Looop(ループ)でんきの料金プランとは?分かりやすく解説!

Looop(ループ)でんきの料金プランとは?分かりやすく解説!

Looop(ループ)でんきは4つのプランのみと比較的シンプルですが、「良く分からない」という方も多いかと思います。そこで今回は、4つのプランの特徴や料金、そしてどのような方におすすめなのかを具体的に説明していきます。

「電気料金がトップクラスに安い電力会社と契約したい」と考えている方にはおすすめしたい電力会社なので、ぜひ参考にしてみてください。

「おうちプラン」の特徴や料金比較

ここでは、Looop(ループ)でんきの「おうちプラン」について具体的に説明していきます。

おうちプランの特徴

おうちプランの特徴は主に3つあります。

高確率で電気料金が安くなる

1つ目の特徴は、「高確率で電気料金が安くなる」ことです。まず、おうちプランの基本料金はどのエリアでも0円です。大手電力会社は、数百円~数千円の基本料金を設定しているため、基本料金が0円というのは魅力的と言えるでしょう。

また、Looop(ループ)でんきは最低料金も設けていません。そのため、電気代は電気を使用した分しか発生しません。

電気使用量をアプリで簡単に確認できる

2つ目の特徴は、「電気使用量をアプリで簡単に確認できる」ことです。Looop(ループ)でんきは、スマホ専用のアプリがあるのですが、そのアプリで1時間ごとにどのくらい電気を使ったのか把握できます。

解約金や違約金が0円

3つ目の特徴は、「解約金や違約金が0円」であることです。大手電力会社のみならず、他の新電力会社は解約金・違約金を定めています。しかし、Looop(ループ)でんきは解約金・違約金、共に定めていないため、「自分に合わないな」と感じた場合、すぐに解約することができます。

Looopでんき 公式サイト

おうちプランの料金表

Looop(ループ)でんきのおうちプランの料金表は以下の通りです。

エリア 基本料金(1ヶ月あたり 従量料金(1kWhあたり)
北海道電力 0円 29.50円
東北電力 0円 26.40円
東京電力 0円 26.40円
中部電力 0円 26.40円
北陸電力 0円 21.30円
関西電力 0円 22.40円
中国電力 0円 24.40円
九州電力 0円 23.40円
沖縄電力 0円 27.00円

大手電力会社と電気料金を比較してみた

今回は、東京電力の従量電灯BプランとLooop(ループ)でんきのおうちプラン(関東電力)を比較してみました。

【基本料金】
契約アンペア数 東京電力 Looop(ループ)でんき
10A 286円 0円
15A 429円 0円
20A 572円 0円
30A 858円 0円
40A 1144円 0円
50A 1430円 0円
60A 1716円 0円
【従量料金】
電力使用量 東京電力 Looop(ループ)でんき
0kWh~120kWh 19.88円 26.40円
121kWh~300kWh 26.48円 26.40円
300kWh以上 30.57円 26.40円

おうちプランは3~4人家族におすすめ

Looop(ループ)でんきのおうちプランは、「3~4人家族」におすすめです。

基本的に300kWh以上使う方は、Looop(ループ)でんきのおうちプランの方が安くなるのですが、それ以下ですと東京電力の従量電灯プランの方が安くなります。

1~2人暮らしで300kWh使う家庭は少数と考えられるため、基本的には3人家族以上の家庭におすすめしたいプランです。

Looopでんき 公式サイト

「ビジネスプラン」の特徴や料金比較

ここでは、Looop(ループ)でんきのビジネスプランについて具体的に説明していきます。

 

ビジネスプランの特徴

ビジネスプランの特徴は、「従量料金が1段階」であることです。大手電力会社の場合、電力使用量が増えると1kWhあたりの単価が高くなっていきます。

しかし、ビジネスプランは常に一定なので、どれだけ多く使っても単価が上がることはありません。

Looopでんき 公式サイト

ビジネスプランの料金表

Looop(ループ)でんきのビジネスプランの料金表は以下の通りです。

エリア 基本料金(1ヶ月あたり) 従量料金(1kWhあたり)
北海道電力 0円 31.50円
東北電力 0円 27.50円
東京電力 0円 27.50円
中部電力 0円 27.50円
北陸電力 0円 22.40円
関西電力 0円 23.40円
中国電力 0円 25.40円
四国電力 0円 25.40円
九州電力 0円 24.40円

大手電力会社と電気料金を比較してみた

今回は、東京電力の従量電灯CプランとLooop(ループ)でんきのビジネスプランを比較してみました。

【基本プラン】
契約アンペア数 東京電力 Looop(ループ)でんき
6kVA 1684.8円 0円
6kVA 2246.4円 0円
6kVA 2808円 0円
6kVA 3369.6円 0円
【従量料金】
電力使用量 東京電力 Looop(ループ)でんき
0kWh~120kWh 19.52円 27.5円
121kWh~300kWh 26円 27.5円
300kWh以上 30.02円 27.5円

ビジネスプランは「家を自宅兼事務所として活用している」方におすすめ

Looop(ループ)でんきのビジネスプランは、6kVA以上の電流を必要とする方に向けて作られています。基本的に一般家庭であれば、6kVA以内に収まります。そのため、Looop(ループ)でんきのビジネスプランは家を自宅兼事務所として活用している方におすすめです。

