食器棚は売れる?高く買取されるメーカーや種類、コツを解説

カテゴリ:

食器を清潔に保管するためには、なくてはならない食器棚。また、食器棚の用途はそれだけにとどまらず、絵柄や模様がキレイな食器をディスプレイしてインテリア的な用途で使っているというケースもありますよね。

そんな食器棚ですが、ファミリー向けサイズになると、ずっしりとした重さがあるものも多いことから、処分する際は大変です。そんなときに検討したいのが、買取業者の利用です。

こちらでは、食器棚の買取査定や高く売るためのコツについて、詳しくご説明していきます。

食器棚は売れるのか?


食器棚の処分を予定している方の中には、「そもそも、食器棚は買取の対象になるのだろうか?」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
まずは、「食器棚は売ることができるのか?」という点について見ていきましょう。

単身者向けなどのサイズの小さな食器棚は売れにくい

単身者の方をターゲットにしたコンパクトサイズの食器棚は、残念ながら売れにくい傾向にあります。

単身者の方向けの食器棚とは、大きさがおよそ幅60㎝程度×高さ~100㎝前後のもの。コンパクトサイズであることに加えて、自分で組み立てるタイプの安価な食器棚も多く出回っていることから、中古品での需要があまり期待できない傾向にあるのです。

人気家具メーカーの食器棚は高価買取の可能性大

国内・海外問わず人気がある家具メーカーの食器棚は、高価買取される可能性が高くなります。その理由は、人気家具メーカーの食器棚は購入価格もそれなりにするものが多いため、中古品でも売れる可能性が高くなるからです。

無印良品やニトリの食器棚もサイズやデザインによっては売れる

シンプルデザインで使い勝手が良いことから人気がある無印良品やニトリの食器棚も、サイズやデザインによっては売れる可能性があります。無印良品・ニトリどちらの場合も、ファミリー向けサイズの食器棚は、買取されるケースが多いようです。

高く売れやすい食器棚のメーカー


買取の対象となる食器棚の中には、高く売れやすい傾向が見られるメーカーがあります。
では、それはどこのメーカーの食器棚なのでしょうか?

IDC大塚家具

50年の歴史を持つIDC大塚家具。もともとの価格帯が比較的高いメーカーだけに、高値での買取となることも珍しくありません。IDC大塚家具の食器棚の価格帯は、15~25万円前後が主流となっています。

綾野製作所

機能性に優れた食器棚作りで知られている綾野製作所。水気が多いキッチン周りでも衛生的な環境を保てるように、適湿化素材「モイス」が使われているなど、細部にいたるまでこだわった商品が多いメーカーです。綾野製作所の食器棚の価格帯は、20~30万円前後がメインとなっています。

unico(ウニコ)

ベーシックかつスタイリッシュなデザインの家具が多いことで人気の高いunico(ウニコ)。オリジナル家具の製造も手掛けており、流行を適度に取り入れたデザインでありながらも、使い勝手に優れていることも特徴です。unico(ウニコ)の食器棚・キッチンボードの価格帯は、10~15万円前後が主流となっています。

Karimoku(カリモク)

「天然素材のぬくもりと、匠の技の深い味わい」にこだわった家具作りをしているKarimoku(カリモク)。優れた品質で高価格帯の商品が多いことから、「高級国産家具」メーカーとしても知られています。どこの買取業者でも、高値で買取されることが多いメーカーのひとつといえるでしょう。Karimoku(カリモク)の食器棚の価格帯は、20万円前後がメインとなっています。

松田家具

「整理収納食器棚メーカー」としても知られている松田家具。シンプルでどんな部屋にも合いやすいデザインで、機能性に優れた食器棚が豊富に揃っているメーカーです。松田家具の食器棚の価格帯は、15~25万円前後が主流となっています。

古賀家具

古賀家具は、企画から製造まで、すべての工程を自社工場で行っているという食器棚製造メーカー。扱っている食器棚の種類も、非常にバラエティ豊富です。古賀家具の食器棚の価格帯は、15~20万円前後がメインとなっています。

東海家具

家具の産地として有名な静岡を拠点としている東海家具。1957年の創業以来、木製家具の生産一筋で来たというメーカーで、シックでエレガントな商品が多いのが特徴です。東海家具の食器棚の価格帯は、10~15万円前後が主流となっています。

