キャリーバッグ処分方法|捨て方解説!買取に出す方法も!

カテゴリ:
キャリーバッグ処分方法|捨て方解説!買取に出す方法も!

不要になったキャリーバッグを処分したいけれど、どうやって処分したらよいのかわからないという声は多いです。

例えば、修理不可能なくらい壊れているキャリーバッグは人にあげることも売ることもできないので、捨てるしかありません。

では、廃棄処分する場合はどうやって捨てればよいのでしょうか?住んでいる地域の捨て方のルールに従うことが前提ですが、キャリーバッグの処分方法や処分費用について確認しておきましょう。

また、買取サービスを利用して賢くお得に処分する方法についてもご紹介します。

そのキャリーバッグ、いくらになる!?

高額買取してくれる業者を簡単に見つけることができる一括査定について見てみる

キャリーバッグの処分方法とは?

キャリーバッグの処分方法とは?

キャリーバッグは「何ゴミ」で捨てるのかを確認しましょう。

基本的には粗大ゴミになることが多い

キャリーバッグは基本的には粗大ゴミとして捨てるケースが多いです。

ゴミ捨てのルールは地域によって違うので自治体に確認する必要はありますが、ポリカーボネード製などのハードタイプのキャリーバッグや、大きなサイズのキャリーバッグであれば、ほとんどが粗大ゴミになることでしょう。

粗大ゴミは自治体回収を利用する方法が最も一般的です。自治体回収の場合は、自分で回収場所まで運びます。

民間の不用品回収業者を利用して回収しに来てもらう方法もありますが、キャリーバッグであれば自分で回収場所まで運ぶことができると思うので、処分費用をおさえたいなら自治体回収の利用がおすすめです。

一方で、民間回収は費用はかかりますが、すぐに回収してもらえるというメリットはあります。

小さいキャリーバッグは分解して燃えないゴミに出せる

粗大ゴミにならないくらいの小さなサイズのキャリーバッグであれば、燃えないゴミとして出す場合もあります。

粗大ゴミなどのゴミ捨てのルールは自治体によって異なるので、必ず事前に確認しましょう。

また、布製のキャリーバッグの場合は、分解して小さくして燃えないゴミとして出すこともあります。

粗大ごみの処分費用をおさえたい場合は、分解して家庭ゴミとして捨てることができるように工夫するという手段もあるのです。

布製のキャリーバッグは燃えないゴミと燃えるゴミに分解して捨てる

布製などのソフトタイプのキャリーバッグは、分解して燃えないゴミと燃えるゴミに分別して捨てることもあります。

布の部分は燃えるゴミになり、カート部分などその他の部分は燃えないゴミになるなど、分解することで家庭ゴミとして出すことができるのです。

経済的に処分したいなら、このように分解して捨てるのはおすすめの方法だといえます。しかし、手間がかかるという点がデメリットです。

処分するときにかかる費用の相場

処分するときにかかる費用の相場

キャリーバッグを処分する費用の相場を確認しておきましょう。

自治体回収の粗大ゴミに出すなら400円くらい

住んでいる地域によって粗大ゴミの処分費用は異なります。例えば東京新宿区でキャリーバッグ(スーツケース)を粗大ゴミに出した場合の処分費用は400円です。その他の地域でも数百円程度で済みます。

ただし、キャリーバッグ以外にも粗大ゴミがあるなど、自分で回収場所まで運ぶことが困難な場合は、不用品・粗大ゴミ回収業者を利用するのがおすすめです。

自治体回収よりも費用はかかりますが、都合がよければすぐに回収に来てくれて、さらに楽に処分できます。

業者を利用する場合は、粗大ゴミの量や種類によって費用が大きく異なるので、見積もりを出してもらってから検討しましょう。

複数業者の見積もりを比較してコスト削減

不用品・粗大ゴミ回収業者を利用する場合は、複数の業者に見積もってもらい、比較して最も安かった業者を利用するとコスト削減になります。

業者によりますが、WEB上のみのやり取りでも、およその見積もりを出してもらうことができます。

本格的な見積もりで比較するのが面倒であれば、簡易見積もりでの比較でも大丈夫です。

ただし、WEB上の見積もりは、自分で処分したいものの詳細を伝え、業者はその情報をもとにおよその見積もりを出すだけです。

そのため、実際に処分品を見たら簡易見積もりの費用と変わってしまうことがあるので注意しましょう。

無料で処分をする方法

無料で処分をする方法

処分するのにお金を掛けたくないなら、無料で処分する方法を試してみましょう。

買い替えと同時に下取りに出す

使っていたキャリーバッグが不要になり、新しいものに買い替えたい場合は、販売店に下取りに出すという手段もあります。

ただし、下取りに対応している販売店のみに有効な手段です。

下取りを行っている販売店では、不要になったキャリーバッグと引き換えに、新しい商品を購入するときに使えるクーポンとの交換や値引き対応などのサービスを行っています。

新しいキャリーバッグに買い替えたいと思っている方にはお得なサービスだといえるでしょう。

無料回収業者やリサイクルショップを利用する

キャリーバッグの無料回収を行っている業者があります。リサイクル・リユースを目的にしている業者で、修理後に中古品として販売したり、貴重な資源が含まれている品物もあるので、無料で引き取ってくれるのです。

