ニンテンドー64は買取してもらえるの?任天堂初めての3Dゲーム機の価値

カテゴリ:

スーパーファミコンの次世代機として誕生したニンテンドー64(NINTENDO64)。任天堂としては初めてとなる本格的な3Dゲーム機でした。今ではeスポーツの大会も開かれている「大乱闘スマッシュブラザーズ」が発売されたのもニンテンドー64からです。
しかし、その後世界的大ヒットを飛ばしたWiiや、2018年に発売してポータブルと家庭用ゲーム機を併用したことで話題を呼んだNintendo Switchが発売され、ニンテンドー64は古いゲームとなってしまいました。レトロゲームとなった不要なニンテンドー64をリサイクルショップは買い取ってくれるのでしょうか。
今回はニンテンドー64に関する情報を、買取や処分を中心にまとめていきます。処分を考えている人は、どのような方法が自分に合っているか確認していきましょう。

特殊な形のコントロ―ラーが特徴のニンテンドー64

ファミコンやスーパーファミコン、ゲームボーイと家庭用ゲーム機に革新を与えてきた任天堂が第5世代のゲームとして開発したのがニンテンドー64でした。当時、SONYのPlayStationやSEGAのセガサターンなど、光ディスク形式にソフトが移行したにも関わらず、任天堂はスーパーファミコン同様、ROMカセット方式を採用していたのです。また、それ以外にも独自の規格で話題を呼びました。

ニンテンドー64の独自規格 または 周辺機器

・3Dスティックコントローラー
中央下にある突起部を操作する方式。当時十字キーが一般的であった家庭用ゲーム機で、アーケードゲームのような操作方法が出来るようになりました。

・ゲーム機に4つのコントローラーを挿し込める
有線式コントローラーのゲーム機は、拡張アダプターを付けなければ3人以上で遊ぶことが出来なかったが、ニンテンドー64は初めからコントローラーを4つさせる端子が付いており、4人対戦のゲームも多く出ました。

・振動パック
ゲームと連動して振動がコントローラーに伝わるオプション品。後付け方式を採用しており、電池で動きます。ゲームとリンクして振動が伝わる方式を初めに市場に出したのがニンテンドー64でした。その後、PlayStationのデュアルショックなど、多くのゲーム機にも取り入れられたシステムです。

・メモリー拡張パック
後付けでメモリーを4M 拡張するためのオプション品。一部のゲームはメモリー拡張パックをニンテンドー64に取り付けなければ遊ぶことができません。

・64DD
ニンテンドー64の機能を拡張する磁気ディスクドライブ。後発となり発売したゲームが少ないですが、希少価値がありオークションなどで高値取引されています。

上記のように、3Dによってゲームの容量が大きくなり行えることも増えました。また、今のゲームにも採用されているようなアイデアはニンテンドー64の発信が多くあります。最終の生産台数は3,293万台で、2年先に発売していたSONYのPlayStationには勢いが及びませんでした。
しかし、任天堂独自タイトルであるマリオやポケモン、ゼルダなどの人気もあり、当時遊んでいた記憶がある方も多くいるでしょう。現在は一部のソフトが、WiiUのダウンロードコンテンツとして発売されていますが、多くのタイトルはニンテンドー64を購入しなければプレイすることができないのです。

ニンテンドー64で話題を集めたソフト

ニンテンドー64では多くの名作ソフトが販売されました。その一部をご紹介しましょう。

・スーパーマリオ64
横スクロールが基本であったマリオが、3Dとなって縦横無尽に操作できることで話題を呼びました。今までのマリオとは違い、敵をパンチやキックで倒したり、視点を変えることでステージに入ったりと多くの新しい操作が増え、新たなマリオの可能性を広げた作品です。
世界で合計1,100万本生産され、ニンテンドー64で一番のヒット作となりました。

・マリオカート64
マリオカートシリーズの第2弾。ニンテンドー64で4人対戦ができることでも話題を呼び、日本では1番売れた作品となりました。新しく採用されたシステムも多く、アイテムボックスなどはアーケードやその後のシリーズに採用されています。
世界でも900万本とニンテンドー64で第2位に売り上げたソフトです。