高く売れやすい食器棚の種類


食器棚が高く売れやすいかどうかは、人気メーカーのものであるかどうかということに加えて、種類によっても違いが見られます。
今度は、高値が付きやすい食器棚を種類別に見ていきましょう。

カントリー調やレトロなデザインの食器棚

「ほっこり」としたあたたかみが感じられるカントリー調の食器棚は、中古品であっても安定した需要が期待できます。カントリー調の食器棚の場合、状態にもよりますが、5年~10年程度使用しているものであっても、買取価格が付くケースが多いようです。

また、「おばあちゃんの家にあるような」どこか懐かしい雰囲気が魅力の昭和レトロなデザインの食器棚も、国内外のアンティーク家具好きの方からの高い人気を誇っています。

カントリー調やレトロなデザインの食器棚の場合、少しくらいのキズや汚れがあったり、かなり古いデザインのものであったりしても、それが逆にプラスに評価されることが多いのが特徴です。

人気の素材を使用しているもの

木製の食器棚の場合、使われている素材も査定時のチェックポイントになります。美しい木目と水に強いという特性を持つ「チーク」素材、高級感がある「ウォールナット」素材、希少性が高い「マカボニー」素材が使われた食器棚は高値が付きやすいようです。

サイズが大きくもとの定価が高い商品

サイズが大きい食器棚を新品で買う場合、どうしても購入価格は高くなってしまいますよね。
そのため、「新品で購入するのは難しいから、中古で購入したい」というニーズも期待できるのです。

このようなことから、食器棚の中でもファミリー向けのようにサイズが大きいものや、もともとの定価が高いものは、高値が付く可能性があるといえるでしょう。

メーカー別!実際に売れた食器棚の事例を紹介


次に、実際に売れた食器棚の事例を、メーカー別に見ていきましょう。

松田家具


松田家具 食器棚 カップボード 40アルト キッチン収納
買取価格:¥3,500
明るいブラウン系の、松田家具の食器棚です。大きすぎず小さすぎず、ほどよいサイズのこちらの食器棚は、商品状態Aで、3,500円での買取となりました。
松田家具の食器棚の買取実績の詳細はこちら

ニトリ


ニトリ 食器棚・キッチンボード ミランダ 美品
買取価格:¥5,000
どことなくカントリーテイストも感じられる、ニトリのホワイトの食器棚です。使用年数も短く、非常にキレイな状態であったことから、5,000円での買取となりました。

ニトリの食器棚の買取実績の詳細はこちら

綾野製作所


綾野製作所 1200キッチンボード
買取価格:¥10,000
シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴的な、綾野製作所のキッチンボード(食器棚)です。こちらのキッチンボードは、商品状態Aで、10,000円での買取となりました。

綾野製作所の食器棚の買取実績の詳細はこちら

パモウナ


パモウナ キッチンボード レンジ台 食器棚幅160cm
買取価格:¥24,000
収納力に期待できそうな、160㎝幅のパモウナの食器棚(キッチンボード・レンジ台)です。こちらの食器棚は、商品状態Aで、24,000円と高値での買取となりました。

パモウナの食器棚の買取実績の詳細はこちら

unico(ウニコ)


unico ウニコ BREATH ブレス キッチンボード 無垢材 柏市 出張買取
買取価格:¥45,000
素材に無垢材が使われた、落ち着きがある色味のunico(ウニコ)のキッチンボード(食器棚)です。商品状態Sでとてもコンディションが良かったこともあって、45,000円と高値での買取となりました。

unico(ウニコ)の食器棚の買取実績の詳細はこちら

古賀家具


KOGA 古賀家具 レンジボード 我孫子市 出張買取
買取価格:¥10,000
ブラック系カラーで、モダンな印象のある古賀家具の食器棚です。こちらの食器棚は、商品状態Aで、10,000円での買取となりました。

古賀家具の食器棚の買取実績の詳細はこちら

東海家具


高級 楢剤 東海家具 フレックス ダイニングボード40 食器棚 カップボード クリアガラス W120
買取価格:¥6,000
素材に木目が美しい楢(ナラ)材が使われている、東海家具の食器棚です。木のあたたかなぬくもりが感じられるこちらの食器棚は、6,000円での買取となりました。

東海家具の食器棚の買取実績の詳細はこちら

食器棚を高く売るためのコツ


ここまでご説明してきたように、人気メーカーの食器棚や、ファミリー向けサイズのようにある程度の大きさがある食器棚の場合は、査定額が高くなるケースも期待できます。
では、食器棚の買取価格を高くするためには、具体的に、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか?

