バイクを売却する時、自賠責保険は解約するべき?返戻金はどう受け取る?

カテゴリ:
バイクを売却する時、自賠責保険は解約するべき?返戻金はどう受け取る?

バイクを購入した場合は自賠責保険に加入しなければいけません。では、バイクを売却する場合、自賠責保険はどのようにすれば良いのでしょうか。実は、バイクの排気量によって売却後の対応が異なります。

そこで、今回は、「バイクを売却する場合、自賠責保険はどうするべきなのか」について解説していきます。自賠責保険料を楽に受け取る方法についても解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

バイクを売却する場合、自賠責保険はどうするべきなのか?

ここでは、バイクを売却する場合、自賠責保険はどうするべきなのかについて具体的に説明していきます。

250cc以下のバイクの場合は解約するのが一般的

250cc以下のバイクに関しては、自賠責保険を解約するのが一般的です。なぜなら、新しいオーナーが自分で期間を定め、新しい自賠責保険に加入すれば良いからです。

251cc以上のバイクの場合は次の買主に引き継がれるのが一般的

251cc以上のバイクである場合、車検の期間と自賠責保険の期間はほぼ同じであり、車検と自賠責保険はセットで扱われることが多いため、次の買主に引き継がれるのが一般的です。

251cc以上の中古バイクを探す方は「車検期間が残っているか否か」を重視することが多い傾向にあります。そのため、車検期間が残っているバイクは高額買取してもらえる可能性が高まります。

廃車手続きをすると自賠責保険料が戻ってくる

実は、自賠責保険の契約期間が残っている場合、バイクの廃車手続きを行うと残存日数に応じた保険料が戻ってきます。そのため、バイクに乗らないのであれば、放置しておくのではなく、必ず廃車手続きをしておきましょう。

自賠責保険料はいくら戻ってくるのか?

ここでは、戻ってくる自賠責保険料を表にまとめて紹介していきます。

60ヶ月契約の場合

残存日数 126cc~250ccのバイク 125cc以下のバイク
1ヶ月~10ヶ月 280円~2810円 190円~1920円
11ヶ月~20ヶ月 3090円~5650円 2110円~3870円
21ヶ月~30ヶ月 5940円~8540円 4060円~5850円
31ヶ月~40ヶ月 8830円~1万1480円 6040円~7860円
41ヶ月~50ヶ月 1万1780円~1万4470円 8060円~9910円
51ヶ月~59ヶ月 1万4770円~1万7200円 1万110円~1万1980円

48ヶ月契約の場合

残存日数 126cc~250ccのバイク 125cc以下のバイク
1ヶ月~10ヶ月 290円~2850円 200円~1960円
11ヶ月~20ヶ月 3140円~5750円 2150円~3940円
21ヶ月~30ヶ月 6050円~8710円 4140円~5970円
31ヶ月~40ヶ月 9000円~1万1700円 6170円~8020円
41ヶ月~47ヶ月 1万2010円~1万3830円 8230円~9470円

36ヶ月契約の場合

残存日数 126cc~250ccのバイク 125cc以下のバイク
1ヶ月~5ヶ月 290円~1460円 200円~1000円
6ヶ月~10ヶ月 1750円~2920円 1200円~1990円
11ヶ月~15ヶ月 3210円~4390円 2190円~3000円
16ヶ月~20ヶ月 4690円~5880円 3210円~4020円
21ヶ月~25ヶ月 6180円~7370円 4230円~5050円
26ヶ月~30ヶ月 7680円~8890円 5260円~6090円
31ヶ月~35ヶ月 9190円~1万410円 6290円~7120円

24ヶ月契約の場合

残存日数 126cc~250ccのバイク 125cc以下のバイク
1ヶ月~5ヶ月 300円~1490円 200円~1020円
6ヶ月~10ヶ月 1790円~2980円 1230円~2040円
11ヶ月~15ヶ月 3270円~4480円 2250円~3070円
16ヶ月~20ヶ月 4780円~6000円 3280円~4110円
21ヶ月~23ヶ月 6300円~6910円 4320円~4730円

