窓ふきのコツは新聞紙にあり!天候や掃除の時間にも注目しよう

カテゴリ:

窓ふきは意外と面倒な掃除場所。また、日々の掃除ではなかなか手が回らない場所です。今回は窓が汚れる原因と、窓ふきのコツについてまとめました。

コツさえ分かれば窓ふきの手間を抑えられます。窓ふきを今までにしたことのない方や、これからしようと考えている方はぜひ最後までご覧ください。

窓が汚れる原因とは?

初めに、窓が汚れる原因を「外側」と「内側」に分けて紹介します。

外側は花粉や雨、黄砂が原因

窓の外側の汚れは風にのって飛んでくる砂や花粉をはじめ、雨、車の排気ガス、黄砂によることが多いです。これらの汚れは目に見えにくいものですが、そのまま放置しておくと汚れが固まって落としにくくなることがあります。

内側はホコリや手垢が原因

内側は窓ガラスに手を触れることで皮脂がガラスに付着し、室内のゴミやホコリが付着しやすくなることで汚れます。また、タバコを吸われる家庭ではタバコのヤニが原因で、ガラスを黄色く汚してしまうこともあります。

台所近くに窓ガラスがある家では、料理することで油が含まれた水蒸気がガラスを汚してしまうことも。
どれも時間が経つと落としにくい汚れになるので、こちらもこまめな掃除が必要になります

窓ふきで汚れを落とすコツは?

窓が汚れる原因についてお伝えをしました。次は窓ふきで汚れを落とすコツについてそれぞれのパーツごとに紹介していきます。

ガラスの窓ふきは古新聞紙で綺麗になる

ガラスの窓ふきは古新聞紙を使うと綺麗になるとテレビなどのメディアでよく聞きませんか?その理由は新聞紙に使われているインクにあります。

新聞紙に使用されているインクは手垢の成分や油分を分解してくれます。そのため、洗剤を使用しなくても窓が綺麗になります。また、インクによってツヤ出し効果や曇り止め効果も期待できるので、鏡の掃除にも役立ちます。

新聞紙を使っての掃除方法は簡単で「丸めた新聞紙で水拭きと乾拭き」をするだけです。掃除に使った新聞紙はそのまま捨てるだけなので処理は簡単です。また新聞紙を濡らす水を「炭酸水」にすると、汚れが浮いて、さらに落としやすくなります。炭酸水は速乾性も高いため乾拭きも楽に終わります。

窓枠のゴム掃除は歯ブラシがおすすめ

古新聞紙で窓ガラスの掃除が終われば、次は窓枠のゴム掃除に入りましょう。この部分は傷つきやすいので使い古した歯ブラシを使うのがおすすめです。

掃除の仕方は、歯ブラシにクリームクレンザーにつけてこすり、乾拭きをすれば完了です。もしカビがひどい場合はカビ取り剤を塗って水拭きをすれば落とせます。窓枠は結露が出来ると湿度が高くなりカビができやすくなるので、できるだけこまめに掃除するように心がけましょう。

網戸は便利グッズで綺麗にしよう

網戸の掃除は100均で購入できる「網戸用ワイパー」と「窓ふき用シート」の使用がおすすめです。網戸用ワイパーを使ってさっと拭くだけで大体の汚れは取れます。掃除中はほこりが飛んでしまうことがあるため、窓の近くに新聞紙を敷いておくと周りを汚さずに掃除ができます。

「網戸の掃除はいちいち外してホースで水洗い…」と考えている方にとっては、簡単に掃除ができる便利グッズはおすすめです

サッシのカビには片栗粉が使える!

サッシは水滴が溜まりやすくカビが繁殖しやすい場所です。黒ずみがある場合は、カビである可能性が高いです。
カビ掃除には片栗粉と塩素系漂白剤が使えます。この2つを混ぜてペースト状にしたものを、黒ずんだ部分に塗りこんでいきます。

5分~10分経ったらティッシュでしっかりと拭き取り、水拭きと乾拭きをして完成です。塩素系漂白剤は手が荒れてしまう可能性があるため、直接手で触れないようにしましょう。また塩素系漂白剤はゴムと相性が悪いため、ゴム手袋の利用には注意が必要です。ゴムが劣化する可能性があるため、長い時間放置しないでください。

くらしのマーケット

家を綺麗にするなら町のプロに頼めるくらしのマーケットがおすすめです。ハウスクリーニングや不用品回収といったサービスを口コミや料金、人の顔を見て選ぶことができます。

プロの業者と直接やりとりをして相談可能!まずはどんなサービスがあるかちチェックしてみましょう。

くらしのマーケット公式サイト

新聞紙がなくても大丈夫!窓ガラスを掃除できる便利グッズ

窓ふきをするときに新聞紙を使うのがおすすめとお伝えをしましたが、新聞紙以外にも窓ガラスを掃除できる便利グッズを2つ紹介します。

両面ガラスクリーナー

両面ガラスクリーナーとは磁石の力を使い、窓を挟んで外側と内側にくっついたクリーナー片方を動かすと、もう片方のクリーナーも動いて、一度に両面の掃除ができる便利グッズです。2000円~3000円前後で購入できるので、気になった方はぜひ試してみてください。

メラミンスポンジ

メラミンスポンジは100均でも購入でき、有名な商品に「激落ちくん」があります。水を含ませて窓ガラスの汚れた部分をこするだけで綺麗に掃除できます。メラミンスポンジには研磨剤が入っているため、柔らかい素材のものや傷付きやすいものへの使用は注意が必要です。

やってはいけない窓ふきのやり方

窓ガラスを掃除するときにやってはいけないことがあります。それは最初に全ての窓ガラスに洗剤をつけてしまうことです。最初に洗剤をつけてまうと布巾やタオルで拭き取る前に乾いてしまい、ガラスに洗剤の跡が残ってしまうことがあります。

結果的に掃除の手間が増えてしまうため、部分的な掃除がおすすめです。

窓ふきのコツは天候に関係あり

窓ふきは半年に1回のペースがおすすめです。冬は外との気温差によって結露が生じてカビの原因になることもあるため、年末の大掃除に窓も掃除をすればカビの発生を防止できます。また、7月頃は大掃除から半年経過しており、黄砂などの汚れも落ち着くため窓の掃除にはぴったりの時期と言えます。

窓ふきは曇りか雨上がりがおすすめ

窓ふきにおすすめの天候は「曇り」か「雨上がりの日」です。理由は湿度が上がりガラスに付着している汚れが浮き上がり、軽く拭いただけでも落としやすくなるためです。

掃除をする時間帯は目で汚れが確認できる夕方がおすすめです。日中帯は洗剤が乾くスピードが早いため拭き跡が残りやすく、光の反射で汚れも見えにくくなるため避けた方がいいです。

まとめ

窓ふきはパーツ毎におすすめの掃除グッズが異なりますが、どれも手軽に入手できるものばかりです。また、掃除するときは天候や時間にも注意してみるとより綺麗に掃除ができます。

これから窓ガラスを掃除しようと考えている方は、今回紹介した方法を是非試してみてください。この記事を読んで、窓ふきが少しでも楽になれば幸いです。

おいくらで不用品を高く売りませんか?

リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。

今すぐ一括査定で買取価格を調べる

今すぐ一括査定で買取価格を調べる