記念硬貨の買取どこがいい?|買取相場や高く売るコツを紹介

記念硬貨の買取どこがいい?|買取相場や高く売るコツを紹介

世界各国で国家的大規模な行事がおこなわれた際の記念として発行される硬貨が「記念硬貨」です。販売のお知らせが来た折に、購入しておく人は多いでしょう。

「投資として購入していた記念硬貨の価値を知りたい」
「家から出て来たから売りたい」

など、コレクションとして集める人もいれば、それを手放す方、もともといずれは売るつもりでいる方など、様々にいます。

そこで、本記事ではおすすめの買取業者や買取相場、高く売るコツを紹介します。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

記念硬貨買取におすすめの業者5選

記念硬貨として発行されるものは一般的に「通貨」が多いですが、場合によっては紙幣が発行されるケースも多く見受けられます。

そして記念硬貨の歴史はとても古く、記念硬貨に注目することで戦争、災害、国家の歴史などさまざまな情報を得ることも可能です。

価値の高い記念硬貨は、売ろうとなると買取業者ごとで価格差が生じることがあるもの。そこで記念硬貨買取に関しておすすめの業者5選を紹介します。

おいくら

おいくらLP

出典:おいくら

特定の基準をクリアーした全国の買取業者を1つのサイト内に集約している買取専用のプラットフォームが、弊社マーケットエンタープライズが運営する「おいくら」です。

おいくらを活用すれば、自分が売却したい商品に適合した買取専門店がすぐに選択できます。

特に、記念硬貨などの商品が小さい場合は、おいくらを使用するだけで店舗に査定に出す手間なども十分に省くことができます。

また、おいくらを活用して買取先との価格交渉が完了してしまえば、あとは商品を郵送するだけで完了するため、手続きが簡単なのも大きな特徴です。

おいくらで無料で一括査定する

高く売れるドットコム

高く売れるドットコム

出典:高く売れるドットコム

弊社マーケットエンタープライズが運営する「高く売れるドットコム」は、幅広いジャンルの買取を実施しています。

買取業者の中で規模が大きく、東証プライム市場上場の企業であるため、各ジャンルに専門の査定員を配置できているのも強み。

「日経トレンディ」「日経産業新聞」を始めとした多くのメディアでも掲載されました。「自宅のクローゼットを整理していたら掘り出し物が」そんな時にもおすすめしたいです。

もちろん、過去には遺品整理で出てきた記念硬貨なども高く買い取りしており、主要買取ジャンルの1つです。

利用者実績は、2022年8月現在までに300万人以上。査定時に決まった価格表などは使用せず、時期や人気などで常に変動する相場に適した買取を実施しています。

買取方法は「持ち込み」「宅配」「出張」の3種類の買取を実施しており、遠方の買取でも、電話やWEBで丁寧に対応しています。お申込みはお電話[0120-503-864(※年末年始除く9:15~21:00)]またはWEBからご利用いただけます。

