【男女別】一人暮らしで最低限必要なものまとめ(安心チェックリスト付き)

カテゴリ:
【男女別】一人暮らしで最低限必要なものまとめ(安心チェックリスト付き)

期待と不安が交じり合う一人暮らし。初めての一人暮らしであれば、家電製品や寝具など、生活するために必要なものを揃えなければいけません。新生活応援キャンペーンで安くなっているものが多いかと思いますので、納得のいくものを購入して充実した一人暮らしを送っていきましょう。

しかし、納得いくものを購入しようと言われても、「何を揃えれば良いのだろうか」という疑問を抱えている方も多いかと思います。そのため、この記事では一人暮らしをする上で必ず必要なものやあると便利なものなどを具体的にまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

引越し業者を探している方へ

引越し業者を探している方には「引越し侍」の一括見積がおすすめです。

大手~中小まで幅広い業者に見積を依頼できるので、引越し料金を安く抑えることができます。WEBから簡単に依頼できるので、気になった方は公式サイトをチェックしてみてください。

引越し侍で料金を一括見積

必須アイテム!一人暮らしをする上で必要なものリスト

ここでは、一人暮らしをする上で必須アイテムと言われているものをリスト形式で紹介していきます。

家電製品

一人暮らしをする場合に必要なもの1つ目は「家電製品」です。特に、以下の家電製品を揃えておくと良いでしょう。

冷蔵庫 サイズは140Lがおすすめです。もしも、自炊や作り置きをする場合は、240L以上あると安心です。自炊をほとんどしない場合、1ドアタイプの冷蔵庫でも十分間に合います。
洗濯機 容量は、5~6kgがおすすめです。洗濯機を外に置く場合は、劣化防止の為に洗濯機専用カバーも購入しておくと良いでしょう。
電子レンジ 自炊をしない方は必須アイテムです。自炊をする方は、焼いたり煮たりと様々な機能がついている電子レンジを選ぶと便利でしょう。
掃除機 部屋のサイズが小さい場合は、スティックタイプの掃除機がおすすめです。
ドライヤー 物件の壁が薄い場合は、静音性の高いドライヤーを選ぶと良いでしょう。

寝具

一人暮らしをする場合に必要なもの2つ目は「寝具」です。特に、以下の寝具を揃えておくと良いでしょう。

ベッド 一人暮らしの場合、サイズはシングル、又はセミダブルがおすすめです。
布団 敷布団、掛け布団、シーツ、枕、枕カバーをセットで購入しておくと良いでしょう。

家具

一人暮らしをする場合に必要なもの3つ目は「家具」です。特に、以下の家具を揃えておくと良いでしょう。

照明 LED照明の方が電気代は安くなるのでおすすめです。
カーテン 物件によって合うサイズが異なるので、予めカーテンのサイズを把握しておきましょう。
テーブル 折り畳み式のテーブルを選ぶとスペースを広く使えるのでおすすめです。
テレビ 部屋のサイズによって異なりますが、サイズは32インチがおすすめです。
収納ボックス 本棚やテレビ台、食器棚など様々な用途で使えるのでおすすめです。
ハンガーラック ホコリを防げるカバー付きのハンガーラックがおすすめです。
姿見 全体の身だしなみを確認したい方におすすめです。
ソファ 部屋のサイズが小さい場合は、ベッドとしても利用できるソファベッドがおすすめです。

防犯グッズ

一人暮らしをする場合に必要なもの4つ目は「防犯グッズ」です。特に、以下の防犯グッズを揃えておくと良いでしょう。

ドアモニター 自分で取りつけるタイプのドアモニターであれば、比較的安く手に入れることができます。
補助鍵 様々な補助鍵がありますが、窓と玄関扉の両方に取り付ける補助鍵を購入しておくと良いでしょう。

お風呂、トイレ、洗面所用品

一人暮らしをする場合に必要なもの5つ目は「お風呂、トイレ、洗面所用品」です。特に、以下のお風呂、トイレ、洗面所用品を揃えておくと良いでしょう。

トイレットペーパーやティッシュペーパー 特にトイレットペーパーは、引っ越し作業中に必要になる場合があります。可能であれば、引っ越し初日から用意しておきましょう。
タオル類 テキスト
マット類 特にバスマットは必要です。バスマットに関しては、珪藻土バスマットがおすすめです。
シャンプーやコンディショナー シャンプーやコンディショナー、そして洗顔料など、普段使っているものを購入しておきましょう。
オーラルケア用品 特に歯ブラシや歯磨き粉は必須アイテムです。歯ブラシ置き場がない場合は、歯ブラシ立てを購入しましょう。

