ニトリのベッドの処分に困ったらどうする?買取業者に引き取ってもらうことはできる?

カテゴリ:

引っ越し、買い替えでニトリのベッドを処分しようと思ったけど、ゴミとして処分するにもお金がかかる・・・しかも処分の方法がとても面倒・・・

ニトリのベッドの処分で、そのような悩みをお持ちではありませんか?

できることなら、処分の際にかかる費用は1円でも浮かせたいですよね。ニトリのベッドを他の家具や家電のように、買取業者に買い取ってもらうことは可能なのでしょうか?

今回は、ニトリのベッドの処分方法として、買取業者を活用できるか否か、その際にどのような点に注意すべきかについて紹介します。今回のコラムを参考にしていただければ、お得にニトリのベッドを処分していただけると思います。

ニトリのベッドの買取は基本的には難しい


残念ながら、ニトリのベッドは買取されにくい、といわれています。なぜ、ニトリのベッドが買取されにくいかという理由は、以下の4点が挙げられます。

元々の販売価格が格安であること

ニトリのベッドは元々格安で販売されているため、新品でも安く購入できます。そのため、高級ブランドのベッドメーカーなどと比較して中古品のニーズがどうしても弱くなってしまいます。

組み立て品であること

ニトリのベッドは組み立て品なので、素人が組み立てたものということになります。そのため、家具職人が作成したベッドと比較するとどうしても安全面で不安が生じてしまいます。トラブルが発生した場合には責任問題になる可能性もあるため、業者が買取を断る傾向がみられます。

寿命が短い場合もある

マットレスの寿命には「1万円=1年」という目安があります。もちろん、目安にすぎませんし、日ごろの手入れや使い方によって寿命は変動しますが、高級品であるほど長持ちする傾向にあります。

ニトリの商品は「品質を落とさず価格を下げる」企業努力がされていますが、低価格で販売されているニトリのベッドは寿命が短いものもあります。

ベッド自体の中古の市場が少ない

一般的に、他人が使用したベッドに対して抵抗を感じる方は少なくありません。また、販売店の立場で考えてもベッドの在庫を持つとお店の広大なスペースを占拠してしまいます。こうした事情から、そもそもベッドの中古市場そのものがあまり活発ではありません。

ニトリのベッド=買取不可能というわけではない


以上の理由からニトリのベッドは買取してもらいにくいのは確かです。しかし、ニトリのベッドだからといって絶対に買取不可というわけではありません。

ニトリのベッドの買取可否ポイントは以下の3点が挙げられます。

過去にニトリのベッドを買取している業者か否か?

業者の中には、「ニトリのベッドは買取対象外です」と明記している業者もありますが、過去にニトリのベッドの買取実績がある業者では、条件が同じなら買い取ってもらえる可能性があります。

買取業者は非常にたくさんありますが、買取実績のある業者から探していくと業者選びの手間もだいぶ軽減できます。

新品価格が比較的高価なもののほうが買取の可能性が高い

ニトリのベッドにもさまざまなラインナップがあります。廉価のベッドですとやはり買取の可能性は低くなってしまいますが、価格が高めのベッドの場合は買取をしてもらえる可能性が高くなります。

ベッドの状態が良好であること

ベッドの見た目(シミやキズ、破損の有無など)、使用年数など状態の良い物であれば買い取りしてもらえる可能性が高くなります。

これらの状況を踏まえて、買取の査定依頼をしましょう。

買取を依頼する場合、買取が成功する可能性が高いのは、リサイクルショップの店頭よりもインターネットの販売店です。インターネットの中古買取店は、インターネットでの全国販売を行っているので、店頭で販売をしているリサイクルショップよりも商品を買い取ってもらえる可能性が高いです。また、その場合の価格もリサイクルショップより良い値段がつく傾向があります。

ニトリのベッドの買取相場を実際の買取実績をもとに紹介!


では、ニトリのベッドの買取相場について紹介します。

ニトリダブルベッド


買取価格:¥3,000
なかなか「売れない」といわれるニトリのベッドですが、3,000円での買取価格になりました。シミ汚れなどのない、非常にきれいなベッドである点と、新品価格が比較的高額であることから高値がつきました。
ニトリのベッドの買取実績の詳細はこちら

ダブルベッド


買取価格:¥500
こちらもニトリのダブルベッドですが、若干の使用感があることから500円での買取です。中古のベッドは使用感があると敬遠されてしまい、買取が不可になってしまったり価格が大きく下がってしまったりする傾向があります。
ニトリのベッドの買取実績の詳細はこちら

買取が不可の場合はどのように処分できる?かかる費用はどのくらい?


ニトリのベッドが「買取不可」とされてしまった場合、どのような処分方法があるでしょうか?

自治体の指示に従って粗大ごみとして出す

ベッドは1つの辺の長さが30cmを超えるので粗大ごみとして扱われます。 粗大ごみは、自治体の指示に従って廃棄しなければなりません。詳細は、お住いの市町村(区)のホームページなどで確認してください。

また、ごみを出す際には有料の「粗大ごみ処理券」が必要です。料金は自治体やベッドの種類によって異なりますが、おおむね1,000〜3,000円程度です。

例えば、東京都新宿区のゴミ処分手数料は以下の通りです。

・シングルベッド(マットを除く)  1,200円

・ダブルベッド(マットを除く)   2,000円

・ベッドマット           1,200円

・電動リクライニングベッド     2,000円

・二段ベッド            2,000円

・ウォーターベッド、エアベッド   400円

※ウォーターベッド、エアベッドは空気や水を抜いて、畳んで廃棄する

他の市町村でも同様に、処分する商品ごとに細かく費用が設定されています。 費用が掛かるだけでなく、ベッドを指定のごみ収集場所まで搬出しなければならないため手間もかかってしまいます。

