不要な切手を今すぐ手放したい方がやるべきこととは?

カテゴリ:

自宅で使うことなく、あまっている切手はありませんか?いつか使うと思って購入したものや、昔の古い切手などは、実はどんなに古くなっても価値はなくなりません。また、郵送物を送る機会があれば少しの手間で有効活用できるのです。

郵便局で現金での払戻はできる?

不要であまってしまった切手は、残念ながら郵便局で現金での払戻はできません。ただし、どんなに古くなってしまっても切手に表記された金額の価値が変わることはないので、できれば郵送物に貼って使用するのが最も損のない使用方法です。しかし、中には郵送物を全く出さない方もいるので、そういった場合は一般的な切手の使い方とは異なる使い方で賢く処分してしまいましょう!古くなってしまった切手も処分方法さえ知っておけば、いざという時に役立ちます。

古い切手も郵便料金として使用可能

現在発行されていない古い切手は、一般的な切手と同様に郵便料金に充てることができます。はがきや封書に張り付けて差し出すのはもちろん、郵便窓口で郵送物に関わる支払いであれば切手での支払いが可能です。また、着払いで届いた郵便物の支払いでも玄関口で切手を使うことができるので、いざという時のために保管しておくことをおすすめします。ただし○円○銭など銭単位での金額表記がある切手の場合は、銭単位分の金額が切り捨てとなるので注意しましょう。

郵便局ではがきや封筒と交換可能!

中には、切手を必要とする郵送物を全く出さない方もいるのではないでしょうか。そのような場合は不要な未使用切手を郵便局に持ち込めば、はがきや封筒と交換できます。切手での交換では通常はがきはもちろん、年賀状や往復はがきとの交換も可能なので、用途に合わせて選ぶとよいでしょう。交換の際の注意点としては、切手の場合は1枚につき交換手数料5円がかかるため、交換したいものの金額と手持ちの切手の金額を計算しておく必要があります。

外国切手の場合は寄付するのもアリ!

一般的な切手や古い切手のほかに、外国切手の処分で困っている方は寄付することで社会貢献ができるので覚えておいてください。郵便局での交換とは異なり、使用済みの外国切手も寄付対象となり、集まった外国切手は支援団体により換金され、発展途上の国々へ支援金として送られていきます。外国切手は世界中に多くのコレクターが存在しているため、国内の切手に比べて価値が付きやすいのです。1kgあたりの外国切手は2,000円相当の寄付金となり、子どもたちの勉学を支えています。

買取業者に査定してもらい売却する

価値のある切手コレクションは多く存在し、買取業者に査定を依頼すると高値で売れる可能性があります。特に長い期間切手収集を趣味にしていた方のコレクションは状態も良く査定価格も高い傾向にあります。

詳しくはこちらの切手のおすすめ買取業者や相場・査定の知識が役立つかもしれません。

まとめ

不要な切手を郵送物の配送料金に充てたり必要なものと交換すれば、賢く処分できて一石二鳥です。また、不要な外国切手を多く持っている方は、この機会にぜひ支援団体へ寄付してみてください。あなたの行動1つで、何人もの子どもたちが笑顔になること間違いありません。

本記事は、2016年09月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

おいくらで不用品を高く売りませんか?
リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。もちらん、電話で直接問い合わせることも可能です。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。まずは、どんなお店があるのか近くのリサイクルショップを探してみてはいかがでしょうか?

近くのリサイルショップを探す

近くのリサイルショップを探す