ピアノの寿命は何年?寿命の伸ばし方や修理費用の相場を解説!

カテゴリ:
ピアノの寿命は何年?寿命の伸ばし方や修理費用の相場を解説!

この記事では、ピアノの寿命や修理費用について紹介しています。

「一般的に寿命はどれくらいと言われているのか?」

「修理すれば使える場合に、どれくらいの費用を払う必要があるのか?」

「費用が高くなりそうだから、買取してもらう場合におすすめの業者は?」

など、よく疑問を持たれる点について解説しました。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

おいくらで無料で一括査定してみませんか?
楽器_目次下

楽器を売りたい方には「おいくら」の一括査定がおすすめ!

一度の申し込みで全国の加盟店に見積もり依頼が可能なので、簡単に買取価格を比較できます。

まずは、一括査定で買取価格をチェックしてみましょう!

無料一括査定で買取価格をチェック!

ピアノの平均寿命は何年?

一般的にピアノは定期的に適切なメンテナンスをおこなうことで、永く愛用できる鍵盤楽器です。とはいってもピアノも長く使っていくうちに、メンテナンスが追いつかなくなったり、修理よりも新調をすすめられたりすることがあります。

寿命は、30年とも60年とも言われていますが、数字に差が出るのも、明確なピアノの寿命がないせいかもしれません。

修理できるうちは寿命が来ていないというのか、真空状態など通常ありえない保管方法での寿命をいうのかなど、捉え方でも変わってくるでしょう。

メンテナンス方法、環境などによって状態が大きく変わってきますが、調律と調整をしながら通常の使い方をしていて問題なく弾けるのは、30~40年という意見が調律師の間では多いようです。またピアノの種類によっても、寿命に違いがみられます。

電子ピアノやハイブリットピアノの寿命

軽量で音量の調節やヘッドフォンでの使用が可能な電子ピアノは、現代の居住環境にあった楽器です。しかしながら、電子ピアノの寿命は10~15年とアコースティックピアノと比較するとかなり短いです。

電子ピアノは、楽器といってもアコースティックピアノと違い電子機器でもあります。そのため、寿命は他の電化製品とあまり変わらない仕様と言えます。

ハイブリットピアノとは、簡単にいうとアコースティックピアノと同じハンマーアクションを搭載した電子ピアノのこと。

弾き心地はアコースティックピアノ同様ですが、ボタンによる音量調節やヘッドフォンの使用ができます。そんなハイブリットピアノも、寿命は電子ピアノと変わりません。

電子機器としての側面が強いため、10~15年が平均的な寿命です。

ちなみに電子ピアノ・ハイブリットピアノは、メーカーの生産終了から7年前後は部品を供給していますが、それ以上になってしまうと部品がなくなってしまい、修理不可能なケースも出てくるので注意してください。

アップライトピアノやグランドピアノの寿命

アップライトピアノもグランドピアノもアコースティックピアノに分類されます。ですが、その構造には少なくない違いがみられます。

寿命は、どちらも30~60年、平均すると40年といえるでしょう。お金に糸目をつけずに修理をすれば、100年でも弾き続けられます。

消音ユニットの寿命

消音ピアノ、サイレントピアノと呼ばれるピアノには内部に消音ユニットが取り付けられており、ハンマーが弦を打つ直前に止めピアノの音を消せる仕様です。

はじめから内蔵されているものもありますが、後から消音ユニットをつけることも可能です。

需要の高い消音ユニットですが、こちらにも寿命があります。消音ユニットも電子機器にあたるため、寿命はおおよそ10年前後です。

消音ユニットとピアノの寿命は別ものですから、消音ユニットのみが寿命を迎えても交換することで問題は解決するでしょう。

ピアノの寿命を伸ばす方法

ピアノの寿命は、環境やメンテナンスによって大きく変わってきます。どんなピアノもできるだけ長く大切に使いたいものです。ここでは、ピアノの寿命を伸ばすためにやっておきたいこと、注意したいことを紹介します。

定期的に外観の掃除をする

ピアノの寿命に掃除は関係ないと思われるかもしれません。ですが、ピアノの掃除も劣化を防ぐうえで大切なことです。毎日おこなう必要はありませんが、定期的に掃除はしておきましょう。

まずピアノの外観は、クロスやクリーナーを使ってお手入れします。ほこりの積もったピアノは、見た目に悪いだけではなく内部にも影響を及ぼしかねません。

傷がつかないよう、はたきや専用のクロスを使ってピアノを拭き、ほこりを取り除いてあげましょう。

また、ほこりだけではなくピアノは皮脂や汗などが付着し目に見えない汚れが蓄積していくものです。汚れは、はたきやクロスだけでは難しいため、専用クリーナーを使いましょう。,/p>

