タイヤは買取してくれる?買取相場や高価買取のコツをご紹介!

カテゴリ:

新車に買い換えたらタイヤのサイズが変わり、家に置いてあった予備のタイヤが不要になった。新車に装着されていた純正品のタイヤではなく、自分好みのタイヤにカスタムしたから純正品のタイヤが不要になった。なんて経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?

そんなタイヤは自治体などが引き取ってくれないことがほとんどで、処分の方法に困るアイテムでもあります。そこでおすすめなのが、タイヤを買取業者に買い取ってもらうこと。実は使用済みのタイヤであっても買取してくれるんです。

今回は、タイヤ買取の価格相場やできるだけ高価に買い取ってもらうコツをご紹介します。タイヤの処分に困っている方、タイヤ買取に興味のある方は是非チェックしてみてください。

なんでタイヤ買取の需要はある?


中古のタイヤには需要がないと思われがちですが、実は中古のタイヤを購入したいという人々は多くいます。

一つ目の理由は、価格の安さ。ある程度使用されたタイヤが安いのは当然ですが、新車のカスタムで不要になった純正品のタイヤなど、ほぼ新品のタイヤも中古扱いで安く手に入れることができます。販売業者にもよりますが、ある程度安全性が確保された商品のみを販売しているので、「中古だから危険」というリスクはそこまで考えなくてもよいでしょう。

二つ目の理由は、馴染ませる工程が不要だということ。新品のタイヤは履かせてから馴染ませる必要がありますが、中古のタイヤであればその工程は不要。気になるメーカーのタイヤ走り心地を簡単に確かめることができます。

上記の理由から中古タイヤの需要は増え、現在タイヤ買取の市場はどんどん拡大しています。これまでタイヤの買取を行っていたのは実店舗を構えるカー用品店や買取業者などごくわずか。しかし昨今インターネット上にのみ店舗がある買取専門店などが多く進出してきており、買取価格の競合が行われるようになってきたのです。

つまり、売り手からすると売る場所の選択肢が増えたことにより、より高く売れるようになったということ。タイヤ買取を依頼するなら、今がおすすめです。

タイヤを買取に出すことがおすすめな理由


不要になったものだからただ捨てれば良いのに、買取を依頼する方が面倒……なんて方もいるのではないでしょうか。

実は、タイヤの処分はとても面倒。ほとんどの自治体ではタイヤなどの自動車パーツを燃えるゴミや粗大ゴミなどで処分してくれません。そのため、自分で廃棄しようとすると以下の3つの方法の中から選ぶ必要があります。

・車を購入したお店:無料または1本300円程度
・ガソリンスタンド:1本300円程度

・不要品回収業者:1本700円?

ここで注目しておきたいのが、タイヤを廃棄するにはお金がかかる可能性が高いということ。タイヤの種類にもよりますが、4本捨てると最低でも1,200円かかります。さらにホイールとセットだと脱着量が加算されて1本1,000円以上かかることも。また、不要品回収業者以外の2つの方法の場合はタイヤを店舗まで運ばなければならず、コストと労力がかかります。

買取業者に依頼すれば、業者にもよりますが自宅まで出張買取を行ってくれますし、お金を払うどころか貰うことが可能。コスト・労力どちらの面から見ても、買取業者に依頼する方がお得でおすすめです。

高く売れるメーカーは?タイヤの買取相場


タイヤの買取価格相場は、4,000?15,000円ほど。ただし、商品状態はもちろん、年式や走行距離、メーカーによっても大きく変わります。タイヤの状態によっては値段がつかない可能性もあるという点に留意しておきましょう。

ブリヂストン

世界で最も使用されているタイヤが、日本発祥のブリヂストンのタイヤ。タイヤ市場のシェア率はトップで、約14.7%を誇ります。タイヤの安定性はもちろん、車の駆動力や制動力が伝わりやすいのが特徴で、低燃費性能や静粛性の技術力が高いのもポイント。全ての分野において安定したクオリティの高さを誇っているので、安心して買取してくれるメーカーです。

ミシュラン

ミシュランは、世界のタイヤ市場のシェア率2位のタイヤメーカー。フランスで生まれたメーカーで、かつては世界トップのシェアを誇っていました。摩擦に強いのが最大の特徴で、「ミシュランタイヤは長持ちする」と評判です。さらに、耐久性の高さに加えて走行性能も良いので、欠点がないバランスの取れたタイヤだと評価されています。

