古銭の価値は?大判・小判・近代銭などの買取相場や売却方法を解説

古銭の価値は?大判・小判・近代銭などの買取相場や売却方法を解説

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。
※「おいくら」「高く売れるドットコム」は弊社マーケットエンタープライズが運営するサービスです。

古銭と言ってもさまざまで、昔日常的に使用されていたものから、限定製造の記念硬貨など多くあります。

そんな古銭を大掃除や遺品整理などでみつけて、「いくらくらいの価値なんだろう」と思ったこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、さまざまある古銭の価値について解説します。大判・小判や近代銭などの買取相場や高く売るコツなども紹介しているので、ぜひご覧ください。

※買取相場は執筆時点で取得した情報となりますので、実際の買取価格と異なる可能性がございます。

古銭の価値とは?種類別買取相場一覧

古銭といってもさまざまな種類があるため、ものによって買取相場も異なります。どの古銭がどのくらいの金額になるのか、種類別に相場をまとめました。

大判・小判

もっとも高値がつきやすいのが大判・小判です。金や銀など純度が高い貴金属で作られているものが多いため、特に大判は高値で取引されています。

流通時期が古い物や原型をとどめているもの、墨書がわかりやすく真贋がはっきりするものであれば、さらに高い金額がつくかもしれません。

<主な大判・小判の買取相場>

品名買取相場
天正菱大判5,000万円
元禄大判1,500万円
慶長大判1,300万円
天保大判350万円
享保大判150万~500万円
正徳小判100万~250万円
慶長小判100万円
元禄小判150万円

近代銭

近代銭とは、主に明治・大正期に発行された銀貨・銅貨のこと。

特に明治時代に流通した旧20円金貨は、発行年によって差はあるものの、コレクション性が高く、高値で取引されています。

<主な近代銭の買取相場>

品名買取相場
旧20円金貨300万円
旧10円金貨30万円
新20円金貨8万円
新10円金貨3万円
新5円金貨4万円

記念硬貨

記念硬貨とは、国家的行事があったことを記念して発行される特別な貨幣のこと。記念コインや記念貨幣とも呼ばれています。

ヨーロッパでは古代ローマ時代から存在しているほど古い歴史を持っていますが、日本における記念硬貨の歴史は浅く、昭和39年(1964年)の東京オリンピックを記念して製造されたものが初めてです。

さまざまな種類があるため、高い値段がつくものもあれば、値段がつかないものもあります。中には現行銭として額面通りの価値があるものもあり、その場合は買取ではなく、金融機関で換金・両替した方がよいでしょう。

<主な記念硬貨の額面>

品名買取相場
東京2020オリンピック競技
大会記念 千円銀貨
~14,400円
地方自治六十周年記念 
千円銀貨幣プルーフセット 東京
~7,200円
2018年 東京タワー開業60周年
 貨幣セット ブック型
~7,200円
2005年 ドラえもん誕生35周年
 貨幣セット ブック型
~1,520円

丁銀・豆板銀

江戸時代の日本には2種類の貨幣体系が存在しており、ひとつが質と量が一定で、表面に額面を示した定位貨幣、もうひとつは銀の純度が一定で、その重さによって価値が決まる秤量貨幣です。

丁銀(ちょうぎん)と豆板銀(まめいたぎん)は秤量貨幣の一種で、どちらも端数計算の調整に使われたもの。刻印が打たれていますが、両面に刻印があるものがコレクターに人気があります。

<主な丁銀・豆板銀の買取相場>

品名買取相場
慶長丁銀40万~300万円
宝永永字丁銀200万円前後
元禄丁銀40万~60万円
宝永二ツ宝丁銀50万円前後
宝永永字豆板銀20万円前後
慶長豆板銀5万円前後

穴銭

穴銭(あなせん)とは、硬貨の中央に穴が開いている古銭の総称です。

もっとも古いものだと708年に登場した和同開珎(わどうかいちん / わどうかいほう)にまで遡ります。穴銭にはさまざまな素材のものがあるため、買取金額もものによって大きく変わってきます。

また、基本的に流通量が多いので、特に江戸時代以降のものは高値がつきにくい傾向があります。

<主な穴銭の買取相場>

品名買取相場
饒益神宝200万円
乾元大宝40万円
和同開珎30万円
貞観永宝18万円
萬年通宝15万円
延喜通宝9万円
寛永通宝数百円~30万円
長崎貿易銭1,000円前後
天保通宝数百円程度
文久永宝数百円程度

絵銭

絵銭(えせん)は、室町時代から大正時代までの間に広く流通していた古銭。貨幣としてではなく主に祈祷の際の捧げものやおもちゃなどとして使われ、さまざまなデザインのものがあります。

