親名義でも車は売れる?売却までの過程・代理人手続きの方法をご紹介

カテゴリ:
親名義でも車は売れる?売却までの過程・代理人手続きの方法をご紹介

車を売却するのは手間や準備がそれなりにかかります。もし売却予定の車が親名義であった場合、普段の売却方法とは少し異なり、さらに手続きが煩雑になってきます。

今回は親名義の車の売り方についてわかりやすく解説していきます。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

子供が親名義の車を売却することはできるの?

車が親名義であっても売ることができます。これは親がご存命である場合でもすでに亡くなっている場合でもどちらでも可能です。しかし、それぞれの場合でも状況に応じて必要書類が変わってきます。

売却可能な場合の手続きには4パターンある

手続きの方法はこれから紹介する4パターンに分けられます。まずは自分がどのパターンに当てはまるかを見ていきましょう。

  • 親の同席の下、手続きをする
  • 親の同席不可で手続きをする
  • 親が認知症を患っていて、代わりに手続きをする
  • 親の遺品として手続きする

1.親の同席の下、手続きをする

4つのパターンの中で最も書類の準備が少なく、手間のかからないのがこちらです。その場に同席してもらうだけで、親の負担もかからないため、もし可能でしたら親に同席してもらいましょう。

基本的に必要な書類一覧

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • リサイクル券(もしあれば)

これらの書類は車の所有者(親)のものが必要となるため、親に準備してもらう際は注意が必要です。車検証や納税証明書など、つい保管場所を忘れて紛失してしまうこともありえますので、何処に保管してあるかを確認しておきましょう。

仮に紛失した場合はどちらも再発行することが可能ですので見つからない時はそれぞれの再発行依頼先に連絡する必要があります。例えば、車検証がない場合は現在住んでいる地域の管轄である陸運局に連絡をしましょう。

納税証明書なら、普通車は都道府県の自動車納税事務所、軽自動車は市役所で再発行を依頼できます。リサイクル券は紛失した場合でもweb上にて照会できるので、買取業者に紛失した旨を伝えれば大丈夫です。

必要書類が全て揃ったら親に同席してもらい、買取業者と手続きを進めていくだけです。同席の理由は、車の所有者に売却の意思があるかどうかを確認することだけなので、手続きの進行については業者と自分で進めて問題ありません。

2.親の同席不可で手続きをする

親が同席せずに手続きを行う場合は、皆さんが車の所有者(親)の代理人として手続きを行う形になります。その場合は車の所有者である親に、売却の意思があるかどうかを確認するための書類を別途用意してもらう必要があります。

書類さえきちんと用意できれば、親が同席しなくても自分が代理人として車を売ることが出来ますので、必要となる書類を確認していきましょう。

上記の書類に加えて必要となる書類

  • 譲渡証明書(親の実印必須)
  • 委任状(親の実印必須)
  • 印鑑証明書(親のもの)

これらの追加された書類を以って、親が車を売る意思があるということが証明されます。そのため、不備がないように準備してもらいましょう。

これらの書類が準備できれば、あとは買取業者と皆さんで手続きを進めていくだけです。

同席可能な場合と比べて親に用意してもらう書類が少し増えますが、書類の不備さえなければ大丈夫です。

3.親が認知症を患っていて、代わりに手続きをする

もしあなたの親が認知症、もしくはアルツハイマー病などを患っており、いわゆる「事理弁識能力」が欠けている場合は、これまでとは手続きが少し異なります。

書類を準備する前に、まずは成年後見人を立てる必要があります。成年後見人というのは、家庭裁判所から選任された、財産保護や身上監護を任される人のことです。近しい身内が選任されることが多く、ほかにも難しい手続きを行う予定の場合に弁護士や司法書士など法律に詳しい専門家が選任されます。

成年後見制度を利用しなくてはいけない理由は車の所有者である親が上記の病気に該当する場合、売却の意思に責任能力がないと判断されてしまうからです。認知症や精神疾患によって判断能力の著しい低下を伴った人の財産を保護することが目的となっています。そのため、家庭裁判所によって成年後見人として選任された人がいなければ親の代理として車を売ることができません。

成年後見人として認められたら、必要な書類を準備します。

上記の書類に加えて必要な書類

  • 譲渡証明書(成年後見人の実印必須)
  • 委任状(成年後見人の実印必須)
  • 印鑑証明書(成年後見人のもの)
  • 成年後見人を証明する書類

成年後見人の必要書類を用意し終えたら、買取業者との手続きを成年後見人が進めていきます。

<注意点>

売りたい車が一般的な自家用車であれば、生活費の捻出という名目で手続きを進められるのですが、高級車の場合は少し違います。車に資産価値が認められると、たとえ成年後見人であってもすぐに手放すことができない場合があります。その際は家庭裁判所へ相談し、指示を仰ぎましょう。

4.親の遺品として手続きする

最後のパターンですが、遺品としての手続きが最も手間がかかり、難易度が上がります。しかし、最終的にはご自身の名義で車を売ることになるため、売却の手続き自体は難しくありません。

