冷蔵庫の音が気になる!カタカタ、ブーンなど症状からの対策方法

カテゴリ:

冷蔵庫の音がうるさいですか?昼はあまり気にならないものですが、周囲が静かになる夜や、布団に入ってから気になってくる時がありますよね。そして一度意識しはじめると、もう止められない。気になり過ぎてそのまま数時間眠れなくなってしまうことも。

今回はそんな、日々の生活に大きな影響を与えかねない「冷蔵庫の音」の対策をご紹介。まず症状から原因をしっかり特定して、それぞれの対策方法を見ていきましょう!

冷蔵庫の音の対処法――症状から原因の特定

冷蔵庫は生活に欠かせない家電。音が気になってしまうと本当にストレスになりますよね。「ちょっと音が大きすぎるのではないか」と心配になっている人もいるでしょう。特に一人暮らしの人は、部屋が狭いので冷蔵庫との距離が近く、音が気になりはじめると何も手につかなくなってしまうこともあります。

しっかりその解決をするために、まずは原因を特定しましょう。

冷蔵庫の音が大きい時に、主に原因となりやすい箇所は、「コンプレッサー」「ファン」それから「サーモスタット」です。

冷蔵庫の音の症状その1 低い「ブーン」という音、「ガタガタ」「ゴトゴト」

ブーンといった低い、重たい音が聞こえる時、コンプレッサーの調子が悪い可能性があります。「コンプレッサー」とは、空気を圧縮して冷蔵庫の中を冷やす機械のこと。もしもこれがないと、ただの断熱材で囲まれたクーラーボックスと同じになってしまう、冷蔵庫のキモとなるパーツです。モーターで動いているので、騒音になる可能性があります。

コンプレッサーが原因となっているような時は音が低いのが特徴。冷蔵庫の背面に内蔵されているため外から見えないので、この音の特徴を手がかりに原因を判断しましょう。

またコンプレッサーが動きはじめる時に「ガタガタ」や「ゴトゴト」といった騒音を出すときもあります。音があまりにも大きいようならば故障の可能性もあります。

冷蔵庫の音の症状その2 庫内や上部から「ブーン」という音

気になっている音が高めの「ブーン」という音ならば、ファンが原因です。ファンは冷蔵庫の中の冷気を巡回させる役目を持っています。一箇所だけ冷えてしまわないように全体的にその空気を拡散しているのです。

ファンも内側に組み込まれていて外側からは見えないのですが、その冷蔵庫の中で埃がたまったり霜に当たっていたりすると、大きな音が鳴ります。ファンは冷蔵庫の各所に設置されており、背面の上部や下部や庫内などから「ブーン」と音がする時があります。

またファンの不調はファン自体が原因なのではなく、冷蔵庫の中の温度を検知する「サーモスタット」が原因の場合もあります。サーモスタットが不調になり、内部の正確な温度を認識できずファンを異常に動かしてしまっているのです。放置していると異音の原因になるのみならず、無駄な電力の消費にも繋がってしまいます。

コンプレッサーが原因の対処法

コンプレッサーが原因の場合は、さらにその原因を掘り下げていくと3つになります。「近くの物と冷蔵庫が触れてぶつかっている」か、「コンプレッサーを過剰に稼働させてしまっている」か、それから「振動を制御する機材が外れてしまっている」かの、どれかです。

一つずつ見ていきましょう。

近くの物と冷蔵庫が触れて、振動している

冷蔵庫はわずかにでも常に振動しているものです。一見しただけではわからないほどでも、細かく振動しています。ですので、冷蔵庫の場所が悪く、壁や他の物とぶつかっていると異音が発生します。

その対処法は、冷蔵庫の周囲にものをなくすこと。上に物を置いていたり、わずかな冷蔵庫の隙間に収納したりしていないかしっかりチェックします。原因が他の物との接触だったならば、冷蔵庫をちょっと動かしてみたり、周囲のものを取り除いて、掃除をすると解決します。