専用クリーナーなら、頑固な汚れを落とすと共に防汚加工も可能です。専用のもの以外のクリーナーは、ピアノを傷めるおそれがあるため避けましょう。

定期的に内部の掃除をする

寿命を伸ばすには、内部の掃除も必要になってきます。とはいっても、電子ピアノの内部の掃除はできません。内部掃除ができるのは、アコースティックピアノです。

ふたを開けて、内部のほこりを優しく掃除機で吸い取るといいでしょう。素人がリスクを押さえてできる内部掃除はその程度と言えます。

本格的な掃除は業者へ依頼するのが一番です。

湿度に注意する

ピアノにとって最適な湿度は40~60%です。

アコースティックピアノの本体は木製ですし、弦は金属です。湿気により悪影響を受けやすく、適切な対策をしなければ寿命を短くする原因になってしまいます。

たとえば湿度の高い場所にピアノを置いていると、鍵盤が戻りにくい、音が出ないいったトラブルが起きるケースがあります。これもピアノが湿気を吸ったことが原因で起きる現象です。

内部の金属が錆びるなどさまざまな問題を起こしかねなません。梅雨の時期は、特に湿度が高くなりやすいため、環境によっては除湿器を使うなどの工夫が必要でしょう。かといって湿度の低すぎる環境もピアノにいい訳ではありません。

木が乾燥により収縮することで内部の部品が弛むなど、劣化を招きます。ピアノを置く部屋には、温湿度計を設置するなどして湿度に注意しましょう。

サビ対策やサビ取りをする

金属が使用されているピアノにとって、サビも寿命を招く原因です。対策としては、上記にあげた湿度管理をすることがひとつの方法です。

しかし、既にサビが生じてしまっている場合は、直接的に落とすしかありません。弦やペダルは、ホームセンターなどで売っているサビ落としを使って磨くことができます。

弦の場合には、サビ落としをした後で必ず調律が必要となります。そのため、弦のサビ落としは調律と一緒にプロに依頼するのも賢明な選択でしょう。

サビ防止用の油もありますが、調律師によっては弦に対しては積極的に塗布しないこともあります。家庭でサビ対策をするなら、湿度に注意を払うこと・ペダルのサビ落としと防サビ油の塗布にとどめておくことをおすすめします。

調律やオーバーホールをきちんとおこなう

アコースティックピアノの寿命を伸ばすために大切なのは、調律やオーバーホールをきちんとおこなうことです。

アコースティックピアノが電子ピアノやハイブリットピアノよりも寿命を長く保てるのは、調律やオーバーホールがあってこそです。

調律やオーバーホールにかかる費用

調律やオーバーホールは、ピアノに必要なメンテナンスですが、かかる費用が気になるものです。

調律とは、ただ音程を整えるだけではなくピアノ全体のケアも含まれます。逆に技術力のない調律は、ピアノの寿命を短くする要因になってしまうものですからピアノの調律は、信頼のできる技師に依頼しましょう。

アップライトピアノは10,000~16,000円、グランドピアノでは15,000~20,000円が相場です。

しかし、ピアノは調律までの期間が空くと、追加で料金が発生するケースが多くなっています。例えば、1年以上間が空くとプラス1,000円といった具合です。

また、オーバーホールとはピアノの部品をすべてチェックし必要なものは交換と修理をおこなう大がかりなメンテナンスです。フェルト交換、ハンマーアクション交換、弦の張替などをおこないます。

そのため、古いピアノも新しく生まれかわることができます。

費用が大きく違うことない調律費と異なり、ピアノによって金額の幅が大きいという特徴があります。アップライトピアノとグランドピアノを比較した場合では、後者のほうがオーバーホール代は高いものです。

おおよその相場としては、アップライトピアノは300,000~450,000円、グランドピアノは400,000~700,000円が目安です。

グランドピアノの場合、製品によっては1,000,000円をこえるケースもあります。このように調律と違い、オーバーホールには高額な費用がかかります。

オーバーホールは、交換する部品がオリジナルの部品とは異なることあり、理想の状態に戻ることは保証されていません。

そのため、年数が経過したピアノについては膨大な費用がかかる可能性も十分にあるため、新しいピアノを購入することを検討してみるといいでしょう。

壊れてしまったピアノの修理費用

ピアノの音が出ないなど、壊れてしまっても修理をすれば問題なく使えるようになるケースが大半です。ここでよくある修理のケースと費用を紹介します。

修理原因 修理費用相場th>
特定の音が出ない 1箇所につき1,000~2,000円
鍵盤の戻りが悪い 1箇所につき1,000~2,000円
電源が入らいない(電子ピアノ) 15,000~20,000円
フェルト交換 1枚につき700~1,000円
弦の切れ 1本につき3,000~10,000円
鍵盤交換 1本につき10,000円前後
ハンマーシャンク折れ 1本につき30,000円前後