市場価値は他の古銭と比較して高くないものの、浅間銭などコレクターに人気のデザインのものは数万円から数十万円の価値がつく場合があります。

<主な絵銭の買取相場>

品名買取相場
大題目銭15万円
大追銭12万円
農鶴駒9万円
浅間銭8万円
五位堂7万円

古紙幣・旧紙幣

古銭ではありませんが、古いお札もものによっては高値で取引されています。現在発行されていない紙幣は旧札と呼ばれており、旧紙幣と古紙幣の2種類に分けられます。

旧紙幣は新規発行は終わっているものの、額面通りに使用することが可能。銀行で両替できますが、プレミア価値がついているものは買取業者に売却することをおすすめします。

古紙幣は旧紙幣よりも古いもので、お金として使用することはできませんが、価値の高いものが多く、場合によっては数十万~数千万の値段がつくケースも見られます。

<主な旧紙幣・古紙幣の買取相場>

品名買取相場
藩札・軍用手票数百万円
聖徳太子1万円札1万~3万円前後
聖徳太子5,000円札5,000~8,000円
日本武尊1,000円札3万~25万円
伊藤博文1,000円札1,000~8,000円
岩倉具視500円札500~1,000円
裏白200円札(日本銀行兌換券200円)100万~200万円
明治通宝100円札数百万円以上
藤原鎌足・裏紫100円札(甲号兌換銀行券)10万~100万円
新国立銀行券100万円前後
古銭買取ならバイセル

古銭買取おすすめ業者4選

古銭を少しでも高い金額で売りたいと思っているなら、業者選びが重要なポイント。

古銭の価値をしっかり見極めてくれる、経験豊富な業者を選ぶことが欠かせません。ここでは、古銭の買取に定評がある買取業者をご紹介します。

おいくら

おいくら おいくら

出典:おいくら公式サイト

古銭の買取金額は、真贋を見抜き価値を正しく判断できる業者かどうか、そしてしっかりとした販売ルートがあるかどうかで大きく変わります。

どうせなら古銭の買取実績が豊富で、高額で取引してくれる業者を選びたいところですが、一社一社調べて見積もりを出してもらうとなると時間も手間もかかります。

そんなときに役立つのが、東証プライム上場企業の弊社マーケットエンタープライズが運営する「おいくら」の一括査定サービスです。

おいくらには、リサイクルショップ・質屋など1,000店以上が加盟しており、その中には古銭の買取を得意としている業者も多数あります。必要な情報を一度入力するだけで、複数の業者に一括で見積もり依頼をすることが可能。

純金の記念メダルが40万円、明治4年の旧10円金貨が25万円、天皇陛下御在位60年記念硬貨が16万円などの買取実績があります。

全国どこからでも無料で利用できるため、古銭の売却に困った時にはぜひ利用してみてください。

おいくらで
無料一括査定する

高く売れるドットコム

高く売れるドットコム 高く売れるドットコム

出典:高く売れるドットコム公式サイト

高く売れるドットコム」は、東証プライム上場企業の弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービスで、買取品目は業界最大級となる10万種類以上に及びます。

古銭の知識が豊富なバイヤーが、一点一点丁寧に鑑定。価値をしっかり見極め、適正な価格を提案します。売却方法は、店頭買取・宅配買取・出張買取の3種類があり、査定料や配送料、出張料など全て無料。

まずは査定額だけでも知りたいという方に向けて、電話とウェブで相場がすぐにわかる事前査定も受けつけています。

高く売れるドットコムで
無料査定する

福ちゃん

福ちゃん福ちゃん

出典:福ちゃん公式サイト

古銭や記念硬貨、外国の金貨・銀貨なども積極的に買取を行っている総合買取サービス「福ちゃん」。出張買取・宅配買取・店頭買取から都合にあった方法が選択できます。

買取実績は、明治30年の新20年金貨(財務省ケース箱付)が17万円、和同開珎(日本貨幣商協同組合の鑑定書付)が10万円、新国立銀行券の水兵1円札が8万円など。詳細が不明な古銭でも、専門スタッフが1点1点丁寧に査定してくれます。

また、女性の査定士が多く在籍している点も福ちゃんの特長。女性査定士が対応するレディースプランというサービスも女性客限定で利用できるので、男性の査定士に抵抗がある方も安心です。

訪問料、査定料、プラン利用料、女性査定士指名料、キャンセル料といった手数料は、すべて無料で利用できます。

福ちゃんで
無料査定する

バイセル

バイセルバイセル

出典:バイセル公式サイト

着物や切手、ブランド品、楽器、家電製品など多種多様な品目の買取を行っている「バイセル」。

古銭に精通したスタッフも在籍しており、小判などを含む古銭複数点あわせて約200万円、沖縄海洋博記念メダルセットを含む古銭数点で約100万円、天天保通貨や一朱銀などの種類多数で約31万円、国連加盟50周年記念銀貨を含む古銭数点で28万円などの買取実績があります。