コンプレッサーを過剰に稼働させてしまっている

冷蔵庫が後ろの壁にくっつき過ぎていたり、冷蔵庫と壁の隙間に埃が溜まっていたり、上に物を置いていたりすると熱が逃げず、コンプレッサーを過剰に動かしてしまうことになります。

冷蔵庫は熱を周辺に放つことによって冷たさを保っています。だから放熱できるだけの余裕を持ったスペースがないとコンプレッサーを過剰に動かさなければいけなくなってしまうのです。そして過剰に動かせば動かすほど、余計に熱を持つという悪循環になってしまうこともあります。

ですので、まずは冷蔵庫周りを片付けてスペースを確保し、熱を確実に逃がせる環境を作りましょう。それで解決しないようならばコンプレッサーの故障の可能性もあるので、メーカーに問い合わせるとよいでしょう。

振動を制御する「制振材」の異常

通常コンプレッサーの内部には、振動を緩和する「制振材」というものがあります。それが引っ越しや移動の際に動かした拍子で外れてしまっていたり、あるいは故障してしまっていたりしている場合もあります。このようなケースでは自分で見ただけではわからないので、メーカーに問い合わせる必要があります。

ファンが原因の対処法

続いてファンや温度を検知するサーモスタットが原因である時にどのように対処すればよいかを見ていきましょう。

主にファンが原因となってしまっている場合は霜がファンに当たってしまっていたり、寿命で故障してしまっている場合があります。順にチェックしていきましょう。

霜がついている

霜にファンが当たって、異音が発生していることもあります。原因が霜ならば、まず冷蔵庫の中身をすべて出し、コンセントを抜いて電源を切って霜を溶かしましょう。

すべてが溶けるまでに、3、4時間はかかりますが、ドライヤーを使用して温めると、溶けるのが早くなります。冷蔵庫の下部に、水をためるトレイがあるので、1時間おきにチェックしてトレーの水を捨てましょう。その水が増えなくなったら霜がしっかり取れた証拠です。トレイを定位置に戻して、冷蔵庫の電源を再び入れてみます。

ファンの故障

ファンは冷蔵庫の重要な部分でありメーカーも慎重に作っているはずですが、指定されている年数(大体10年ほど)よりも長く使っているような場合は寿命の可能性があります。

ファンは交換しやすい形状になっていないですし、内蔵されているものなので、業者さんに頼むのが確実と言えるでしょう。また寿命ならば、新しい冷蔵庫の買い替えを検討してみることをお勧めします。

DYなどが得意ならば、ファンを自分で交換することも不可能ではありません。実際自分でファンを交換している人もいます。現在では通販で冷蔵庫に合った形のファンが売られています。しかしやはり、プレートを外したり、コネクタを接続し直したり、素人には難しいことは間違いありません。もしもそれで故障してしまったら自己責任になるので、メーカーに相談する方がおすすめです。

サーモスタットの故障

ファンに異常が無くてもサーモスタットという温度検知機能に原因がある可能性があります。

まず考えられるのは、ドアの接触部分に汚れが溜まり、ドアがしっかり閉まっていない可能性。パッキンの部分をよく雑巾で拭いて綺麗にしてみましょう。

それでも明らかに冷蔵庫の中が冷え過ぎているように感じるならば、早めにメーカーのサポートに連絡したほうがよいでしょう。庫内の温度調整がうまくいっていない場合は、電力の無駄な消費に繋がります。ですので、できる限り早めに対処してしまった方が、結果的にコストを低く抑えられるのです。

原因がはっきりしないような時はどうしたらいいか?

基本的に冷蔵庫の異音が気になるような時の対策としては、「周囲に置いてあるものをすっきりとさせ、周りのスペースを十分に確保する」、それから「霜取り」、「冷蔵庫の掃除」という方法によって解決ができます。

ですが、それだけではどうしても解決しない時には次の3つの方法を取ってみましょう。

説明書をあらためてよく読む

一度基本に戻りましょう。メーカーのホームページや、冷蔵庫の説明書を見てみると良いでしょう。その説明書には細かくどのような音がしている時はどの部位が問題がある細かく書いてある場合があります。

