家にある多くの着物を処分する方法とは?

カテゴリ:

お祝いごとで使った着物が押入れに眠っていたり、母や祖母が使っていて今では使われていない着物がそのままになっていたりする家庭もあるでしょう。

着物は趣味で楽しむこともできますが、洋服と違い着付けにも時間がかかるので、好きでなければ着る機会も少なくなってしまいます。シャツやパンツなどと違い、着物をどう処分すればいいか困っている方もいるでしょう。

今回は、着物の処分方法について詳しくご紹介します。

着物の処分方法

要らなくなった着物はどのように処分すれば良いのでしょうか。

和服・着物専門店で買い取ってもらう

和服や着物の専門店には、使った着物を買取してくれる店舗があります。着物に詳しい専門店なので、有名作家が作成した着物などを正当な評価で買取してもらえる可能性が高いでしょう。

質屋で売る

質屋も着物専門店と同じく、専門の鑑定士が在籍しています。価値のある着物を正しく評価してくれるでしょう。また、質屋は期間内に金利を含めた金額を返すことで、着物を買い戻すことができるというメリットがあります。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップは誰でも気軽に利用できる利点がありますが、専門の査定員がいないため着物の価値がわからず、買取金額も低めに設定される傾向があります。ただ、着物の他に売りたい物がある場合は、まとめて買い取ってくれるので便利です。

オークションで売る

オークションは買い手の需要とマッチすれば比較的高値で買取してもらえるところがメリットです。また、買取専門店の査定価格よりも高く買い取ってもらえる可能性が高いのも魅力の一つです。

NPO法人に寄付をする

非営利団体であるNPO法人には、使わなくなった着物や帯を引き取り、着付け教室などに活用したりリサイクルしたりしています。また、海外に寄付する団体もいて、活動方針によって着物の活用方法が違います。

基本的には無料で回収を行っていますが、着物の配送料は着物の持ち主負担になる可能性がありますので、NPO法人のホームページや電話で確認を行いましょう。不要な着物をリユース・リサイクルすることに興味がある方は、活動に参加してみましょう。

ゴミに出す

住んでいる各市区町村の自治体の決まりに従って廃棄します。廃棄方法は以下が考えられるでしょう。

●燃えるゴミ
●資源ゴミ
●古布

ゴミの分類が分からない場合は、ゴミ処理場に直接持っていけば処分することが可能です。

買取査定に影響する着物の種類

着物には、洋服同様フォーマルな場所で使用する着物と、カジュアルに使える着物があります。買取をしてもらうときは、着物の格によって買取価格は変わってくるでしょう。どのような種類があり、ランク付けされているか見ていきましょう。

フォーマルな着物

結婚式などで着ることができる着物は、以下の通りです。

<黒紋付(喪服) / 黒留袖>
黒の無地に5つ紋が入っている最も格式が高い着物が、黒紋付です。黒留袖は、黒紋付と違い絵羽模様が腰よりも下の位置に置かれています。

黒紋付は女性なら誰でも着ることができ、黒留袖は既婚女性が着用する、民間の第一礼装として広まっています。黒留袖の絵羽模様で汎用性の高い柄は以下の通りです。

【吉兆文様】
○松竹梅
○瑞雲
○蝶
○鳳凰
○鶴亀 など…

【古典文様】
○小葵文
○菱文
○亀甲文
○七宝文 など…

古典文様に含まれる吉兆文様や有職文様などは、縁起が良いことで知られています。武家や朝廷などに仕える身分が高い人が身に着けてきた柄のため、おめでたい場面で受け入れられやすい柄です。しかし、お葬式などでは黒留袖は派手すぎるため着用することはなく、黒紋付が適した服装になります。

<色留袖>
色留袖は黒留袖の地の色が、黒以外の色で作られた第一礼装です。5つ紋という決まりはなく、1つ紋や3つ紋があり紋数が少ないと訪問着などとしても着ていける、汎用性の高い着物になります。

黒留袖同様に、華やかな場面で着用しますが、宮中行事では色留袖が正式と定められているため、テレビなどで叙勲を女性が受け取る際は色留袖を着ていることが多いでしょう。

<振袖 / 打掛>
成人式で着用する女性が多い振袖ですが、正式には未婚女性の第一礼装として使用される着物です。花嫁は大振袖という袖の長いものを着用し、成人式で着用されるものは中振袖が着られています。5つ紋が入っている振袖は、おめでたい席などに着ていくことができますが、紋が入っていない振袖は基本的に着ていきません。

