プロジェクターの高価買取方法8選!買取額を左右するポイントとは?

カテゴリ:
プロジェクターの高価買取方法8選!買取額を左右するポイントとは?

プロジェクターがあれば、自宅で映画鑑賞やVOD鑑賞ができます。

また、圧倒的なスケール間でゲームもできます。
そのように自宅を非日常空間にしてくれるプロジェクターですが、不要になったため買取に出そうと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、プロジェクターの需要や高価買取の見込みをはじめ、買取相場や買取価格が左右されるポイント、そして高価買取してもらう方法などを説明していきます。

プロジェクターの需要と高価買取の見込み

ここでは、プロジェクターの需要と高価買取の見込みを説明します。

プロジェクターの需要は高い

プロジェクターの需要は、近年、増加傾向にあります。
なぜなら、感染症の影響で、自宅で映画やVODを楽しもうと考える人が増えたからです。
そのため、どの買取ショップもプロジェクターの買取には力を入れています。

感染症が落ち着いても自宅で映画やVODを楽しむ人はそれほど減らないと考えられるので、今後もプロジェクターの需要は高い水準を推移し続けると言えるでしょう。

プロジェクターは高価買取が見込める

先ほど、「プロジェクターの需要は高い」と説明しました。
そのため、プロジェクターは高価買取が期待できます。

以前は、業務用としての需要しかなかったので、買取価格は若干低めでした。
しかし、最近は「家庭用」としての需要も加わったので、買取相場は一気に高くなりました。
実際、状態がよいプロジェクターは数十万円で買取されています。

プロジェクターの買取相場

プロジェクターの買取相場は以下の通りです。

  • EPSON プロジェクター EB-Z11005
    28万5,000円
  • EPSON プロジェクター EB-Z11005
    28万5,000円
  • EPSON プロジェクター EB-5530U
    15万5,000円
  • SONY プロジェクター VPL-VW90ES
    3万8,000円
  • Canon LV-X301
    1万7,000円
  • CASIO XJ-F101W
    3万8,000円

出典:買取ステーション売買コムズ

家庭用のプロジェクターは数万円、業務用のプロジェクターは数十万円で買取されている傾向があります。
また、EPSONやSONYなど、有名メーカーのプロジェクターは少し前のモデルでも高値で取引されています。

プロジェクターの買取価格が左右されるポイント

ここでは、プロジェクターの買取価格が左右されるポイント説明します。

明るさとコントラスト比

1つ目は、「明るさとコントラスト比」です。
プロジェクターの明るさは「ルーメン」で表されます。
このルーメンとコントラスト比が高いプロジェクターは、高価買取が期待できます。

一般的なプロジェクターの明るさは1,000~2,000ルーメンで、高性能なプロジェクターの明るさは5,000~6,000ルーメンです。

コントラスト比は、3,000:1と1,000:1が人気です。

解像度とアスペクト比

2つ目は、「解像度とアスペクト比」です。
解像度はSVGAと呼ばれる800ドット×600ドットのものから、WUXGAと呼ばれる1,920ドット×1,200ドットのものまであります。
当然、数値が大きくなればなるほど、緻密な映像の投影が可能になります。

アスペクト比とは、画面縦横のサイズです。
高解像度で16:9や16:10のアスペクト比のプロジェクターは需要が高く、高価買取が期待できます。

アスペクト比が4:3のものは姿を消しているものが多く、今後、需要の上昇が見込めないので、売るのであればなるべく早く売った方がよいでしょう。

接続形式

3つ目は、「接続形式」です。
旧型のプロジェクターは、映像のみ出力可能なHDMI端子しかありません。
しかし、最新のプロジェクターには「映像と音声」が出力できるHDMI端子が標準で搭載されています。

また、現在はテレビで用いられる「S端子」やデジタル入力ができる「DVI端子」、ネットワークから投影できる「LANポート」などが搭載されているプロジェクターも珍しくありません。

基本的に「多くの接続形式に対応できるプロジェクター」ほど、高価買取が期待できます。

プロジェクターを高価買取してもらうには

ここでは、プロジェクターを高価買取してもらう方法を説明します。

使用時間を短くする

1つ目は、「使用時間を短くする」ことです。
基本的に使用時間が短いプロジェクターほど高く買い取られ、使用時間が長いプロジェクターほど安く買い取られます。
なぜなら、使用時間が短いプロジェクターほど、故障や不具合の可能性が低いからです。

プロジェクターのランプの寿命は水銀ランプで2,000時間程度、LED・レーザーランプで2万時間程度と言われています。
そのため、使用時間が寿命の半分以下であれば、かなりの高価買取が期待できます。

付属品を揃える

2つ目は、「付属品を揃える」ことです。
ボードゲームの付属品とは、リモコンや説明書、そしてコード類などです。

プロジェクターは、本体のみでは使えません。
本体と付属品があって、初めて機能します。
そのため、欠けている付属品が多いと、減額の対象となるので注意しましょう。

新品・未使用の場合は箱から出さない

3つ目は、「新品・未使用の場合は箱から出さない」ことです。
箱から出していないプロジェクターは「未開封品」として扱われますが、未使用でも箱から出してしまうと「開封済み」として扱われてしまいます。

