バイクは駐車場と駐輪場どちらに止めるべき?法律定義は?トラブル避ける方法も紹介!

カテゴリ:
バイクは駐車場と駐輪場どちらに止めるべき?法律定義は?トラブル避ける方法も紹介!

バイクは駐車場と駐輪場、どちらに止めるべきなのだろう。ライダーであれば、このような悩みを一度は抱えたことがあるかと思います。実際、インターネット上で「バイクはどこに止めるべきなのか?」と質問している方を良く見かけます。しかし、インターネット上の答えを見てみると、「駐車場に止めるべき」「駐輪場に止めるべき」と様々な意見が飛び交っており、「結局どちらに止めるべきなのか?」と頭を抱えている方も多いのではないでしょうか?

この記事ではバイクは駐車場と駐輪場、どちらに止めるべきなのか?ということについて具体的な回答を用意しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

そもそも「駐車場」と「駐輪場」の定義とは?

まずは、駐車場と駐輪場の定義から確認していきましょう。そのため、ここでは、駐車場と駐輪場の定義について具体的に説明していきます。

自動車を止めるためのスペースを駐車場という

まず、駐車場の定義について説明していきます。駐車場法では、駐車場を以下のように定めています。

  • 自動車の駐車のための施設であって一般公共の用に供されるもの

引用:駐車場法

簡単に説明すると、「自動車を止めるために使われるスペース」ということです。では、バイクは自動車に含まれるのでしょうか?道路交通法では、自動車を以下のように定めています。

  • 原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで運転する車であって、原動機付自転車、自転車及び身体障害者用の車椅子並びに歩行補助車その他の小型の車で政令で定めるもの以外のもの

引用:道路交通法

道路交通法を見る限り、原動付自転車以外はバイクも自動車として扱われることが分かります。つまり、原動付自転車以外のバイクであれば、駐車場に止めても問題ないということです。

自転車や原付バイクを止めるところを駐輪場という

次は、駐輪場の定義について説明していきます。「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」では、駐輪場を以下のように定めています。

  • 自転車等駐車場(駐輪場)は「一定の区画を限って設置される自転車等の駐車のための施設をいう」

引用:自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律

ここで定められている「自転車等」とは、原動機付自転車も含まれています。つまり、簡単に説明すると、駐輪場は自転車や原動機付自転車を止める場所ということです。

バイクはどこに止めるべきなのか?

先ほどは、駐車場と駐輪場の定義について具体的に説明してきましたが、結局バイクはどこに止めれば良いのか?という疑問を抱えている方も多いかと思います。そのため、ここではバイクはどこに止めるべきなのかということを具体的に説明していきます。

バイク専用駐車場がある場合は専用駐車場に止める

まず、バイク専用駐車場がある場合は、バイク専用駐車場にバイクを止めましょう。バイク専用駐車場は、その名の通りバイク専用の駐車場なので、原動機付自転車であっても大型バイクであっても止めることができます。そのため、まずはバイク専用駐車場を探してみましょう。

50cc以下のバイクは駐輪場に止めよう

バイク専用駐車場があれば、その駐車場に止めるべきなのですが、バイク専用駐車場がないところもあります。その場合、50cc以下のバイクは「駐輪場」に止めましょう。

50cc以下のバイクは、原動機付自転車と呼ばれる乗り物なので、法律上、自動車ではありません。自動車ではないので、自動車を止めるスペースの駐車場に原動機付自転車を止めることは出来ません。よく、コンビニの駐車場に原動機付自転車を止めている方がいますが、厳密にはルール違反となるので注意しましょう。

50cc以上のバイクは駐車場に止めよう

50cc以上のバイクもバイク専用駐車場があれば、そこに止めるべきですが、バイク専用駐車場がない場合は、車が止まっている駐車場にバイクを止めるようにしましょう。

400cc以下のバイクは、普通自動二輪車と呼ばれているので、自動車と同じ乗り物として扱われます。自動車と同じ扱いを受けるので、自動車を止めるスペースである「駐輪場」に止めたとしても問題ありません。

バイク王

現実問題、現場の運用方法によって止める場所は異なる

先ほど、50cc以下のバイクは駐輪場に止めて、50cc以上のバイクは駐車場に止めるということを説明しましたが、現実問題、現場の運用方法によってバイクを止める場所は異なります。特に止める場所が曖昧なのが125cc以下の小型二輪自動車です。

道路運送車両法では、125cc以下のバイクを原動機付自転車と定めているので、厳密には駐輪場に止める必要があります。しかし、125cc以上の自動二輪車は「自動車」として扱われるので、125cc以下の小型二輪自動車も「自動車」として扱う方がいます。つまり、125cc以下のバイクは駐輪場に止めてくださいという方もいれば、駐車場に止めても良いですよという方もいるのが現状です。

125cc以下のバイクに限らず、50cc以下の原動機付自転車も駐車場に誘導されることがあれば、400cc以上の大型バイクも駐輪場に誘導されることがあります。50cc以下のバイクは駐輪場に止めて、50cc以上のバイクは駐車場に止めるというルールがありますが、なるべく現場を管理・運用している方の指示に従うようにしましょう。

日本にバイクの駐車場が少ない理由

根本的に、なぜ日本にはバイク専用の駐車場が少ないのでしょうか?ここでは、日本にバイク専用駐車場が少ない理由を具体的に説明していきます。

騒音問題が関係している

日本にバイクの駐車場が少ないのは、「騒音問題が関係している」と言われています。アパートやマンションなどは、バイクの駐車を禁止しているところが多いですが、これはバイクの音が他の住民の迷惑にならないようにするためだと言われています。このように、騒音を気にしている施設や建物が多いため、日本にはバイクの駐車場が少ないと言われています。