住友ゴム(ダンロップ、ファルケン)

ダンロップは世界初の空気入りタイヤを売り出した企業でもあり、タイヤの歴史と共に歩んできた企業と言っても過言ではないほど。低燃費且つ長持ちするタイヤが標準仕様なのが最大の特徴で、消費者が安心して購入できるメーカーです。尚、日本では住友ゴムがダンロップのタイヤを提供しており、ファルケンと併せて2ブランドを販売しています。

グッドイヤー

日本ではあまり聞きなじみがありませんが、アメリカ市場で根強い人気を誇っているのがこちらのタイヤメーカー。耐久性と燃費性能の良さに定評があるため、長距離を運転することが多いドライバーに人気です。耐久性の高いタイヤは硬く作られており、静粛性が欠けることが多いですが、グッドイヤーのタイヤは耐久性と静粛性のどちらも両立しているのが特徴。溝の形を工夫するなどの技術力が光っています。

コンチネンタル

創業から140年以上の歴史があるコンチネンタルは、今ヨーロッパを中心にとても勢いのあるタイヤメーカー。ヨーロッパで販売されている新車の装着率1位を誇ります。天然ゴムの材質でできており、路面へのグリップ力が高いのが特徴。タイヤが地面を掴むような感覚で走行できるため安定性は抜群で、タイヤを横にしたときの抜け感がありません。スピードを出してもその安定性は変わらないので、走りを楽しみたい方にぴったりのタイヤメーカーです。

ピレリ

F1グランプリの公式タイヤとしても名高いピレリは、スーパーカーに装着されていることが多いタイヤメーカーです。F1で培った技術力を還元して作られたタイヤは、路面へのグリップ力があり、制動力があるのでコーナリングも楽々。価格が高めではありますが、走行性能の良さを考えると納得でしょう。

横浜ゴム

横浜ゴムはブリヂストン、住友ゴムと並んで日本三大メーカーと称されています。国内メーカーでは最も早く低燃費タイヤに取り組み、低燃費タイヤの市場を拡大させました。スポーツモデルの評判が高く、晴天時よりも雨天時に走行性能の良さを発揮する珍しいモデルのタイヤがあるほど。安定したクオリティの高さがあるにもかかわらず比較的安価なので、コストパフォーマンスの良さが魅力です。

メーカー別!実際に売れたタイヤの事例を紹介


次に、実際に売れたタイヤの事例をメーカー別に見ていきましょう。ただし、ホイール付きのものとタイヤのみのものがあるので、値段の差が出ています。条件が一律ではないため、ここで紹介した値段の差がメーカーの差というわけではないと留意しておきましょう。

ブリヂストン


【世田谷区にて出張買取】ブリヂストン プレイズ PX タイヤ 4本
買取価格:16,000

こちらは目立つキズ、汚れもなく、使用感の少ないブリヂストンの美品。商品保管状態の良さとホイール付きであることを考慮して、通常より高い4本セットで16,000円での買取となりました。

ミシュラン


MICHELIN ミシュラン スタッドレスタイヤ X-ICE 195 65R15 4本セット
買取価格:4,500

大手タイヤメーカー「ミシュラン」のスタッドレスタイヤ。多少の使用感はあるものの、綺麗な状態でしたので4,500円での買取となりました。

ピレリ


ピレリ スタッドレスタイヤ 175 65R15 ホイール 5.5×15 +454本セット
買取価格:5,500

ピレリのホイール付きタイヤは、商品状態がA。多少の傷や汚れなどの使用感がありましたが、とても綺麗な状態でしたので5,500円での買取となりました。

ヨコハマタイヤ


新車外しヨコハマタイヤ 175 70R14 ホンダ 純正ホイールキャップ
買取価格:10,500

“新車外し”と呼ばれている、1度も使用していないタイヤとホイールを買い取った商品。備品であることに加え、ホンダの純正ホイールキャップもついているため、10,500円での買取となりました。

住友ゴム(ダンロップ)