ベッド購入店に回収してもらう

ベッドの販売店が古いベッドの回収サービスを行っている場合があります。そのようなサービスが利用できる場合は、ベッドの設置の際に処分したいベッドを回収してもらえるのでとても手軽です。サービスの内容は業者ごとに異なるため、サービスの有無・内容をチェックしましょう。

ニトリで新たにベッドを購入する場合には、ニトリの引き取りサービスが利用できます。新たに購入するベッドと同じ数量・同じ容量分だけ、3,000円で回収を依頼できます。ただ、回収場所とベッドの設置場所が同じ住所でなければならない、という条件があります。

粗大ごみ回収業者に依頼する

粗大ごみの回収業者に回収を依頼すれば、部屋の中までベッドを回収に来てくれるので非常に手軽です。ただし、一定の料金はかかります。高額な料金を請求する悪質な業者も存在するため業者の見極めが重要です。料金体系が明瞭で、急な追加料金が発生しないことが重要です。

アイテムごとに課金される料金体系とトラックを1台貸し切りにする料金体系があります。
家具や家電など大量に粗大ごみが発生する場合には、1台貸し切りにしたほうが費用を抑えられる傾向があります。ベッドのアイテム課金の相場は5,000円〜8,000円程度、トラック貸し切りの場合は、18,000〜30,000円程度です。

ごみ処理場に持ち込む

軽トラックなどの搬送手段がある場合には、市町村のごみ処理場に持ち込みをして処分を依頼する方法があります。
自治体の粗大ごみ回収を依頼する際には、回収を申込してからごみの回収日まで1週間〜10日間かかりますが、処理場に持ち込む場合にはすぐに処分できます。

ニトリのベッドを確実に、高く売るためのコツ


他の家具や家電と一緒に売る

もし引っ越しなどで一斉に家具を一新する場合、他の価格が付きやすい家電や家具と一緒にベッドを売ることで買取をしてもらえる可能性が高まります。価格が付きやすい家電・家具とは、テレビ洗濯機冷蔵庫などの家電製品や高級ブランドのソファーなどです。

掃除をして少しでもきれいにする

ベッドを下取りで売る際には外観がとても重要です。自分自身が購入者としてベッドを購入するときのことを考えれば、シミや汚れ、キズなどがあると査定が大きく下がってしまうのもイメージしやすいですよね。

そのために、あらかじめ清掃は徹底的に行っておきましょう。マットレスのシミはシミ抜きを使用してできるだけきれいに落としましょう。

<マットレスの染み抜き方法>
マットレスのシミの正体は、寝ている間の汗が原因です。市販の酸素系漂白剤を使用すればきれいに落とすことができます。以下の手順で清掃を行ってください。

・ぬるま湯で濡らしたタオルに少量の漂白剤をしみ込ませる

・漂白剤がしっかりしみ込むようにシミの個所をトントン叩くように拭く

・タオルをキレイな水ですすいで、洗剤のついていないタオルでトントン叩くように拭く

・乾いた別のタオルを用意し、水分や洗剤が残らないようにしっかり拭く

保証書・説明書・部品などは欠品しないように全て揃えておく

保証書、説明書、部品などの欠品があると査定にマイナスになってしまうケースが多いので、欠品がないように注意しましょう。ただし、ニトリのベッドをオンラインで購入した場合には、保証書が同封されていません。あらかじめ理解しておきましょう。

複数の業者に見積もりを取る

買取金額を少しでもアップしたい場合は、より良い条件の業者を探して複数の見積もりを依頼しましょう。ニトリのベッドの場合は、買取の査定を断られてしまうことも多いため、根気よく探し続けることが重要です。

効率よく業者をピックアップするためには、上述の通りニトリのベッドの買取実績がある店舗や、ニトリ製品の買取強化をしている店舗から優先的に問い合わせを進めていくと効果的です。

自宅から近い買取業者に依頼する

ベッドの買取が難しい理由の一つに配送の問題があります。ベッドは、どうしても荷物が大型になってしまい、配送の手間・費用が掛かってしまうのです。自宅近くの業者なら、査定や商品の配送が非常にスムーズになります。

ベッド買取強化期間を狙う

タイミングによっては、業者がベッドの買取強化を実施している場合があります。

例えば、新生活の始まるベッドの需要が高まる時期(3〜4月)、販売店のベッドの在庫が品薄となっている時期などです。ベッドを売る予定がある方は、販売店のチラシやWebサイトに注目して、こうしたタイミングを逃さないようにアンテナを張っておきましょう。

このように長期的に売却を考える場合にはベッドが破損・劣化しないように使用法にも注意しながらタイミングを見極めると良いでしょう。

フレームとマットレスをセットで売る

ベッドのフレームとマットレスをそれぞれ別々に購入されるご家庭も増えていますが、中古での買取を希望する際にはフレームとマットレスはセットが基本です。逆にいえば、セットでなければ買い取ってもらえる可能性は低くなってしまいます。

まとめ

ニトリのベッドは、一般的にはなかなか買い取ってもらえない傾向があります。元々の価格が安いことや、組み立て品であること、商品の耐久性、ベッドの商品の特性などが主な理由です。

しかし、最初から諦めてしまうのはもったいないものです。買取の依頼に成功した場合、使用しないベッドに値段がつくだけではなく、処分の際に必要な処分費用の節約にもなるので、とてもメリットが大きいです。

確実に、そして少しでも高く売るためには、ベッドをキレイにすること、他の家電製品や家具と一緒に下取りの見積もりを依頼すること、部品や書類を漏れなく揃えること、自宅から近い業者に依頼することなどのポイントがあります。

買取が不可だったときの処分方法を踏まえて、できるだけ費用・手間を軽減して処分できるように情報をまとめておくと良いでしょう。