年代不明のものや汚れ・くすみがあるもの、ケースを紛失したものなどでも査定対象に。他社で希望の値段がつかなかったり、買取を断られたりした古銭も、一度相談してみてもよいかもしれません。

買取方法は、店頭・宅配・出張の3種類を展開しています。

バイセルで
無料査定する

古銭を売る時の注意点

ここでは古銭を売る時の注意点をご紹介。次の6つのポイントをチェックしておくことで、スムーズな取引を進めることができたり、相場より高い金額で買い取ってもらったりすることができます。

偽造品に注意

古銭の中には、偽造品や贋作が紛れ込んでいることがあります。自分が持っている古銭が本物なのかどうか、以下の3つのポイントからある程度判断することができます。

  • 磁石にくっつくかどうか
  • 重さ
  • デザイン

大判・小判など、純金や純銀でできている古銭は、本来磁石にくっつきません。しかし、金メッキなど他の金属で作られている偽造品や贋作は磁石にくっつきます。

ただし、本物でも古いものは不純物がまざっていてそれらが磁石と反応していることもあるため、一概に言えないところもあります。

重さも真偽を確かめる方法のひとつ。例えば、1円銀貨は約26.96gと決まっているため、それ以上に重いものや軽いものは、本物ではない可能性があります。

また、偽造品や贋作の場合はデザインも微妙に異なっている場合があるので、正しいデザインのものと見比べて確認してみましょう。

刻印がキレイに見えるか

古銭がいつ鋳造されたのか、どのくらい出回っていたのかなどを判断できる刻印は、明瞭であるほど価値を保証できるので、買取市場では重宝されています。

大判・小判などは墨書きで書かれているものもあり、こちらもキレイに見えた状態のものであれば、高額での取引が期待されます。

専門の鑑定士に依頼する

古銭は種類が豊富で、単に古ければ古いほど価値が高くなるというものではありません。ものによって査定方法も異なり、コレクターの需要がどれくらいあるのかも、査定の重要なポイントになります。

そのため、古銭を売りたいときは専門知識を持った査定士が見てくれる買取業者への依頼がおすすめです。

ケースや鑑定書があれば一緒に出す

ケースや鑑定書といった付属品がある場合は、それらも一緒に査定依頼に出すようにしましょう。

その古銭の価値を保証してくれる材料になるため、場合によっては相場より高い金額で買い取ってもらえる可能性があります。

売るタイミング

古銭の価値は、金や銀、プラチナなどの含有率でも大きく変わります。これら貴金属の買取相場は日々変動するため、高額な時期に売るとよいでしょう。

一方で、売りたいと思っているなら、なるべく早めに売ってしまうのがおすすめ。

主な理由は2つあり、1つは年々古銭のコレクターが減っていて市場価値が下がってきていること、もう1つは、どうしても経年による劣化は免れないため、少しでもキレイな状態で売った方が高値で買い取ってもらいやすくなるためです。

汚れは落とさない

通常、不用品を買取に出す場合は、少しでもキレイな状態で出した方がよいとされていますが、古銭に関しては汚れていても軽くほこりを払い落す程度でOK。

もちろん状態がよいのに越したことはありませんが、汚れを落とそうとして下手に磨いてしまうと、逆に古銭を傷つけてしまい、価値を下げてしまう可能性があります。

エラーコインであれば現行貨幣も買取対象に

製造過程で何らかの不具合が発生し、不良品になってしまった貨幣のことをエラーコインと呼びます。通常は製造過程で弾かれますが、まれに何らかの理由で市場に出回ってしまうことがあります。

近年は技術の進歩でエラーコインの数が少なくなってきているようなので、希少価値はますます上昇傾向に。現行貨幣でも買取対象になっており、中には額面以上の価値がつく場合もあります。

<高額で取引されやすいエラーコイン例>」

  • 角度ずれ(表裏の模様の角度がずれているもの)
  • 刻印ずれ(模様がずれているもの)
  • 影打ちエラー(両面が同じ模様になっているもの)
  • 裏写りエラー(表裏の模様が重なっているもの)
  • 穴ずれ(通常より穴の位置がずれているもの)
  • 穴なし(通常穴が開いている場所に穴が開いていないもの)

買取業者への売り方

古銭を買取業者に売る方法は、主に出張買取・店頭買取・宅配買取の3種類があります。それぞれの特長と査定の流れをご紹介するので、自分にあった方法を選んでみてください。