掃除、洗濯グッズ

一人暮らしをする場合に必要なもの6つ目は「掃除、洗濯グッズ」です。特に、以下の掃除、洗濯グッズを揃えておくと良いでしょう。

掃除道具一式 最低限、トイレやお風呂、そして住居用の洗剤、雑巾、モップ、トイレ・お風呂用ブラシは購入しておきましょう。
洗濯道具一式 最低限、柔軟剤、洗濯用洗剤、漂白剤、洗濯ネットは購入しておきましょう。必要であれば、物干し竿やピンチハンガー、ランドリーバスケットなどがあると便利です。
ゴミ箱やごみ袋 自治体によって指定されているゴミ袋は異なるので注意しましょう。
キッチン掃除グッズ 最低限、食器洗い用スポンジ・洗剤・ふきんなどは購入しておきましょう。

キッチングッズ

一人暮らしをする場合に必要なもの7つ目は「キッチングッズ」です。特に、以下のキッチングッズを揃えておくと良いでしょう。

キッチンツール フライパン、鍋、包丁、まな板、キッチンバサミ、しゃもじ、おたま、フライ返し、計量カップ・スプーンなど、料理する上で必要なものを購入しておきましょう。
食器やカトラリー関係 皿(小~大)、ごはん茶碗、汁椀、マグカップ、スプーン、フォーク、箸など、食事をする上で必要なものを購入しておきましょう。
調味料関係 自炊するのであれば最低限、砂糖、塩、酢、醤油、味噌、油は購入しておきましょう。

    その他 タッパーやラップ、鍋つかみなどを購入しておくと便利です。

    日用品

    一人暮らしをする場合に必要なもの8つ目は「日用品」です。特に、以下の日用品を揃えておくと良いでしょう。

    ハサミやカッター、のりなど 基本的に100円均一で揃えることができます。
    印鑑 契約時に必要になる場合があります。

    すぐに要らないけどあったら便利なもの

    必須アイテムというほどでもありませんが、一人暮らしをする上で購入しておくと便利なものもあります。一人暮らしをする上であると便利なものは以下の通りです。

    当日必要なもの ・電気ケトルやアイロン
    ・空気清浄機や布団乾燥機
    ・シャワーカーテン
    ・ハンディワイパー

    一人暮らし当日に必要なもの

    一人暮らしをする場合、一人暮らし当日に必要なものもあります。具体的には、以下のようなものが一人暮らし当日に必要と言えます。

    当日必要なもの ・トイレットペーパーやティッシュペーパー
    ・ベッドや布団などの寝具
    ・歯ブラシやシャンプー
    ・化粧品
    ・バスタオルやハンドタオル
    ・常備薬
    ・翌日に着る服やパジャマ
    ・充電器やモバイルバッテリー

    一人暮らし当日は、必要なもの以外に生活するために欠かせないライフラインを確保する必要があります。電気や水道は連絡しなくても利用できますが、ガスを利用する場合は手続きが必要です。そのため、ライフラインの確保手続きも忘れずに行いましょう。

    経験者から学ぶ!購入して良かったものと後悔したもの

    ここでは、経験者の体験談をもとに、一人暮らしをする上で購入して良かったものと購入して後悔したものを具体的に説明していきます。

    購入しておいて良かったもの

    一人暮らしを経験した方によると、以下のようなものは購入しておいて良かったと感じているようです。

    • ウォーターサーバー

    ウォーターサーバーがあれば、スーパーから重い水を購入してくる必要がありません。また、お湯を沸かしてくれるウォーターサーバーもあるので、一人暮らしをする上で1台あると便利です。

