バイクの売却は買取と下取りどちらが良い?買取を勧める理由とは

カテゴリ:
バイクの売却は買取と下取りどちらが良い?買取を勧める理由とは

バイク「買取」のメリット

ここでは、バイク買取のメリットを説明していきます。

下取りよりも査定額が高い傾向にある

1つ目のメリットは、「下取りよりも査定額が高い傾向にある」ことです。

なぜなら、買取は、バイク中古車市場の買取相場と照らし合わせて買取価格を算出するからです。下取りは、お店にあるバイクの在庫状況で決めるため、下取り価格は低くなる傾向があります。

人気が高い車種や中古車市場に出回らない車種は、さらなる高価買取が期待されます。

バイクの状態に関わらず引き取ってくれる

2つ目のメリットは、「バイクの状態に関わらず引き取ってくれる」ことです。

バイクショップは、バイクの販売だけではなく、バイクのパーツ販売も行います。そのため、事故車・不動車・故障車でも、売れるパーツがあれば、数万円で買い取ってくれる場合があります。

そのため、「バイクが動かなくなったらから廃車にする」ではなく、お金に変わる可能性があるので、廃車にする前にまずは買取に出してみましょう。

ショップを自分で選べる

3つ目のメリットは、「買取ショップを自分で選べる」ことです。

そのため、複数の買取ショップに見積もりを依頼し、最も高く買取してくれるショップにバイクを売るということができます。下取りはバイクショップの比較ができないので、バイクショップを比較して選べるのは買取ならではの魅力です。

ローン残債を相殺できる場合がある

4つ目のメリットは、「ローン残債を相殺できる場合がある」ことです。

最近は、さまざまな買取会社がローン残債を相殺する対応を始めています。そのため、ローンが残っていてもバイクを売ることができます。

例えば、10万円のローンが残っていて、買取金額が20万円だったと仮定しましょう。その場合、ローンを完済した上で、10万円の買取金額を受け取ることができます。

バイク「買取」のデメリット

ここでは、バイク買取のデメリットを説明していきます。

バイクに乗れない期間ができる

1つ目のデメリットは、「バイクに乗れない期間ができる」ことです。

バイクに乗れない期間ができると困る場合は、買取を納車後に行うか、引き取り日を納車日よりも後に調整してもらいましょう。

手間がかかる

2つ目のデメリットは、「手間がかかること」です。

例えば、高価買取を狙うのであれば、複数の業者に見積もりを依頼し、高価買取してくれる業者を探す必要があります。これだけでも、数週間から数ヶ月かかる場合があるので、時間がない方には厳しいでしょう。

しかし、後ほど説明する「一括査定」を活用すれば、見積もり依頼や業者選びの手間を大幅にカットすることができます。

買取相場の把握が難しい

3つ目のデメリットは、「買取相場の把握が難しい」ことです。

買取ショップを選べるのは買取のメリットですが、業者選びで失敗すると格安でバイクを売ってしまうことになります。格安で売るのを防ぐためには、バイクの買取相場を把握しなければいけません。

しかし、バイクの価格を頻繁に見ている人でなければ、バイクの適性買取価格を把握するのは難しいでしょう。

ただ、買取相場の把握が難しいというデメリットも「一括査定」を行えば、解決しますのでご安心ください。

バイク「下取り」のメリット

ここでは、バイク下取りのメリットを説明していきます。

現金化の手間が省ける

1つ目のメリットは、「現金化の手間が省ける」ことです。

下取りは、バイクの売却と購入を同じお店で行うので、手続きを一度に済ますことができます。

「とにかく手軽さを重視したい」という方は、下取りがおすすめです。

乗り換え当日までバイクに乗れる

2つ目のメリットは、「乗り換え当日までバイクに乗れる」ことです。

下取りの場合、バイクの引き渡しと納車は基本的に同じ日に行います。そのため、買取のように一時的に足がなくなることはありません。

 

新車購入の場合は下取り金額が高くなる場合がある

3つ目のメリットは、「新車購入の場合は下取り価格が高くなる場合がある」ことです。

同じお店で下取りと新車購入をした場合、お店は下取りしたバイクを再販した時の利益と新車販売の利益、2つの利益を取れていることになります。

そのため、下取りと新車購入を同じお店で行うと、お礼も兼ねて利益の一部を下取り価格に還元してくれる場合があります。お得意様になれば、下取り価格のさらなるアップが見込めるでしょう。

キャンペーンを利用できる場合がある

4つ目のメリットは、「キャンペーンを利用できる場合がある」ことです。

お店によっては、査定額が高くなる「下取りキャンペーン」を開催しています。

また、下取りに出してくれたお客様限定で、乗り換えるバイクが値引きされる「乗り換えキャンペーン」が使える場合があります。キャンペーンを使える可能性があるのは、下取りならではの魅力です。