日本は積極的にバイクの駐車場を増やそうとしている

騒音問題が関係しているため、現在の日本にはバイクの駐車場が少ないですが、日本は積極的にバイクの駐車場を増やそうとしています。実際、125cc以下のバイクを対象に駐車場の条例改正を自治体に促し、駐輪場をバイクの駐車スペースとして利用できるよう、国は自治体に呼び掛けています。その結果、バイクの駐車場は年々増加していますので、これから先もバイク専用の駐車場が増えていくことが予想されます。

意外と知られていないバイク専用の駐車場

先ほど、バイクはバイク専用の駐車場に止めようと説明しましたが、「バイク専用の駐車場なんて見たことがない」という方も多いかと思います。しかし、実は探すと色々な場所にバイク専用の駐車場があります。例えば、以下のようなバイク専用の駐車場があります。

  • 屋外にあるバイク専用駐車場
  • 屋内にあるバイク専用駐車場
  • バイクパーキング
  • バイク専用のコンテナ
  • 共同で利用する室内駐車場

この中でも、屋外のバイク専用駐車場は多い傾向にあります。しかし、屋外のバイク専用駐車場は、空きスペースを活用しているところが多いので、隅や奥の方にあることがほとんどです。お店で働いている方であれば、バイク専用の駐車場の位置を知っている方も多いと思いますので、駐車場が見つからない場合は、近くにあるお店の方にバイク専用の駐車場はどこにあるのか質問してみましょう。

バイクの駐車場の探し方

ここでは、バイクを止める駐車場の探し方について具体的に説明していきます。

専用のアプリを利用する

バイクの駐車場を探す場合、まずは専用のアプリを利用してみましょう。例えば、15万台以上の駐車場が掲載されている「バイク駐車場&ツーリングスポット検索」というアプリがあります。このような駐車場検索アプリを使うことで、周辺の駐車場をすぐに見つけることができます。

インターネットを利用する

バイクの駐車場を探す場合、インターネットを利用してみましょう。例えば、GoogleやYahooなどの検索エンジンで「(地域名)+バイク+駐車場」と検索すると、周辺の駐車場情報が表示されます。

実際にバイクの駐車場トラブルが!対処方法や対策方法も解説

ここでは、実際に発生したバイクの駐車場トラブルの詳細やトラブルに巻き込まれた場合の対処方法、そしてトラブルに巻き込まれないようにするための対策方法などについて具体的に説明していきます。

トラブルの詳細

飲食店に入るためにバイクを止める場所を探していたAさん。飲食店には、バイク専用の駐車場はなく、駐輪場も止められる大きさではなかったので、仕方なく車も止める駐車場にバイクを止めました。バイクを駐車場に止めた数分後、とある車からクラクションを鳴らされ、「バイクをこんな場所に止めるな!」と怒鳴られてしまいます。Aさんはバイク専用の駐車場がないことと、駐輪場はバイクを止めるスペースがないことを説明しましたが、Bさんに理解してもらうことは出来ませんでした。

トラブルに巻き込まれた場合の対処方法

バイクの駐車場トラブルに巻き込まれてしまった場合は、Aさんのように、まずバイク専用の駐車場がないことと駐輪場にバイクを止めるスペースがないことを説明しましょう。しかし、先ほど紹介した事例のように、それでも理解してくれない人もいます。事例のように理解してもらえなかった場合は、一度「それではどこにバイクを止めれば良いですか?」と質問してみましょう。

バイクを止める場所を教えてもらえた場合は、そこにバイクを止めましょう。しかし、適切な回答を得られず、怒鳴ってくる場合は近くの警察に連絡して助けを求めてください。

トラブルに巻き込まれないための対策方法

バイクの駐車場トラブルに巻き込まれないようにするためには、なるべく邪魔にならないような止め方をしましょう。やはり、一定数マナーのない止め方をしているライダーも存在します。例えば、1つの駐車場に1台のバイクを止めて5台分の駐車場を占領しているという止め方をしている方がいれば、白線からはみ出して止めるような方もいます。このような止め方は、トラブルのもとになるので気を付けましょう。

バイクの乗り換えを検討しているなら一括査定がおすすめ

bikehikakucom_LP

バイクの売却を考えている人には、バイクの一括査定サービスの利用がおすすめです。

バイク比較ドットコムの一括査定サービスは、大手を含む全国70社の提携業者から査定金額を返してもらうことができます。バイクの情報を入力するだけなので、簡単に買取金額の高い業者へ依頼することが可能です。

現在バイクの売却を考えていない方も利用することが可能なので、以下のような方にもおすすめできるサービスになります。

  • 乗り換え時期に迷っている
  • とりあえず査定をして自分のバイクがいくらで売れるのか知りたい

気になった方は公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

バイクを無料一括査定する

まとめ

この記事では、駐車場・駐輪場の定義を初め、バイクを止める場所やバイク専用の駐車場の探し方などについて具体的に説明してきました。バイクを止める場合は、基本的にバイク専用の駐車場に止めましょう。バイク専用の駐車場がない場合は、50cc以下のバイクは駐輪場に止めて、50cc以上のバイクは駐車場に止めましょう。しかし、現場の運用方法によって、バイクを止める場所は異なるので、現場を運用・管理している方の指示があれば、その指示に従ってバイクを止めてください。

お得な情報を配信中!
友だち追加
おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら新LP画像

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで、複数の買取業者から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。

おいくらマガジン編集部

不用品の買取や処分、捨て方に関する情報を発信します!