12ヶ月契約の場合

残存日数 126cc~250ccのバイク 125cc以下のバイク
1ヶ月 300円 210円
2ヶ月 610円 420円
3ヶ月 910円 620円
4ヶ月 1210円 830円
5ヶ月 1520円 1040円
6ヶ月 1820円 1250円
7ヶ月 2120円 1450円
8ヶ月 2430円 1660円
9ヶ月 2730円 1870円
10ヶ月 3030円 2080円
11ヶ月 3340円 2280円
バイク王

自賠責保険はいつ解約するべきか

自賠責保険は、バイク廃車手続き後、または売却後に解約することをおすすめします。バイクを手放す前に自賠責保険を解約してしまうと、公道を走れなくなってしまいます。そうなってしまうとバイクに乗れないので、廃車するにしても売却するにしても、バイクを運ぶ方法を考えなくてはいけません。

また、急用でバイクに乗らなくてはいけないことが起きるかもしれません。以上のことから、自賠責保険は「バイクが手元から離れた後」に解約した方が良いと言えるでしょう。

自賠責保険切れのバイクは買取してもらえるのか

自賠責保険が切れていたとしても、基本的には買取してもらえます。

「買取金額が下がるのではないか」と気にしている方も多いかと思いますが、自賠責保険が切れているか否かはさほど重要視されないので、買取価格を大きく下げる原因にはならないでしょう。どちらかというと、「自賠責保険が切れてからどのくらいの期間バイクを動かしていないのか」が重要視される傾向にあります。

自賠責保険分を買取額に上乗せしてもらうことは可能なのか

基本的に、自賠責保険分を買取額に上乗せしてもらうことは可能です。ただし、100%上乗せしてもらえるわけではなく、買取業者によって異なるのが現状です。そのため、バイクを売却する場合は、一度買取業者に確認してみることをおすすめします。

自賠責保険料の返戻金を受け取る方法

ここでは、自賠責保険料の返戻金を受け取る方法を具体的に説明していきます。

ステップ1:バイクの廃車手続きを行う

まずは、バイクの廃車手続きを行いましょう。しかし、廃車手続き方法は排気量によって異なるので、注意しましょう。

125cc以下のバイクの廃車手続き方法

125cc以下のバイクの廃車手続きは、バイクのナンバープレートを管轄している市町村で行います。廃車手続き終了後、業者に連絡して廃車を依頼するという流れなので、125cc以下のバイクの廃車手続き方法は、自動車の廃車手続きよりも簡単です。

廃車手続き自体は無料ですが、解体する場合は有料なので注意しましょう。廃車手続きに必要な書類は以下の通りです。

  • 廃車申告書
  • ナンバープレート

126cc~250ccのバイクの廃車手続き方法

126cc~250ccのバイクの廃車手続きは、バイクのナンバープレートを管轄している運輸局で行います。125cc以下のバイクは「市町村」ですが、それ以上のバイクは「運輸局」なので間違わないように注意しましょう。

廃車手続き方法は、運輸支局が用意している軽自動車届出済証返納書に必要事項を記入するだけです。廃車手続きに必要な書類は以下の通りです。

  • ナンバープレート
  • 印鑑
  • 軽自動車届出済証
  • 住所が変わっている場合は住民票

251cc以上のバイクの廃車手続き方法

251cc以上のバイクの廃車手続きも、バイクのナンバープレートを管轄している運輸局で行います。運輸支局が用意している軽自動車届出済証返納書に必要事項を記入すれば、廃車手続き完了です。

廃車手続きに必要な書類は以下の通りです。

  • ナンバープレート
  • 印鑑
  • 軽自動車届出済証
  • 住所が変わっている場合は住民票

ステップ2:解約に必要な書類を揃える

廃車手続きを済ませましたら、次は自賠責保険解約に必要な書類を揃えましょう。必要な書類は以下の通りです。

  • 自賠責証明書
  • 廃車証明書
  • 印鑑
  • 保険標章
  • 振込先の銀行口座情報

ステップ3:保険会社に解約する旨を伝える

解約に必要な書類を用意しましたら、次は保険会社に解約する旨を伝えましょう。解約する旨の伝え方は、直接店舗に出向いてでも電話でも構いませんので、ご自身の都合が良い方法で連絡しましょう。

