ネット販売など、販路拡大を目指すリサイクルショップにおすすめの販売方法

カテゴリ:
ネット販売など、販路拡大を目指すリサイクルショップにおすすめの販売方法

地域にあるリサイクルショップはもはや飽和状態……。
過剰在庫を抱えている……。
売上よりも仕入れ費用が上回り始めている……。

このような悩みを抱えてはいませんか?
その打開策として、販路拡大に向けたインターネット販売を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

ネット販売に挑戦してみよう

ヤフーオークション

ヤフーオークション

ヤフオクは、個人向けオークションサイトの老舗です。
買い手が入札して買値が決まるため、品物によっては希望額より高く購入してもらえることがあります。

また即決価格を設定できるので、早く手放したい在庫品を出品できるメリットがあります。
ニーズが高い品物や買値が高く付きそうな品物などを出品することで、売上アップに貢献できます。

デメリットとしては、いたずら入札が出てしまうことや、入札ゼロで不成立になる可能性も否めないという点が挙げられます。

ヤフーIDを取得して、プレミアム会員登録をすることで出品可能です。
参考:ヤフオク!ヘルプ-ヤフオクに参加するには(ご利用に必要なもの)

楽天市場

楽天市場

楽天市場はECショッピングモールの大手です。
ユーザーも多く定期的に魅力的なセールを行うため、買い手が付きやすいメリットがあります。

売り手が価格を付けられるので、希望価格で販売スタートできます。

デメリットとしては、購入者にとってベストなサービスを付加するために、プランの契約費用のほか、決済サービスなどの月額システム利用料がかかるという点です。

売上が伴わなければ赤字が続く可能性があります。
出店資金として20万~75万程度の初期費用も必要になります。

楽天市場の専用フォームに必要事項を入力し、出店申し込みを行いましょう。

Amazon

Amazon

最大級のECショッピングモールであるAmazonのマーケットプレイスへ出品する方法です。
個人レベルから業者レベルまで、さまざまな出品者がいるため、取り扱われる品物が豊富です。

特に中古・リサイクル品のカテゴリでは掘り出し物を求めて、多くのユーザーが商品検索を行うため、実店舗で売れない商品でも商品価値が付きやすくなる傾向にあります。

また、プレミア価格で販売しても買い手が付きやすいのがAmazonのメリットです。
コレクターズアイテムは強気の価格設定でも売れる場合があります。

デメリットとしては、販売実績が少ないと購入してもらいにくい点です。
同じ商品が数多く出品されているので、競合品との価格の兼ね合いを見極めることや、良品であることをアピールできるかどうかが、カギとなります。

出品用アカウントを取得する方法と、アカウント無しで小口出品できる方法があります。
大口出品者として有料登録をすることで、成約料の免除や出品ツール利用などの特典が得られますので、過剰在庫を効率的に減らしていくことが可能になります。

参考:Amazon 大口出品サービスの詳細

フリマアプリ

スマホやパソコンから簡単に取引ができるフリマアプリ。
アカウントさえ取得すればスマホで画像を撮影し、簡単な商品説明を掲載するだけで気軽に出品できるメリットがあります。

「フリマ」がコンセプトですので「値引き交渉」が行われます。
ショップにとって「値下げ=損益」につながるため、フリマアプリを使った販売や値段設定は慎重になるべきでしょう。

また、リアルタイムでの取引がフリマアプリの醍醐味です。
ショップの営業時間外である夜間に取引が活発になる傾向にあるため、その時間帯に対応できるか否かも、買い手増につなげるポイントとも言えます。

特にチャット形式での質問に即応えられるかどうか、常に新しい商品を更新し続けられるかどうかも重視されます。

ちなみに、
代表的なフリマアプリは、以下のようなものです。

メルカリ
メルカリ

フリマアプリで恐らく最大のシェアを誇るサービスで、登録人数もNo.1です。
出品はもちろん、会員登録や月額費用などが無料で利用できます(出品者は売上の10%の手数料アリ)。

フリル
フリル

服や雑貨類の取引に強いと言われており、メルカリで売れなかったそれらのアイテムも、フリルでなら売れる可能性が高いです。
登録、出品料はメルカリ同様無料(出品者は売上の10%の手数料アリ)。

ラクマ
ラクマ

楽天が運営するフリマサービスで、手数料が一切かからない点が強みです。
ただ、メルカリ、フリルほど利用者数が多くないのがネックかもしれません。

フリマアプリでは特に、衣類などの取引に定評があるため、女性向けのブランド品のまとめ売りや、季節の定番品などは買い手が付きやすいと考えられます。

フリーマーケットや骨董市

地域のフリーマーケットや骨董市に出店し、出張販売を行うという体裁での販売も可能です。
コンセプトを決めて品揃えができるので、その時々で違ったショップの色をアピールすることができます。
対面販売となるので、送料などの経費を節約することができます。

ただ、客層のリサーチが必要になりますし、フリーマーケットの主催者による基本コンセプトに合わせた商品出展を行わなければいけない場合もありますので、出展申し込み時に注意が必要です。

また「値下げ交渉」も想定されるので、価格設定も重視しましょう。
在庫滞留品のまとめ売りというような位置付けで格安販売することも一案です。

まとめ

実店舗では集客が見込めない場合でも、ネット販売や地域のイベントなどに着目すれば、買い手が付きやすくなります。
それぞれのショップに適したネット販売手法を取り入れ、長期的にネット展開できる体質を作り上げることが必要です。

リサイクルショップ運営の皆様へ
リサイクルショップ運営の皆様へ

お電話でのお問合せは03-5805-2700受付:平日10:30~18:30
プロトコーポレーション リユース情報事業部