花嫁の和装として着用される、白無垢の着物は「打掛」といいます。

<訪問着 / 付け下げ / 色無地 / お召>
第二礼装として使われるのが上記4つの着物です。柄や紋の数などによって、おめでたい席やパーティーなど華やかな席など使い分けをします。紋無しの着物は、外出着としても使えるので、1枚持っていれば大変便利でしょう。

カジュアルな着物

普段使いができる、簡易的な着物は以下の4種類です。

<江戸小紋 / 小紋>
どちらも全体に模様がある着物ですが、江戸小紋は模様が細かく入っており、遠目では見えにくい特徴があります。どちらも普段着ですが、お稽古場やおしゃれ着として着用されてきました。

江戸小紋は細かい柄になると格が高く、代表する柄には以下があります。

【江戸小紋五役】
○鮫
○角通し
○行儀
○大小あられ
○万筋

上から3つの柄を江戸小紋三役といわれ、格が高い柄といわれています。次いで、下2つの柄が格のある柄として浸透しました。

<紬 / 木綿 / 浴衣 など>
とても簡易的にリラックスして着用できる着物です。浴衣は元々、家の中など人目が気にならない場所で着る服でしたが、現在では夏祭りなどに着ていける外出着として人気があります。

第一礼装に使用される着物は、質が高い布が使われており高値で取引される可能性が高いでしょう。有名な着物職人が手掛けた作品ならば、さらに価格は上がります。
オシャレな振り袖や需要が高い着物も、買取を行ってくれる店舗があるでしょう。

帯にも格がある!種類を把握しよう

着物同様、身に着ける帯にも格があります。多くの種類から、いくつかご紹介します。

丸帯 / 広帯

第一礼装に使用される帯で、黒紋付や黒留袖、花嫁衣裳などに使われていました。帯の両面に柄が入っており、“だらり結び”でも華やかに魅せることができます。現在では花嫁衣裳や芸者の着物に使われるのが一般的になっています。

袋帯

丸帯を簡略化したもので、格式は下がりますが第一礼装に使用されることが多いです。黒紋付や黒留袖に使用されるのが一般的です。丸帯との違いは、裏面には柄がないことでしょう。また、素材や柄によっては外出用やおしゃれ着に合わせることもあります。

全通帯 / 六通帯

フォーマルの場に使われる帯で、振袖に合わして着用することも多いです。

名古屋帯(九寸名古屋帯) / 袋名古屋帯

訪問着など格式の高い普段使いの着物に使用される帯です。格としては、約中位の位置に属します。夏用の名古屋帯は、浴衣にも使用されます。

半幅帯

気軽に着られる紬や浴衣に合わせる帯です。素材も木綿や博多織などが使用されています。

着物のメンテナンス方法

着物はシワや変な折り目がないほうが買取価格は下がりにくくなります。また、汚れや虫食いが発生すると、価値がなくなってしまう可能性もあるでしょう。

今は売ることを考えていない着物でも、大切に保管しておくことで、いざ売却するときに価値を高めることができます。着物のメンテナンス方法を確認していきましょう

キレイにたたむ

元々の着物の折り目に沿って、長方形になるようにキレイにたたみましょう。刺しゅうや箔がついている着物は、白い布や和紙をあてることで色落ちや変色を防ぐことが可能です。

◇着物をたとう紙で包む
たたんだ着物は、たとう紙(文庫紙)に収納しましょう。たとう紙は通気性が良く除湿も行ってくれます。しかし、たとう紙の使用にも注意点があります。

○注意点
・たとう紙の中にある薄紙にあるノリは虫をおびき寄せるので、保管時は薄紙を捨てる
・古いたとう紙は黄色く変色してシミの原因になる
・半年~2年に1度交換する

有名ブランドのたとう紙は、メーカーの刻印がされていることがあるため、価値があることも覚えておきましょう。

正しい保管方法で着物を収納する

着物は桐たんすのように、防湿性の高い収納に入れるのがおすすめです。特に価値の高い着物は、上段に保管することで湿気を避けることができます。湿度が低い時期にたんす内を開けて湿気を飛ばしたり、虫干しをしてカビや虫食いを防止したりすることが大切です。

