パーツ毎の掃除方法を詳しく紹介!コンロの掃除は重曹が有効です

カテゴリ:

キッチンのコンロには、ガンコな焦げ付きやベタベタした油汚れなど、掃除のやる気をそぐ汚れが多く、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回はコンロに付く汚れの種類や、コンロの掃除手順についてまとめました。

コンロの掃除の仕方がわからない方、少しでも手間を抑えたい方は、ぜひ最後まで見て試してみてください。

コンロの汚れの種類は?

まずはじめに、コンロ汚れの種類について一つずつ紹介していきます。

焦げ付き

調理中の食品の拭きこぼれが原因で、油などがコンロの熱によって炭化したものになります。

焦げ付いたものを長時間放置しておくと、こびりついてしまい、なかなか落とすことができません。

この場合は洗剤を浸み込ませたり、へらなどを使ってこそげ落とすなど少々工夫が必要です。

こびりついてしまうとなかなか落とせなくなるので、できるだけ早く掃除をして汚れを放置しないことが大切になります。

食品汚れ

食品や調味料などの煮汁がこぼれたときの汚れになります。

付着して時間が経っていないものであれば、水拭きで綺麗に出来るため、ガンコな汚れになる前に掃除するのが大切。

食品汚れは水分を含んでいるものも多いので時間が経つと酸化が進んで器具の変質、変色、さらにはサビにもなります。

コンロの劣化を早めてしまう原因になるので注意が必要です。

油汚れ

油汚れは調理のときに飛び散ったものだけでなく、油煙も含みます。油汚れは都度水拭きをすれば、手間なく落とすことができます。

しかし、放置しておくとこびりついてガンコな汚れになるので、なるべく放置しないようにするのが重要です。

コンロの汚れには重曹がおすすめ

コンロの汚れが溜まってしまい悩んでいる方は「重曹」がおすすめです。

重曹は肉を柔らかくしたり、アク抜きを簡単にしてくれたり、調理の手助けアイテムとして使っていた方も多いでしょう。

しかし、近年では合成洗剤を使わないため、安全に掃除が出来るということで重曹は掃除にも使われるようになってきました。

スーパーや100均など手軽に購入ができ、人や環境に優しいため、掃除のアイテムとして非常におすすめです。

重曹で何故汚れが落ちるのか

重曹は別名「炭酸水素ナトリウム」といって昔から食品添加物や医療用として使われていました。

重曹は水に溶かすと「弱アルカリ性」の成分が出て油汚れなど「酸性」の汚れを落とすことができます。

また、熱湯をかけたりすると二酸化炭素の泡が発生。その泡の力でガンコな汚れを落とすことができるのです。

くらしのマーケット

家を綺麗にするなら町のプロに頼めるくらしのマーケットがおすすめです。ハウスクリーニングや不用品回収といったサービスを口コミや料金、人の顔を見て選ぶことができます。