「開封済みの未使用品」として扱われても、買取価格が大きく下がることはありませんが、それでも高価買取からは少し遠のいてしまうので注意しましょう。

故障している箇所は素直に伝える

4つ目は、「故障している箇所を素直に伝える」ことです。
よく高価買取を狙うために故障している箇所を隠す人がいますが、逆効果です。
相手はプロの査定士なので、どこが故障しているのかはすぐにバレます。
むしろ、故障している部分を隠していると、「他にも故障している部分があるのではないか」と疑われてしまい、減額の恐れがあるので注意しましょう。

故障している部分を素直に伝えて、査定士に信用してもらえれば、高価買取の可能性が高まります。
そのため、故障している部分は隠さずに、素直に伝えましょう。

使用環境を具体的に伝える

5つ目は、「使用環境を具体的に伝える」ことです。
例えば、「会社の会議用として、一ヶ月当たり〇時間ほど使っていた」というイメージです。
使用環境を具体的に伝えることで、本体の劣化具合やランプの消耗具合がある程度、把握できます。

プロジェクターの状態が把握できれば、適切な価値を付けてもらえるので、「使用環境が不明」というプロジェクターよりも高価買取が期待できます。

まとめて買取に出す

6つ目は、「まとめて買取に出す」ことです。
まとめて買取に出すと、1台当たりの買取単価が高くなる場合があります。

しかし、「スクリーン」はまとめない方がよいでしょう。
なぜなら、スクリーンの買取は対応しているところが少ないからです。

つまり、商品として販売できないので、引き取っても処分するしかありません。
そのため、スクリーンをセットにして買取を依頼すると、処分料を求められ、買取価格が逆に低くなる可能性があります。

最新機種や最新モデルであるうちに売る

7つ目は、「最新機種や最新モデルであるうちに売る」ことです。
プロジェクターに限ったことではありませんが、最新機種や最新モデルは求める人が多いので、高価買取が期待できます。

しかし、「前のモデル」になってしまうと、求める人が一気に少なくなるので、買取価格は低くなりがちです。
そのため、現在、最新機種や最新モデルをお持ちの方は、遅くても次の最新機種・最新モデルが発売される前に買取してもらいましょう。

高く買取してくれるショップを探す

8つ目は、「高く買取してくれるショップを探す」ことです。
初めにプロジェクターの買取相場を紹介しましたが、あの買取価格は店舗によって異なります。

例えば、EPSONのEB-Z11005の買取相場は28万5,000円ですが、A店舗は29万円、B店舗は27万円という場合があります。
そのため、さまざまなショップで査定してもらい、どのショップにプロジェクターを売れば、高価買取してもらえるのか自分の目で見極めましょう。

プロジェクターの高価買取を狙うなら「おいくら」を使ってみよう

おいくら 「スピード感」キャプチャ 2021年4月時点 最新版

プロジェクターを高価買取してもらう方法で「高く買取してくれるショップを探す」と説明しました。
この方法は最も効果が高い半面、最も手間がかかる方法です。
「正直、面倒臭そうだからショップの比較はやらないでおこう」と思った方も多いかと思います。

そのような方々におすすめなのが、「おいくらの一括査定」です。
おいくらの一括査定とは、プロジェクターの情報を一度入力するだけで、全国の買取ショップに査定を一括で依頼できるサービスです。
つまり、おいくらの一括査定を使えば、自宅で「査定依頼からショップ比較」ができます。
店舗に足を運んだり電話をかけたりする必要はありません。
しかも、おいくらの一括査定は無料で使えて、最大20社から査定結果メールが送られてくるので、選択肢も豊富です。

ユーザーにとってはメリット満載の高価買取手助けサービスなので、「プロジェクターを高く売りたい」と考えている方は、お試し程度に、一度使ってみてください。

今すぐ一括査定で買取価格を調べる

まとめ

今回は、プロジェクターの需要や高価買取の見込みをはじめ、買取価格を左右するポイントや買取相場、そして高価買取してもらう方法などを説明してきました。

感染症で巣ごもり需要が高まっている今、プロジェクターの需要は上昇しています。
感染症が落ち着いた後も、自宅での映画鑑賞やVOD鑑賞の需要はそれほど低くならないと考えられるため、今後もプロジェクターの買取相場は高い水準を推移し続けるでしょう。

しかし、「買取価格が低い業者」に買取を依頼しては、需要が高くても高価買取は期待できません。
そのため、「おいくらの一括査定」で全国の買取ショップに査定を依頼し、最も高く買取してくれる業者はどこなのか見極めましょう。
それができれば、高価買取は約束されたと言っても過言ではありません。

お得な情報を配信中!
友だち追加
おいくらで不用品を高く売りませんか?

おいくら新LP画像

おいくら新LP画像

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。