バイクを廃車するにはどうすれば良い?排気量別に徹底解説!

カテゴリ:

この記事では、排気量別にまとめたバイクの廃車手続き方法や廃車手続きを行う際の注意点などについて具体的に説明しています。実は、原付バイク(125cc以下)の廃車手続きと軽二輪車(126〜250cc)、大型バイク(250cc以上)の廃車手続きは異なります。

「バイクを廃車するにはどうすれば良いの?」「廃車手続きを行う際の注意点はあるの?」という悩みを抱えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

バイクの廃車手続きの事前準備

バイクの廃車を行う場合は、様々な書類や持ち物が必要です。そのため、まずはバイクを廃車するために必要な書類や持ち物を準備しましょう。

具体的には、以下のような書類や持ち物を準備してください。

  • 標識交付証明書
  • バイクを所有している人の印鑑
  • ナンバープレート

「標識交付証明書」とは、バイクを登録した場合にもらえる書類です。紛失してしまった場合は、役所で再発行してもらいましょう。再発行する場合は、印鑑と身分証明書(パスポートやマイナンバーカードなど)が必要です。

印鑑については、基本的には認印の手続きが可能です。しかし、なるべくシャチハタではなく、朱肉を使う方の印鑑を持っていくようにしましょう。仮に、バイクの所有者と使用者が異なる場合は、両者の印鑑を持っていきましょう。

排気量別バイクの廃車手続きまとめ

ここでは、排気量別にバイクの廃車手続き方法を具体的に説明しています。

原付バイク(125cc以下)の廃車手続き

原付バイク(125cc以下)の廃車手続きは以下の通りです。

  1. ナンバープレートを管轄している役所に行き、廃車手続きを行う。
  2. 廃車手続きを行った後、業者に廃車を依頼する。

基本的には、これで原付バイク(125cc以下)の廃車手続きは完了です。

また、一時的に抹消登録する場合は、役所で発行される廃車証明書をもらってください。再登録する場合は、廃車証明書が必要になるので大切に保管しておいてください。

廃車の手続き自体は無料で出来ますが、バイクを解体する際は手数料がかかります。自賠責保険の有効期限が残っている場合は、保険料が返還されるので、自賠責保険の解約手続きも行いましょう。

軽二輪車(126〜250cc)の廃車手続き

軽二輪車(126〜250cc)の廃車手続きは以下の通りです。

  1. ナンバープレートを管轄している運輸局で廃車手続きを行う。
  2. 廃車手続きを行った後、運輸支局に用意されている「軽自動車届出済証返納書」に必要事項を記入する。

基本的には、これで軽二輪車(126〜250cc)の廃車手続きは完了です。

しかし、一時的に登録を抹消する場合は、「軽自動車届出済証返納証明交付請求書」を運輸支局から購入しなければいけないので注意しましょう。

原付バイク(125cc以下)はナンバープレートを管轄している役所で廃車手続きを行いますが、軽二輪車(126〜250cc)はナンバープレートを管轄している運輸局で廃車手続きを行います。ここだけ、間違わないようにしましょう。

大型バイク(250cc以上)の廃車手続き

大型バイク(250cc以上)を廃車する場合は、

  1. ナンバープレートを管轄している運輸局で廃車手続きを行う。
  2. 廃車手続きを行った後、運輸支局に用意されている「軽自動車届出済証返納書」に必要事項を記入する

基本的には、これで大型バイク(250cc以上)の廃車手続きは完了です。

大型バイク(250cc以上)は、登録しているだけで毎年、軽自動車税がかかります。そのため、廃車手続きを行わずに放置していると、毎年税金を支払わなければいけないので、なるべく早めに廃車手続きを行いましょう。

「バイクに乗る機会は減るが、全く乗らないという訳ではない」という方は、永久抹消をするのではなく、一時抹消を選択しましょう。

バイクの廃車手続きが終わったら

ここでは、バイクの廃車手続き後に行うべき2つの行動を具体的に説明していきます。

返納証明書は大切に保管しよう

バイクの廃車手続きで一時抹消を選択した場合、手続きが終わると「自動車検査証返納証明書」が渡されます。自動車検査証返納証明書は、バイクの廃車手続きをした後に、再度バイクを登録し直す場合に必要な書類です。

返納証明書がない場合は、バイクを再登録することができないので、大切に保管しておきましょう。

自賠責保険の返還請求も忘れずに

バイクの廃車手続きを行った後、バイクの自賠責保険の有効期限が残っている場合は、自賠責保険の返還請求を行いましょう。返還請求をすると有効期限の残りに応じて自賠責保険料が自分の元に戻ってきます。有効期限の残りに関しては、自賠責保険の解約手続きを行ってからの残り日数で数えられるので、できる限り早めに自賠責保険の解約手続きを行いましょう。

廃車手続きの注意点

ここでは、廃車手続きを行う際の注意点について具体的に説明していきます。

廃車手続きにかかる費用は?