親族の着物で長い間使用していないと、高級な桐たんすに収納していてもカビや変色などのリスクにさらされます。一度確認したときに大丈夫でも、数週間後にはカビが生えていてもおかしくないのです。買取前に確認した場合でも、たとう紙を変えたり、虫干しをしたりと着物の状態の確認のついでに簡単なメンテナンスをおこなってみましょう。

買取が難しい着物

着物は状態が悪いと、買取専門店に買い取ってもらえない可能性があります。以下の場合は、他の処分方法を考えなければいけないでしょう。

汚れや傷みがヒドイ

修復が不可能な傷み具合だったり、クリーニングでも落ちない汚れがついていたりすると買取は難しくなります。

臭いがヒドイ

タバコやカビ、防虫剤の臭いが染み付いていると、買取が難しくなります。

上記2つの理由では、多くのところから断られる可能性があります。次に、一部の買取業者に断られる可能性がある着物です。

絹以外の素材

着物には化学繊維などの安い素材で作られているモノもあります。新品で安い製品は、中古品の需要が低い可能性も高く、取り扱わない店舗もあるのです。

◇第一礼装系の着物
喪服に使用する黒紋付や黒留袖、振袖などは着る機会が少ない割には、新しく仕立てると価格が高いため、今ではレンタルを使う人が多くなっています。そのため、リサイクルショップなどでは買取を行っていない場合があるのです。

大きさが著しい着物

大きすぎる、または小さすぎる着物は買取を断られる可能性があります。

着物専門の買取業者には、着物の買取を強化しているところもありますが、一部のリサイクルショップなどは需要が少ない製品の買取を行っていないことがあるのです。

捨てるだけが処分ではない!?リメイクやジャンク品で処分する!

買取が難しい着物でも一部分がキレイな状態ならば、布を活用してリメイク作品を作る方法もあります。例えば、以下のリメイク方法があるでしょう。

着物を使ったリメイク例

アクセサリー / スマホケース / 小物ケース / ぬいぐるみ / クリスマスの飾り / ブックカバー / 針たて など…

着物を着る機会がなくても、小物や日用品に形を変えれば活用することが可能です。着物は元々の色合いや刺繍がキレイですので、上手にリメイクすれば1点もののハンドメイド作品がつくれるでしょう。

また、ハンドメイドした作品をフリマアプリやネットオークションで販売することも可能です。ハンドメイド作品を販売できるネットショップもあるので、売られている作品を見て、作成してみてはいかがでしょうか。

自分でリメイクが難しくても、リメイク作品を作っている人など、使えない着物の布を求めている方もいます。ネットオークションでは、帯や着物がまとめて100円~1,000円程度で販売されています。検索ワードには以下が使われているようです。

◇使えない着物を売る時の検索ワード
●ハギレ / 端切れ
●パッチワーク
●リメイク / リメイク素材
●和服 / 着物 / 帯
●ジャンク品 / ジャンク など…

商品説明や注意事項には、ジャンク品であることや、わかる範囲で詳細な状態を記載したほうが良いでしょう。

◇商品説明や注意事項への記載例
●ノークレーム / ノーリターンであること
●シミや汚れ、破れなどがあるか など…

ジャンク品のため、返品やクレームを受け付けないことの説明は必ず記載しましょう。シミや破れに関して詳しく記載する必要はありませんが、簡易的に記載することで落札後のトラブルを抑制することが期待できます。

まとめ

着物の処分はゴミとしての廃棄だけではありませんでした。処分方法についてまとめていきましょう。

●着物の処分方法は業者や個人への売却やNPO法人への寄付、一般ごみの廃棄がある
●着物と帯は格が高いほど価値がある
●着物をたたむときは折り目にそって長方形になるようにする
●保存時はたとう紙に包んで桐たんすなど適した収納で保管する
●定期的にたとう紙の交換や着物の虫干しを行う
●臭いや汚れがヒドイ着物は買取が難しい
●第一礼装の着物や素材が安い着物は買取していない店舗がある
●着物は小物などにリメイクすることが可能
●ジャンク品やリメイク品をネットオークションに販売することが可能

着物は寄付や売却、リメイクなどによって再度活用することが可能です。自分の満足いく方法で着物を処分するようにしましょう。

おいくらで査定価格を一括見積り!

リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができます。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。一括査定は無料で申し込めるので、まずはいくらで売れるか買取価格を調べてみてはいかがでしょうか。

おいくらで買取価格を調べる

おいくらで買取価格を調べる