掃除機の消費電力はトップクラス!少しの工夫で電気代を抑えよう

denki033_eyecatch

※2021年1月12日追加 2020年末から続いている大寒波にて電力不足が続いており、電力需要逼迫にともなう電気料金の「急騰」が起こっています。各新電力会社の「市場連動型プラン」では電力価格が高騰し、想定を超える電気料金が請求される恐れがあります。新電力への切り替えを検討している方は、各電力会社の公式サイトをご確認ください。

参照元:Bloomberg|寒波で電力需給がひっ迫、6日連続の最高値更新-異例の要請も

部屋の掃除機に欠かせない掃除機は重要な電化製品の一つ。しかし、一体どのくらい電気代がかかっているか知っていますか?掃除機は使い方によっては電力を消費してしまっている可能性があります。

今回、この記事では掃除機の電気代について紹介。また、節約になる使い方を紹介します。ほぼ毎日使う掃除機の電気代を節約することは可能なのか?と疑問に思ってる方は特に必見です。

電気代見直しを検討中の方へ
Looopでんき

電気料金が気になるならLooopでんきがおすすめです。基本料金0円でお支払いは使った分だけ!電力会社の送電網を利用しているので電力供給も安定しています。

一人暮らしからファミリーの方まで、使い方に合った最適なプランが選べます。まずは公式サイトからプランと料金シミュレーションをチェック!

Looopでんきの料金プランをチェック

掃除機の電気代はどれぐらいなのか?

掃除機には現在、紙パック式とサイクロン式の2種類があります。最近ではサイクロン式を使っている家庭が多いと思いますが、まだまだ紙パック式の掃除機を使っている方も多いでしょう。

掃除機は種類によって消費電力は異なりますが掃除機の最大消費電力は平均で1,000Wと家電の中ではトップクラス。冷蔵庫が平均200W、洗濯機で700Wと比べてもその差は一目瞭然です。

電気代は「消費電力(W)÷1000×使用時間×電気代」で計算することができます。1000Wの掃除機を15分使用すると想定し1kWhを27円として計算式に当てはめます。

  • 1000W÷1000×0.25時間×27円=6.75円

もし1時間使用すると27円という計算になります。「あれ、思ったより安い?」と思う方もいるかもしれませんが、他の家電で同じ条件で1時間使うと洗濯機でも18.5円です。

また、サイクロン式と紙パック式で最大消費電力は異なりますので電気代も変わってきます。

最大消費電力 15分使用 365日使用
サイクロン式 800W 5.4円 1,971円
紙パック式 1100W 7.4円 2,701円

サイクロン式と紙パック式は15分使用で計算すると2円程度の差になりますが、1年間では約700円の差が生じます。さらに紙パック式は定期的に紙パックを購入しなければなりませんのでランニングコストもかかってしまいます。

電気代だけで見るとサイクロン式がおすすめですが使いやすさを考えるとどちらが良いかは好みによって分かれるでしょう。

今流行りのロボット掃除機はどれぐらいかかるのか?

留守中などに掃除をしてくれるロボット掃除機は忙しい人には頼りになる存在といっても過言ではありません。汚れを察知して自分で動き回るだけに多くの電気を消費しているイメージですが、実際にはどれくらいの電気代がかかっているのか気になる方もいるでしょう。

ロボット掃除機の運転中の消費電力は30W程度。機種もよりますが1回の使用に40分程度の時間を使います。1kWhあたり27円の電気プランで考えると、1時間使用しても1円以下の0.8円です。従来の掃除機と比べるとかなり安いです。また、ロボット掃除機は稼働時以外にも充電中と待機中にも電力が消費されますがそれでも1年間で1000円もかかりません。

一方でロボット掃除機はさまざまなランニングコストがかかります。その中でもお金がかかるのがバッテリー代。交換するのに、1万円から2万円前後が必要になることも。さらにフィルターやブラシといった部品交換も必要になります。

ロボット掃除機を購入しようと考えている方は、ランニングコストが高めであることを覚えておきましょう。

意外と知らない!掃除機は使い方次第で節電できる

掃除機は毎日使う頻度が高い家電製品です。そのため、掃除機の節電を諦めている人もいるかもしれません。しかし、掃除機は使い方次第で節電ができ、電気代を抑えることができるのです。今からでもできる方法なのでチェックしてみてください。

