バッテリーは自治体では処分できない!?廃棄方法を解説

カテゴリ:

バッテリーの処分方法を知らない人も多いのではないでしょうか。スマートフォンの普及により、モバイルバッテリーの利用が増えています。内部には金属が入っているなど、多くの理由から自治体での処分は基本的に行っていません。

ただ、バッテリーの処分は、方法を知っていれば難しくはありません。今回はバッテリーの廃棄方法などを詳しく掘り下げていきます。正しい知識を身に付けて、バッテリーを処分しましょう。

電池の種類

スマートフォンや携帯ゲームなど、持ち運びができる電化製品の多くは電池によって動いています。すでに電池が内蔵されている電化製品もありますが、テレビのリモコンなど電池を入れて動くタイプもあるでしょう。電池は大きく分けて2つの種類に分けられます。

1次電池

放電のみできる電池を1次電池といいます。一般的に使用されている1次電池は以下の通りです。

・乾電池(マンガン乾電池 / アルカリ乾電池 / ニッケル乾電池 など…)
・リチウム電池 など…

乾電池は一般家庭でも使用する機会が多く、値段も安価です。処分方法も簡単で、地方自治体の区分に従いゴミとして廃棄処分が可能です。

2次電池

充放電が可能な電池を2次電池といいます。蓄電池や充電式電池ともいわれ、1次電池と違い充電を行えば何回でも使用が可能です。バッテリーと呼ばれる電池は、一般的に2次電池を指すことが多いでしょう。2次電池は自動車や大型施設の非常用電源、スマホのバッテリーなどに使用されています。

1次電池と違い、地方自治体による処分ができないため、処理ができる場所を把握しておく必要があります。

バッテリー(2次電池)の種類

自動車やスマホ、モバイルバッテリーなど以前に比べて充電式バッテリーの需要は高まりつつあります。また、太陽光発電が広まり、家庭にも大容量の蓄電池を置く流れになってきました。これらのバッテリーは、電気を貯めて使う用途は共通していますが、種類によって特性が変わります。どのような種類があるのか、確認していきましょう。

鉛蓄電池

鉛蓄電池の構造や用途は以下のようになっています。

=+極:二酸化鉛(PBO2)
=-極:鉛(Pb)
電解液:希硫酸(H2SO2)

<使用用途>
・自動車のバッテリー
・非常用電源
・電動車用主電源(バッテリー駆動のフォークリフト・ゴルフカート) など…

<メリット>
・安価
・使用実績が多く信頼性に優れている

<デメリット>
・繰り返し充電することによって負極の金属に硫酸鉛の硬い結晶が発生しやすくなる
・サイクル回数の増加に伴い性能が低下してしまう
・おおよその残存容量しか把握することができない

車のバッテリーに使用されているため、身近に使用されているバッテリーの一つである鉛蓄電池。新しく開発されているバッテリーに比べると、容積や重量に対する蓄電量が少ない傾向にあります。
しかし、長年使用されてきた信頼もあり、今後も利用頻度の高いバッテリーでしょう。

リチウムイオン蓄電池

スマホなどに使用されるリチウム電池の構造や用途は以下のようになっています。

=+極:リチウム含有金属酸化物
=-極:グラファイトなどの炭素材
電解液:有機電解液

<使用用途>
・ノートパソコン
・スマートフォンなどの携帯電話
・充電式のモバイルバッテリー
・電気自動車
・住宅やオフィスなどの蓄電池 など…

<メリット>
・蓄電できる容量と放電効率が非常に高い
・残存容量や充電状態が管理しやすい

デメリット
・価格が高い

鉛蓄電池と比べ、より身近にあるバッテリーがリチウムイオン蓄電池です。鉛蓄電池の半分以下の容積で、多くの電気を貯めることができます。また、鉛蓄電池と違い、細かい残存容量や充電状態を把握できるメリットがあります。

リチウムイオン蓄電池は需要が増えており、大きな容量が必要な電気自動車や住宅用の蓄電池にも採用されています。類似する蓄電池には以下があります。

<リチウムポリマー蓄電池>
リチウムイオン蓄電池と違い、バッテリーの形状をある程度自由に設計できるメリットがあります。新しいスマホなど、充電が必要な小型家電やAV機器に採用されているのです。