・ゼルダの伝説 時のオカリナ
ファミコンから続くゼルダの伝説シリーズ。3Dスティックの右にある黄色いCボタンを使ってオカリナを吹いて、謎を解いていくシステムなど、スーパーマリオ64とは違う操作性も話題となりました。その後の3Dアクションゲームに採用されている、対象物を任意にロックオンして攻撃を当てるシステム「Zシステム」が開発されたのも時のオカリナからです。

・ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ
64以降発売してきた任天堂のゲーム機器でも、必ずヒットを飛ばすお馴染みのタイトルとなった、キラーコンテンツ通称「スマブラ」。Switchでは全79体(2019年9月18日時点)のキャラクターがいますが、当初は任天堂のゲーム機器で売られていたタイトルから12体のキャラクターしかいませんでした。しかし、当時から他タイトルの人気ゲームキャラクターが共演する作品として話題を集めています。

・マリオパーティー シリーズ
複数人で多数のミニゲームを行う、マリオシリーズでも人気の高いマリオパーティー。ニンテンドー64ではシリーズ3まで販売されました。その後も継続してシリーズが販売されており、2018年までに16作品がリリースされています。

・どうぶつの森
どうぶつが暮らす村で住人達とコミュニケーションをとる、コミュニケーションゲーム。第1作目はニンテンドー64での発売となったゲームです。女性の間で流行り、現在でもスマホや任天堂のゲーム機にシリーズが販売されています。

他にも、ドンキーコング64やゴールデンアイ007など、有名作品が多数あります。

どれくらいで買取される?ニンテンドー64の相場とは

アフターサポートも終了しているニンテンドー64は、機種によって買取値段が変わります。

ニンテンドー64の買取参考価格

・本体ブラック 300円~数千円程度
・本体ブラック以外 1,000円~10,000円程度
・64DD 50,000円程度

通常版のブラックが最も査定額が低く、その他の色は状態が良ければ高い買取価格が付きます。64DDはプレミア価格が付いているのでより高価買取が行われるでしょう。
ネットオークションでは、更に高い値段で取引が行われることがあります。

ニンテンドー64の落札参考価格

・本体ブラック ジャンク品 1円~800円程度
・本体ブラック以外 ジャンク品 1,000円~5,000円程度
・ハローマックシール付き64コントローラー 3,000円程度
・64DD 50,000円~100,000円以上

箱付きの64DDは10万円を超えた実例があります。また、ジャンク品でもブラック以外の色の本体は約5,000円の落札価格がつくこともあるのです。動作機種なら、8,000円以上になることもあります。ニンテンドー64は今でも需要の高いゲーム機であることがわかるでしょう。

売る前に確認!ニンテンドー64で注意するポイント

ニンテンドー64は買取してもらえる機器とわかりましたが、以下の場合は買取が難しくなる場合や、買取価格が下がってしまう可能性があるでしょう。

・電源が入らない
・汚れや破損がある
・ソフトが読み込まない
・動作確認ができない
・改造してある
・ソフトの内蔵電池がない
・箱や説明書がついていない など…

操作自体に影響があれば、多くのリサイクルショップでは買取を断られてしまいます。また、箱や説明書が付いていると買取価格は高くなるでしょう。
買取前は次の作業を行っておくと、リスクを回避することができます。

ニンテンドー64の買取依頼前に行うこと

○本体の清掃
本体やソフトの清掃は以下の道具で行います。

・柔らかい布
・綿棒
・無水エタノール
・水で薄めた中性洗剤
・クリームタイプの研磨剤

表面についた汚れは、柔らかい布で乾拭きして取り除きます。もし汚れが取りにくい場合は、水で薄めた中性洗剤か、無水エタノールを使うとキレイに汚れを落とせるでしょう。細かな端子部分には綿棒を使うのがおすすめです。とくにROMカートリッジの端子部分が汚れやサビで読み込みにくいときは、クリームタイプの研磨剤を使うとキレイにすることができます。
本体を分解して清掃する方法もありますが、動作不良を起こす危険もあるので、不安な方は分解しないことをおすすめします。

○動作確認
本体やコントローラーの動作確認は必須で行いましょう。3Dスティックが緩いなど、確認することで見えてくる欠陥もあります。また、ソフトは内蔵電池が切れているとセーブを行ってくれません。セーブが行えないソフトは、基本買取を行ってもらえないでしょう。