ダンロップ/EUROMAX タイヤ ホイール 4本セット 16×6.5J 5穴
買取価格:8,000

商品状態がAのこちらの商品は、傷や汚れがとても少ないのが特徴。ホイール付きということと商品状態の良さから8,000円での買取となりました。

タイヤの高価買取のコツ


スタッドレスタイヤは10月・11月頃に売る

本格的な冬の到来を前にスタッドレスタイヤに交換する人が多いため、10月・11月が最も需要がある季節。違うシーズンに買取してもらうよりも高額の査定が望めます。もし春や夏に不要なスタッドレスタイヤを買取に出そうと思っているのならば、10月まで待つのがおすすめです。

インターネット上の買取業者に依頼する

インターネット上のみのお店よりも大手のカー用品チェーン店などの実際に店舗を構えているお店の方が高く買い取ってくれそう、と思う方もいるかもしれませんが、実は間違い。

実際の店舗を構えていると、店舗の地代や従業員の作業代などどうしても運転資金が多くかかります。しかしインターネット上にのみ存在しているお店は店舗の運営資金が低く済むので、その分高価な買取を期待できます。

2本または4本セットで売る

タイヤを購入するお客さんで最も多いのは、4本セットで購入する人。そのため、1本毎に売るよりも、2本か4本セットで売った方が高価格で査定される可能性が高いです。

1本のみ買取した場合、買取業者はタイヤが新品であれば他の同じ新品の商品と一緒に販売ができます。しかし中古だと使用状態がタイヤによって異なり、交換や修理のタイミングがバラバラになってしまう事態を招くとお客さんに敬遠されていまうため、低価格での販売にせざるを得ません。そのため、1本のみの買取だと買取価格も低くなってしまうのです。

ラベルはそのままにしておく

もしタイヤを未使用のまま買取に出そうと考えているのならば、貼られているラベルはそのままにしておきましょう。タイヤは消耗品のため、使用したか否かが買取価格に大きく関わってきます。ラベルは未使用であることを証明する強力なアイテムになるので、ラベルがない場合よりも数千円高く買取してくれることも。未使用のまま売る可能性があるときは、タイヤ購入時にラベルを外さずに保管しておきましょう。

できるだけ早く売る

先程も述べたように、タイヤは消耗品。さらに使用の有無にかかわらずゴムは劣化していくため、製造年からの年数が過ぎるほど買取価格は低くなっていきます。売ると決めたらすぐに買い取ってもらいましょう。

正しい方法で保管して綺麗に保つ

使用年数が同じであっても、保管方法の違いによっては状態に大きく差が出ます。タイヤの場合、状態の差は買取価格の差。そのため、保管前には専用クリーナーで洗浄した後にカバーをかけて車庫などの直射日光が当たらない場所に保管しましょう。

買取前に洗浄して、土やほこりを綺麗に洗い流してから査定をしてもらうのもおすすめの高く売るコツですよ。

タイヤの買取の際の注意点


2本または4本セットで売る

「タイヤの高価買取のコツ」の章でも触れましたが、中古のタイヤを1本のみ購入するお客さんはとても稀。ほとんどの場合2本か4本をセットで購入していくので、買取業者もそのセットで仕入れをすることが多いです。そのため、買取業者によっては「買取は2本ないしは4本セットでのみ承ります」としていることも。

1本から買取を行ってくれるところも増えてきてはいますが、ほとんどの場合が2本か4本セットでの買取なので、セットで無い場合は事前に買取業者に確認するなど、注意しましょう。

状態によっては値段がつかないことも

2万キロ以上走行したタイヤや、スリップサインと呼ばれているタイヤの溝がなくなってしまっているものは買取不可の業者が多いです。なかには溝の深さが6mm以下は買取不可、と決められている業者もあるほど。

さらに、タイヤのゴムは使用の有無にかかわらず年々劣化していくものなので、使用したことがないタイヤであっても「製造年が古い」という理由で買取を断られてしまうこともあります。

まとめ

車を持っている方の多くが経験したことのある、不要になったタイヤの処理。自治体はひきとってくれないことがほとんどなので、お金を払って廃棄先を探す必要があります。しかし、買取に出せばお金がもらえるのでとてもお得!

状態によっては買取不可になることももちろんありますが、傷や汚れ、劣化が少ない備品であれば予想以上の高値がつけられることも珍しくありません。買取査定に出す際には、売る時期や保管方法に気をつけて、できるだけ高価な買取をしてもらえるように工夫してみてください。

いらなくなったタイヤを売って、お得な気分を味わってみてはいかがでしょうか?