ミシンの買取、高く売れるおすすめの種類やメーカーとは?

カテゴリ:

以前では、必ずと言っていいほど、ミシンは一家に一台はありました。
しかし最近ではミシンがないご家庭も増えてきています。

この理由には、物流が発達してきたことが考えられます。
以前は、破れてほつれた洋服を直して着ることが普通でしたし、子どもの手提げ袋や洋服を手作りする家庭も多くありましたが、今では、わざわざ時間をかけて洋服を直さなくても、安い値段で新しいものが手に入るようになりました。

ミシンは、処分するのにも費用がかかってしまうため、もう使っていないものでも家に眠ったままという方も多いのではないでしょうか。
しかし、最近ハンドメイド雑貨がブームになっているためミシンの需要はまだまだあり、中古のものでも意外と高い値段で売れることがあるのです。

この記事では、ミシンの買取で高く売れるおすすめの種類やメーカーをご紹介しています。
使っていないミシンが家にある方や、新しくミシンを買い替えたい方は、是非、参考にしてください。

買取可能なミシンの種類とは?

買取価格の高い低いはありますが、正常に動作するミシンであればたいてい買取可能な場合が多いです。
通常、「年式が比較的新しいもの」、「傷や汚れの少ないキレイなもの」、「人気メーカーのもの」は買取価格が高くなります。

また、動作しないミシンであっても、店舗によっては買取可能な場合もあります。
特に、アンティークミシンは骨董品として価値がつく場合ものは、動かないものでも売れることがあります。
ただし、工業用ミシンで付属のテーブルが付いているものは、ミシンのみの買取になることも多いです。

他にも、ミシンにはさまざまな種類があります。
以下では、ミシンの主な種類の特徴をまとめています。
お手持ちのミシンをチェックしてみてください。

ミシンの主な種類の特徴

アンティークミシン

アンティークミシンは、通常のミシンとしてではなく、インテリアや骨董品としての価値がつくこともあります。

熱心なコレクターもおり、メーカーやデザイン性、状態によっては驚くほどの高値で売れる可能性があります。
特に、ヨーロッパのアンティークミシンが人気なようで、19世紀から20世紀前半のものはデザイン性の高いミシンが多いと言われています。

工業用・職業用ミシン

主に、職業として裁縫をする方に親しまれている上級者向けのミシンです。
ボディが金属でできているなど耐久性が高いものも多く、古いものでも問題なく使用することができます。

直線縫い専用ではありますが、家庭用ミシンよりも圧倒的にスピードが速く、厚手の生地も楽に縫い合わせることができます。

基本的に高額で買取されることが多いですが、機種によっては付属している大型のテーブルは買取できない場合もあります。

電動ミシン

価格が安くコンパクトなのが特徴で、ミシンを使うのに慣れていない方や二台目のミシンとして幅広く親しまれているベーシックなミシンです。

厚手の生地の裁縫はやや苦手ですが、「ちょっと使いたい」というときに便利です。
元々の定価が安いため買取価格はそれほど高額にはなりませんが、比較的需要は高いミシンです。

コンピューターミシン

家庭用ミシンの主流となるのがコンピューターミシンです。
コンピュータ制御され、電子ミシンや電動ミシンよりも正確な操作ができるため、初心者でも使いやすいのが特徴です。

操作ミスをしたときにはエラーメッセージが表示されるようになっており、操作による故障が少なく長く使い続けられます。
さまざまな機能が搭載されているものも多く、文字縫いなども可能です。

電子ミシン

電子回路で制御され高性能のモーターを搭載しているミシンで、コンパクトな上に電動ミシンよりもパワーがあるのが特徴です。
ダイヤルで縫い目や糸の調整ができるなど機能性が高く、厚手の生地も縫うことができます。

ロックミシン

ロックミシンで縫った衣服は洗濯にも強く、既製の服のようにキレイで均等な仕上がりになります。
ニット素材の縫い合わせや、かがり縫い、カバーステッチなどさまざまな縫い方ができるモデルもあります。

やや大きく重いものも多いので、持ち運びやちょっと使いがしにくいのが難点です。

ミシンの主な種類の特徴

買取可能な代表的なミシンメーカー

ミシンは、有名メーカー・人気メーカーのものでなくても、ほとんどのメーカーものが買取可能です。
しかし、有名メーカー・人気メーカーのものはそれだけ価値が高く需要があり、高額な買取価格が期待できます。

特に人気なのは、日本のメーカーでは「ジャノメミシン」や「ブラザー」、海外のメーカーでは「シンガーミシン」です。

以下では、この他にも代表的なメーカーの買取価格の相場をご紹介します。

ジャノメミシン

相場:およそ7,000~55,000円

ジャノメミシンは、世界的にも有名な日本の人気メーカーです。

ほとんどのミシン買取業者で買取強化メーカーとされ、高額買取されています。
新しいモデルの電子ミシンは他のメーカーのものより買取価格は高めです。

買取例:
PJ-100:7992円
水平ガマコンピューターミシン:8,700円
セシオ9600 850型:9,000-10,000円
コスチューラ 800DB:15,000円
コスチューラ 800HX:25,000-42,000円
セシオ11000:50,000円
セシオ9710:50,000-55,000円