Looopでんき 公式サイト

「再エネどんどん割プラン」の特徴や料金比較

ここでは、Looop(ループ)でんきの再エネどんどん割プランについて具体的に説明していきます。

再エネどんどん割プランの特徴

再エネどんどん割プランの特徴は、主に3つあります。

  • 契約年数が長くなればなるほど電気代が安くなる
  • 2年目以降、毎年0.5円/kWh割引される
  • 契約の引継ぎが可能

契約年数が長くなればなるほど電気代が安くなるというサービスを開発したのは、Looop(ループ)でんきが初です。

Looopでんき 公式サイト

再エネどんどん割プランの料金表

再エネどんどん割プランの料金表は以下の通りです。

エリア 基本料金 再エネどんどん割S
(1kWhあたり)
再エネどんどん割L
(1kWhあたり)
北海道電力 0円 32円 34円

2020年12月時点では、北海道電力しか対応していませんが、今後は全国に広がることが予想されます。

大手電力会社と電気料金を比較してみた

今回は、北海道電力の従量電灯Bプランと再エネどんどん割プランを比較してみました。

30A契約で月250kWh使用した場合
(2人家族を想定)
40A契約で月350kWh使用した場合
(3人家族を想定)
50A契約で月450kWh使用した場合
(4人家族を想定)
3年利用した場合 約1万5000円お得 約4万円お得 約6万5000円お得
5年利用した場合 約3万円お得 約7万5000円お得 約12万円お得
10年利用した場合 約10万円お得 約20万円お得 約31万円お得
20年利用した場合 約35万円お得 約61万円お得 約90万円お得

※細かい条件や電気の使い方によって、お得度は変動します。

再エネどんどん割プランは「長期契約を前提」としている方におすすめ

再エネどんどん割プランは、「長期契約を前提としている方」におすすめです。短期的に見ると、他の電力会社に方がお得という場合もありますが、長期的にみるとLooop(ループ)でんきの再エネどんどん割プランの方が高確率で安くなります。

Looopでんき 公式サイト

「スマートタイムプラン」の特徴や料金比較

ここでは、Looop(ループ)でんきのスマートタイムプランについて具体的に説明していきます。

スマートタイムプランの特徴

Looop(ループ)でんきのスマートタイムプランの特徴は主に2つあります。

春と秋の昼間の電気料金が安い

1つ目の特徴は、「春と秋の昼間の電気料金が安い」ことです。具体的に3月~6月、10月~11月の昼間の電気料金が1kWhあたり10円程度安くなります。

そのため、従量料金が固定単価のプランと比べて、春と秋はお得に過ごすことができます。

夜間の電気料金も安い

2つ目の特徴は、「夜間の電気料金も安い」ことです。月100kWh使うと仮定した場合、ビジネスプランと比べて年間8000円程度スマートタイムプランの方が安くなります。そのため、夜間電力を上手く活用すれば、電気代をさらに節約することができるでしょう。

Looopでんき 公式サイト

スマートタイムプランの料金表

Looop(ループ)でんきのスマートタイムプラン(東京電力エリア)の料金表は以下の通りです。

プラン名 季節 時間帯 従量料金
(1kWhあたり・税込み)
スマートタイム 春・秋・昼間 10時~16時 17.5円
ピークタイム 夏・冬・平日の昼間 8時~18時 37.5円
リビングタイム 春・秋・朝夕 ・6時~10時
・16時~22時
27.5円
夏・冬・平日の朝夕 ・6時~8時
・18時~22時
27.5円
夏・冬・土日祝日の昼間 ・6時~22時 27.5円
ナイトタイム 夜間(通年) 22時~6時 20.5円

大手電力会社と電気料金を比較してみた

今回は、東京電力の従量電灯Bプランとスマートタイムプランを比較してみました。契約アンペア数は50Aと仮定します。

月間電気使用量 お得になる料金
100kWhの場合 約9000円
200kWhの場合 約8000円
300kWhの場合 約8000円
400kWhの場合 約1万2000円
500kWhの場合 約1万7000円
600kWhの場合 約2万2000円
700kWhの場合 約2万7000円

スマートタイムプランは「オール電化住宅」の方におすすめ

スマートタイムプランは、太陽光発電量が最も多い春と秋の昼間の料金や夜間電力を安く設定しているため、オール電化住宅の方におすすめです。

Looop(ループ)でんきと契約する場合の注意点

最後に、Looop(ループ)でんきと契約する場合の注意点を説明していきます。

支払い方法はクレジットカード払いしか用意されていない

電気料金の支払い方法は、クレジットカード払いしか用意されていないので注意しましょう。口座振替やコンビニ払いなど、他の方法で電気料金を支払うことはできません。

セット割りや特典などが少ない

Looop(ループ)でんきは、セット割りや特典などが少ないので注意しましょう。しかし、セット割りやまとめ割りがない分、電気料金を限界まで安くしています。

そのため、「セット割りやまとめ割りの有無を重要視する」という方は、他の電力会社を選びましょう。

明細の確認はWebからしかできない

Looop(ループ)でんきは、Webからしか明細の確認ができないので注意しましょう。そのため、「紙でなければいけない」という方は、気を付けてください。

Looopでんき 公式サイト

まとめ

looop電気 キャプチャ 2021年4月時点
出典:LooopでんきHP

今回は、「Looop(ループ)でんきの料金プラン」について具体的に説明してきました。簡単にプラン名とおすすめの人をおさらいしましょう。

  • おうちプラン:3~4人家族におすすめ
  • ビジネスプラン:家を自宅兼事務所として活用している方におすすめ
  • 再エネどんどん割プラン:長期契約を前提としている方におすすめ
  • スマートタイムプラン:オール電化住宅の方におすすめ

Looop(ループ)でんきは、セット割りやまとめ割りなど余計なサービスを排除して、電気料金を業界トップクラスに安くしています。そのため、「とにかく電気料金が安い電力会社と契約したい」と考えている方には、おすすめしたい電力会社です。

Looopでんき 公式サイト

お得な情報を配信中!
友だち追加
おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら新LP画像

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。