体脂肪計・体重計の買取相場と人気商品、高く売る方法

カテゴリ:

健康への意識が高まっている今、もはや体脂肪計・体重計はダイエッターたちだけのものではありません。
健康維持には欠かせない必需品となり、「体脂肪計や体重計が家にない」という方は、あまりいないのではないでしょうか。
すぐに壊れるものではありませんが、各メーカーから次々と性能の良いモデルが発売されているので、買い替えの時期を見計らっている方も多いでしょう。

そこで考えておきたいのは、古い体脂肪計・体重計の処分の仕方です。
多くの家庭で使われているということは、その分需要があるということです。
ゴミとして出すと、地域によっては費用がかかる場合もあるので、どうせ処分するなら業者やショップに買い取ってもらって、少しでもお金になるほうがお得です。

今回は、体脂肪計・体重計の買取相場や高く売る方法について、ご紹介します。

どんな体脂肪計・体重計が高く売れるのか?

体脂肪計・体重計の買取需要

体脂肪計・体重計は各メーカーから多くの種類のものが販売されています。
体重や体脂肪だけを測るシンプルな機能のものは新品の定価も安いので、買取需要としては低く、相場も高いとは言えません。
身長や年齢を設定してBMI値や筋肉量、基礎代謝が測定できる「体組成計」のほうが需要は高く、買取価格も高額になるでしょう。

買取価格の相場

体脂肪計・体重計の買取相場はおよそ500円~5,000円程度まで、新品未使用に近いものでも10,000円程度となります。
元々の定価自体がそれほど高くありませんし、新しいモデルが次々と発売されるため、すぐに買取価格が下がる傾向にあります。

クリニックなどで使われる業務用のものや、車椅子専用の体重計は15,000円以上での高価買取も可能ですが、家庭用のものは相場はやや低めとなります。

買取価格の相場

高く売れる機能やメーカー

体脂肪計・体重計の人気メーカーといえば、タニタやオムロンです。
この2社に次いで、パナソニックもシェアを伸ばしています。
これらの体脂肪計・体重計は買取強化商品とされているショップも多く、それなりの査定金額が付く傾向にあります。
ただし、パナソニックの商品は元の定価を手頃に設定している商品も多いため、相対的に見ると買取価格は低めです。

体重や体脂肪率以外にも、BMI値や基礎代謝、内蔵機能レベルまで測れる「体組成計」は比較的高く売れます。
スマホやパソコンと繋いでデータを管理できるものは特に売れやすく、最近ではケーブルがなくてもBluetoothで接続できるものもあります。

その他、買取例の一部をご紹介します。
お手持ちの体脂肪計・体重計を確認してみてください。

タニタ インナースキャン/インナースキャンデュアル

相場:500~およそ10,000円

タニタは、体脂肪計・体重計のシェアNo.1を誇るメーカーです。
インナースキャンデュアルは、スマホアプリでデータを管理できる他、トレーニングサポートのアプリとも連携しているものもあります。
本格的にダイエットや体重管理をしたい方などに、常に一定の需要があります。
100g単位で細かい体重を測定できるものや、測定の頻度によって「ニコニコマーク」や「不機嫌マーク」が表示されるユニークな機能が付いているものもあります。

買取例:
RD-904 6,000円
RD-902 6,000~10,000円
RD-900 2,500円
RD-502 3,000~5,000円
BC-305 1,000~2,000円
BC-307 7,000円
BC-569 500円
BC-705 1,000円

オムロン カラダスキャン

相場:300~3,000円

タニタに次いで高いシェアを誇るオムロン。

カラダスキャンシリーズは特に人気の商品です。
本体に乗るだけで過去のデータから誰かを判断し、前回測定したデータを表示してくれます。

また、データはWi-Fiでパソコンやスマホに共有することができます。

買取例:
HBF-375 3,000円
HBF-903 1,000円
HBF-361 2,000円
HBF-356 1,000円
HBF-214 240~460円

Withings

相場:2,500円

タニタやオムロン、パナソニックに押されがちですが、Withingsも比較的高額で買い取りされるメーカーです。
Withingsの体組成計にも複数のアプリと連携して使用できるものがあり、国内でも人気です。

買取例:
WS-50-BLACK-ASIA 2,500円

Withings

少しでも査定金額をUPさせるコツ

人気のメーカーのものや多くの機能が搭載されているものは比較的高価買取も期待できますが、それ以外はなかなか高額の買取価格は期待できません。
しかし、高価買取とまではいかなくても、コツを押さえておくことで査定金額が下がるのを防ぐことができます。

