【多摩市】粗大ごみの捨て方を大解説!得する処分方法もご紹介

カテゴリ:
【多摩市】粗大ごみの捨て方を大解説!得する処分方法もご紹介

日常生活で出る比較的小さなごみであれば、毎週のごみ収集日に出すだけで容易に処分することができますが、普段のごみ収集では捨てられない粗大ごみについては、処分方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。

粗大ごみはお住まいの自治体によって、分類方法や処分方法が異なります。そのため、まずは自治体のホームページやインターネットなどで処分方法の情報を集める必要があり、手間になってしまいます。

そこで今回は、東京都多摩市で粗大ごみを処分するための基本的な情報と申し込み方法、処分にかかる手数料などについてまとめました。

多摩市の粗大ごみ出し方について

多摩市の粗大ごみ出し方について

多摩市で粗大ごみとして分類されるものは、市の有料指定袋に入らないサイズのものと、5kg以上の重量のものとされています。

粗大ごみを処分する方法は、収集と持ち込みの2種類の方法がありますが、いずれも事前に粗大ごみ収集の申し込みが必要です。事前申し込みがない粗大ごみは、収集してもらえません。

粗大ごみを市に収集してもらう場合

粗大ごみの収集を申し込んだ場合は、収集日の前夜から収集日当日の午前8時までに指定の場所に出しておく必要がありますが、可能であれば収集日当日の朝に出すことが望まれます。

処分する粗大ごみには、手数料が必要なものには相当額のシール(処理券)を購入して貼り付け、無料で処分できるものには、シールの代わりに氏名とともに「不要品」と記した紙を貼り付けます。

氏名を見られたくない場合は、処分を申し込むときに相談してください。なお、一度に収集できる粗大ごみは有料・無料にかかわらず3点までです。

粗大ごみを持ち込みで出す場合

多摩市では、粗大ごみを多摩清掃工場へ直接持ち込んで処分してもらうこともできます。この場合も、粗大ごみ専用ダイヤルで持ち込み処分を事前に申し込みしなければなりません。

申し込みのときに持ち込み日を決め、当日は午前8時から11時30分もしくは午後1時から4時30分までに持ち込みます。多摩清掃工場内に自分で荷物を下ろすことになるので、手袋等の保護具はご自身で用意してください。

なお、申し込みをしたもの以外は受け入れられないので気を付けてください。

処分にかかる料金はどのくらい?

処分にかかる料金はどのくらい?

粗大ごみの処分にかかる手数料は、品目やサイズによって異なります。各品目の詳しい手数料は、多摩市の粗大ごみ処理手数料に記載されています。例外として、落ち葉や刈草、剪定枝は無料の粗大ごみとして取り扱われます。

収集の場合の支払い手数料

粗大ごみを収集に出すとき、手数料はシールを購入して支払います。シールは200円と400円の2種類あり、400円以上の手数料がかかる場合は複数のシールを組み合わせて使用します。

シールは市役所と各出張所のほか、多摩市の有料指定袋取扱店で購入できます。

持ち込みの場合の支払い手数料

多摩清掃工場へ直接粗大ごみを持ち込む場合は、持ち込み当日に現金支払いでのみ受け付けるため、シールを購入する必要はありません。

清掃工場で粗大ごみを計量し、その重量によって手数料が決まります。算出方法は、10kgあたり250円で、5kg未満の端数は切り捨て、5kg以上10kg未満は切り上げて計算します。

また、持ち込んだ粗大ごみの総重量が10kg未満だった場合は、5kg未満でも10kgとして計算されます。

粗大ごみ処分の申し込み方法について

収集の場合は多摩市の粗大ごみ専用ダイヤルへの電話か、インターネット上の東京電子自治体共同運営サービスのホームページから行います。一方で持ち込み処分の場合は、粗大ごみ専用ダイヤルへの電話で申し込みます。

収集の申し込み方法

申し込みは収集希望日の2週間前から受け付けており、締め切りは収集希望日の前日午後3時まで、収集希望日前日が祝日の場合はその直前の平日の午後3時までとなります。

インターネットでの申し込みは、一度の電子申請で受け付け可能な粗大ごみは3点まで、引っ越しをする方のみ6点までと決められています。

なお、申請後は収集日の翌日まで再度の申請はできません。申請内容を変更したいときは申請取り下げの操作をするか、粗大ごみ受付専用ダイヤルに電話してその旨を伝えてください。

持ち込みの申し込み方法

持ち込みの申し込み方法

第4日曜日に持ち込む場合のみ直近の金曜日までの申し込みが必要ですが、平日であれば当日申し込みもできます。

ただし、清掃工場での粗大ごみ受け入れ数は日によって限られているので、持ち込み希望日の受け入れ可能数がオーバーしている場合は、別の日に改めなければなりません。

  • 粗大ごみ専用ダイヤル:042-375-9713
  • 受付時間:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時(年末年始・祝日を除く)
  • インターネットの場合のお申込み先:東京電子自治体共同運営サービス

多摩市で粗大ごみとして出せないもの

多摩市で粗大ごみとして出せないものには下記のものがあります。

家電リサイクル法4品目

多摩市に限らず、家電リサイクル法で指定されている家庭向けのテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機は粗大ごみとして処分できません。