高く売れるドットコムで無料査定する

福ちゃん

福ちゃん

出典:福ちゃん

さまざまな商品の買取を積極的におこない、記念硬貨の買取にも強みを持った買取専門店が「福ちゃん」です。

福ちゃんには記念硬貨に関して経験豊富な査定員が多数在籍していますから、適切な買取価格が十分期待できます。

また、デザインや発行年度が異なれば同じ硬貨でも価格が大きく異なるのが記念硬貨ですが、福ちゃんの査定員は細かな違いも判別可能です。

利用者が売りたい硬貨の種類などが解らなくても適正価格で査定しているとのこと。さらに汚れや傷、錆などがひどい状態のものでも買取対象です。

福ちゃんはテレビCMなどを放映していますが、イメージキャラクターである中尾彬・池波志乃夫妻も実際に福ちゃんを愛用しているとのこと。

2007年に中尾さんの病気がきっかけで始まった「終活」の際に福ちゃんを利用し、丁寧な対応に感銘したのがきっかけで一緒に仕事を始めたというエピソードがあります。

福ちゃんでは記念硬貨買取時に「宅配」「出張」の2種類の買取方法を実施しています。

福ちゃんで査定する

バイセル

バイセル

出典:バイセル

「着物の高額買取」で有名な買取店舗が「バイセル」ですが、記念硬貨の買取も多くの実績を誇っています。

バイセルは今までに数多くのメディアでも取り上げられた買取専門店で、経験豊富な査定員が多数在籍しているのも大きな特徴です。

また、全国各地の至る所に店舗を展開しているのもバイセルの「強み」といえます。

例えば、ショッピングモール内にも多数店舗展開をしており、買い物ついでに査定に出したりできるのも便利なポイントです。

そしてバイセルの最大の特徴が「接客品質」であり、口コミ内には「買取できないものに対しても、笑顔での丁寧な説明が印象的でした」などのコメントも寄せられています。

買取方法は「持ち込み」「宅配」「出張」を実施しています。

バイセルで査定してみる

日晃堂

日晃堂

出典:日晃堂

骨董品の買取に特化した買取専門店が「日晃堂」です。日晃堂では骨董品の1つである「古銭」を積極的に買取しており、その動きに伴い記念硬貨の買取にも力を注いでいます。

そして実は日晃堂は前述でも紹介した「福ちゃん」と兄弟会社で、同様のサービスを展開していますから、記念硬貨の買取に関しても十分期待できます。

ではどこが異なるかというと、福ちゃんは着物の買取に特化しているのに対して、日晃堂は骨董品や古物の買取に特化している点が挙げられます。

古くて価値の高い記念硬貨などは、日晃堂の方が適しているかもしれません。古くて汚れてしまい、価値の分からない記念硬貨なども持ち込みやすいでしょう。

日晃堂では「宅配買取」や全国無料の「出張買取」を積極的に実施しています。

日晃堂で査定依頼する

おいくらで無料で一括査定する

記念硬貨・金貨の買取相場

記念硬貨や記念金貨は価値の高いものは数万円で取引され、さまざまな種類のものが市場内で流通しています。

そして、硬貨の中にはプレミア価値のつく希少価値の高いものから、僅か数百円で取引される低価格のものまで多岐にわたっています。

したがって、種類が多いだけに実際に価値の高い種類などの判別は難しいところ。ここからは記念硬貨・金貨の買取相場について詳しく解説をしていきます。

FIFAワールドカップ記念硬貨

FIFAワールドカップ記念硬貨は開催国であるカタールが発行するFIFAが認定した公式コインです。

コインのデザインには大会で使用される数々のスタジアムや、躍動感あふれるプレーなどをアラビア文化独特のデザインを活用して緻密に表現しています。

金貨5種と銀貨4種のデザインが全て異なるため、買取の際には注意しましょう。FIFAワールドカップ記念硬貨は2002年に開催されたFIFAワールドカップを記念して発行され、硬貨には金・銀・銅の3種類が使われました。

種類によって買取価格も大きく異なり買取価格は500~80,000円程度で取り引きされています。中でも「FIFAワールドカップ記念硬貨プルーフセット」などは希少価値が高く高額で売却可能です。

天皇陛下御即位記念硬貨

2019年に徳仁親王が皇位を継承した記念に作られた硬貨が「天皇陛下御即位記念硬貨」です。当時、金貨幣と白銅貨幣の2種類が発行され、金貨幣の額面は10,000円、白銅貨幣の額面価格は500円の設定です。

金価格に関しては金を使用した特殊な加工で作られ、「製造にかかる費用が額面価格を超える貴重な硬貨」として税込み140,000円以上の価格で販売されました。

天皇陛下御即位記念硬貨の買取価格は貨幣であれば100,000~230,000円程度、白銅貨幣であれば未使用でも500~600円程度といわれています。

金貨幣と白銅硬貨で価格が大きく異なりますが、全体的な人気が高く、記念コインコレクターなどからの需要が高いコインといえます。

昭和陛下御在位60年記念硬貨

昭和天皇の在位60周年を記念して発行されたプルーフ金貨が「昭和陛下御在位60年記念硬貨」です。コインの表面は鏡面仕上げで仕上げられ、全体がフロステッドプルーフで作られています。

昭和陛下御在位60年記念硬貨の効果の価値は高めですが、中でも「ミントセット」と呼ばれるものは非常に価値が高いです。

理由として、ミントセットは一般的な100,000円硬貨に比べて販売数がとても少なく希少価値が高い点が挙げられます。

昭和陛下御在位60年記念硬貨は150,000~300,000円程度で取り引きされており、中でも昭和陛下御在位60年記念10万円金貨61・62銘2枚セットなどは人気が高く高額査定が期待できます。