掃除機をする場所を考える

当たり前の話ですが、掃除は掃除機がないとできないとは限りません。フローリングの場合は掃除機では対応できない「べたつき」などの汚れもあるため、こちらはフローリング用のワイパーを使ったほうが効果的。この他にもカーペットや絨毯は粘着クリーナーを使ったほうが髪の毛などの細かいゴミが取れたり、畳はほうきで汚れを掻き出すこともできます。

掃除機のように音がないため、近所周辺のことを気にする必要はありませんし、準備や片付けも楽になるのも大きなメリット。全ての場所で掃除機を使うのではなく、部分的に使うように意識してみてはいかがでしょうか。

こまめに掃除機を手入れをする

掃除機でこまめに部屋を掃除する人はいるかもしれませんが、掃除機をこまめに綺麗にする人は少ないのではないでしょうか。

掃除機はこまめに手入れをしないと内部にゴミが溜まってしまい、吸引力が落ちてしまいます。そうなると、今まですぐに取れていたゴミも吸い取るのに時間がかかり、無駄に電力を消費することになってしまいます。

紙パック式を使っている人は定期的に紙パックを交換していると思いますので、そこまで意識する必要はありませんがサイクロン式を使っているは定期的にフィルター掃除や中に溜まったゴミを取り除いて綺麗にしましょう。

こまめに掃除をすれば、掃除機の吸引力は落ちませんので電気代を抑えることに繋がるのです。

弱と強ボタンを使いこなす

ほとんどの掃除機には「弱」や「強」など吸引力を選べるようになっていると思います。あまり意識していない人もいるかもしれませんが、吸引力が選べる理由としては掃除機をかける面によって違ってくるからです。例えば、カーペットや絨毯だと毛が絡んでいて取りづらいので強めの吸引力が必要で、吸いやすいフローリングだと弱でも十分です。

なぜ弱と強ボタンを使いこなす必要があるかといいますと、掃除機の「強」の消費電力は「弱」の5倍といわれているからです。そのため、不必要な場所で強の状態で使っていると、電力を無駄に消費してしまい、その分電気代がかかってしまいます。

今まで意識してなかった人は、意識してみて弱と強のボタンを使いこなしてみましょう。

掃除機をかけるときは急がない

掃除機をかけるとき忙しいからといって一つの場所に急いで何往復も吸い込み口を動かしていませんか?これだと全てのゴミが吸えずに通過しますので逆に時間がかかってしまいます。

恐らくほとんどの人が掃除機をかけるときは床をゴシゴシするようなイメージでしているでしょう。ゆっくりかけると時間がかかってしまう、もどかしく感じるかもしれませんが、急いでゴシゴシやるよりも結果的に短時間で効率よく掃除を進めることができます。

掃除機を使うときは焦らないでゆっくりやる方が効率が良いのです。

電源を入れたらなるべく切らないようにする

掃除機をかけた後、物を移動したりしてそのたびに掃除機の電源をオフにしている人は多いのではないでしょうか。実は短時間でのオンオフは電力を消費する要因なのです。

掃除機が最も電力を消費するのは電源を入れたときです。1回の使用の中で何度も電源をオンオフしてしまうと、その分電力を多く消費してしまいます。これは掃除機だけでなく、エアコンや照明などにも言えることであり、ほとんどの家電製品は電源をつけた直後が消費電力が多いので意識していきましょう。

掃除機を使うときは、まずは室内の整理を事前に終わらせて、途中で電源を切らない工夫をするのが望ましいです。

まとめ

掃除機の電気代について紹介しましたがいかがでしたか?掃除機は他の家電製品と比べても消費電力は大きく、その分電気代もかかってしまうアイテムになります。1回の使う使用頻度は短くても毎日掃除をしていると、年間で2000円前後かかっていることがわかったのではないでしょうか。

少しでも節電をして掃除機の電気代を抑えるためには、必要なところ以外では使わないや弱と強ボタンを上手く使いこなすことが大事。さらに電源を入れた直後が電力を使うので、短時間でのオンオフをしないことです。

掃除機の電気代を抑えたいと考えている方、今まで掃除機の節電や節約が難しいと感じていた方は、今回紹介した方法を是非試してみてください。

おいくらで不用品を高く売りませんか?

リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。もちらん、電話で直接問い合わせることも可能です。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。まずは、どんなお店があるのか近くのリサイクルショップを探してみてはいかがでしょうか?

近くのリサイクルショップを探す

近くのリサイクルショップを探す