ピアノおすすめ買取業者

ピアノはメンテナンスと環境次第でいくらでも長く使える楽器です。とはいっても、そのためには高額な費用がかかることもあります。

場合によっては、新品を買う以上に高額になるケースも少なくありません。その場合は、よほど愛着がない限りは、買い替えがおすすめです。

おいくら

出典:おいくら

ピアノを高く売りたいときに利用したいのが、弊社マーケットエンタープライズが運営している、一括査定サービスのおいくらです。おいくらは無料で利用可能な査定サービスで、厳選された優良買取業者から一度に複数の見積りをとれるのが強みです。売りたいピアノの情報をフォームに入力し送信するだけで、メールで査定結果が届きます。

ピアノは業者によって数万円も買取金額に違いが出る製品ですから、複数の業者の査定額を比較することは、高く売るために必須と言えます。スピード感・納得感のある買取比較サイトを探しているなら、是非利用してみてください。

今すぐおいくらでピアノを一括無料査定する

楽器高く売れるドットコム

出典:楽器高く売れるドットコム

利用者の負担0で楽器の買取をおこなう楽器高く売れるドットコムは、弊社マーケットエンタープライズが運営しています。

楽器について詳しい知識をもったスタッフが、製品の査定をおこなっていますが、グランドピアノなどのアコースティックピアノは買取ジャンルに含まれていません。対象は電子ピアノ、ハイブリットピアノなどです。

買取方法は、店頭・宅配・出張から選択可能です。

宅配買取は、近くに店舗がなくても全国から利用可能です。事前に買取価格を確認してから、梱包・集荷作業へとうつります。大型製品の場合は、梱包する必要はありません。詳しくはオペレーターからの案内に従いましょう。

楽器高く売れるドットコムの出張買取は、東北・関東・中部・近畿・中国・九州地方が主です。しかし、場合によっては上記以外の地域も相談に応じています。

出張買取なら、なにも準備は必要ありませんから、気軽にピアノの売却ができるでためおすすめです。

楽器高く売れるドットコムで今すぐ無料査定する

ピアノの買取屋さん

出典:ピアノの買取屋さん

ピアノの買取屋さんは、ピアノを専門的に取り扱っている創業15年の大手買取業者です。

ピアノ・楽器の買取実績は100,000件を超えており、グランドピアノ、アップライトピアノ、30年前のピアノ、どんなメーカーでも、壊れている、欠損、欠品しているものでも査定から買取まで利用者側が負担なしで行ってくれます。

楽器の買取屋さんでは自社工房を備えており、壊れているものでも修理し、国内はもちろん海外にも販売経路を持っているのでどのような状態のピアノでも買い取ってもらえます。

買取方法は出張買取となり、東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城、静岡、山梨、長野、大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、滋賀、愛知、三重、岐阜なら出張買取最短30分。

ただし、ピアノの状態や一部メーカー・モデルによっては費用が発生するケースもあります。まずは電話による相談をおすすめします。

ピアノの買取屋さんを今すぐチェック

ユニオン楽器ピアノパワーセンター

出典:ユニオン楽器ピアノパワーセンター

ピアノ専門40年のユニオン楽器ピアノパワーセンターは、ピアノの高価買取を謳う業者です。ピアノを専門としているだけに、その知識は豊富です。海外への輸出も手掛けているため、非常に多くのピアノを買取できるのが特徴です。

徹底的なコスト削減も高価買取の秘訣とのこと。変動するピアノの需要と相場から、その時点で最も高い価格で買取をしています。

買取方法は、出張買取となり、パワーセンターの引き取りスタッフが指定場所をおとずれその場で査定・引き取り・支払いをおこないます。

金額によっては、支払い金額の一部が振り込みになることもあります。もちろん引き取りの際の費用は無料です。

ユニオン楽器ピアノパワーセンターで無料見積をする

▼その他のサービスも知りたい方は、ピアノのおすすめ買取業者を紹介している以下の記事を参考にしてみてください。

ピアノは買取業者への売却も検討しよう

ピアノはメンテナンスや修理をして長く使い続けるか、それとも買取業者へ売却するか選択が難しい楽器です。

お金をかけてオーバーホールをすれば、1台のピアノを100年使い続けることも不可能ではありません。

ただし、それには高額な費用が発生します。それでも使い続けたいほど愛着のあるピアノではない場合は、買取業者への売却を考えるといいでしょう。

もし買取業者への売却を考えるなら、なるべく早めに手放したほうがピアノは高額買取へ繋がります。

▼こちらの記事ではピアノの処分方法と費用なども詳しく紹介しているので、買取できそうになく、ピアノの処分を考えている場合は是非ご一読ください。

お得な情報を配信中!
友だち追加
おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら新LP画像

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで、複数の買取業者から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。

shirasaka