九品仏浄真寺で開催されるフリマイベントについて

カテゴリ:

駐車場や公園などの広いスペースを利用して開催されるフリーマーケットですが、今回は世田谷区の九品仏浄真寺で開催されるフリーマーケットについてご紹介します。フリーマーケットだけでなく、お寺らしい嬉しいイベントもあるので、近隣にお住まいの方は必見です。

九品仏浄真寺で行われるフリマイベント、どんなものがある?

リサイクル運動に対する意識が高く、活動が盛んな世田谷区は、都心でも有数のフリーマーケット開催地区として知られています。その中でも、九品仏浄真寺で行われるフリマイベントは、ほかのフリーマーケットとは一風変わった雰囲気や催しに人気があります。

年明けには餅つきや、多くの出店がある中でのフリーマーケットが開催されたり、時にはフリーマーケットとアートフェスタが同時開催されたりします。それぞれの気になる魅力を早速見ていきましょう。

毎年開催のメインイベント

フリーマーケットと合わせて開催される九品仏浄真寺の毎年恒例イベント「新春もちつき大会」は、青少年委主催の人気イベントです。当日は、多くの方のお目当てである、つきたてのお餅を購入でき、お餅のほかには、おしるこやフランクフルト、豚汁などの販売があります。見て楽しいフリーマーケットと体が温まる出店などが催される新春もちつき大会には、毎年多くの入寺者が訪れ、新春の浄真寺を一層賑やかにしています。

出展される品物や客層について

九品仏浄真寺のフリマでは、一般的なフリマのように不要となった日用品や衣類などが出品されています。

しかし、ほかのフリマとは異なる点として、アートフェスタとの同時開催により、当日の出展には色鮮やかな手書きアートボードや装飾品、木工細工など、ありとあらゆるハンドメイド作品が出展されます。

そのため、目当ての作家の出展を知り、訪れる方も多く、世田谷区ではこうした取り組みを通じて「フリーマーケット=年配の方々のイベント」という概念をなくしていけるように努めています。各イベントとも、子どもから大人まで楽しめるのが九品仏浄真寺フリマの大きな魅力です。

九品仏浄真寺へのアクセス

九品仏浄真寺へは、東急大井町線「九品仏駅」から徒歩約5分です。九品仏駅を出たらローソンを左手に進み、交差点を渡ってすぐ左側の「九品仏公園」の通りに入ります。

木々に囲まれた通りをそのまま進んだ先が浄真寺です。また、自家用車でのアクセスも可能ですが、駐車可能台数が約40台と多くないため、混雑時は避けておくのが無難です。イベント開催時などは事前に主催者への問い合わせを行い、駐車情報を確認しておきましょう。

まとめ

日ごろあまり見る機会のないアート作品や、つきたてのお餅を堪能できる九品仏浄真寺のフリーマーケットイベントは、隠れた人気を誇りながら、長年地域の人々に愛され続けています。近隣にお住まいで、まだ行ったことがない方は、ぜひこの機会に足を運んでみてください。

本記事は、2016年12月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。