初期ポケモンカード(旧裏面)を高額買取できるコツ・高く売れるカード

カテゴリ:
初期ポケモンカード(旧裏面)を高額買取できるコツ

1990年代後半に流行したポケモンカードゲーム。発売から25年近く経った現在も高い人気を誇っています。

そんなポケモンカードも、初期と呼ばれるシリーズはレアカード扱いされるものもあり、高値で取引されることも。

今回は、初期のポケモンカードで高額で買取するためのコツや、現在高く売れるカードなどをまとめました。初期のポケモンカードを持っている人、集めている人はぜひ参考にしてみてください。

初期のポケモンカード(旧裏面)とは?

始めに、初期のポケモンカード(旧裏面)について解説していきます。

「旧裏面」と呼ばれるデザイン

一般的にポケモンカードシリーズにおいて初期と呼ばれるものは、1996年10月に発売された「ポケットモンスターカードゲーム」と、2000年
2月に発売された「ポケモンカード★neo」の2種類を指します。

この2種類のカード裏面のデザインは、ユーザーの間から「旧裏面」と呼ばれています。

現在は主にコレクション用として人気

2001年7月に発売された『ポケモンカード★VS』より、裏面のデザインが世界共通のものに変更されました。

そのため、初期ポケモンカードは公式戦での使用を禁止されており、身内同士での対戦や非公式大会、レギュレーション制限がない店舗公認による大会でのみに限られます。

発売開始から20年以上経った現在、シリーズを重ねていくにつれて、デザインだけでなくカードそのものの価値が高くなっており、限定カードなどは高額で取引されるようになっています。

また、当時子どもだった20代から30代の男性を中心に、コレクション用として集めるユーザーも多くみられます。

「旧裏面」カードの価値は?

「旧裏面」と呼ばれる初期ポケモンカードの買取価格は、通常1枚0円から10程度とかなり低価格です。

しかし、大会での景品や雑誌の付録などによる希少性の高いカードは、1枚で10万円もの価格がつくこともあります。

当時のポケモンカードを持っている人は、一度確かめてみると高額で取引できるかもしれません。

高額買取できる初期ポケモンカードの見分け方

ポケモンカードの初期シリーズには、「初版」「再販版」の2種類に大きく分けられており、特に初版のカードは希少性が高く、入手難易度が高いです。

ここでは、初版ポケモンカードの見分け方について2つのポイントをご紹介します。

レアリティマークの有無

再販版のカードには一部を除いて、カードの右下にレアリティマークの「★」印が印刷されています。

エキスパンションマークの有無

レアリティマークと同様に、再販版にはカードがどのシリーズに収録されていたかを表す、エキスパンションマークがカードの中央右に印刷されています。

その他にも、「プロモーションカードであるか」「一部カードの説明が違う」などがあります。

ポケモンカードの買取価格を上げるコツ

ここでは、初期のポケモンカードの買取価格をご紹介します。大切なカードを少しでも高額で買い取ってほしい人は、次のポイントを押さえておきましょう。

ネット・宅配・郵送買取を利用しよう

ポケモンカードは店舗での買取よりも、ネットや宅配、郵送による買取をおすすめします。

ネット買取は実店舗がないため、営業コストがかからない分、高値で取引してくれる可能性が高いからです。また、手軽に複数の店舗で査定ができるので、買取もスムーズです。

そして、宅配買取はメールでのやりとりが主なため、スタッフに気を遣うことなく買取の手続きができます。

店舗によっては、商品の返送料がかかるので、事前にチェックしておきましょう。

店舗買取はカード専門店へ

店頭での買取を考えている人は、リサイクルショップなどの総合買取店ではなく、ポケモンカードやトレーディングカードに特化した買取業者に依頼をしましょう。

専門のスタッフが適正な査定をしてくれたり、買い手もポケモンカード目当てで店舗に来るため、高額の買取を期待できます。

査定に特化したキャンペーンを利用する

カードを査定に出す場合は、査定に特化したキャンペーンを利用しましょう。

キャンペーン実施中は、通常価格の1.5倍程度に値上げしているケースもあるので、通常より高額の買取が期待できます。

店舗のホームページで、キャンペーンが実施されているかこまめにチェックしておきましょう。

カードを種類ごとに仕分ける

カードはできるだけ、レアリティやシリーズ別に仕分けておきましょう。

というのも、トレーディングカードの買取は、カードの収録シリーズやレアリティで決まることがほとんどだからです。

レアカードがノーマルカードに埋まっていると、査定のときに見落してしまう可能性があります。

買取をスムーズに行うために、なるべく細かく分類して束ねておきましょう。

査定価格を下げないようにするには?

