

高額買取してもらうには、事前にきれいな状態で見てもらう必要があります。掃除していなくて、汚いと印象も悪くなり、査定額が低くなることもあります。

また、付属品や、説明書があれば一緒に提出しましょう。家電は約5年以内のものが、高く売れる傾向にあります。

買い替えたい方は早めに売って、高額買取を目指しましょう。

冷凍庫買取おすすめ業者

ここでは、冷凍庫を売るならおすすめしたい買取業者を紹介していきます。

おいくら

おいくら おいくら

出典:おいくら公式サイト

東証プライム上場企業の弊社マーケットエンタープライズが運営する「おいくら」なら一括で古い家電の買取額をすぐに比較できます。

一括査定は複数の買取業者それぞれに査定依頼を出さないと査定額を比較できない従来の買取サービスの問題を解決するサービスです。

おいくらには弊社独自の審査を通過した、全国各地にある買取店が加盟しており、どんな品でも買取対応している業者を見つけやすいシステムになっています。

メールアドレスや売りたい家電の年式など、必要な個人情報を入力するだけです。すぐに複数業者から査定結果が届きます。自宅にいながら査定結果を比較して、あなたにぴったりなお店を探すことができます。

さらに、お住まいの地域のお店で家電買取に対応したお店を見つけることができますので、直接問い合わせるも可能。家電買取の費用や疑問を店舗に質問できるのでとても便利です。

サービスはすべて無料で利用できるので、ぜひお気軽に査定額だけでも比較してみてください。

おいくらで無料一括査定

家電高く売れるドットコム

出典:家電高く売れるドットコム公式サイト

東証プライム上場企業の弊社マーケットエンタープライズが運営する「家電高く売れるドットコム」は累計利用者数710万人越えの家電買取サービスです。

高額買取実績も多数持っているほか、「出張買取」「店頭買取」「宅配買取」の3種類から買取方法が選べます。

家電は大きいものが多いので、出張買取の利用がおすすめ。出張手数料は無料です。

Webから無料査定が受けられるので、まずは売却を検討している家電の価値を確認してみてはいかがでしょうか。

家電買取のプロに直接相談したいという方は、無料電話0120-55-1387(※年末年始除く9:15~21:00)に気軽にかけてみましょう。

家電高く売れるドットコムで
無料査定する

処分するときにかかる費用の相場

処分するときにかかる費用の相場

冷凍庫を処分するときには、ほとんどの場合リサイクル費用がかかります。
大体どのくらい金額がかかるのか相場をみていきます。

小売店などに依頼する場合

冷凍庫の容量によっても変わります。大きい分だけ、やはり値段が高くつきます。

  • 購入先の場合に処分してもらう場合、170L以下は約6,500円、170L以上は約7,500円。
  • リサイクルショップに処分を依頼する場合、170L以下は約3,400円、170L以上は約4,500円。

業者によっては、金額の差が1,000円以上変わってくることがありますので、ホームページなどでよく確認しましょう。

また、別途出張代や、手数料もかかりますので、全体の合計金額を把握して比較していきましょう。

家電リサイクル法では、家電販売店に収集・運搬の義務があり、メーカーにはリサイクルの義務を課しています。

家電製品を使った消費者が、そのための費用を負担するという役割分担により、リサイクル料が必要になります。

冷凍庫の処分費用を比較する

また、処分の相場価格を調べるために、複数の業者に見積もってもらうのがおすすめです。1つのところしか見ていないと、目安がわかりません。

もしかしたら、高額な値段を提示してきても、これが普通なのかと勘違いしてします。

トラブルにならないように、しっかりした業者を選ぶためにも、無料見積もりをたくさんおこないましょう。

また、実際に業者を利用した人の、口コミを見るのも手です。さまざまな業者の口コミが見られますので、比較してみましょう。

手数料などで余分に払わないためにも、事前の知識がある程度必要なのです。

まとめ

冷凍庫の処分方法をまとめてきました。粗大ゴミとして扱えたものが、リサイクル法によって処分の方法が変わりました。

法律に違反することないよう適切に捨てることが大切です。

年式が比較的新しく、まだ使用できる冷凍庫は買取査定に出してみることもひとつの手段です。

とくに、女性には冷凍庫の持ち運びはかなり厳しい作業です。

その際は出張引き取りサービスを利用したりなど、自身の合った処分方法を選びましょう。

おいくらで無料一括査定

こちらの記事では、おすすめの家電買取業者の特徴や買取相場をまとめているので、冷凍庫以外の家電製品の売却も検討している方はあわせて読んでみてください。

お得な情報を配信中!
友だち追加
マーケットエンタープライズフィールドセールス
おいくらマガジン編集部

不用品の買取や処分、捨て方に関する情報を発信します!