床に傷がついてしまったらどうする?自分で補修できる方法

カテゴリ:
souji039_eyecatch

子どもが玩具を走らせる、家具を引きずるなど、床を傷つけてしまった人も多いでしょう。その度に「簡単に張り替えできないのにどうしよう」と考えると思います。今回、この記事では傷ついた床を自分で補修する方法を紹介!また、補修する時のおすすめアイテムを3つまとめましたので是非最後まで読んでみてください。

くらしのマーケット

床に傷がついてしまった

物を床に落としてしまった、家具を引きずってしまった。様々な理由で床に傷をつけてしまうこともあると思います。

そんな時に床の張り替えを考える方もいるかもしれませんが、意外とお金がかかるもの。ひどい傷の場合は張り替えも検討しなければなりませんが、ちょっとした傷であれば自分で修復することが出来ますので、放置しないで補修してみてください。

床の傷は自分で直せる?

フローリングを自分で補修すると聞くと「自分に出来るのかな?」と悩む方もいるでしょう。実はホームセンターなどに行けば、フローリングの傷を埋める「補修キット」というものが売られています。

業者に依頼するとなれば痛い出費となりますが、自分で補修できるとなれば、大きな出費にはなりません。また、画鋲など家にあるもので簡単に補修することもできます。決して難しい作業ではありませんので、床に傷が出来てしまった時は、放置したりいきなり業者を呼ぶのではなく、まず自分でチャレンジしてみるのもいいでしょう。

自分で床を補修する方法を紹介

先ほど、自分で床を補修できるとお伝えしました。ここでは家にあるものを使って、素人でも傷を目立たなくさせる補修作業の方法について紹介していきます。

ハンドクリームを使う方法

表面の薄いひっかき傷程度であれば、ハンドクリームを使えばすぐに補修することができます。かすれる程度のひっかき傷が出来る理由としては「ワックスが剥がれている」だけです。その為、ハンドクリームを乾いた布につけて、傷になでるように優しく塗りこんでいけば目立たなくなります。

画鋲を使う方法

「画鋲でどうやって床を補修できるのか?」と疑問に思う方もいるでしょう。

フローリングの素材は木です。木は水を吸う事で体積が増えて全体が膨らむ特性を持っています。その為、小さな綿傷程度なら、この特性を活かして床を補修することが可能です。

やり方は傷がついている箇所に画鋲で小さい穴を複数あけていきます。そこに少量の水を流し込むだけ。穴をあけた部分から水を吸い込みフローリングの木が膨らんでいきます。フローリングが膨張することで傷を隠すことが可能です。また床が凹んだ時の補修も使える方法になります。

アイロンのスチームを使う方法

画鋲を使っても傷が補修できない場合は、アイロンのスチームを使って温めてみましょう。やり方は、画鋲で穴を空けて水を垂らします。その後に、布やタオルを敷いてアイロンを押し当てます。尚、ポイントとしては布やタオルもしっかりと濡らしておくことです。

アイロンの当て方は「5秒当てて、5秒離す」だけ。それを2~3回行うことで木が温められて傷を塞いでくれます。アイロンを持っていない家庭は少ないでしょうし、誰でも手軽に出来る方法です。

ただし、この方法が出来るのは無垢材を使ったフローリングのみ。フローリングの表面がコーティングされている場合は、熱を加えることでコーティングが浮き上がってしまう可能性があります。浮き上がってしまった部分は白く変色してしまい、傷よりも目立つこともありますのであるのでコーティングしている場合はこの方法は辞めた方がいいでしょう。

床の補修用アイテムを活用する

家にあるものでは傷が補修できないと思ったのであれば、床の補修用アイテムを活用するのもおすすめです。ホームセンターに補修用キットがありますし、インターネットで検索をすればフローリングの補修材はたくさん売っています。

補修アイテムはクレヨンみたいな物で隠すもの、こするだけ軽い傷が消えるシートなど。その中から、自分に合うものや傷の具合を確かめて購入するようにしましょう。

床の傷補修におすすめのアイテム3選

先ほど、床の補修用アイテムを活用して、傷を補修するとお伝えしました。ただ、どれを買えばいいかわからないという方も多いでしょう。次は、床の傷補修におすすめのアイテムを3つ紹介していきます。

傷なおしま専科

こちらの商品は瞬間硬化型のスティックを使用。電熱コテを使い、傷にスティックを埋めて補修するタイプになります。クレヨンタイプよりも耐久性・耐熱性に優れているのが特徴です。

やり方は近い色のスティックを選んで電熱コテを使って傷口に埋めていきます。もし1色で合わない場合は複数の色を混ぜ合わせましょう。傷口を埋めた後は耐熱保護剤を塗りこみ、コテで平らにすれば完成です。

傷消しシート

軽い傷であれば、こちらの商品がおすすめ。気になる部分にこするだけで傷を目立たなくさせます。

こするだけで傷が目立たなくなる理由としては、このシートにワックス膜がついているからです。どれだけ気を付けたとしても細かい傷はついてしまうもの。傷けしシートがあれば、手軽に隠せるので、気になる方は購入を検討してみましょう。

傷消しねんど

傷消しねんどは傷口に塗り込んで、付属のプレートで整えて乾燥させるだけで傷を隠すことができるアイテムになります。こちらのアイテムは先ほど紹介したものよりも深い傷も補修することが可能です。

また、作業用に手袋もついていますので、手が汚れる心配もありません。床の補修に何を買おうか悩んでいる方は、まずはこれを試してみてはいかがでしょうか。

くらしのマーケット

補修後は床を守れるアイテムを活用しよう

今回紹介したアイテムはどれも入手しやすく便利です。しかし、綺麗にしても再び傷がつく可能性もあります。その度に補修をするのは手間なので、補修後は床を守る為にマットを敷いたりするなど工夫しましょう。

床を守るマットでおすすめなのは、株式会社ウッドワンが販売している「ぴたゆか」です。こちらは無垢材を使用した敷ける床材で、家具の下、子どものおもちゃが置いてあるところなど、傷つきやすい場所に厳選して敷くことができます。また、簡単に畳むことができるので、お客さんが来た時だけに使用するなどもおすすめです。

マンションの床を補修する際の注意点

床を補修する時、自分の持ち家であれば何の問題もありませんが、賃貸マンションなどの物件で行う際は注意が必要です。あくまでも自分で行う補修は「応急処置」みたいなもの。その為、退去時にフローリングの補修代が安くなるということはありません。

どれだけ綺麗にしても、素人とプロではその仕上がりは全然違います。その為、補修したからといってクリーニング代が浮くという考えは辞めておきましょう。

まとめ

床の傷について紹介しましたがいかがでしたか。簡単な傷や凹みであれば、家にあるもので実は補修することができるのがわかったと思います。また、ホームセンターやインターネットで簡単に補修キットを購入することもできます。

もし、張り替えはお金がかかるからしたくないけど、傷を隠したい場合は今回紹介した方法やアイテムを活用してみてください。ただし、あくまでも「応急処置」みたいなものですので、賃貸住宅に住んでいる人は傷を隠したからといって退去時にお金が安くなるわけではないので注意しましょう。

おいくらで不用品を高く売りませんか?
リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。もちらん、電話で直接問い合わせることも可能です。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。まずは、どんなお店があるのか近くのリサイクルショップを探してみてはいかがでしょうか?

近くのリサイクルショップを探す

近くのリサイクルショップを探す