表面に鳩と水の図柄、裏面に天皇家の象徴でもある「菊の紋章」がこしらえられている金貨も価値が高く、高額で取り扱われています。

注意したいのは、昭和陛下御在位60年記念硬貨はその人気の高さゆえに、1986年の発行の1年後の1987年に100万枚も大量偽造されるという事件が発生し、社会的な問題になった点です。

入手帰路に不安がある場合に、ご注意ください。偽物だから捕まるという訳ではなく、やんわりと断られるだけですから、まずは複数社に査定依頼してみるとよいでしょう。

天皇陛下御在位10年記念硬貨

1999年に天皇陛下御即位から10周年の記念として日本造幣局より発行された記念硬貨が「天皇陛下御在位10年記念硬貨」です。天皇陛下御在位10年記念硬貨は10,000円金貨と500円は白銅貨の2種類の貨幣が発行されました。

当時10,000円の貨幣価値を持つプルーフ金貨は41,000円で販売され、10,000円金貨と500円の白銅貨のセットで43,600円で販売されていたのです。

そして、金貨の表面には鳳凰や白樺、裏面には菊紋や橘、桜などの格調高い図柄がデザインされているのも大きな特徴といえます。

天皇陛下御在位10年記念硬貨の買取価格相場は500円白銅貨であれば500~600円、10,000円金貨であれば10,000~40,000円程度で取り引きされています。

またコレクターの間で高い人気を誇る「記念硬貨2点セット」などは30,000~45,000円程度の高額で取引されている価値の高い硬貨です。

天皇陛下御在位20年記念硬貨

2009年に天皇陛下即位の20周年を記念し、さ発行した記念硬貨が「天皇陛下御在位20年記念硬貨」です。当時10,000円の紙幣価値を持つ金硬貨と500円の黄銅貨の2種類が発行れました。

天皇陛下御在位20年記念硬貨の大きな特徴は荘厳なデザインで、10,000円金貨の表面に鳳凰・端雲や皇居の二重橋が大きく描かれています。

そして、裏面には堂々とした様子で天皇家の象徴である「菊花紋章」が描かれているのも大きな特徴です。

天皇陛下御在位20年記念硬貨の買取価格相場は10,000円金硬貨であれば150,000円程度で買取されている高額な貨幣です。

皇太子殿下御成婚記念硬貨

徳仁親王と雅子様の成婚を祝って発行された記念硬貨が「皇太子殿下御成婚記念硬貨」です。

硬貨の表面の図柄が豪快な波と2羽の鶴で描かれ、裏面が天皇家の象徴である菊花紋章と皇太子殿下を表している「梓」で彩られています。

皇太子殿下御成婚記念硬貨は金貨と白銅貨、銀貨の3種類の硬貨が発行されました。デザイン的に白銅貨よりも金貨の方が波と鶴の羽が大きく描かれているのが特徴的です。

皇太子殿下御成婚記念硬貨の買取価格は白銅貨であれば500円程度ですが、金貨であれば10,000~130,000円程度で買取されています。本物であればかなり高い金額で査定されますが、中にはレプリカなども多く価格の幅は大きめです。

そして当時徳仁親王と雅子様は6回にも及ぶ宮中饗宴の儀(披露宴)をおこなったことも話題を集め、このような観点からも皇太子殿下御成婚記念硬貨が高い価値を誇っているといえます。

東日本大震災復興事業記念貨幣

「プルーフ貨幣」は耳馴染みがありますが、どういうものを指しているか実は理解していないことも少なくありません。

プルーフ貨幣とは記念的な意味合いがとても強く、主に収集や観賞を目的として発行され、一般的な硬貨よりも美しい表面仕上げが特徴的です。

中でも「東日本大震災復興事業記念貨幣」は、「2度とあのような酷い震災が起こらないように」という強い願いが込められ発行されたもの。金貨であれば40,000~120,000円で買取される希少価値の高い記念硬貨です。