ステップ4:書類を保険会社に返送する

解約する旨を伝えると、翌営業日に保険会社から解約手続きに必要な書類が郵送されてきます。そのため、書類に必要事項を記入し、保険会社に返送しましょう。返戻金が振り込まれるまでは2週間前後かかるので、後は振り込まれるのを待ちましょう。これで、自賠責保険の解約と返戻金の手続きは完了です。

しかし、解約日は「解約する旨を伝えた日」ではなく、「保険会社が書類を受理した日」になるので注意しましょう。保険会社によっても異なりますが、書類を受理するまで7日~14日かかります。

「廃車手続きが面倒…」その場合は買取業者に買取してもらう

自賠責保険料の返戻金を受け取るためには、まずバイクの廃車手続きを行わなければいけないのですが、「面倒くさい」と思った方も多いかと思います。もしも、面倒くさいと思った場合は、バイクを買取業者に買取してもらいましょう。

そうすると、買取業者がバイクの廃車手続きを無料で代行してくれます。廃車手続きが完了すると買取業者から廃車証のコピーが送られてくるので、それを使って自賠責保険解約手続きを行いましょう。

買取業者にバイクを買取してもらうことで、面倒な廃車手続きを行わずに、返戻金を受け取れます。場合によっては車体の買取金額も受け取れため、一石二鳥と言えるでしょう。

バイクの売却を検討しているなら一括査定がおすすめ

bikehikakucom_LP

バイクの売却を考えている人には、バイクの一括査定サービスの利用がおすすめです。

バイク比較ドットコムの一括査定サービスは、大手を含む全国70社の提携業者から査定金額を返してもらうことができます。バイクの情報を入力するだけなので、簡単に買取金額の高い業者へ依頼することが可能です。

現在バイクの売却を考えていない方も利用することが可能なので、以下のような方にもおすすめできるサービスになります。

  • 乗り換え時期に迷っている
  • とりあえず査定をして自分のバイクがいくらで売れるのか知りたい

気になった方は公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

バイクを無料一括査定する

おすすめのバイク買取業者「バイク王」

丁寧にバイクを扱っていたとしても、故障してしまう場合があります。修理して行けば長くバイクに乗れますが、走行距離が増えてくると故障するパーツも増え、修理費も高額になっていきます。修理費が高くなってしまうと、「修理できないから放置しておこう」と考える方も多いかと思いますが、放置する前に一度、バイク王でバイクの売却を検討してみてはいかがでしょうか。

バイクに価値が残っているのであれば、故障しているバイクでもバイク王は買取してくれます。また、無料査定や無料出張買取サービスも実施しているので、わざわざバイク王の店舗に出向く必要はありません。もちろん、買取金額に納得できなかった場合でも、査定料や出張料を取られることはありません。

そのため、バイクの修理費が高くなり、修理できないという場合は、バイクを捨てるのではなく、一度バイク王に買取を依頼してみましょう。

バイク王で無料査定

まとめ

今回は、「バイクを売却する場合、自賠責保険はどうするべきなのか」について解説してきました。バイクが250cc以下の場合は解約するのが一般的ですが、バイクが251cc以上の場合はそのまま次のオーナーに引き継がれるのが一般的です。

そして、自賠責保険を解約する場合、バイクの廃車手続きを済ませることで自賠責保険料が戻ってくる場合があります。残存日数によっては、1万円以上戻ってくる場合があるので、必ず廃車手続きと自賠責保険料の返戻手続きを行いましょう。

もしも、「廃車手続きなんて面倒だからやりたくない」というのであれば、買取会社にバイクを買取してもらい、廃車手続きを代行してもらうことをおすすめします。

お得な情報を配信中!
友だち追加
おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら新LP画像

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。

おいくらマガジン編集部

不用品の買取や処分、捨て方に関する情報を発信します!