バイク「下取り」のデメリット

ここでは、バイク下取りのデメリットを説明していきます。

査定額は低い傾向にある

1つ目のデメリットは、「査定額が低い傾向にある」ことです。

下取り価格は、お店にあるバイクの在庫状況によって変動します。そのため、バイク中古車市場買取相場と照らし合わせて買取価格を決める買取と比較すると、下取りの査定価格は低くなりがちです。

クーリングオフ制度が使えない

2つ目のデメリットは、「クーリングオフ制度が使えない」ことです。

クーリングオフ制度とは、契約後、一定期間内であれば結んだ契約を解消できる制度です。クーリングオフ制度は、契約を事務所以外の場所で結んだ場合に使えます。

したがって、下取りは契約を事務所(バイクショップやディーラー)で結ぶので、クーリングオフ制度は使えません。

下取りを拒否される場合がある

3つ目のデメリットは、「下取りを拒否される場合がある」ことです。

多くの場合、お店は下取りしたバイクをそのお店で再販します。そのため、改造され過ぎているバイクや状態が悪いバイクは下取りを拒否される場合があります。その場合は、下取りではなく、買取に出しましょう。

「買取」と「下取り」おすすめなのはどちら?

基本的にバイクを売る場合は、「買取」がおすすめです。

なぜなら、「高価買取が期待できるから」です。少し前までは「手間がかかる」のが買取のデメリットだったので、売却の手軽さを重視する方は、下取りを選んでいました。

しかし、最近は「バイクの一括査定サービス」の登場によって、買取の「手間がかかる」というデメリットが解消されました。一括査定を使うと、手間を省きながら高価買取が狙えるので、下取りを選ぶ必要性が低くなっています。

そのため、高価買取を実現させたい方も売却の手間を可能な限り省きたい方も、バイクは一括査定を使った「買取」で売却することをおすすめします。

バイクを高く売りたいなら「一括査定」を使おう

ここでは、一括査定の概要やメリット、そして注意点などを説明していきます。

一括査定とは

一括査定とは、複数の業者にバイクの見積もりを一括で依頼することです。バイクに特化した一括査定サービスなら「バイク比較.com」が有名です。

一括査定のメリット

一括査定最大のメリットは、「業者選びの手間が省ける」ことです。

高価買取を狙うのであれば、さまざまなバイク販売店に足を運んで見積もりを出してもらい、その見積もりを比較する必要があります。

比較自体は1日でできるかと思いますが、複数のバイク販売店に見積もりを依頼するのは、数週間から数ヶ月かかるでしょう。しかし、一括査定を使えば、数週間から数ヶ月かかる手間を数分程度に縮めることができます。

なぜなら、簡単な必要事項を一度記入するだけで、複数のバイクショップに見積もり依頼を一括で送信できるからです。そして、その中から最も高い査定額を出してくれた業者に買取を依頼すれば、それだけで高価買取が実現します。

そのため、一括査定を使うと、バイクの高額売却が期待できる他、買取に関するほぼ全ての手間を省くことができます。

一括査定の注意点

基本的に、悪質な一括査定サービスは使わないように注意しましょう。

なぜなら、悪質な一括査定サービスを使うと、しつこい営業電話がかかってくるからです。サービスの「運営歴」は優良か悪質かを見極める一つの指標になります。

そのため、なるべく「運営歴が長い」一括査定サービスを選びましょう。

古銭買取ならバイセル

おすすめの一括査定サイトは「バイク比較.com」

bikehikakucom_LP

バイクの一括査定なら「バイク比較.com」がおすすめです。

バイク比較.comは、2007年からサービスを提供しているバイク専門の一括査定サービスです。バイク比較.comの利用者数は79万人を超え、非常に人気があることが分かります。

登録店舗数10店舗以下の一括査定サービスが多い中、バイク比較.comの登録店舗数は約80社です。このことから、バイク比較.comはユーザーのみならず、事業者からも信頼されていることが分かります。

査定は、査定を依頼したバイクを得意とする業者が担当するため、高価買取が期待できます。歴史と実績がある一括査定サービスなので、バイクの売却を考えている方は、ぜひ活用してみてください。

バイクを無料一括査定する

まとめ

今回は、バイクを売却する場合、「買取」と「下取り」どちらが良いのか説明してきました。

簡単におさらいすると、買取のメリットは「高価買取が期待できること」で、デメリットは「手間がかかること」です。そして、下取りのメリットは「買取の手間が省けること」で、デメリットは「買取に比べると査定額が低い」ことです。

これらを踏まえて、バイクを売却するなら「買取」をおすすめします。買取は「買取に関する手間がかかる」というデメリットがありますが、これは一括査定サービスを使うと解決します。

一括査定サービスの誕生により、現在は下取りを選ぶメリットが薄くなってきました。一括査定を使えば、「高価買取」が期待できて「買取の手間のカット」も期待できます。

そのため、バイクの売却を考えているのであれば、一括査定サービスを使った「買取」でバイクを売却しましょう。

おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら一括査定

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。

今すぐ一括査定で買取価格を調べる

今すぐ一括査定で買取価格を調べる