喜多見商店街で春と秋に開催されるフリーマーケット

カテゴリ:

喜多見といえば、小田急小田原線沿線の静かで落ち着いたエリア、というイメージがありますが、その喜多見商店街でフリーマーケットが開催されているのをご存じでしょうか。世田谷の中でも昔ながらの雰囲気を残す、喜多見商店街のフリーマーケットについてご紹介したいと思います。

春と秋、年2回のフリーマーケット

喜多見商店街では「喜び多く見るまち 喜多見商店街」を合い言葉に、年間を通じてさまざまなイベントが企画されており、フリーマーケットもその一環として開催されています。

喜多見商店街のフリーマーケットは春と秋の年2回、2016年は5月と10月の第1日曜日に、10:00から15:00まで、喜多見駅南側広場で開催されました。当日はスタンプ3倍セールイベントが実施されたりして、駅周辺はお買い物客で賑わいを見せます。

参考記事:
喜多見商店街振興組合公式Webサイト

開催場所の喜多見駅南側広場について

喜多見商店街のフリーマーケット開催場所になっている喜多見駅南側広場は、フリーマーケット以外のイベントも開催されています。

餅つきやバル・盆踊りやハロウィンから、クリスマスイルミネーションの点灯式まで、実にバラエティ豊かなイベントが開催されています。地域参加型の、ほっこりした温かいイベントが多いのも喜多見商店街の特徴です。

出品される品物について

喜多見商店街開催のフリーマーケットで出される品物は、古着や小物、食器、おもちゃといった、各家庭で必要なくなった物が多く出品されています。営利目的とは違うため、思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。

駅前広場での開催なので、あまり大きな家具などはなく、ゲームソフトやバッグ、家電など、比較的小さな物が出品されています。近隣の方がスーツケースや紙袋に品物を持ち寄って開催している、アットホームなフリーマーケットという印象です。

参加方法は?

喜多見商店街のフリーマーケットへの参加方法は、開催月の約1か月前頃に、喜多見商店街のホームページやSNSを通じて出展者募集の告知がされます。募集するブースは50区画ほどで、希望者多数の場合は抽選になります。

参加費用は2,000円ですが、喜多見ゴールドスタンプをすべて貼った台紙1冊でも参加できるので、日ごろ喜多見商店街でよく買い物をしている人にはお得な条件です。往復ハガキで出店を申し込む際にも、このゴールドスタンプは必ず1枚必要なので注意しましょう。

まとめ

青空の下で地域の方とコミュケーションを交わしながら、自分のいらない物が誰かにとって必要な物になる、そんな心地よい気持ちになれる喜多見商店街のフリーマーケットに、機会があれば参加してみてはいかがでしょうか。

本記事は、2016年12月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。