<アルカリ蓄電池>
電解液に水酸化カリウムを使用した電池がアルカリ蓄電池です。電極に使用されている金属によって、種類分けされています。

○ニッケルカドミウム蓄電池
=+極:水酸化ニッケル
=-極:水酸化カドミウム

○ニッケル水素充電池
=+極:水酸化ニッケル
=-極:水素吸蔵合金

○ニッケル鉄蓄電池
=+極:水酸化ニッケル
=-極:鉄

○銀カドミウム蓄電池
=+極:銀
=-極:カドミウム

<使用用途>
・病院や工場など、大容量の電気が必要な施設の非常用電源
・鉄道用車両や船舶などの補助電源
・昔の携帯電話バッテリー

<メリット>
・放電量が大きい
・低温環境でも電圧降下が起きにくい
・ニッケルカドミウム蓄電池は完全放電しても、一定まで充電すれば回復する

<デメリット>
・ニッケルカドミウム蓄電池はカドミウムが環境に有害であり廃棄方法が難しい
・メモリー効果が発生するため正確な残存容量が分かりにくい
・ニッケル水素蓄電池は完全放電すると機能が低下してしまう

ニッケルカドミウム蓄電池は多くの大型施設で活用されています。しかし、カドミウムが有害なため、徐々にニッケル水素充電池やリチウムイオン蓄電池の需要が高まっているのです。

バッテリーの寿命の見極め

バッテリーは使用していくと徐々に劣化していき、やがては使えなくなってしまいます。劣化する原因や寿命を種類別に見ていきましょう。

鉛蓄電池

<劣化原因>
・電極板の腐食 または 破損
・サルフェーション(硫酸鉛の結晶化)
・振動や衝撃が加わる

<劣化が起こる要因>
・バッテリーを不使用で長期間放置
・長期間充放電しながら使用している など…

<寿命>
・目安年数 17年(車での使用では2~3年とも言われている)
・サイクル数 3,150回

リチウムイオン蓄電池

<劣化原因>
・電解液の成分が変わった
・電極に皮膜が発生

<劣化が起こる要因>
・長期間の充放電の繰り返し
・満充電 または 電池切れでの長期間保存
・過充電
・高温環境での使用

<寿命>
・目安年数 6~10年
・サイクル数 3,500回

アルカリ蓄電池(ニッケル水素蓄電池)
<劣化原因>
・電極板の腐食 または 剥落
・結晶の軟化

<劣化が起こる要因>
・長期間の充放電
・高温化での使用
・大電流充電による温度上昇

<寿命>
・目安年数 5~7年
・サイクル数 2,000回

バッテリーの主な劣化原因は電極の破損などの物理的要因か、電解質の変化による科学的要因に分けられます。普通に使い続けることで劣化は進みますが、高温化での使用や過剰な充放電、長期間の保管はバッテリーの劣化をより早めます。

バッテリーの廃棄方法

バッテリーは家庭用の不燃ごみで出すことはできません。使えないバッテリーは以下の方法で処分しましょう。

鉛蓄電池

車のバッテリーに使われる鉛蓄電池は、次の処分場所があります。

・バッテリーを販売しているお店
・廃品回収業者
・金属スクラップ業者 など…

車用品を取り扱う店舗は、バッテリー購入者の不要バッテリーを無料回収してくれるでしょう。ネット販売をしているお店でも、不要なバッテリーを着払い返送することで回収してくれる店舗もあります。鉛蓄電池を回収してくれる店舗には以下の通りです。

・ガソリンスタンド
・カー用品店
・ホームセンター など…

カー用品店では、不要バッテリーを無料で置いておける場所を用意している店舗があるでしょう。回収費用が発生する場合、500円~1,500円が目安となります。
金属専用のスクラップ業者は、企業の持ち込みのみ受け付けている場合もあるため事前に連絡してみましょう。

リチウムイオン電池 / ニカド電池 / ニッケル水素電池 / 小型シール鉛蓄電池

モバイルバッテリーなど、小型蓄電池の処分方法は、以下の通りです。

・小型充電式電池回収BOX
・小型家電リサイクル法対象家電の回収BOX

モバイルバッテリーや単3充電池のような、小型の充電バッテリーはリサイクルが義務付けられています。電気屋やホームセンターなどに、小型充電式電池回収BOXが設置されていれば処分が可能です。