防振マット

おすすめなのが「防振マット」です。普通のホームセンターで売っている商品なのですが、冷蔵庫の下に敷いて振動を抑え音を静かにしてくれます。わずかな振動も周りのものと共鳴しあって大きくなってしまっているような場合ならば、このような防振マットで改善することもあります。

冷蔵庫の四隅に敷くだけなので、特に大変ではありません。冷蔵庫全体を持ち上げなければいけないわけではなく、傾かせて一方の足をあげ、その下に引いたら、さらに逆側を傾かせてその下にセットすればOK。

あるいは1枚サイズになっている防音シートもあります。まず冷蔵庫を傾かせてシートを差し入れ、そして四つの足のうち一つだけ地面をつけるように傾かせながら少しずつ前にずらしていくと綺麗に敷くことができます。(ただし大型冷蔵庫の場合は倒れると危険なので、必ず二人以上で作業しましょう。)

メーカー問い合わせ

それでも解決しない時は、メーカーに問い合わせ、できるだけ細かく症状を伝えるようにしましょう。下手に自分で修理して余計に症状が悪化してしまったら、自己責任として対応してもらえなくなってしまう場合もあります。あるいは近くの家電量販店などに相談してみるのもおすすめです。

〝静音性〟でおすすめの冷蔵庫メーカーは?

もし10年以上冷蔵庫を使っている場合は寿命である可能性が高いです。

冷蔵庫の中の様々な部品が劣化し、上手くハマり込んでおらず音が鳴ってしまうといったケースです。そのような劣化が原因の場合、たとえ原因となっているところを修理しても、また別のところがすぐ劣化してしまう可能性があります。

ですので、思い切って買い換えることも検討しましょう。現在では様々な静音性を売りにした冷蔵庫も出ていますが、特におすすめのメーカーは「日立」と「無印良品」と「Haier(ハイアール)」です。

日立の冷蔵庫の特徴

大型の家族用の冷蔵庫ならば日立が人気です。中には700Lよりも大きな冷蔵庫も日立は販売しています。起動音も少ないのが特徴。それのみならず「真空チルド冷蔵庫」として真空状態で食品を新鮮に保管する機能も人気の秘密。

無印良品の冷蔵庫の特徴

100L~200L前後の一人暮らし用冷蔵庫ならば無印良品がおすすめ。デザインもシンプルで音も小さく価格もお手ごろ。とてもナチュラルなインテリアなので、どのようなお部屋にもぴったり合うことでしょう。

Haier(ハイアール)の冷蔵庫の特徴

Haierは業界トップクラスの消費電力が売りのメーカー。こちらも一人暮らし用の小さめの冷蔵庫におすすめです。音が気になる場合でも365日電話受付サポートも充実しているので、とても相談がしやすいメーカー。

種類も豊富で鮮やかなデザインの冷蔵庫もあるので、他と少し違う冷蔵庫を求めている人にもおすすめです。

まとめ

以上今回は、冷蔵庫の音がうるさくて気になっている人のために、その原因と対処法についてご紹介してまいりました。冷蔵庫は、生活の中心的な家電と言えます。稼働音が気になる場合は毎日の生活に支障をきたしかねません。

原因として多いのは空気圧縮機である「コンプレッサー」、それから庫内の空気を攪拌する「ファン」、庫内温度を検知する「サーモスタット」のそれぞれの不調です。対処法としては冷蔵庫の上や周りに物を置かず、十分なスペースを確保すること。それから「霜取り」をすること。また最近ではお手ごろな価格で販売されている「防振マット」で改善することもあります。

10年以上冷蔵庫を使っているような場合は「寿命の可能性」を疑いましょう。各部品が劣化してきているせいで異音がしてしまっている可能性も考えられます。そのような場合はなかなか解決が難しい上に、また電気代も無駄にかかってしまっている心配もあるので、買い換えを検討しましょう。現在では一人暮らし向けの小型冷蔵庫を中心に、静音性をウリにした商品もあります。

最後に、日頃ストレスが溜まっていると、周囲の物音が異常に気になるようになってしまいます。仕事などでストレスを溜め込んでいないかもよく注意してみてください。