バイクを廃車するためには、廃車するための費用がかかります。無料で廃車してくれるわけではないので、注意しましょう。

廃車手続きにかかる費用は以下のようになっています。

  • 原付バイク(125cc以下)は無料
  • 軽二輪車(126〜250cc)は330~530円(書類と証明書発行費用込み)
  • 大型バイク(250cc以上)は450円程度

保険の有効期限を確認しよう

バイクに乗られている方は、自賠責保険に入っているかと思いますが、自賠責保険の有効期限も確認しましょう。自賠責保険の有効期限が残っている場合、自賠責保険の返還請求をすることで残存期間分の保険料が戻ってきます。

しかし、残存期間は、自賠責保険を解約した日から数えられますので注意しましょう。

例えば、自賠責保険の有効期限が1月31日だったとします。Aさんは、1月10日にバイクの廃車手続きを行い、自賠責保険の解約は1月20日に行いました。この場合、残存期間は1月10日~1月31日の21日間とはなりません。解約した日から数えられるので、残存期間は1月20日~1月31日の11日間です。

書類不備や忘れ物に注意

バイクの廃車手続きを行う際は、標識交付証明書やバイクを所有している人の印鑑、そしてナンバープレートなどが必要です。廃車手続きに必要な書類や持ち物を忘れてしまうと、廃車することができなくなるので注意しましょう。

バイクの処分方法や捨て方について

ここでは、バイクの処分方法と捨て方について具体的に説明していきます。

廃棄二輪車取扱店に引き取ってもらう

バイクの処分方法としては「廃棄二輪車取扱店」に引き取ってもらうという方法があります。廃棄二輪車取扱店とは、環境大臣の指定を受けて廃棄するバイクを収集・運搬しているお店のことです。

最近は、バイクを処分するのであれば、廃棄二輪車取扱店に依頼するというのが一般的になってきています。廃棄二輪車取扱店は、基本的に無料でバイクを引き取ってくれますが、指定取引所への運搬は有料になります。また、自走することができないバイクの引き取りも有料になるので注意しましょう。

バイクの買取業者に売却する

バイクの買取業者に売却するというのも、バイクの処分方法の一つです。廃棄する予定のバイクに市場価値がある場合、そのバイクが故障していたとしても、バイクの買取業者は買い取ってくれることがあります。

廃棄二輪車取扱店に引き取ってもらうと、こちらがお金を払わなければいけませんが、バイクの買取業者に買い取ってもらうと実質無料で引き取ってもらえると同時に臨時収入になる場合があります。

最近は、無料で査定を行ってくれるバイク買取業者もいるので、バイクを廃棄する前に「売却」を検討してみましょう。

おすすめのバイク買取業者を紹介

ここではバイクを売る際におすすめの買取業者を紹介します。

「バイク王」

バイクを売却する場合には、「バイク王」での売却がおすすめです。おすすめする理由は3つあります。

  • 日本全国どこでも無料で出張対応
  • 24時間365日いつでも申し込み可能
  • どんなメーカー・車種も高価買取

バイク王の累計バイク取扱台数は200万台を超えており、多くの人から支持されている信頼性の高いサービスになります。

仮に商談が成立しなかった場合でも、出張代はかからないので安心です。

査定を受けて金額に納得してから買い取ってもらうことが可能なので、気軽に査定をお願いできるのが嬉しいですよね。

バイク王 公式サイト

まとめ

この記事では、排気量別にまとめたバイクの廃車手続き方法やバイクの廃車手続きが終わった場合にやるべきこと、廃車手続きを行う際の注意点やバイクの処分方法・捨て方について具体的にまとめました。

簡単に廃車手続きをおさらいしましょう。

  • 原付バイク(125cc以下)はナンバープレートを管轄している役所で廃車手続きを行う。
  • 軽二輪車(126~250cc)や大型バイク(250cc以上)はナンバープレートを管轄している陸運局で廃車手続きを行います。

また、バイクを処分する場合は「売却する」という処分方法もあります。実質無料で引き取ってもらえると同時に臨時収入になる場合があるので、一度「バイク王」で無料査定を行ってみましょう。

おいくらで不用品を高く売りませんか?
リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。もちらん、電話で直接問い合わせることも可能です。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。まずは、どんなお店があるのか近くのリサイクルショップを探してみてはいかがでしょうか?

近くのリサイクルショップを探す

近くのリサイクルショップを探す