回収BOXは、小型充電式電池のリサイクル活動を行っているJBRCのホームページから調べることができます。また、各市区町村の役所でも小型家電リサイクル法対象家電の回収BOXが設置されており、小型バッテリーの処分を行っているでしょう。

処分するときは、電池の端子部分をビニールテープなどで絶縁する必要があります。電池の端子が素の状態だと、他の電池の端子と接触しショートして、発熱や発火の恐れがあります。乾電池タイプやボタン電池タイプは、必ず+極と-極にテープを貼るようにしましょう。

バッテリー処分で注意すること

バッテリーは、個人で分解をして処分するにはリスクが高いため、処分時に気を付けるポイントがあります。処分時の注意点を確認していきましょう。

バッテリーの分解が危険な訳

バッテリーの中には電解液が入っています。使用されている希硫酸や水酸化カリウムなどは有害な液体のため、そのまま捨てることができません。それぞれの溶液は中和することで廃棄可能ですが、中和した溶液や塩を捨てるのも手間がかかるため業者に処分を依頼するのが良いでしょう。

発火や爆発の可能性

リチウムイオンバッテリーは、衝撃などを加えると発火や爆発をする事例があります。そのため、分解して処分することはまず行わないほうが良いでしょう。

処分時の注意点

バッテリーを処分するときは、以下の点をこころがけましょう。

・処分前はできるだけ完全放電しているのが望ましい
・高湿高温の場所に置かない
・衝撃を与えない
・電極(+極 / -極)を絶縁体(ビニールテープなど)で塞ぐ など…

処分するときはバッテリーを完全放電させておくと安全です。また、一緒に保管した電池との接触によって発熱や発火が起こるリスクがあるため、電極を絶縁体で覆うことをおすすめします。

バッテリーは中古品として売れる?

買い替えなどで不要になったバッテリーは、リサイクルショップの買取やネットオークションで販売することはできるのでしょうか。

リサイクルショップなどでの買取

使用したバッテリーを、リサイクルショップに買い取ってもらえる可能性はとても低いでしょう。また、リサイクルショップは未開封品の買取を行っていないショップも多いです。上記2つの理由には以下が考えられます。

・中古のバッテリーは残存容量や耐久年数がわからない
・新品未開封では盗難品の可能性があるため買取を行っていない など…

実際に買取を行っているかは、直接近くの店舗に連絡をするのが良いでしょう。

ネットオークションでの販売

フリマアプリや個人のネットオークションでは、モバイルバッテリーやスマホの内蔵バッテリーなどは500円以下の低価格で取引されています。中古のバッテリーが取引される理由として以下が考えられるでしょう。

・残存容量が少なくても使えればいいユーザーがいる
・新品を買うよりも圧倒的に安価で手に入れられる など…

今使っているバッテリーが使えなくなり、とりあえず使えるなら新品ではなくても良いユーザーは、安価である中古バッテリーを活用します。新品が10倍以上の価格になるため、中古バッテリーが使えればコストパフォーマンスがとても良いのです。

ネットオークションでの販売を考えている場合は、過去の取引事例などを確認し、トラブルにならないように商品説明や注意事項を明確に記載しましょう。

まとめ

バッテリーの処分方法の要点をおさらいしておきましょう。

・バッテリーは一般的に充電池(2次電池)を指す
・一般使用されている電池は鉛蓄電池 / リチウムイオン蓄電池 / アルカリ蓄電池の3種類
・バッテリーの劣化は電極の腐食や破損、電解液の変質によって起こる
・バッテリーは一般ごみとして廃棄ができない
・自動車用バッテリーはバッテリーを販売している店舗で廃棄処分が可能
・自動車用バッテリーをネットで購入すると、送料や手数料無料でバッテリーを処分してくれるショップがある
・リチウムイオンバッテリーの処分は電気屋や各市区町村の役所にある回収BOXに入れる
・バッテリーを処分するときは完全放電させるか電極を絶縁する
・バッテリーは低い価格ならネットオークションでの売却も可能

バッテリーを処理する方法が分かっていれば、処分方法自体は難しくありません。バッテリーの種類にも気を付け、正しく処分するようにしましょう。

おいくらで不用品を高く売りませんか?
リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。一括査定は無料で申し込めるので、まずはいくらで売れるか買取価格を調べてみてはいかがでしょうか。

おいくらで買取価格を調べる

おいくらで買取価格を調べる