さらに金貨に関しては特製ケース入りの記念硬貨であれば買取価格は一気に200,000円程度まで跳ね上がりますから、お持ちの方は厳重に保管しておきましょう。

一般的に通常の金貨は60,000円前後で買取されますが、「贈呈分」の貨幣は希少価値が高いです。例えば1,000円記念硬貨でも約8倍の8,000円以上で買取されるケースも十分期待できます。

東日本大震災復興事業国債分記念貨幣

貨幣全体の発行数が限定され、実際の額面価格以下の金額で高額販売された記念硬貨が「東日本大震災復興事業国債分記念貨幣」です。

東日本大震災復興事業国債分記念貨幣は、東日本大震災の復興事業の始まりを記念して造幣局が発行した希少価値の高い硬貨で、市場でも高額で取引されています。

硬貨の表面には復興特別支援区域の地図が図柄になっています。裏面には震災の津波でも決して流されず、復興のシンボルとして有名な「奇跡の一本松」が記載され、とても強いメッセージ性を感じることができます。

東日本大震災復興事業国債分記念貨幣の買取価格相場は80,000~150,000円程度で買取されている希少価値の高い硬貨です。

地方自治施行60周年記念貨幣

国政の完全な地方自治が始まり、60周年を記念して発行された記念硬貨が「地方自治施行60周年記念貨幣」です。

裏面を下に向ければデザインである雪の結晶部に60周年を記念した「60」の数字が浮かび上がります。そして、下に向ければ47都道府県を表す「47」の数字が浮かび上がるのが特徴です。

地方自治施行60周年記念貨幣の買取価格相場は、500~8,000円程度でA・B・Cなどのセット次第で買取価格も大きく異なっていきます。

また、地方自治施行60周年記念貨幣は平成19年から造幣局により発行が開始され、平成20年度から10年にわたって各都道府県ごとに発行されました。したがって、発行された年月なども価格に影響しています。

記念硬貨・銀貨の買取相場

記念硬貨で金貨は買取市場内でも高額で取引され、中には希少価値がとても高いものも多いので保存状態がよければ高額査定が十分期待できます。

では記念硬貨の銀貨はどれくらいの金額で取引されているのでしょうか。

東日本大震災復興事業記念貨幣

東日本大震災復興事業記念貨幣については前述でも詳しく解説をしましたが、ここでさらに詳しく解説をしていきます。

東日本大震災は過去に発生した災害の中でも最大級で、対応策として早急な復興を促進するための「復興庁」が創設されたほどでした。

そして復興庁が手掛けた復興支援の国民的事業の1つが「東日本大震災復興事業記念貨幣」の発行だったのです。平成27年度には10,000円金貨と1,000円銀貨が発行され、それ以降は第1次から第4次までの4種類記念硬貨が発行され注目を集めました。

東日本大震災復興事業記念貨幣の銀貨は表面が鏡のように仕上げられており、加工に関しては特殊な技術が使用されて美しい光沢が印象的です。

さらに、表面の模様もくっきりと浮かび上がるデザインも大きな特徴といえます。銀貨も金貨同様に第1次~第4時まで発行されています。

買取相場は銀貨の場合に6,000~7,000円程度で取り引きされています。販売価格が9,500円ですが額面上の金額は1,000円ですから、額面の価値を大きく超える記念硬貨といえます。

東日本大震災復興事業国債分記念貨幣

国債保有者に国債発行日より3年目にあたる利払い日を基準日として、国債保有残高に応じて贈呈された記念硬貨が、「東日本大震災復興事業国債分記念貨幣」です。

国債保有額が10,000,000円毎に10,000円金貨1枚、1,000,000円毎に銀貨1枚が贈呈されます。

東日本大震災復興事業国債分記念貨幣はデザイン性の高さや、メッセージ性の強いデザインが高い評価を受けている記念硬貨です。

東日本大震災復興事業国債分記念貨幣の買取価格相場は7,000~13,000円程度で取り引きされています。

第1次~第4次までの記念硬貨が発行され、種類によって買取金額が異なるのも特徴的です。人気の高いデザインのモデルが「桜」をモチーフにした第4次の記念硬貨で高額査定が十分期待できます。