プロの業者と直接やりとりをして相談可能!まずはどんなサービスがあるかちチェックしてみましょう。

くらしのマーケット公式サイト

コンロ掃除の注意点

重曹がコンロの掃除をする上で役に立つアイテムだということがわかり、掃除の準備を始めようと思う方もいるでしょう。

しかし、コンロには天板などの付属品があるので、掃除をする際は取扱説明書を確認し、注意事項を守るようにしましょう。

特に以下の3つに関しては、どのコンロにも当てはまるので覚えておきましょう。

  • 機器が冷え切っていることを確認する
  • 熱い五徳を触ると火傷してしまいます

  • 必ず元栓を締める
  • 掃除中に誤って点火してしまうと髪などに燃え移る危険があります

  • 掃除後はしっかりと乾かす
  • 濡れたままパーツを戻すと掃除後に火がつかなくなることも。分解したパーツはしっかり乾燥させてセットしましょう。

コンロの掃除手順について

コンロ掃除の注意点に関して紹介をしました。それではいよいよコンロの掃除の手順について紹介します。

ここではパーツ毎の掃除方法についてお伝えしていきますので、ぜひ試してみてください。

コンロ掃除に必要な道具

まずコンロ掃除に必要な道具についてご紹介します。

・重曹
・古布
・キッチンペーパー
・使い捨て手袋
・スプレーボトル
・スクレーパー(不要なカードでも代用可能)
・アルミホイル
・歯ブラシ

重曹は、先に水と合わせて重曹水を作っておくようにしましょう。割合は水100mlに対して小さじ1杯です。

重曹水が出来たら、スプレーボトルに入れておきます。

コンロの掃除① 五徳

五徳とは、フライパンなどの調理器具を置く台のことです。

素材はほとんど「ホーロー」と呼ばれるものになりますが、最近ではステンレスの五徳も増えてきました。

ここではホーロー製の五徳の掃除方法について紹介します。

尚、ホーローは金属がガラス質で覆われているため、雑に扱ってしまうと表面のガラス質が剥がれたりひび割れすることも。

そうなると、中の金属が錆びてしまうこともありますので、注意して掃除するようにしましょう。

五徳の掃除方法ですが軽い汚れには、あらかじめ作っておいた重曹水スプレーを吹きかけて、古布かスポンジで軽くこするだけ。

後は水で洗い流し、乾燥させれば完了です。

もし、ひどい汚れで拭き取るだけでは取れない場合は、重曹のつけおきがおすすめです。

重曹水に長時間つけ置きしておくことで、汚れを緩ませたり、剥がす助けをしてくれたりするので、こびりついた汚れを簡単に落とすことができます。

つけ置きの方法は、温度45℃のお湯を張って重曹を入れて溶かします。そこに五徳を入れ、30分以上放置してください。

汚れが緩んだり剥がれてきたら、五徳を取り出し、素材が傷つかないようにスクレーパーなどで汚れを削り落としましょう。

汚れを削り落としたら、水洗いをして乾燥させれば完了です。

コンロの掃除② バーナーキャップ

バーナーキャップは、五徳を外さないと細かい掃除ができないため、日常的な手入れではなかなか手が回らない場所になります。

バーナーキャップの汚れを放置しておくと、目詰まりを起こし、点火不良や不完全燃焼の原因に。そのため、こまめな掃除が必要です。

まずはじめに、歯ブラシを使ってバーナーキャップの裏面の目詰まりを掃除します。細かい溝があるので、歯ブラシを前後に動かしてください。

次に、あらかじめ作っておいた重曹水を古布に吹きかけ、バーナーキャップの表面を拭き取ってください。

その後、水で洗い流して乾燥させ、元の場所に戻して完了です。

コンロの掃除③ 天板(トッププレート)

天板は、食品汚れや油汚れが多い本体部分になります。素材はガラス・フッ素加工・ホーローなどがあり、天板をベースに五徳の素材も決まります。

そのため、五徳同様に素材によって掃除の仕方が異なるので、必ず取扱説明書を読んで確認するようにしましょう。

特にホーロー製などコーティングされているものは傷をつけないように気を付けましょう。

天板の掃除方法ですが、軽い焦げなら「重曹」と「アルミホイル」を使えば簡単に汚れが落ちます。

やり方は、汚れのある箇所に重曹をまいて、少し濡らして丸めたアルミホイルを重曹の上でやさしくこするだけです。

尚、わざわざ新しいアルミホイルを出さなくても使用後のものでも問題ありません。

ゴミになってしまうものを活用できるため、ついで掃除がはかどるのではないでしょうか。

汚れが落ちたら、残った重曹を拭き取れば完了です。

汚れがひどくこびりついてしまった場合はスクレーパーを使った削り取りがおすすめです。

やり方は簡単で、45℃程度のお湯をキッチンペーパーに含ませて、汚れの上に置きます。

5分ほどすると汚れが緩むので、スクレーパーを使い汚れを削り取れば完了です。

天板を掃除するときは直接洗剤をスプレーするのは避けてください。

機械の内部に洗剤が入り込んでしまい、作動不良を起こし、安全性を損なう可能性があるからです。

コンロの掃除④ 排気口・カバー

排気口や排気カバーは、コンロの奥に設置されているため、日常のお手入れでは見逃しがちではないでしょうか。

排気口は汚れが見えにくいですが、料理をするたびに油で汚れてしまうので、定期的に掃除をしないと汚れが落ちにくくなってしまいます。

排気口・カバーの掃除の仕方ですが、まずはじめにカバーを取り外して重曹水スプレーを吹きかけ、柔らかいスポンジや古布で丁寧に洗いましょう。

汚れがひどい場合は五徳と同じようにつけ置きがおすすめです。

排気口は重曹水を含ませたキッチンペーパーで汚れを拭き取っていきます。細かい部分は歯ブラシを使って磨いていきましょう。

尚、排気口の中には食べ物のカスが溜まっていることも多いので、一緒に取り除くのがおすすめ。最後に水気を拭き取り、カバーも乾燥させれば完了です。

コンロの汚れは日頃の手入れが大事

コンロの掃除の仕方についてお伝えをしました。

もし、少しでもコンロの掃除に手間をかけたくないのであれば日頃の手入れが大事になってきます。

拭きこぼれや油の飛び散りは汚れた直後であればサッと拭くだけで落とすことができます。

また、五徳も汚れていると感じた場合は、すぐに外して柔らかいスポンジとお湯を使って軽く洗えば、比較的簡単に汚れが落ちます。

ガンコな汚れになって掃除の手間をかけるより、汚れたらその都度拭く、または調理が終わった後に一度拭き掃除をすれば、そこまで手間はかかりません。

もし、忙しい毎日、小まめに手入れをする時間がない方は、汚れがひどくなる前に食洗器で洗う方法もありますので、試してみてください。

まとめ

コンロの掃除についてパーツ毎に紹介しましたが、いかがでしたか?

掃除道具も専門的なものは必要なく手軽に用意できるものばかり。もし、汚れが気になる方は今回紹介した方法をぜひ試してみてください。

また、掃除後にコンロの掃除に手間をかけたくないのであれば、その都度軽い拭き掃除などをするのがおすすめ。

もし時間がない方は汚れる前に食洗器を使って洗う習慣をつけてみましょう。

この記事を読んで、コンロ掃除の悩みを解消できれば幸いです。

おいくらで不用品を高く売りませんか?

リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。

今すぐ一括査定で買取価格を調べる

今すぐ一括査定で買取価格を調べる