    • 殺虫剤

    住む場所によっては、家の中に虫が侵入してくることがあります。虫が苦手という方は、殺虫剤が1本あると心強いかと思いますので、購入しておきましょう。

    • 卓上コンロ

    1台あると卓上で鍋が出来るので非常に便利です。友達を招き、パーティーをしたいという方は必須アイテムと言えるでしょう。

    購入して後悔したもの

    一人暮らしを経験した方によると、以下のようなものは購入して後悔したと感じているようです。

    • 食器洗い機

    基本的に、一人暮らしは洗いものが少ない傾向があります。そのため、場所だけを取り、邪魔になってしまう場合があるので注意しましょう。

    • 掃除機

    部屋のサイズによっては、フローリングモップだけで十分な場合があります。

    • 必要以上に深い鍋や広いフライパン

    一人暮らしの場合は、小さめの鍋や小さなフライパンでも十分ということがほとんどです。

    一人暮らしで必要なものを揃える上での注意点

    一人暮らしで必要なものを揃える場合、以下2つのことに注意しましょう。

    • 一人暮らしで必要なものを一気に揃えようとしない
    • サイズや大きさを計る

    一人暮らしをする場合、数十万円という初期費用がかかります。そのため、必要なものを一気に揃えようとすると、それなりの初期費用を用意する必要があります。また、購入したがやはりいらないというものも出てくる可能性が高いと言えます。

    そのため、一気に必要なものを揃えるのではなく、必要最低限のもの以外は、必要になった場合に購入していくというようにしていきましょう。

    1分で簡単に「安い引っ越し業者」を探せるサービス

    • いちいち比較するのは面倒なので1回で終わらせたい
    • 早く、簡単に信頼できる業者を探して決めたい
    • 見積もり金額や業者に信頼性がないと不安

    今から紹介する「引越し侍」と「SUUMO引越し見積もり」は上記の悩みにすべて応えてくれるおすすめサービスです。それぞれの特徴とメリットをまとめました。

    【4300万件超の安心実績!】引越し侍

    引越し侍LP

    一番安い引越し業者を探すなら「一括査定見積もり」を利用しましょう。

    特に2021年1月時点で、引っ越し業者へのお見積り件数が4358万件を突破した「引越し侍」はおすすめの一括査定サービスです。

    Webですぐに簡単に見積もり依頼が可能で、引越し費用が最大で50%OFFになることも。

    また大手・中小の引越し業者ランキングや、過去ユーザーの口コミも豊富なため安心して業者を選べます。

    さらに詳細な見積もりがしたい方は「引越し見積もりシミュレーション」という機能で、費用を抑えるためのポイントが確認できますよ。

    【無料/簡単】引越し侍で引っ越し業者を探す!

    【電話番号が不要!】SUUMO引越し見積もり

    SUUMO引越し一括見積

    引っ越し業者の一括査定では「SUUMO引っ越し見積もり」もおすすめです。一括査定では珍しく「電話番号の入力」が必要ありません。

    昔「一括査定をした時に大量の電話が掛かってきて嫌な思いをした」という方も、SUUMO引越し見積もりなら心配はいりません。メールアドレス入力のみで一番安い引越し業者に出会えます。

    またSUUMOだけの特典・プランの利用で、引越し費用が最大50%OFFに。

    大手引越し業者も地方密着型の業者も、過去のユーザー満足度がランキングで一目で分かるため「安い業者を、簡単に、安心して選べる」ことも嬉しいポイントです。

    【無料/簡単】SUUMO引越し見積もりで引越し業者を探す!

    まとめ

    この記事では、一人暮らしをする上で必ず必要なものやあると便利なもの、そして一人暮らし当日に必要なものなどを具体的に説明してきました。

    人によって必須アイテムやあると便利なものは異なるかと思いますが、「一人暮らしで必要なものはなんだろう」という疑問を抱えている方は参考にしてみてください。

    また、一人暮らしをする上で、引っ越し業者選びも大切です。引っ越し会社によっては、引っ越し料金に数万円の差が出る場合があります。一人暮らしをする場合は、必要なものを購入しなければいけないので、大きな出費になることが予想されます。そのため、引っ越し侍を利用して引っ越し料金はなるべく節約しましょう。


    お得な情報を配信中!
    友だち追加
    おいくらで不用品を高く売りませんか?

    おいくら新LP画像

    おいくら新LP画像

    おいくらは全国のリサイクルショップが加盟する一括査定サービスです。

    家電や家具などあらゆる不用品の情報を送るだけで最大20店舗から買取価格の見積りをまとめてもらうことができ、お得な価格で売却できるショップが簡単に見つかります。

    処分しようと考えていた物に思わぬ価値があるかもしれません。