少しでも査定金額をUPさせるためには、以下のことに注意して査定に出すようにしましょう。

「できるだけ新品に近づける」
「できるだけ早く売りに出す」ことが大事です。

購入時に付いていたものはすべて揃えておく

購入時に付いていた付属品をすべて揃えておくのは、中古商品の買取では基本中の基本です。

通常、体脂肪計や体重計の付属品といえば、説明書や保証書、お試し用の電池くらいですが、商品によっては充電用のACケーブルや手元操作用のパネル、データ管理用のCDがある場合もあります。

また、購入時には付いていなくても、買い足した付属品がある場合は、一緒に査定に出すようにしましょう。

使用途中の電池は念のため、本体から外した状態で付けておきましょう。

そして、忘れがちですが、本体の外箱も立派な付属品の一つです。
外箱がないと査定額に大きく影響しますので、売る可能性が少しでもあるなら、外箱も捨てずに取っておきましょう。

<必ず揃えておくもの>
  • ・外箱
  • ・説明書
  • ・品質保証書(期限が切れていても残しておくこと)
  • ・使用可能な電池(本体から取り外しておく)
<商品によっては付いている付属品>
  • ・充電パック
  • ・充電用ケーブル
  • ・手元操作用のパネルやリモコン
  • ・スマホなどとの同期用ケーブル
  • ・スタートアップガイド
  • ・データ管理用CD

査定に出す前に汚れ、カビやホコリは極力ふき取る

中古商品の買取では、見た目のキレイさも査定金額に影響します。
リサイクルショップや買取業者では、買い取った商品を修理・メンテナンスした後、再販して利益を得ていることがほとんどです。

商品をキレイにしておくとメンテナンスの手間が減ることに加えて、「丁寧に扱われていたのだな」と判断されるので、査定員からの印象も良くなり、査定額がUPしやすくなります。

体脂肪計や体重計は床に置いて使うため、ホコリや汚れが付きやすい商品です。
また、脱衣所などの湿気が多い場所で使っている場合は、カビが発生してしまうこともあります。

パッと見はキレイでも、細かいところにホコリやカビがこびり付いている場合もあるので、査定前には入念に掃除しておきましょう。

査定前に動作確認を行う

正しく動作しない体脂肪計・体重計は、当然査定金額は低くなってしまいます。
多くの機能が搭載されているものは、体重だけでなく体脂肪率やBMI値などすべてが正しく測れるかどうかを確認しておきましょう。

すでに故障して動かないものはどうしようもありませんが、商品の状態を正しく伝えることであなたの信頼度は上がります。
商品に値段を付けるのは「人」ですので、印象が良くなるようなアピールも重要です。

保証期間中に売る

多くのショップでは、家電の買取は発売から5年以内という基準を設けています。
家電は各メーカーから次々と新しいモデルが発売されて古いモデルの価値が下がってしまうことと、5年以上使用された商品はある日突然故障して、修理やメンテナンスが必要になる可能性があるから、という理由です。

したがって、家電は不要だと感じたらできるだけ早く売るのが鉄則です。
できれば、保証期間内に買い取ってもらう方が査定金額は高くなります。

保証期間内であれば、モデルもまだ比較的新しく、万が一不具合が出ても無償で修理ができます。

体脂肪計・体重計も同様で、発売からの年数が短ければ短いほど価値は高くなります。
特に最近では、スマホやパソコンに同期してデータが管理できる機能が搭載されているモデルが増えています。
スマホやパソコンが次々と新しいモデルを発売しているように、体重計・体脂肪計のモデルチェンジも早いのです。

体脂肪計・体重計を売るならどこがおすすめ?買取手段を比較

体脂肪計・体重計を売る方法は、大きく分けて以下の2つの方法があります。

・リサイクルショップや不要品買取業者に買い取ってもらう
・インターネットで出品する

リサイクルショップや不要品買取業者に買い取ってもらう方法

買い取ってもらうショップを探して査定を依頼し、査定が済んで提示された金額に納得できれば商品を引き取ってもらい、現金を受け取ります。
金額に納得できなかった場合は、商品が手元に戻ってきます。

ショップに買い取ってもらう方法には、3つの種類があります。
以下では、それぞれの方法のメリット・デメリットを詳しくご説明しています。

・店頭買取のメリット・デメリット

店頭買取は、売りたい商品を直接店頭に持ち込み、その場で査定してもらう方法です。
買取が成立すれば、すぐに現金を受け取れます。

<店頭買取のメリット>
  • ・現金が手に入るまでの時間が最も短い
  • ・店内の商品を見て回ることができ、商品ジャンルの傾向がわかる
  • ・商品の梱包が不要
<店頭買取のデメリット>
  • ・運搬の手段が必要
  • ・運搬中、キズや故障は自己責任
  • ・ショップの忙しさによって査定の質が変わることがある
・出張買取のメリット・デメリット