他の家具・家電とセットで売る

これは食器棚に限らず買取全般にいえることですが、「不要になったほかの家具・家電とセットで売ること」によって、買取価格が高くなる傾向があります。もちろん買取の基準は業者によって異なりますが、食器棚単品で買取に出した場合に比べると、高値が付くケースも珍しくありません。

食器棚の中にしまいっぱなしになっていた未使用のブランドものの食器などがあれば、そちらも一緒に買取に出してみるのも良いでしょう。

キレイな食器棚はやはり売れやすい!掃除を念入りに

キッチン家具である食器棚だからこそ、清潔でキレイな状態であることも高価買取のポイントです。
食器棚の購入を予定している方のほとんどは、「中古品であってもできるだけキレイな状態の食器棚が欲しい!」と考えている方も多いはず。そのため、食器棚の買取査定では、汚れ・シミ・カビ・キズなどの程度も厳しくチェックされるのです。

買取に出す際には、次のような点に特に気を付けながら、掃除を念入りにすることをおすすめします。

ポイント1. 外側の汚れをしっかり拭き取る
食器棚の外側には、気づかないうちに調味料などが付着してしまっていることもあります。このような汚れは、水で濡らして固く絞った布で、しっかりと拭き取るようにしましょう。

ポイント2. 引き出しの中や扉の内側もキレイに拭き取る
引き出しの中や扉の内側などの汚れも、水で濡らして固く絞った布でキレイに拭き取るようにしましょう。それでもどうしても汚れが落ちない場合は、薄めた中性洗剤や、アルコール除菌スプレーを使ってみるようにしてください。ただしその場合は、すぐに乾いた布で水気をキチンと拭き取ることも忘れずに!

型番や製造年は業者に正確に伝える

一般的な買取と同じように食器棚の買取の場合も、製造年や型番が新しいもののほうが、査定額が高くなる傾向にあります。そのため、買取に出す場合には、依頼する業者に事前に食器棚の型番や製造年を正確に伝えておくことも大切です。

新品未使用の場合は、食器棚の背面などに製造年や型番が記載されているケースが多いので、チェックするのを忘れないようにしましょう。また、コンセント口が付いた食器棚・キッチンボードの場合は、電源コード部分に製造年が記載されているケースが多いようです。

基本的に食器はすべて出しておく

食器棚の買取査定の際には、基本的に、収納している食器類はすべて出しておくようにしましょう。

これはなぜかというと、買取業者によっては、「食器棚に入っている食器を出し終わるまで時間がかかる」と判断されてしまうこともあるからです。そうなってしまうと、場合によっては、当日の買取が難しくなってしまう可能性も出てきます。

食器棚に保管してある食器をすべて出すのは手間のかかる面倒な作業ですが、買取査定の前には、食器棚は空の状態にしておくことをおすすめします。

まとめ

「食器を清潔に保管する」ために不可欠な食器棚は、キッチン家具の代表的存在。けれども、作りがしっかりしており、ずっしりと重みのあるものが多いだけに処分するとなると大変ですよね。そんなときに利用したいのが、買取業者です。

すべての食器棚が買取の対象になるとはいえませんが、人気メーカーのものや、ある程度大きさがあるものは、高値が付けられることも珍しくありません。買取査定の際には、「掃除を念入りにする」「型番や製造年を事前に調べて伝えておく」「食器をすべて出しておく」ことを心がけるようにすると、高値が付けられる可能性がアップしますよ。

また、買取に出せるような家具・家電がほかにある場合は、一緒に買取してもらうようにすると、査定額がアップすることも!最近では出張買取を行っている業者も多くなってきているので、自分で食器棚を搬出することが難しい場合には利用してみてはいかがでしょうか?

本記事は、2019年4月5日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。