シンガーミシン

相場:11,000~およそ50,000円

シンガーミシンはアメリカの世界最大のミシンメーカーです。機能性だけでなくデザイン性が高いのも人気です。

1851年創業という老舗で、特にアンティークミシンが人気となり高値で売れます。
また、新しいモデルのものは電子ミシンの中でもかなり高額で買取されています。

買取価格:
アンティークミシン:11,000円
足踏みミシン:17,000~50,050円

ブラザー

相場:1,000~450,000円

ブラザーは日本のメーカーで国内でも上位のシェアを誇ります。
家電の販売もしており、知名度と信頼度の高いメーカーです。
家庭用から工業用まで幅広いラインナップがあります。

特に、コンピューターミシンや家庭用ミシンの新しいモデルのものは高価買取されます。
工業用ミシンは状態の良いものは数十万の高値がつきます。

買取例:
E-40:1,000円
ES-40:2,000円
DB2-B735:3,000円
PS202:14,500円
CPS5233(LS701):19500円
Innovis EMS8005:100,000円
PR1000e:450,000円

JUKI

相場:3,000~70,000円

JUKIは工業用のミシンのトップシェアを誇るメーカーです。
8割以上は海外で販売され、世界中の洋服の3割はJUKIのミシンが関わっているとも言われています。

工業用ミシンやロックミシンは中古でも需要が高く、高額で買取されています。
裁縫を職業としている方だけでなく、本格的なミシンを使いこなせる方は、家庭でもJUKIのミシンを使いたいという方が多いです。

買取例:
HZL-8800:3,000円
BL54:4,000円
SL-280EX/280:6,000円
DDL-9000B-SS:70,000円

ジャガーミシン

相場:3,000~およそ4,000円

ジャガーミシンは国内で初めて家庭用のジグザグミシンの開発に成功した、知名度の高いメーカーです。
リーズナブルなミシンが多く人気ですが、その分買取価格もそこそこという印象です。

買取例:
KC-210:3000円
JN-100 GAMEBOY:3,800円

トヨタ

相場:1,000円~

自動車メーカー「トヨタ」のグループ企業で、スタイリッシュでデザイン性の高いミシンが多いのが特徴です。

かわいくオシャレで女性からの人気も高いですが、車をイメージさせるスタイリッシュさで男性にも人気があります。
元々の価格がリーズナブルなので、買取価格はそれほど高くありません。

買取例:
LZ2-D530:1,000円
買取可能な代表的なミシンメーカー

高く売るには?ミシンの買取前のチェックポイント

ここでは、不要なミシンを買取に出す際に少しでも買取価格をアップさせるコツや注意点を紹介します。

汚れを落としキレイな状態に

ミシンに限ったことではありませんが、買取の際は商品の見た目のキレイさが買取価格に大きく影響します。
リサイクルショップや中古買取業者は買い取りした商品を修理・メンテナンスして再販して利益を得ていることがほとんどです。

見た目がキレイなものの方が次の買い手がつきやすく、修理やメンテナンスの手間が省けるため、買取価格が高くなります。
ミシン本体やカバーだけではなく、ミシン内部や細かい隙間に入り込んだホコリもできる限り取り除き、キレイにしておきましょう。

細かい部分を掃除するときは、無理にやろうとすると思わぬ故障につながる可能性もあります。
掃除をする際は注意しておきましょう。

コードや説明書などの付属品を揃える

こちらもミシンに限ったことではありませんが、付属品が足りないものは買取価格が下がってしまいます。
買取に出す際、商品は新品の状態に近づけば近づくほど買取価格は高くなります。
コードやカバーはもちろん、ボビンや専用のドライバーが付いていた場合は、全て揃えておくようにしましょう。

コードなど、直接動作に関わる付属品がない場合は、買取不可となることもあります。
購入の際に、少しでも買取の可能性があるなら付属品はなくさないように大切に取っておきましょう。
同様に、説明書や外箱、保証書がない場合も買取価格が下がる原因になります。

なるべく早く売る

家電全般に言えることですが、製造年が新しいものの方が価値は高く、買取価格も高くなります。

ミシンは海外・国内ともに多くのメーカーがあり、新しいモデルのものが次々と発売されます。
技術も日々進化しているため、新しいモデルは古いものより機能が多く性能が高いため、古いものはすぐに価値が下がってしまいます。