出張買取は、ショップのスタッフが自宅まで査定をしに出向き、そのまま商品を引き取ってもらえる買取方法です。
一人では運べない大きなものや重いもの、売りたい商品がたくさんある場合は対応可能ですが、体脂肪計・体重計だけでは出張してもらえないケースもあります。

<出張買取のメリット>
  • ・査定日を決めたら、商品を用意して待っているだけで良い
  • ・運搬手段が不要
  • ・商品の梱包が不要
  • ・買取が成立したらその場で現金が手に入る
<出張買取のデメリット>
  • ・査定日のスケジュール調整が必要
  • ・指定エリア外の出張はできない
  • ・人件費、ガソリン代などの経費分、査定金額が低くなる
  • ・他人を自宅に上げなくてはいけない
  • ・買取不成立の場合、出張費がかかる場合がある
・宅配買取のメリット・デメリット

売りたい商品を自分で梱包し、ショップに郵送して査定してもらう方法です。
ショップ側は送られてきた商品を査定するだけで済むので、経費が抑えられ、査定金額が高くなる傾向があります。

宅配買取は、これから挙げる「ネットでの出品」を含めたすべての買取方法の中でも、高額な査定金額が期待できる方法です。
どの買取方法が良いか迷っている場合は、「宅配買取」を選ぶと良いでしょう。

<宅配買取のメリット>
  • ・日本全国、どこでも売りたいショップで商品を売れる
  • ・査定金額が高くなりやすい
  • ・査定日の調整が不要
  • ・査定中の拘束時間がない
  • ・メールや電話のみでやり取りできる
<宅配買取のデメリット>
  • ・現金が振り込まれるまで時間がかかる
  • ・商品の梱包が必要(商品に合わせた梱包キットが送られてくる場合もある)
  • ・買取不成立の場合、返送費がかかることがある

インターネットで出品する方法

ネットオークションとフリマアプリの2種類が主流です。
インターネットを活用することで、商品がより多くの人の目に触れる機会が得られますが、出品数も多いため他の商品に埋もれてしまう可能性も高いです。

その他、共通するメリット・デメリットや、それぞれの特徴を以下にまとめました。

<ネットオークション、フリマアプリに共通するメリット>
  • ・全国、全世界の人が商品を目にする機会がある
  • ・相場より高い値段でも売れることがある
  • ・商品の値段をある程度自分で決められる
<ネットオークション、フリマアプリに共通するデメリット>
  • ・似た商品も多く、他の商品に埋もれやすい
  • ・いつ売れるかわからない、確実に売れるかどうかわからない
  • ・商品の情報、写真を自分で投稿する必要がある
  • ・商品への質問やクレーム対応をする必要がある
  • ・値引き交渉される場合がある
  • ・売れたときの梱包、配送などの手間がかかる
  • ・売れるまで在庫を自宅に置いておく必要がある
<ネットオークションの特徴>

ネットオークションでは、出品者はスタートの金額と落札希望価格を設定することができます。

入札が進むと最初に設定した金額よりも高くなっていき、落札希望価格に到達すると落札が決定し、希望価格での取引となります。

仕入れのために多くの業者も利用しており、取引はスムーズでトラブルも少なめです。

<フリマアプリの特徴>

フリマアプリでは、商品の値段を出品者が自分で設定します。
個人ユーザーが多いため、商品の状態が悪く価値の低いものでも高く売れたり、逆に良い商品でも安く買い叩かれる場合も多いです。
個人間での取引となるため、クレームや返品などのトラブルも多めです。

誰でも手軽に出品・購入ができるためユーザーは多いですが、毎日膨大な数の商品が次々と出品されるため、商品が売れ残るとドンドン売れにくくなっていく傾向にあります。

買取業者選びのポイント

買取方法・出品方法が決まっても、その方法に対応している業者やショップ、サイトは数多く存在しています。
どういったところを選べば良いのか、業者選びのポイントをご紹介しておきます。

店頭買取での業者選び

店頭買取の場合、商品ジャンルがお店の得意分野のものかどうかしっかりチェックしておきましょう。
あらかじめ店舗の雰囲気や置いている商品をチェックしておくことで、より査定額の高いショップを選ぶことができます。

土日や祝日など、買取だけでなく購入のお客さんが増える日や時間帯は、査定の時間が短く、簡素になる傾向があります。
商品をしっかり査定してもらいたい場合は、ショップが比較的暇になる日や時間を選んで持ち込みましょう。

<店頭買取のチェックポイント・コツ>
  • ・売りたい商品ジャンルの取り扱いが多いか
  • ・売りたい商品ジャンルの値段は高く設定してあるか
  • ・商品はショップが暇な日・時間に持ち込むと、丁寧に査定してくれることが多い