これらの処分は基本的に購入店舗で引き取り依頼を行いますが、購入店舗が不明な場合、または引き取ってもらえる所がない場合は、以下のごみ収集業者に相談できます。

  • 調布清掃:042-339-7753
  • 多摩興運:042-374-2415

比較的新しい家電製品をごみ収集業者に依頼するのは、もったいないので買取業者を利用する手段もあります。思いもよらないお小遣いになるかもしれません。

家電リサイクル法についてもっと知りたい方はこの記事がおすすめです。

家庭用パソコン

リサイクル対象のデスクトップ・ノートパソコンや、ブラウン管・液晶ディスプレイも粗大ごみとして処分はできないため、各メーカーに回収を申し込む必要があります。

関連記事ではパソコンの処分方法も詳しく紹介しています。


原付バイク・オートバイ

「二輪車リサイクルシステム」の対象となる原付バイクやオートバイも、資源の有効活用のため、粗大ごみとしてではなく「廃棄二輪取扱店」もしくは「指定引取窓口」に処分を依頼してください。

バイクの詳しい処分方法については、下記を参考にしてください。

その他、粗大ごみとして処分できないもの

その他、多摩市で粗大ごみとして処分できないものには、下記のようなものがあります。

  • 石油類や花火、ガスボンベなどの有害性・危険性・引火性のあるもの、薬品など
  • タイヤ、バッテリー、消化器などの廃棄物処理法で定められた適正処理困難物

家具や寝具を処分する方法と手数料

家具や寝具を処分する方法と手数料

処分したいものがあるけれど、粗大ごみなのかそれとも不燃ごみの日に処分できるものなのか、判断をしづらい品目も多いものです。

多摩市ではホームページで主な粗大ごみの品目がリストアップされています。家具や寝具は何ごみになるのか分かりづらいものの典型ですが、例えば応接用いすや布団、ベッドマットレスなどの寝具も、多摩市では粗大ごみとして扱われます。

サイズによる手数料の違い

粗大ごみとして処分できる品目であっても、サイズによって手数料が異なる場合もあります。

家具の場合の手数料

例えば応接用いすを処分したい場合は、1人掛けは400円、2人掛け以上は800円必要になります。同じ椅子でも、座椅子になると1人掛けが200円、2人掛け以上が400円です。

たんすや戸棚の処分も同様に、多摩市では処分したいものの3辺の長さの和によって以下のように手数料が4段階に別れます。

  • 150cm未満:400円
  • 150cm以上200cm未満:600円
  • 200cm以上250cm未満:800円
  • 250cm以上350cm未満:1,200円
  • 350cm以上:1,600円

寝具の場合の手数料

古くなった寝具を処分するという機会もあるかと思いますが、ベッドマットレスの処分手数料はスプリング入りでは800円、スプリングなしでは200円となるように、同じ品目でも処分するものの特徴によって手数料が変わることもあります。

また、マットレスを除いたベッドも、シングルとセミダブルが800円、ダブルベッドと二段ベッドは1,600円の手数料がかかります。

粗大ごみを出すのが困難な方向けのサービス

粗大ごみを出すのが困難な方向けのサービス

粗大ごみは大きくて重いものが多いため、高齢者や身体に障がいをお持ちの方にとっては外へ持ち出すことが困難な場合も多いものです。

そこで多摩市では、高齢者のみもしくは障がい者の方の世帯に限り、ごみの運び出しサービスを行っています。このサービスを利用する際の収集条件は、粗大ごみ収集の申し込み時に確認してください。

なお、耳や言葉が不自由な方は、以下のファクシミリ番号でも粗大ごみ収集の申し込みが可能です。

  • 参考サイト:多摩市 粗大ごみの出し方
  • 電話番号:042-375-9713
  • ファクシミリ番号:042-356-3919
  • 受付時間:祝日を除く月曜~金曜日8時30分~17時

ただし、室外へ持ち出すために解体や取り外しなどの作業が必要なものについては、収集不可となるのでご注意ください。

処分にお金をかけずに、売却してお金を得る方法もある

おいくら

粗大ごみの処分には品目ごとに手数料がかかり、多くの品目を処分したいときは、高額の処分費用がかかってしまいます。

手数料がかさんでしまい痛い目をみないよう、粗大ごみとしてではなく、リサイクルショップでの買取を利用するという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

「おいくら」の一括査定サービスなら、全国の業者の買取価格を簡単に比較することができます。つまり、「売りたいものがいくらで売れるのか」を知ることができます。

サービスは無料で利用することが可能です。とりあえずいくらで売れるかだけ知りたいという方も、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

おいくらで無料一括査定

まとめ

まとめ

どの自治体でも粗大ごみの処分には一定の手数料がかかります。

また、多摩市の場合は事前申し込みと手数料分のシールを買う必要があったり、個数制限やサイズによる手数料の区分もあったりと、知っておかなければならないことが多くあります。

そんな時に役立つコンテンツとして、この記事を読んでいただければ幸いです。

友だち追加キャンペーン実施中!
友だち追加
おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら新LP画像

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。