世田谷の有名スーパー、サミットの資源回収への取り組みについて

カテゴリ:

毎日の生活に必要な物を販売しているスーパー。資源回収にも一役買っていることをご存じですか?今回は、世田谷でおなじみのサミットストアの、資源回収への取り組みについてご紹介します。

サミットとは

サミットストアは、サミット株式会社(本部:東京都杉並区。以下、サミット)が運営する、スーパーマーケットのチェーン店です。東京都内はもちろん、お隣の千葉県や神奈川県、埼玉県にも店舗を展開しています。サミットがほかのスーパーと違うのは、環境面に配慮した経営をしている点です。

サミットエコ通信という独自の報告書を発行しており、お店で取り組んでいるエコ活動について紹介しています。店舗での資源回収だけではなく、電力を削減したり、間伐材で赤ちゃん用のおもちゃを作って杉並区に寄付するなど、まさにエコに関しては先進的な取り組みをしてきたスーパーと言えます。

リサイクルへの取り組み

特に、リサイクルに関して、発泡スチロールは自社所有のリサイクルセンターでリサイクルをしています。野菜 、くだもののクズは、分別して千葉県香取市の農事組合法人「和郷園(わごうえん)のリサイクルセンターで堆肥に加工し、「和郷園」で野菜を栽培する際に使っています。

サミットは「和郷園」から野菜を仕入れ、またお店で販売します。野菜、くだもののクズは、ゴミではなく、貴重な資源の一つです。サミットの野菜クズのリサイクル事業は、お店と農家の間をぐるぐると回る仕組みがきちんと作られていることで有名です。魚の骨、廃油からは家畜の餌となる飼料を、びん、缶からは新しいびんと缶を、ダンボールからはダンボールを作るなど、それぞれ非常に高い比率でリサイクルしています。

サミットは、廃棄物が出ても、捨てるところは極力少なくしています。ここまで本格的にリサイクルに取り組むスーパーはなかなかありませんね。

サミットの店頭回収について

紙パックや、ペットボトルなど、店頭回収はどこのスーパーでも見かけるようになりましたが、サミットの店頭では、発泡スチロールトレイ、アルミ缶、紙パック、ペットボトルとペットボトルキャップを回収しています。回収した資源は、売却し、サミットの環境活動や社会貢献活動に役立てています。

特に、ペットボトルの回収には、一部店舗では独自の回収機を使って体積を1/6~1/7程度まで圧縮しています。資源物の保管や管理、運搬のコストは資源回収に取り組むお店の間では課題となってきましたが、圧縮することで運搬の効率が格段に良くなりました。

よく回収されている品物

店頭で回収されている物のダントツトップは、紙パックです。年間300トンを超える紙パックのほか、アルミ缶は年間37トン、ペットボトルは568トンなど(いずれも2015年のデータ)を回収しています。いつもなら燃えるゴミとして捨ててしまう紙パックでも、サミットの回収に出すことで、社会の役に立ちます。資源を洗って、乾かして専用の回収ボックスに入れるだけなので簡単ですね!

まとめ

お近くにサミットがある地域にお住いの方は、ぜひサミットの資源回収に参加してみてください。エコに貢献できますよ。

本記事は、2016年11月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。