出張買取での業者選び

体脂肪計・体重計だけでは買取対応できない場合が多いですが、他にも売りたい商品がたくさんある場合や、大きな商品・重い商品を売りたい場合に一緒に買い取ってもらうことはできます。
自宅が出張買取エリア内かどうか、買取可能な点数、重量になっているかを確認してから依頼するようにしましょう。

<出張買取のチェックポイント>
  • ・出張費は無料か
  • ・買取不成立の場合、出張費が不要か
  • ・トラックへの積み込み、運搬料は無料か

宅配買取での業者選び

最もおすすめの買取方法である宅配買取ですが、どのショップでも良いというわけではありません。

以下のチェックポイントを押さえておくことで、より高く、より効率的に商品を売ることができます。

<宅配買取のチェックポイント>
  • ・商品に合わせた梱包資材を手配してくれるか
  • ・商品は何箱まで査定可能か
  • ・商品の配送料は無料か
  • ・買取不成立の場合、商品の返送は可能か
  • ・買取不成立の場合、返送料は無料か

ネットオークションでのサイトの選び

ネットオークションのユーザーは複数のサイトでアカウントを取得し、併用している方が多いです。
複数のサイトを併用することにより、商品を目にする人数も多くなるので、売れる機会は多くなるので有利です。

ただし、出品者登録には月額で料金が必要なサイトもあり、商品が売れないと会員料金だけを払い続けなければならなくなります。
また、評価が高い出品者の方が売れやすくなるため、自分の評価が低い間は売れづらい傾向にあります。

<ネットオークションでのチェックポイント>
  • ・入会金、会員料金はどのくらいかかるか
  • ・販売手数料はどのくらいかかるか
  • ・類似商品の売れ行きは良いか、相場はいくらか

フリマアプリでのサイト選び

フリマアプリは、近年爆発的にユーザーを増やしています。
多くのアプリが公開されていますが、アプリサイトをどう選ぶかよりも、取引する相手の選び方によって、良くも悪くもなるという特徴があります。

ほとんどのアプリは、ネットオークションサイトと違って出品者登録に料金がかからないことが多く、商品が売れたときにのみ販売手数料がかかるシステムになっています。

主婦をはじめとした個人ユーザーが多く、毎日何万点もの商品が出品されており、売れる商品は24時間以内に取引が成立するとも言われています。
逆に、売れない商品はいつまでも売れ残ってしまうことも多いです。

<フリマアプリでのチェックポイント>
  • ・販売手数料がどのくらいかかるか
  • ・類似商品の売れ行きは良いか、相場はいくらか
  • ・取引の相手の評価は良いか

体脂肪計・体重計買取に関するよくある質問と答え

壊れて使えない機能があるけど買取可能?

正常に動作しない商品は買取不可としているショップが多いです。
特に、体重だけしか測れない体重計は買取できないか、できてもほとんど値段が付かない、場合によっては処分料が必要なこともあります。

中には、壊れていても買取可能なショップもありますので、まずはショップに問い合わせてみることをおすすめします。

汚れていても買取可能?

汚れていても正しく動作する体脂肪計・体重計なら、価格は下がりますが買取可能なことが多いです。
ただし、著しく汚れていたり、キズが付いたりしているものは買取不可となる場合もあります。

少しでも査定額をアップさせるためにも、自分で取り除ける汚れはあらかじめキレイにしておくよう心がけましょう。

アナログ体重計でも大丈夫?

アナログの体重計でも買取できるショップはたくさんあります。
医療や健康系の商品の取り扱いに強いショップや、多くのジャンルの商品を幅広く取り扱っているショップを狙って、買取に出しましょう。
もちろん、買取できないショップもありますので、査定前に必ず確認するようにしてください。

何年前の物まで買取OK?

体脂肪計・体重計は比較的サイクルの早い商品ですので、発売から3年以内がしっかりと値段の付く目安となります。
3年を超えても、家電の買取可能年数の目安となる5年以内のものであれば買取は可能でしょう。

それ以上の商品でも、正しく動作するものはショップによって買取できることも多いので、ショップに問い合わせしてみましょう。

まとめ

体脂肪計・体重計の買取相場や、査定額UPのコツをご紹介しました。

健康志向の高い方が多くなってきた今、手軽に健康管理のできる体脂肪計・体重計は比較的需要の高い商品です。
血圧や心拍数まで測れる高機能のものや、スマホやパソコンでデータが管理できるものなど、時代に合わせて次々と新しいモデルが販売される体脂肪計・体重計。

「3年」を目安に買い替えることで、お得に使い続けられそうです。
お持ちの体脂肪計・体重計を是非チェックしてみてくださいね。

本記事は、2018年03月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。