東日本大震災復興事業国債分記念貨幣も額面金額が1,000円であるのに対して買取金額はかなり高めに推移しています。

プルーフ貨幣セット

「プルーフ貨幣」とは売買などの流通目的で使用される貨幣ではなく、コレクターなどの収集を目的として特殊な加工が施された貨幣のことを指します。

貨幣を美しく仕上げるために表面を鏡のように磨いていますから、一般的な貨幣と少し見た目が違いますが他の貨幣と同様に使用することも可能です。

製造過程では限界まで磨き上げた極印(金型)を使用したり、圧印を2度打ちしたりと手の込んだ製造工程で作られています。

日本で作られたプルーフ貨幣の特徴は、鏡のように美しく加工された表面とその上に艶出しで浮き出された美しい模様です。

プルーフ貨幣の買取相場価格は1,000~10,000円程度で市場で取引され、特に2019年度に制作されたプルーフ貨幣は3,500~10,000円程度の高額で取引されています。

おいくらで無料で一括査定する

記念硬貨を高く売るコツ

記念硬貨はさまざまなルートで入手可能な硬貨であり、意外と身近にあったりもします。例えば、何かの行事に参加して記念品として贈呈されることや、コンビニなどの支払いで混ざることがあります。

以上から、場合によっては不用品として回収されたりするケースもあるようです。

せっかく、なんらかの方法で入手した記念硬貨ですから、できるだけ高額で売却したいところ。ここからは記念硬貨を高く売るコツについて詳しく解説をしていきます。

▼こちらの記事では、記念硬貨の換金方法など詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

ケースや付属品は揃える

記念硬貨の買取ではケースや箱などの付属品も査定の大きな対象になります。したがって付属品が揃っていなければ通常通りの価格での査定は期待できません。

逆に全ての付属品が揃っていれば確実に高額査定に繋がります。また、記念金貨などは専用ケースに入れておけば査定時の保管状態がよくなり、金貨としての買取価格も大幅に向上するのです。

プラスチックケースのホログラムがある場合には、日本造幣局独自のデザインですから、一緒に査定に出すだけで本物という証拠にもなる上に査定額の向上にも繋がります。

そして付属品の1つである「セット品」も査定の重要なポイントになります。記念硬貨には金貨と銀貨のセット品があったり、セットで素材の違った硬貨が販売されたりするケースも多いです。

これらのセット品はとても希少価値が高く、全て揃った状態で査定に出すことで買取価格も大幅に向上していきます。

磨いて汚れを落とさない

あえて汚れた硬貨の汚れを磨いて落とさないことも査定に関しては重要です。

日本では 「貨幣損傷等取締法」が制定されています。この法律は硬貨のメンテナンス時に故意に変形させたり、傷をつけてしまったりした場合に罰せられる法律です。

硬貨のメンテナンスは以外に難しく、適切な方法でおこなわずに逆に黒く変色したケースなども多く見受けられます。

したがって、もし査定時に「キレイに磨いた方が高く売れるかも」と思い、誤った方法で傷などをつけてしまわないようにしましょう。

もし、洗浄して汚れがキレイに落ちても、コレクターから「本来の形状ではない」と見なされ、価値が下がってしまうことも考えられます。

特に発行からある程度の年月が経過した記念硬貨であれば「キレイすぎる」硬貨は逆に不自然な印象を与えてしまうこともあります。

基本的には発行当時からきちんと保管して汚れが付きにくい状態にしておき、むやみな清掃はしないようにしましょう。

経年劣化による自然な汚れなどは査定時のマイナス要因にはなりません。

金相場を意識する

普段から金の価格相場などもこまめにチェックしておき、金の価格が上がった際に売却するのも1つでしょう。

査定に出す際は、常に金相場を確認しながら自分が売却したい記念硬貨にプレミア価格がついているかどうかを事前に確認することが重要です。

おいくらで無料で一括査定する

記念硬貨は金相場・プレミア価格を参考にうまく売ろう

記念硬貨は金貨・銀貨共に額面よりも売却時の買取価格が高くなる希少価値の高い貨幣です。

しかし、記念硬貨のコレクターは現在減少傾向にあるため、一般的には早めの売却が推奨されています。

手放す際にはぜひ、高く買い取ってもらえる業者を探し出してうまく売却してみてください。

お得な情報を配信中!
友だち追加
おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら新LP画像

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで、複数の買取業者から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。

マーケットエンタープライズフィールドセールス
おいくらマガジン編集部

不用品の買取や処分、捨て方に関する情報を発信します!