査定価格を高くするコツがわかっていても、カードの管理状況が悪いと、査定額が大きく低下してしまいます。

ここでは、査定価格をなるべく下げないようにするための注意点をご紹介します。

カードの状態を保つ

査定額の低下を防ぐには、カードの状態を良好に保つことが大切なポイントです。

ノーマルカードでも、汚れや傷、曲がっているものは査定の対象外となり、0円となるケースもあるからです。

汚れや傷を防ぐため、カードを保護するシートやスリーブに入れて保管するのがおすすめです。

カードを日ごろから丁寧に扱って、いい状態を保ちましょう。

宅配買取の場合は、丁寧に梱包する

宅配買取を利用するときは、丁寧に梱包してから郵送しましょう。

配送中にカードが汚れたり傷ついたりすると、査定額に影響が出るからです。

梱包するときに発泡スチロールや古新聞を緩衝材変わりに入れると、カードの劣化を防げます。

リザードン Lv.76

初期のポケモンカードで最も高い価格で取引されている1枚が「リザードン Lv.76」です。

このカードは、ポケモンカード第1弾拡張パックに収録されています。

特殊能力の「エナジーバーン」は、炎以外のエネルギーを炎エネルギーとして扱うことができ、ワザの「ほのおのうず」の威力も高いことからデッキの主軸として使うユーザーも多くいました。

高額で買取されている理由として、「かえんポケモン」と表記されるところを初版では「かいりきポケモン」と誤表記の状態で収録されているからです。(「かいりきポケモン」はゴーリキー)

また、レアリティマークも印刷されていないため、買取価格としては30,000前後から取引されているレアカードです。

ひかるライチュウ Lv.30

「ひかるライチュウ Lv.30」は、ポケモンカード★neo 拡張パック第4弾「闇、そして光へ…」に収録されています。

買取価格は平均で15,000円前後です。

このカード以外にも「ひかるミュウ」や「ひかるリザードン」、「ひかるバンギラス」といった、名前に「ひかる」がついたポケモンは入手難易度が高く、高値で売れるカードになります。

フーディン Lv.42

「リザードン Lv.76」と同じく、「ポケットモンスターカードゲーム」第1弾拡張パックに収録されています。

特殊能力の「ダメージスワップ」は、自分のポケモンが受けたダメージを好きなように移動できる能力です。

「ポケットモンスターカードゲーム」の初版かつレアリティマークがないカードは、どのカードも1,000円から10,000円前後の高い価格で取引されています。

>ポリゴン LV.17

「ポリゴン Lv.17」は、2000年4月に発売された雑誌「ポケモンカードファンクラブ」の特製カードです。

「ポケモンカードファンクラブ」は販促とイベント報告などを掲載した雑誌で、発行部数もかなり少ないと予測されます。

買取価格は30,000円前後で、同じ雑誌に同封されていた「イーブイ Lv.7」も希少性が高く、入手が困難なカードになっています。

それ以外にも、ポケモン関連イベントの特製カードが高額で取引されています。Nintend64ソフト「ポケモンスナップ」のフォトコンテストの入賞カードは、600,000円前後で取引している店舗もあります。

大会優勝商品によるカードは枚数も限られている分、値段も格段に上がっています。

まとめ

https://cdn.pixabay.com/photo/2020/01/16/17/32/pokemon-4771238_960_720.jpg

今回は、初期のポケモンカード(旧裏面)で高価買取ができるコツについてご紹介しました。部屋に眠っているカードも、知らない間にお宝になっている可能性があります。

買取を検討している人は、今回ご紹介した情報を参考に買取のタイミングを見極めて、少しでも高く売れる買取業者を見つけましょう。

おいくらで不用品を高く売りませんか?
リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。もちらん、電話で直接問い合わせることも可能です。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。まずは、どんなお店があるのか近くのリサイクルショップを探してみてはいかがでしょうか?

近くのリサイルショップを探す

近くのリサイルショップを探す