蛇口の水漏れはこう直す!10分で出来る対策方法とは

カテゴリ:
souji042_eyecatch

洗面所、キッチンの蛇口から水漏れが発生することはよくあるトラブルの一つです。実際に直面すると焦ってしまうかもしれませんが、慌てる必要はありません。蛇口の修理は自分で修理することもできます。

ここでは、お風呂、台所・洗面所の蛇口の修理方法について紹介。また、水漏れを放置するリスクについても説明していきます。

くらしのマーケット

蛇口を自分で修理する時のリスクはある?

蛇口を自分で修理する前に覚えていて欲しいことがあります。それは、万が一自分で修理を行って失敗した場合、水漏れが直るどころか余計に悪化してしまう可能性もあること。

自分で蛇口を修理することで、他の部品が壊れてしまい交換費用が余計に高くついてしまうこともあります。蛇口の修理は簡単に解決するものも多いですが、慎重に行う必要があるのです。

蛇口の修理方法についてお伝えをしますが、自信がない場合は水道の修理業者に依頼する方が無難といってもいいでしょう。

蛇口を自分で修理する時に必要な道具

蛇口を修理する際には道具が必要です。まず、以下の道具を揃えるようにしましょう。

道具名 用途
モンキーレンチ ボルトを回すために必要
トルクレンチ 締め付け度合がわかる為必要
ピンセット 小さな部品を取り出す時に必要
精密ドライバー ネジを外す際に必要
水栓レンチ 蛇口を取り外す際に必要

上記の5つは蛇口を修理する際に必ず必要になりますので、事前にホームセンターなどで購入して準備しておきましょう。

お風呂の「サーモスタット混合水栓」の水漏れ対策

それでは次にお風呂の「サーモスタット混合水栓」タイプの水漏れ対策について一つずつ紹介していきます。

シャワーヘッドやカランから水漏れしている場合

シャワーヘッドやカランから水漏れをしている場合は開閉バルブの劣化・故障が原因になっていることがほとんどです。開閉バルブの交換の基本は以下になります。

  • 止水栓を締める
  • 止水栓を締めて作業中に水が飛び出ないようにします。これは蛇口を修理する時に絶対に必要な作業になりますので覚えておきましょう。

    • ハンドルを外す

    ハンドルは横に引っ張ると基本取ることができますが、中にはネジ止めされているものもありますので、その時はドライバーでネジを外すようにしましょう。尚、ネジの位置ですが、ハンドルの側面のキャップを外すと見つかります。

    • シャワーマークのあるリングを取り外す

    ハンドルを取り出した次はシャワーマークのリングを取り外します。

    取り外す時は少し曲げる必要があるのですが、力を入れすぎてしまうと折れてしまう可能性もあるので、注意して作業するようにしましょう。

    • 固定ナットを取り外す

    固定ナットは非常に固い為、素手で取り外すのは難しいです。ホームセンターで購入できるウォーターポンププライヤーなどを使って取り外すと良いでしょう。尚、こちらも力を入れすぎるとパーツが破損する可能性もあるので、注意が必要です。

    • スペーサーを外す

    スペーサーとはバルブの軸を固定する為に設置されている白い器具です。また、シャワーとカランを切り替えた時に「カチッ」って音がすると思いますが、その役割をスペーサーが担っています。尚、スペーサーは簡単に引き抜くことができます。

    • 開閉バルブを取り外す

    こちらも器具は必要なく、横に引き抜くだけで簡単に外せます。

    これらの作業が終われば、開閉バルブを交換して逆の手順を行えば修理完了です。

    シャワーホース部から水漏れしている場合

    シャワーホースのつなぎ目から水漏れしている場合はパッキンの劣化がほとんど。パッキンの交換は至ってシンプルでシャワーヘッドを外してホース側にあるパッキンを取り外し交換するだけ。専門工具など必要ありませんので、自分で簡単に交換することが可能です。

    尚、パッキンはホームセンターやインターネットで簡単に購入することができます。

    台所や洗面所に多い「シングルレバー混合水栓」水漏れ対策

    次に台所や洗面所に多い「シングルレバー混合水栓」の水漏れ対策について一つずつ紹介していきます。

    蛇口周囲から水漏れがする場合

    水を出している時に蛇口から水漏れしている場合はパッキンが劣化している可能性があります。尚、パッキンは以下の手順で交換することができます。

    • 止水栓を締める

    こちらはお風呂のバルブを交換する時の同じ作業になります。

    • レバーを取り外す

    レバーはネジによって固定されていますので、ドライバーを使って外します。ネジを外した後は上に抜いてください。

    • レバーの下部分を取り外す

    レバーを抜いたら、次は下部分を取り外します。尚、ナットで固定されているものが多いのでモンキーレンチを使って取り外してください。ただし、使用状況によっては固くなっていることもあるので注意しましょう。

    • パッキンを交換する

    シングルレバー混合水栓の部品を外し終えたら、パッキンの交換をします。パッキンは2箇所ありますので、全て交換してください。

    パッキンの種類は様々ありますので、購入するときはメーカーと型番をしっかり確認してから購入するようにしましょう。

    最後に部品を元に戻し、止水栓を開けて水漏れがしなければ修理完了です。

    蛇口を締めた後も水漏れがする場合

    蛇口を締めても水漏れする場合は内部のカートリッジの品質が劣化した可能性が高いです。この場合は新品のカートリッジを購入して交換すれば直ります。

    カートリッジの交換方法はメーカーや型番によって異なりますので、取り扱い説明書を見ながら作業するといいでしょう。ただ、そこまで難しいものではありません。

    ただし、カートリッジを交換する時に取り付けの向きを間違えてしまうと、水とお湯の切り替えが反対になることもありますので、注意して作業しましょう。

    洗濯機の給水部分からの水漏れ対策

    次は洗濯機の水漏れ対策。洗濯機は大量に水を使うのでトラブルが発生した際は被害が大きくなりやすいです。特に集合住宅の場合は下の階にも被害が行くこともありますので、水漏れを発見したらすぐに行動するようにしましょう。