出張買取

出張買取は、業者が直接自宅を訪問し、その場で査定してくれる方法です。

<出張買取の流れ>

  1. 出張買取を申し込む
  2. 査定の日時を決定
  3. 査定日当日に業者が自宅を訪問
  4. その場で査定
  5. 査定額に納得がいけばその場で現金受け取り
  6. 品物はそのまま業者が持ち帰る

買取業者が直接自宅に来てくれるので、わざわざ店舗に持っていく必要がないところがメリット。

古銭だけでなく他にも売りたいものがたくさんある方や、自分では持ち出すのが大変な大型の品物を売りたいときにもおすすめの方法です。

店頭買取

店頭買取は、売りたい品物を自身で直接店舗に持っていく方法。持込買取とも呼ばれています。

<持込買取の流れ>

  1. 店舗に持って行く(一部予約が必要な店舗あり)
  2. その場で品物を査定
  3. 査定額に納得がいけばその場で現金化

予約不要で対応してくれている店舗も多く、自分の都合にあわせて持っていくことが可能。店頭には中古で買い取られた品物がたくさんディスプレイされているので、あわせて買い物も楽しむことができます。

ただし、万が一金額に納得がいかなかったり値段がつかなかったりして取引が成立しなかった場合、品物は持ち帰らなくてはならないのでご注意を。

宅配買取

宅配買取は、売りたい古銭を自身で梱包し、業者に送って査定してもらう方法です。

<宅配買取の流れ>

  1. 宅配買取を申し込む(事前申し込み不要で送れる業者もあり)
  2. 宅配キットを用意する(業者によっては取り寄せ可能)
  3. 梱包
  4. 荷物を発送
  5. 査定
  6. 査定金額を電話かメールで連絡
  7. 金額に納得したら振込などで入金

忙しくて出張買取や店頭買取だと都合がつきにくいという方におすすめ。業者によっては、無料キットをプレゼントしてくれるところもあります。

買取業者の選び方

自分にあった業者が選べていないと、納得いく金額にならなかったり、逆に手間やコストがかかってしまったりすることがあります。

業者選びに失敗しないためのポイントを4つご紹介するので、参考にしてみてください。

古銭が買取対象になっているか

多種多様な品物の買取を行っている業者でも、古銭は買取対象外になっているケースも一部見られます。

例えば宅配買取の場合だと、対象外の商品を送ってしまうと別途返送料が自己負担になってしまうことが多いため、事前に確認しておくようにしましょう。

古銭専門の査定士がいるか

古銭の査定は、豊富な知識とその時々の市場価値を掛けあわせて金額を決めていきます。そのため、十分な知識や経験がない業者に依頼してしまうと、価値を見逃し、相場より安い金額を提示されてしまう可能性も。

不本意な取引にならないためにも、古銭鑑定の資格を持つスタッフが在籍している業者を選ぶことをおすすめします。

希望の買取方法に対応しているか

出張・店頭・宅配のすべての買取に対応している業者がある一方、あえて買取方法を限定することでコストを抑え、高額買取につなげている業者もいます。

キャンペーンなどを実施して特定の買取方法を強化していることもあるので、上手く活用してみましょう。

金額支払いのタイミング

出張買取や店頭買取は、査定してもらったらその場ですぐに現金払いしてもらえますが、宅配買取の場合は、振込までに数日~数週間かかります。

そのため、急いで現金化したい方は、出張買取や店頭買取を選ぶとよいでしょう。

古銭を売るなら買取業者とネットオークションどちらがいい?

古銭は買取以外にネットオークションで売る方法もあります。場合によっては買取業者に売るよりも高い金額で売れるケースもありますが、一方で負担やリスクも多め。

撮影や出品、発送などの作業が発生する上、値下げ交渉をされることも。さらに、古銭は偽造品や贋作も多いため、専門知識を持っていないと真贋を正確に見極めることができず、誤って偽物を売ってしまいトラブルに発展する恐れもあります。

また、古銭はお金であるため、配送の際、郵便法などの法律に抵触する可能性も。

しっかりとした専門知識を持った方はネットオークションは手軽に利用できますが、そうでない方はなるべく専門の買取業者に依頼した方が安心です。

買取に出すならまずは無料査定を

今回は古銭の買取におすすめの業者や業者の選び方、価格相場などをご紹介しました。古銭の買取業者は多数ありますが、実績が多くて鑑定士の質がよい業者を選ぶことが大切です。

一見古くて価値がなさそうに見えても、専門家の目を通すことで隠れていた価値が見つかるかもしれません。

ぜひこの記事の内容を参考にして、貴重な古銭を納得のいく形で取引し、次の買い手につなげていきましょう。

お得な情報を配信中!
友だち追加
マーケットエンタープライズフィールドセールス
おいくらマガジン編集部

不用品の買取や処分、捨て方に関する情報を発信します!