近くに業者があれば、直接持ち込みをすれば無料で引き取ってもらえます。

業者によっては出張回収や宅配回収にも対応していますが、出張買取は地域の指定があり、宅配買取は送料が発生することもあるので、事前の確認が必要です。

SNSやアプリなどを利用して欲しい人に譲るまたは売る

SNSを利用して欲しい人を募って無料で譲ったり、フリマアプリを利用して欲しい人に売るという方法もあります。

ただし壊れているキャリーバッグや、使い古されてボロボロになっているものはNGです。

まだきれいな状態で、デザインも古くないキャリーバッグであれば、需要はあります。

捨てるにはもったいないと思うようなキャリーバッグでなら、欲しい人に譲るか売ったほうがお互いにメリットがあるのでおすすめです。

買取サービスを使って賢く処分

キャリーバッグは買取サービスを利用して売却することも可能です。処分してしまう前に売れるかどうか確認してみることをおすすめします。

買取対象になるかを確認する

キャリーバッグの買取を受け付けている買取業者はたくさんありますが、どんなキャリーバッグでも買取可能ということではありません。

業者によっては、買取対象ブランドの指定があったり、使用年数や販売年数が指定されていることもあります。

特にコンディションは重要なポイントで、あまりにも汚れや傷などがひどく、コンディションが悪すぎる場合は、買取不可になってしまうこともあるので注意しましょう。買取業者によって買取対象の条件が異なるので、ホームページなどでよく確認が必要です。

キャリーバッグを買取している業者(サービス)を紹介

キャリーバッグの買取を実際に受け付けている業者・サービスをご紹介していきます。

手早く高く売るなら一括査定がおすすめ!

おいくら 「スピード感」キャプチャ 2021年4月時点 最新版

「おいくら」は全国に1000件以上あるおいくら加盟店に、一回の申込で買取金額の見積もり依頼ができる「一括査定サービス」です。
売却するお店は「オークション」のように、一番高い査定額を掲示したお店を選んで売れます。

また電話番号の登録が不要で、査定結果はメールのみでの確認も可能。店舗からのわずらわしいセールスとも無縁です。

査定依頼ページでは商品情報を細かく入力する必要があるため、「面倒くさい」と感じる方もいるでしょう。
ですが、申込時にしっかりと入力することで、買取業者が商品価値をきちんと査定できるため、適正価格以上で売れる可能性が高くなります。

査定したい商品はまとめて15品まで依頼ができるので、少し時間のある時にいったい「いくらになるのか」試してみてはいかがでしょうか?

【申込はたった5分で完了】
最大20社からキャリーバッグの見積もりを取る

高く売れるドットコム

高く売れるドットコム

このメディアを運営している高く売れるドットコムも、キャリーバッグの買取が可能で、状態が良いブランド品のキャリーバッグの買取を行っています。買取強化ブランドに指定しているのは、サムソナイト、リモワ、バートン、TUMI、ルイヴィトンです。

特に中古でも人気が高いリモワのキャリーバッグは、多少の傷や汚れがあるものであっても高価買取になる可能性があります。宅配買取は送料手数料無料で利用可能です。キャリーバッグブランドを高く売りたい方におすすめです。

ブランディア

ブランディア

ルイヴィトン、シャネル、グッチ、プラダなど、ハイブランドの高価買取実績が豊富です。例えば過去の買取実績では、ルイヴィトンのキャリーバッグを25万円で買取、シャネルのキャリーバッグを57,000円で買取、グッチのキャリーバッグを20,000円で買取した例があります。

ハイブランド以外でも、幅広いブランドの取り扱いをしていますが、ノーブランドは買取不可です。指定のブランド以外は査定できないので、買取対象ブランドかどうかを事前によく確認しましょう。

リファスタ

リファスタ

キャリーバッグやスーツケースが人気のブランドの高価買取実績が豊富です。例えば、リモワのキャリーバッグ(キャリーケース)は70,000円の買取実績があり、サムソナイトは55,000円の買取実績があります。

買取対象ブランド内であれば、多少の傷やへこみは買い取ってもらえるのも嬉しいポイントです。LINE査定にも対応しているので、人気ブランドのキャリーケースを売りたい場合は、試しにLINE査定をするか、完全無料で利用できる宅配買取を申し込むことをおすすめします。

まとめ

まとめ

キャリーバッグを捨てる場合は、基本的には粗大ごみで捨てることが多いです。ただし、大きさや素材によっては分解して、燃えないゴミと燃えるゴミに分別して捨てることもあるので、住んでいる地域の自治体にゴミ捨てのルールを確認するとよいでしょう。

壊れておらず、状態もきれいで捨てるにはもったいないようなキャリーバッグであれば、下取りやリサイクル、買取に出すという選択肢もありです。ただし、ノーブランドのキャリーバッグは売れない可能性があるので、買取対象について業者のホームページなどでよく確認しましょう。

友だち追加キャンペーン実施中!
友だち追加
おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら新LP画像

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。