複雑で難しいのは、名義変更を終えるまでの手続きや書類の準備です。事前にやるべきことや用意する書類が多いため、整理しながら進めていきます。まずは手続きの流れを大まかに理解しましょう。

1.車の相続がまだの場合は遺産相続を行う

まずは相続人全員を特定するところから始まります。相続人の間で誰が親の車を相続するかを決定します。その後、遺産分割協議書という書類の作成に取り掛かりましょう。

2.遺産分割協議書を作成する

遺産分割協議書とは、遺産分割についての話し合いで合意した内容をまとめたものを言います。

車の名義変更にも必要となるため、作成する際は注意が必要です。遺産分割協議書は相続者全員の署名・実印での押印がないと法的効力を持たない点です。そのため相続人が1人でもかけていた場合は遺産分割協議を再度行わなくてはなりません。不備がないように作成しましょう。

3.車の相続者が名義変更を行う

遺産分割協議書が用意できれば後は名義変更です。必要な書類が多く、用意する手間もかかってしまいますが、これが終われば売却の手続きに進むことができます。車の相続者の名義変更に必要な準備をしましょう。

  • 相続者全員の印鑑登録証明書
  • 相続者全員が記載されている戸籍謄本
  • 車の所有者である親の戸籍謄本
  • 遺産分割協議書
  • 車を相続する人の住民票と車庫証明書の取得
  • 車検証

戸籍謄本は遺産分割協議書を作成するために相続人全員を探す必要があるので、この段階ではそろっているはずです。戸籍は住所とは異なり、本籍地が記載されており、本籍地管轄の市役所や区役所に請求することとなります。

もし引っ越しのたびに本籍を移していた場合は旧本籍地をたどって1から集めなくはなりません。円本の場合は郵送でも取得できます。

戸籍謄本の取得が一番時間がかかるため、車を売るまでに時間がない場合は、親族で連絡を取り合うなど、事前に準備を行ってください。

4.車の相続者が自分名義の車として売る手続きを進める

名義変更が完了したら、あとは自分名義で車を売るだけです。名義変更が済んでいるため、印鑑登録証明書はご自身のものを用意し、買取業者と手続きを進めましょう。

基本的な必要書類

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • リサイクル券(もしあれば)

相続者の人数や親の本籍地によっては名義変更までに手間と時間がかかります。

このように、遺品の手続きが最も複雑となるため、親の遺品として手続きを行う際には買取業者に必要事項を詳しく聞きながら進めましょう。

買取なら一括査定をしよう

自分に当てはまる手続きの流れを確認できたら、どの買取業者にするか、依頼先について考えましょう。買取業者を選ぶ際に気になるのが、買取価格と業者の対応です。

実際、買取業者によって車の査定額や対応にどうしても差が出てしまいます。そのため、複数の買取業者を比較検討するのが一般的です。

買取業者の比較検討を手軽に行う手段として一括査定があります。一括査定が行えるwebサイトだと、同じ情報を何度も入力する手間が省け、それぞれの業者の対応も確認でき、あなたの車の市場価値もわかるのでおすすめです。

一括査定のメリット

多くの人が一括査定を利用し、一般的になったのは、利用するメリットが大きいからです。大きなメリットは以下の通りです。

  • 買取業者を探す手間が省ける
  • 複数の買取業者の対応が見ることができるので優良店を見つけやすい
  • 価格競争が起こることで相場より高値で売ることができる

忙しくてなかなか査定を吟味できない人も、とりあえず車の情報だけ先に提供しておけば空き時間に電話などで査定結果を確認することができます。

「ナビクル」なら、約45秒で10社に査定を申し込める

ナビクル

一括査定を依頼できるサイトに「ナビクル」があります。ナビクルでは、以下のような有名企業を含む様々な買取業者へ査定依頼を出すことができます。

  • ガリバー
  • ビッグモーター
  • カーチス
  • ユーポス

査定にかかる時間は約45秒、査定依頼は最大10社まで一括で行うことができるため忙しい人でも利用できるサービスを提供しています。査定依頼後は、査定結果を比較してから本当に車を売るかどうか、判断することができます。

また、査定依頼を出した後、あなたの車の相場価格をweb上で確認できるようになるため、仮に不利な査定額を要求されても回避することが可能です。

査定額や買取業者の対応をしっかりと吟味してから、買取業者を決めましょう。

ナビクルで一括査定する

▼その他のサービスも検討したい方はおすすめの車買取業者を比較して紹介している以下記事をご一読ください。

まとめ

親の名義でも車を売ることはできますが、4つのパターンのどれに当てはまるかによって必要書類や手続きの流れが変わるため、くれぐれも注意が必要です。親の同席が望めそうならお願いするのが1番良いです。

今回紹介した書類以外にも、代金を受け取るための口座情報などが必要になりますので、必ず何が必要か買取業者に確認を行ってください。車を売るまでの大まかな流れを理解できたら、あとは専門家である買取業者に相談しながら円滑に手続きを進めていきましょう。

お得な情報を配信中!
友だち追加
おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら新LP画像

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで、複数の買取業者から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。

マーケットエンタープライズフィールドセールス
おいくらマガジン編集部

不用品の買取や処分、捨て方に関する情報を発信します!