世田谷区の有名なフリマ・蚤の市を紹介

カテゴリ:

蚤の市とは 、かつてヨーロッパで流行した古物市を指し、日本ではフリーマーケット(以下フリマ)として親しまれています。今回は、世田谷区で人気のフリマを4つご紹介します。近隣に住む方は、時間を合わせてぜひ足を運んでみてくださいね。

赤松公園のフリーマーケット

赤松公園で実施されるフリマは、松沢地区ごみ減量・リサイクル推進委員会の主催によって毎年開催されています。平成28年9月25日(日)に開催された際には、出店募集上限を上回る出店応募が集まるなど、売りたい人・買いたい人がどちらも多く動員される人気のフリマです。

主な出店物は自宅で不要になった衣類等なので、まだまだ着られる衣類を安く手に入れたいという方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。次回の開催予定日は、平成29年5月頃となっています。

駒沢公園中央広場のフリーマーケット

駒沢公園中央広場では、ほぼ毎月1~2回の頻度で日曜・祝日を中心にフリマが開催されています。主催団体は都度変わるため、出店上限数や出店料金も都度確認する必要があります。

例として、「エコロジー・ネットワークラズベリー」主催のフリマでは、出店料が2,500円、出店上限は200店舗までとなっています。

また、当日は車での来場も可能ですが、駒沢通りでの駐車は全面禁止区域となっているため、新たに併設されたコインパーキング「きりんさんパーキング(30分~1時間300円、以降30分毎に100円)」を利用しましょう。

住友3M本社ビル駐車場のフリーマーケット

東名インター横の環八(環状8号線)沿いの住友3Mビル駐車場にて、「リサイクル運動市民の会」主催で行われるフリマです。屋根がないため雨天時中止となりますが、毎月第2日曜日を中心に開催され、当日は80店舗~150店舗ほどのフリマが並びます。

また、ここでは手持ち出店と車出店が可能で、それぞれ出店料金は異なりますが(手持ち出店3,200円~、車出店4,700円~)、売りたい物が大量にある方は車を店舗として活用できるのが駐車場フリマならではの魅力です。

二子玉川タイムスパークのフリーマーケット

二子玉川駅から徒歩2分の駐車場スペースで開催されるタイムスパークのフリマは、毎月1~2回、日曜日を中心として開催され、約250店もの出店がある大規模なフリマです。主催団対は「リサイクル運動推進事業協会」で、駅から近く人通りが多い場所なだけに、毎回多くの来場者が訪れています。

また、駐車場スペースを利用したフリマなので、住友3M本社ビル駐車場フリマ同様、手持ち出店と車出店が可能です(手持ち出店2,500円~、車出店3,500円~)。広大なスペースでのびのびとした雰囲気が特徴で、時にはアンティーク家具などの大型商品を見かけることもできます。

まとめ

いかがでしたか? 今回ご紹介した世田谷区のフリマは、区外からも多くの方が訪れるほど人気のフリマです。出店はもちろん、お宝探しをするような感覚で一度足を運んでみてはいかがでしょうか。フリマの活気に、わくわくすること間違いありません。

本記事は、2016年11月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。