使っていないミシンがあり、買取を検討した際にはすぐに売るようにしましょう。

正常に動作するかチェック

買取に出す前には必ず、全ての機能が問題なく使えるか、ひとつひとつの機能を細かく動作チェックしておきましょう。
一つでも使えない機能がある場合、買取価格が下がってしまいます。

チェックしてみて動作に不具合がある場合、買取価格をアップさせるのは難しいですが、正直に査定員に申告するようにしましょう。

買取に出すミシンが未開封である場合、少々年数が経っているくらいであれば、新品として買取される場合もあります。
この場合は、かえって価値が下がってしまうため、開封してまで動作チェックをする必要はありません。

宅配買取を利用する

買取の方法には、「宅配買取」、「店頭買取」、「出張買取」の3つの方法があります。
このなかで最も買取価格が高くなる可能性があるのが「宅配買取」です。

宅配買取は、売りたい商品を自分で梱包し店舗に配送するだけで査定してもらえるという方法です。
査定員は店舗で商品を待っているだけでいいので、出張買取のように人件費や運搬費がかかりません。

また、宅配買取を行っている業者は、無店舗型で運営していることも多いため、店頭に立つスタッフや店舗運営のための経費が削減できます。

店舗にとって、無駄な費用がかからず手間が少ないため、商品ひとつひとつの査定額が上がる可能性が高いのです。

ミシンは、工業用のものでなければ梱包するのもそれほど大変ではありません。
必要に応じて梱包用の資材を送ってくれる業者もあります。
集荷を依頼すればわざわざ宅配会社に持ち込む手間もありません。

ミシンの買取に出す際は、最も手間がかからず買取価格が高い「宅配買取」がおすすめです。

ミシン買取に関するQ&A

動かないミシンでも買取してもらえる?

ほとんどの場合、どの買取業者でも「動かないミシン・故障品の買取は不可」となっています。
しかし中には動かないミシンも買取可能な業者もあります。
ミシン専門の買取業者やミシンの修理業者などでは、動かないミシンでも比較的買取可能なことが多いです。

ただし、やはり高額な査定は見込めず、故障の度合いによっては「無料回収」となる場合もあります。

また、業者によっては「故障品でも買取可能」と言っていたのに、実際には買取できず回収費を請求されることもあります。

動かないミシンの買取では特に業者選びを慎重に行いましょう。

下取りと買取、どっちがお得?

基本的には、買取の方がお得だといっていいでしょう。
下取りは、ミシンの発売時期や機能、性能から一律に価格設定されることがほとんどです。

そのため、購入してまもなくの新しいミシンであれば買取よりもお得に下取りしてもらえる可能性はありますが、その状態でミシンの処分を考える方はほとんどいないでしょう。

買取では、ミシンの発売時期や機能、性能も買取価格の基準となりますが、それ以上に中古市場の需要や価値が影響します。
したがって、古いミシンの場合は下取りよりも買取の方がお得である可能性が高いです。

新品未開封のミシンの値段について

新品未開封のミシンと中古ミシンの買取価格には雲泥の差があります。
動作させていないものでも開封するだけで一気に価値が下がってしまいます。

ブラザーのLS700の買取を例に出すと、新品であれば23,400円で買取されるものでも、開封されたものは14,300円の買取価格となり、10,000円近くの差になります。

結婚祝いや引っ越し祝いでミシンをもらうこともあるかと思いますが、今後使う予定のないものは開封せずに買い取りに出すことをおすすめします。
「せっかく頂いたものだから・・・」と気が引けてしまうかもしれませんが、使わないままタンスの肥やしにしておくよりは、誰か必要な人に使ってもらったほうが無駄になることはありません。

まとめ

ミシンの買取で、高く売れるおすすめの種類やメーカーをご紹介しました。
不要なミシンを高く売るために、最後に簡単におさらいしておきましょう。

・正常に動作するミシンのほとんどは買取可能
・動作しないものでもミシン専門の買取業者や修理業者では買取可能な場合も
・高値で売れるミシンの種類は、骨董品としての価値があるアンティークミシンや定価の高い工業用ミシン
・高額買取が期待できるのは、「年式が比較的新しいもの」、「傷や汚れの少ないキレイなもの」、「人気メーカーのもの」
・ミシンの人気メーカーは、「ジャノメミシン」、「ブラザー」、「シンガーミシン」

<ミシンの高価買取のコツ>
・汚れを落として細かい部分までキレイにしておく
・付属品を全て揃える
・なるべく早く売る
・正常に動作するかチェックしておく
・宅配買取を利用する

ご紹介したとおり、ミシンの価値は日々下がっていくといっても過言ではありません。
使っていないミシンが家に眠っている場合は、できるだけ早く買取に出すことをおすすめします。

一点だけではなく複数の商品を同時に査定に出すことで買取金額がアップすることもあるので、他にも使っていない不用品がある場合は一緒に梱包して宅配買取に出し、少しでも高くミシンを処分しましょう。

本記事は、2018年5月8日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。