    蛇口まわりから水漏れしている場合

    蛇口まわりから水漏れをしている場合はハンドルのナットが緩んでいるかパッキンの劣化のどちらが原因になります。ナットが緩んでいる場合はモンキーレンチで締めればすぐに対処できますが、パッキンの劣化の場合は交換する必要があります。

    • ハンドルを取り外す

    ラジオペンチなどを使い、ハンドル上部についているカラービスを取り外し、ハンドルを取り外します。尚、カラービスはメーカーによって異なりますが、水色や青色が多いです。

    • ナットを取り外しパッキンを交換する

    モンキーレンチを使い、ナットを取り外すとパッキンが見えますので新しいものと交換しましょう。もし、パッキンの交換をしても水漏れが直らない場合は蛇口本体が故障している可能性が高いです。

    この場合、配管と繋がっているパーツなどを用意する必要があり、専門性が高い作業も必要になる為、プロの業者を呼んだ方が無難でしょう。

    くらしのマーケット

    水漏れを放置するリスクとは

    蛇口の水漏れの対策について紹介しました。次は水漏れを放置することによるリスクについて一つずつ説明していきます。

    水道代が高くなる

    水漏れが発生すると、水を使用していない時でも水道を使っていることになり料金が高くなります。

    また、水漏れのやっかいなところはなかなか気付かないこと。普段のように使っているにも関わらず水道料金が大幅に上がり、初めて水漏れに気付いたケースも少なくありません。

    水滴が落ちる程度の水漏れであっても、24時間毎日漏水していればそれなりの量になり、家計への負担も大きくなります。水道代が明らか高くなっているならどこか水漏れをしている可能性があることを覚えておきましょう。

    湿度が高くなるのでカビの原因に

    水漏れは、ただ水道料金が上がるだけではありません。水が漏れることで湿気が溜まりカビが発生しやすくなります。

    カビは水漏れした部分はもちろん、そこからどんどん広がっていきますので放置すれば天井、壁などに発生。見た目が悪くなるのはもちろんですが、悪臭の原因やアレルギーのもとになり健康にも被害を及ぼす可能性があります。

    家電製品に悪影響を与える

    家電製品は水に弱い為、水漏れが故障の原因になることも。今は少ないかもしれませんが二世帯住宅の場合、2階にも流しがあるケースが多く、そこから水漏れした場合、下の階に電化製品に被害が及ぼすことに可能性があります。

    特に精密機械に関しては、水漏れじゃなくても高温多湿で故障の原因になることも。また、水漏れをして故障すると、そこから漏電をして火災になる危険性もあるので注意が必要です。

    自分で修理が難しいと感じたらプロの業者に依頼をしよう

    今回紹介した作業は比較的簡単なものであり、ホームセンターに行けば簡単に揃えられるものばかりです。しかし、故障している箇所によっては専門の工具や作業が必要になります。その時は、専門業者に依頼をしましょう。

    水道業者の中には24時間365日トラブルに対応してくれるところもたくさんあります。水滴が落ちる程度の水漏れであれば翌日でも問題ありませんが、水があふれ出るぐらい水漏れしている場合は、状況を説明してすぐに来てもらうようにしてください。

    また、最初にお伝えした通り、自分が修理することにより他のパーツを壊したりするリスクがあるため、今回紹介した方法でも難しいと感じた場合は無理せず専門業者に依頼しましょう。

    くらしのマーケット

    curama

    「くらしのマーケット」は生活系サービスのマッチングサイトです。サービスは出張・訪問型に特化しています。

    業者の口コミが豊富なので、口コミを参考にしてサービスを選ぶことができます。登録業者が多いので、予約が取りやすい点も魅力です。

    また、登録業者のほとんどが個人業者なので、大手と比較すると金額も安くなる傾向にあります。なるべく安い業者を探している人にはおすすめです

    水漏れ修理のサービスも充実しているので、気になった方はサイトをチェックしてみてください。

    くらしのマーケット公式サイト

    まとめ

    蛇口の水漏れの対策について紹介しましたがいかがでしたか?思ったより簡単だと思った方もいれば、難しそうと感じた人もいるでしょう。

    簡単だと感じた方はリスクもありますが、水漏れした際は一度自分で修理するのも一つです。業者に頼むよりも費用はかかりらないので安上りになります。

    難しいと感じた場合は、少しの水漏れであっても専門業者を呼ぶようにしましょう。水滴程度の水漏れであっても、水道代は高くなりますし、場合によっては健康にも被害を及ぼすからです。

    少しでも修理に手間取ったりした場合は無理をせず、専門業者にお願いをして被害も費用も最小限に抑えましょう。

    おいくらで不用品を高く売りませんか?
    リサイクルショップの一括査定ならおいくら

    おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

    家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。もちらん、電話で直接問い合わせることも可能です。

    処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。まずは、どんなお店があるのか近くのリサイクルショップを探してみてはいかがでしょうか?

    近くのリサイクルショップを探す

    近くのリサイクルショップを探す