照明器具の処分方法まとめ!電気の捨て方・廃棄方法を解説!何ゴミになる?

カテゴリ:
照明器具の処分方法まとめ!電気の捨て方・廃棄方法を解説!何ゴミになる?

素敵なインテリア雑誌を眺めていて、そろそろ新しい照明器具に一新したいなぁ…なんて考えることもありますよね。

でも、いらなくなった照明器具の処分はどうしたら良いのでしょう?そこそこな大きさがある上、家電製品の分類なので何か特別なルールもありそうです。

後からトラブルになっても大変。いまいち捨て方がわかりにくい、照明器具の処分方法について見ていきましょう。

その照明器具、高く売れるかも!?

高額買取してくれる業者を簡単に見つけることができる一括査定について見てみる

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

照明器具の正しい処分方法

照明器具は小型電化製品として扱われ、大型家電のように決まった処分方法はありません。しかし不燃物ですし、破損しやすい物なので、トラブルにならないよう処理することが大切です。捨て方としては、

・「不燃物」として自治体のごみ収集日に出す
・自治体や回収業者に引き取り依頼をする
リサイクルショップに持っていく

などの方法があります。

よほど大型の物でなければほとんどの場合、家庭用照明器具は不燃物として処分できます。

ただしそのまま出さずに、電球や蛍光灯を取り外して捨てます。また、できるだけ小さくするためにパーツが外せる物は、分けておきましょう。

電球や蛍光灯は、スーパーや自治体の施設、公民館などで別途回収している場合があります。リサイクル処理に回されるので、利用すると良いでしょう。

照明器具を処分する際の注意点

ごみ収集に出す場合、電球や蛍光灯は特に破損の危険が高いため、中味が見えるビニール袋に入れたり新聞紙で巻いたりして、不燃物として捨てます。

特に蛍光灯は微量の水銀が含まれているため、自治体によっては「危険物」として別途回収しているところもあります。

市町村が配布するごみ回収のお知らせや、ホームページなどで確認しましょう。

そのままでは不燃ごみとして出せない大きさの照明器具も、傘(カバー)部分と、シーリング、ユニットなどパーツごとに分けると小さくなります。

大型ごみとなる規格は30cm×30cmが目安ですが、それ以上の縦横幅であっても自治体指定のごみ袋に入る大きさであれば、回収してもらえる可能性があります。

コード部分やシーリングチェーンなど、紐状のパーツは引きずらないように結わえて出します。ガラスのペンダント照明などを廃棄する場合には、ガラス製品だとわかるような袋に入れるか、「ガラス」「割れ物」など大きく書いておくとより安心です。

照明器具の処分費用・料金

大き目の照明器具で、不燃ごみ回収の対象にならない物は、自分で処分を依頼する必要があります。

市町村の不要品処分には、処分対象外の物も多いので素材や形状など、問題がないか調べてから依頼します。

回収業者の場合は、著しく危険な物や有害物質を含む物以外は、ほとんど回収対象となります。

金額的には自治体の回収費の方がかなり安く、個人的に使用する照明器具であれば、どこの自治体でも300~1,000円程度で済むようです(新宿区の場合は300円)。

予め確認し、コンビニなどで回収券を購入しておきます。日にちが決められているので、当日回収場所まで運搬する必要があります。

回収業者の場合は、地域で回収費にかなりの開きがあります。回収費に上乗せして運搬料が徴収される場合がありますので、依頼する際には不明点を良く確認しておきましょう。

自宅まで回収に来てくれますが、その分料金は高くなります。家庭用照明器具であれば、1,000円~5,000円が平均のようです。

照明器具の買取・リサイクル

自分が不要となった物でも、他の人に使ってもらえることもあります。不要品として処理する前に、リサイクルショップも検討枠に入れてみるのはどうでしょうか?

不燃ごみとして出す場合もそれなりの手間がかかりますし、回収を依頼するとお金までかかってしまいます。

何年か使ってそれなりに愛着のある品が、他の人の部屋をもう一度照らすとしたら、こんなに嬉しいことはありませんよね。

しかも、ほんの少しでもお小遣いになれば、なおさらラッキー。古いからなぁ…と思う品が、意外にクラッシックモダンとして高値になったり、ポップカルチャー的な価値があったりします。中には購入時と変わらない価格で売れる場合も。

買取額が安くても、リサイクルされると思えば捨てるよりはずっと気分が良いです。照明器具は蛍光灯や電球を変えれば、いつまでも長く使えます。

あなたのお部屋を照らしてくれていた照明器具に、もう一度役目を与えてみては?

手早く高く売るなら一括査定がおすすめ!

おいくら 「スピード感」キャプチャ 2021年4月時点 最新版

弊社マーケットエンタープライズが運営する「おいくら」は全国に多数あるおいくら加盟店に、一回の申込で買取金額の見積もり依頼ができる「一括査定サービス」です。

売却するお店は「オークション」のように、一番高い査定額を掲示したお店を選んで売れます。

また、電話番号の登録が不要で、査定結果はメールのみでの確認も可能。店舗からのわずらわしいセールスとも無縁です。

査定依頼ページでは商品情報を細かく入力する必要があるため、「面倒くさい」と感じる方もいるでしょう。

ですが、申込時にしっかりと入力することで、買取業者が商品価値をきちんと査定できるため、適正価格以上で売れる可能性が高くなります。

査定したい商品はまとめて15品まで依頼ができるので、少し時間のある時にいったい「いくらになるのか」試してみてはいかがでしょうか?

照明を無料一括査定する

▼こちらの記事では、おすすめの照明器具の買取業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

まとめ

いつもは天井にぶら下がっていてあまり意識していない照明器具ですが、捨てるとなると意外と厄介です。ごみとして処分するにも、マナーは大切。これまで役立ってくれた照明器具への感謝の意味も込めて、きちんと処理してあげてくださいね。

家具のおすすめ買取サービスについては以下記事で解説しています。


本記事は、2016年09月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

お得な情報を配信中!
友だち追加
おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら新LP画像

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで、複数の買取業者から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。

おいくらマガジン編集部

不用品の買取や処分、捨て方に関する情報を発信します!