○箱や説明書、付属品の確認
中古品の買取は、新品に状態が近いほど買取価格が高くなります。また、オプション品などが一緒にあれば、単品で買取してもらうよりも高価査定される可能性も上がるでしょう。

準備をしてから買取業者に依頼することで、スムーズに買取査定を行ってもらえます。

自分で修理が可能!?ニンテンドー64をDIY修理してみる

ニンテンドー64が故障していても、修理を自分で行うことが可能です。DIY修理ができる理由には以下があります。

分解 / 修理の情報がネットにあふれている

動画サイトやブログの発展に伴い、あらゆる家電やゲーム機の分解 / 修理の情報が公開されています。写真だけでなく、詳しく動画説明していることもあれば、専門修理業者が一部始終を公開していることもあるのです。そのため、知ってから修理に取り掛かれるため破損させるリスクを抑制させることができるでしょう。

修理パーツや特殊工具がネットショップで販売されている

ゲーム機の修理パーツは、海外の企業やゲーム機のパーツ取り業者がネットで販売していることがあります。また、ゲーム機に使用されるねじ山は独自規格を採用している場合が多いですが、特殊規格用ドライバーも簡単に安価で購入が可能です。

ジャンク品があふれており修理パーツを取り出すことが可能

修理パーツがネットショップに売っていなくても、大手リサイクルショップやオークションサイトでジャンク品を購入することで必要パーツを安く手に入れることが可能です。不要となったジャンク品は不燃ごみや小型家電として処理できます。廃棄するときは、各市区町村の自治体が定める区分に従って捨てましょう。

ニンテンドー64で発生するトラブルを3点ご紹介しましょう。

ニンテンドー64で良くあるトラブル

○3Dスティックが緩い
コントローラーの3Dスティックは、中の土台が削れてしまい、緩くなることがあります。コントローラーを分解して、土台部分をパテで埋めることで緩みをなくすことが可能です。

○ソフトが読み込まない
ソフトが読まない原因は、端子の汚れにあります。端子部分に光沢がない場合は、クリームタイプの研磨剤を使い磨きましょう。磨き終われば無水エタノールで研磨剤を落とせば、読みとることができるでしょう。それでも回復しない場合は他に原因があるかもしれません。

○ソフトは読み込むがセーブしない
内部電池が切れている可能性が高いです。CR-2032型と同じタイプの電池を用意して、交換しましょう。ソフトは特殊ネジを使わなければ分解できませんが、売る予定がない方は無理やり分解する方法もあるでしょう。(ペンチなどを使いネジを外すなど…)電池は固定されていますので、工具を使い切り離します。新しい電池はセロテープなどで固定することができるでしょう。電池をはんだで固定することはやめましょう。ボタン電池は、はんだごての高温によって爆発した事例が多数あります。

分解や修理はあくまで自己責任になります。行う際も、十分に情報収集を行ったうえで取り掛かりましょう。

ニンテンドー64の買取事例

実際に取引された例を確認してみましょう。

任天堂 / Nintendo64 / ニンテンドー64 / 本体+ソフト7点セット
買取価格1,500円
ニンテンドー64本体とコントローラー3点、マリオカートなどの人気ソフト7点で、動作に問題がないため1,500円の買取となりました。

ニンテンドー64の買取詳細はこちら

まとめ

ニンテンドー64はオリジナルのソフトも多数あり、レトロゲームとしての価値があることがわかりました。それでは情報をまとめていきましょう。

・ニンテンドー64は任天堂初の3Dゲームでゲーム機を持っていなければプレイできないゲームも多い
・スーパーマリオ64や大乱闘スマッシュブラザーズなど人気タイトルが多い
・本体のブラックは比較的安価での買取だが多色は1万円位の査定額になることがある
・64DDは5万円を超える取引事例がある
・買取前は動作確認 / 箱や説明書などの付属品の確認を行う
・ニンテンドー64はネット上に分解 / 修理の情報が載っておりDIY修理が可能

ニンテンドー64はレトロゲームとして、そこまで古い機種ではありません。そのため、大手リサイクルショップでも買取してもらえることがあります。まずは自分の使いやすい買取業者に、製品の査定をしてもらいましょう。

おいくらで不用品を高く売りませんか?
リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。一括査定は無料で申し込めるので、まずはいくらで売れるか買取価格を調べてみてはいかがでしょうか。

おいくらで買取価格を調べる

おいくらで買取価格を調べる