ベットを高く売るコツと引き取りやリサイクルとの比較

カテゴリ:

新しくベッドを買ったり、布団生活を始めたいのでベッドを処分したい場合、一番に思いつくのはゴミとして処分する方法です。ベッドは大型のため、自治体に処分をお願いする場合には手数料がかかります。今回は、ベッドのリサイクルにかかるお金と、もう一つの処分方法「リサイクル業者への売却」をご紹介します。

ベッドの正しいリサイクル・処分方法

ベッドは、木やスチールなどさまざまな材質で構成されていますが、いずれにしても通常のゴミとして出すことはできません。バラバラにして、自宅から運び出して回収してもらう形が一般的です。

市や業者の回収・引き取りの場合

自治体に回収してもらう場合、まずは粗大ゴミ処理券を購入します。粗大ゴミ処理券は、自治体によって値段が違いますが、一例として江戸川区の場合、ベッドヘッドは300円、ベッドマットは1,000円の処理手数料 がかかります。

ベッドの搬出は自分で行わなければなりません。手数料券を貼り付けて、指定の場所まで運んでいきます。業者に連絡して引き取ってもらうときには、業者がそれぞれ提示している値段を払って、持って行ってもらいます。値段は、一般的には行政が行う収集よりも割高です。

指定引取場所への持ち込みの場合

ベッドを処分場に持ち込む場合は、自治体にもよるのですが手数料が若干安くなることがあります。自分で持ち込めばベッドヘッドは無料、ベッドマットは700円になります。割安感がありますが、処分場まで自分で運んでいく必要があり、重くてかさばるベッドを家の外まで持って行き、車で積んで、さらに処分場まで自分で運転していくエネルギーと時間がかかってしまいます。

リサイクルショップに依頼する場合

リサイクルショップに依頼するときは、まずリサイクルショップに連絡をとり、買取か引き取りが可能かどうか相談します。ベッドをリサイクルショップに買い取ってもらうコツは、ベッドとマットがセットになっていることと、きれいであること、付属品が揃っていることです。

ベッドとマットのセット品は、すぐに使えるので人気があります。見た目のきれいさも大事ですし、購入時の付属品が揃っていることも重要です。ブランド物のベッドは、特に買い取ってもらえる確率がアップします。もしブランド物の場合は、その旨をきちんとリサイクルショップに伝えましょう。

まとめ

ベッドを処分するとき、自治体に依頼する場合は処理手数料が必要です。業者に頼んで回収してもらうと、自治体よりも割高な手数料が必要になることがあります。リサイクルショップに売却すると手数料はかかりませんが、より良い条件で買い取ってもらうためにはベッドとマットがセットになっていることや、ブランド品であることなどが条件になります。

自治体に処分を依頼する前に、リサイクルショップに引き取ってもらえるかどうか問い合わせてみてから考えましょう。

本記事は、2016年09月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

おいくらで不用品を高く売りませんか?
リサイクルショップの一括査定ならおいくら

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、最も高く売却できるショップが簡単に見つかります。もちらん、電話で直接問い合わせることも可能です。

処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。まずは、どんなお店があるのか近くのリサイクルショップを探してみてはいかがでしょうか?

近くのリサイルショップを探す

近くのリサイルショップを探す